大分市小池原1434-1
097-535-9292
大分市小池原1434-1|
097-535-9292

5歳児の日本語

2017/06/03 UP!

こんばんは!
いつもお世話になります。

今日のテーマは

「5歳児の日本語」

です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
海外の方と英語でお話をする場合に、

「言っていることは分かるんだけど。
こぅ、
なんというか、
パッと適切な言い回しが出てこないんだよね〜。。。」

なんていう、
経験をされたこと・・ありますよね?

今日は、
そんなあなたにオススメの一冊をご紹介。

知り合いでもメンターでもありません。
赤の他人の書いた本を、
個人的にイイと思ったのでレコメンドさせて頂きます。

※オススメ本はこれまでも何冊かとりあげていますが、この本は私の記憶違いでなければ、2度目のような。

「英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる!(きこ書房)」

という本が出ています。

これ、
いい感じです。

著者の主張は、

「英会話は言い換えが9割!」

というモノで。

ちょっとネタバレになりますが、
中身の一部を。

・紅葉→秋の葉っぱ・・autumn leaves
・ご馳走→好きな食べ物・・favorite food
・懲りない→学ばない・・never learn

どうですか?
ピンときますか?

つづいて文章もこんな感じに、

・彼には先日子供が生まれてすっかり親バカです。
→先日子供が生まれた。彼は娘が大好きです。娘の話ばかりする。
・・・His first child was born the other day.He really loves her.So he talks about her so much.

・彼らなら気を利かせて先に帰ったよ。
→彼らは僕たちの為に先に帰ったよ。
・・・They already left for us.

という感じ。

日本語は回りくどいところがあるので、
別角度からシンプルに。
5歳児に説明するつもりでかんたんに。

難解な表現の前に、
はなからあきらめたり、
言葉をつまらせたり、
時間をかけて聞き手を待たせるより、
ただ、
言い換える、
ことで簡単に言えちゃったりして?

そんなマインドにしてくれる、
ナイスな一冊です。

ニュアンスが伝わらないと嘆くのではなく、
言い換えする習慣をつけましょう。
しかも。
アカデミックな「変換」ではなく、

「5歳児の日本語で言い換えるなら・・5歳児になったつもりで。」

というようにシンプルに。
コツは、

「そもそも何が言いたいの?」

というキーワードを懐に忍ばせて、
身の回りの全ての日本語を英語にしてみましょう。

ひょっとしたらこの学習方法。

下手な大学の授業なんかよりも、
100倍効果的かもしれませんよぉ〜。

まずは、
実戦で、

「How can I say….」

とかいいなが、
時間稼ぎし、
で、
言い換えた英語を、
ぶん投げていきましょう。

きっと飛躍的に、
英語レベルがあがりますから!

みなさんはどう思われますか?

SB

今日はPEの後にお天気もよかったのでみんなで遊びました!
いつもはお友達がいっぱいいる園庭もSBさんだけだったのでのびのびと遊びました!
車で園庭を何周もしたり砂場ではカエルのおもちゃに砂を入れてご飯をあげていました(^ ^)
ケーキを作ってくれたり虫を探したりと思い思いの遊びを楽しんでおりPE後はなんだか満足そうな顔をしていました!笑
開放感があって楽しかったようです!
こんな時間ももっと取り入れていきたいな〜と思います(^_^)
たくさん遊んだので週末はゆっくりと過ごして下さい♪

BB

サイエンスで、
トイレットペーパーとライスペーパーを使って
voice changerを作りました。
休憩時間や帰る前もずーっと離さず持っており
”HelloやI’m 〇〇”などと言って
声が変わるのを楽しむ子供達でした^_^

WP

星に書かれた1〜20の数字に色を塗り、ハサミで切り、それを番号順に貼っていく作業をしました!
早く終わった子どもは終わってない友達の手助けをしたり、教えてあげたりしてました(^^)
そしてそのお友達が終わった後に”good job! You did it! “と言葉をかけたあなたに”You too! You helped such a great job!” でした(^^)

FM

family vocabularyのレッスン。先生からDo you have any brothers or sisters?
の質問。
yes, I’ve got a brother
などと答えていって、uncleと、なった時には初めてのVocabだったらく、???
おじさんのことだよと、教えたのですが、やはり日本語でも「叔父さん」よりも、「変なおじさん」のほうが子どもたちには認知度が強く、、、おじさんに変に盛り上がってしまいました。

では、
今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました!
来週もよろしくお願いします。

記事一覧