WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

経験の学校の講座

テーマ:
2013年12月17日 20:46




こんばんは!こんにちは!
いつもお世話になります。
ニュース速報によると・・18日にかけて
九州は大雪のおそれ??だとか。
いよいよクリスマスの様相ですね。
今年の冬も、寒さも楽しみましょう。

さて、
今日のブログは「経験の学校の講座」についてです。

子供たちがぶつかる困難には重要な意味があります。
勿論例外もありますが、
子供たちは大変な経験をすることでこそ、
生涯をとおして成功するのに必要な能力を磨き、養っていきます。
気難しい先生と上手く付き合う。
スポーツでの失敗を乗り越える。
学校内のグループの複雑な人間関係を生き抜く方法を学ぶ。
失恋の痛みから這い上がる。
こういったことの全てが、よく言われるように
「経験の学校の講座」になるわけです。

仕事で失敗する人は(ここでは失敗から立ち上がれない人、もしくは問題から逃げ出してしまう人、とします)、
もともと成功する能力が欠けているのではなく、
仕事に伴う困難に立ち向かう力を身につけるような経験をしてこなかった人、と言って良いかと思います。
(偉そうに講釈たれてはいますが、私も恥ずかしいくらい、これまでたくさんの失敗をしてきました。自己防衛本能がはたらき記憶喪失になるほどに。そして、これからも穴に隠れたくなるほどのあらたな失敗をするでしょう 苦)

ただ、一般的に、
世の中のオトナは、
良い学業成績やスポーツの実績など、子どもの「経歴」を積み上げることにこだわる傾向があるようにみえます。

そのこと自体を全否定するつもりはありませんが、
子供たちが生きていくのに必要な力を養う「講座」をおろそかにする、
またそうした絶好の学びの機会をとりあげることは間違っている、と言っていいかと思います。

子供たちにこれから先、
どんな力が必要になるかを考え、そこから逆算することが大切です。

将来の成功に必要なスキルを養う助けになる、適切な経験を探し出してあげること。
これこそが、私たちオトナが子どもたちに与えられる、
最高の贈り物の一つのように思います。

子供達にとって素敵なサンタクロースでありたいですね。

それでは、
私も日本の冬を楽しみに出てこようと思います。
今日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。





WOODSTOCK Oita Japan

« 黄色い・・| 大分のプリスクールTOPへ |クリスマスの頃 »