大分市小池原1434-1
097-535-9292
大分市小池原1434-1|
097-535-9292

素敵な人材

2018/03/08 UP!

WOODSTOCKインターナショナルスクールによる日記のようなブログ。

先日、

いくつかの学校さんで、

簡単な授業をしてきました。

テーマは大方、

「社会人としてよりよく生き抜いていく方法」

のような感じでした。

どこにいっても、

生徒さんが誰であっても、

「脱線」

ばかりで、

毎回反省ばっかしですが、

今回は、

「被害者意識」

についてだけは、

ぶれずに話通してこれたように自負していますw

「社会人としての成功」

の定義は、

ここでは割愛しますが、

「社会人として上司や仲間に必要とされる人材」

に共通しているのは、

「被害者意識がない」

という点・・・ですよねぇ。

とかなんとか偉そうに話してきました。

技術は、

時間をさき、

「身に付けたい」

と本気で本人がのぞめば、

時間とともに、

経験とともに、

なんとでもなるもの。

ただし、

「マインド」

がずれていると、

なにをやってもダメかと。

「ひとのせい」

「もののせい」

「会社のせい」

「上司のせい」

「時代のせい」

「環境のせい」

「親のせい」

これ、

いくとこまでいくと、

「なんてわたしは恵まれていないんだ」

なんていうところまでいきます。

こどもたちにもいつも求めますが、

原則は、

「うまくいったらまわりのおかげ。失敗したらすべて自分の責任」

ここが基本です。

伸びる人は、

「素直」

「謙虚」

「勉強熱心」

です。

「聞く姿勢が」

がない人は、

のびませんし、

うまくいくわけがありませんよね。

わたしもそうです。

「なんでこの壁とっぱできないのかなぁ?」

という時は、

たいてい、

「意固地」

になっていたり、

「素直さ」

が小さくなっていて、

「うまくいっている人」

に素直に質問できていなかったりする、

こんな自分に気付きます。

教育を通して、

こどもたちに学んでいって欲しいのは、

こうした、

「考え方・捉え方」

の部分です。

日本は、

今後、

何回かのパラダイムの中で、

新しい局面に入っていくように思います。

人が減り、

システムに弊害が出てきて、

これまでのやり方では、

なかなかどうして・・というような時代にしばらくは、

入っていくのやもしれません。

そんな時に、

わたしたちを救ってくれるのは、

適切な、

「考え方・捉え方」

であるような気がしてなりません。

いきていれば、

毎日、

いいことばかりでありませんし、

困難にぶつかることの連続ですよね。

ただ、

止まない雨はないと信じ、

努力を続け、

勉強をとめない人には、

きっとチャンスがめぐってくるし、

サポーターが自然とあらわれるものです。

「かれといると背筋がのびるよね。愚痴ってる場合じゃないな。よし。がんばろ!」

園に通う一人一人が、

近い将来、

そばにいる友人たちに、

こんな風に思ってもらえる人材になってもらえるよう、

わたしたちもまた頑張っていきたいと思います。

さぁ、

いよいよ、

明後日は卒園式です。

FMの面々が、

最後の晴れ舞台でどんな勇姿を見せてくれるのか?

わたしもいまから楽しみです。

祝辞は、

かれらの前にたって、

心に浮かんだことを、

丁寧に伝えてみようと思います。

どうか彼らと一緒に緊張できますように。

保護者の皆さんも、

どうぞよろしく御願いいたします。

SB

最近ゲームをして負けると悔しくて涙が出てくる子が多くなってきました。以前は涙してもなかなか切り替えがつかずにいましたが最近は話をした後、ハグをしたり、お茶を飲んだりして自分で気持ちの切り替えをしています。

成長の速さにびっくりですが寂しくもなります(;_;)笑

BB

今日はワークブックをしました。

もうすぐ全てのページが終わると知ると

達成感からか笑顔が出てきてました。

初めはやり方すらわからなくて

頭を抱えていた子供達も

今ではお友達に教えたり、スラスラ解けるようになりました(^^)

WP

今日はFMの卒園式で飾る似顔絵を描きました。一人ひとりが卒園するFMさんを思い描きながら描いていました。

I will miss◯◯、it’s so sad that FM will leave school soonとお別れと言うものが分かっている様でした。

残りあと少しですね、しっかりとFMさんとお別れをして、来月からはFMさんとして園を引っ張っていきますね!

FM

今日は最後のSpecialClassLessonの日で子どもたちと外国籍講師へのカードをサプライズで用意していたのですが急遽、卒園式のスピーチ練習になり。いつ渡そうかとタイミングを計りながらスピーチを聞きましたが、、、だめだ!泣いてしまう!

もうすぐ一年生!と言うほど立派で素敵です!!

サプライズのカードも無事に渡せて喜んで貰えて良かったです。この1週間のアズは土曜日の卒園式を前に、まだまだ子どもたちとしたいこと伝えたいことが沢山ありバタバタと諦めきれず悪あがきしてます。今日も皆な大好きな気持ちが伝わったかな。


記事一覧