WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2014年1月 | メイン | 2014年3月»

ピアノマン

テーマ:つぶやき4
2014年2月28日 18:38







こんばんは!

予想通り、
逃げるように過ぎ去ろうとする
2月最期の週末の入り口をいかがお過ごしでしょうか?

今月最後のブログです。
良かったらお付き合いください。


「第二言語の習得はピアノなどの演奏の修得に似ている」と云われます。

イメージ湧きますか?

演奏を修得するためには、
まずは譜面を理解したり、
暗記したりしなければなりません。

けれど、

譜面の分析や暗記をひたすら続けて、
理解でき、暗記した楽譜の量を増やしていっても、
難しい楽譜が読めるようにはなっても、
決してピアノ自体は弾けるようになりません。

ですよね?

英会話学習における文法や構文、発音のルールも
これと同じで、
難解なものを理解し、
単語をいくら暗記したからといって、
英語が話せるようにはなりません。

けれど、

まっことに残念なことに、
日本では昔から、

「机で譜面を勉強する、ピアノが出来ない楽譜評論家」を育てるような
英語教育がなされてきました。

そのわりに・・・

「グローバル社会で通用する英語力!」

とか謳っているわけです。

ここまでくるともうジョークにしか聞こえません。


誰もが、

「ルールを知っているだけでは、学ぶだけでは、英語は話せるようにはならない」

と頭では分かっているはずなのに、

日本の学校ではこのルール(文法や構文)の指導に95%の時間と労力を割きます。

会話力を求めるのであれば、
しなければならない事は、

自動化されていない知識のままの「情報」を
反復練習によって反射神経に変えていくことなのです。

インプットした情報の自動化を促し、
反射神経に変えるための一つの手段。

それが・・

もういい加減くどいですね 苦

「カランメソッド」

というわけです。

今週はカランカラン言ってる間に週末を迎えてしまいました。

それではこのあたりで。

今月もいろいろとありがとうございました。
来月は1年で最も楽しくもあり悲しくもあり、またドタバタとする3月です。
次月もどうぞWOODSTOCKを宜しくお願い致します。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ピアノマン”

2014年2月28日

Flip it !!

テーマ:つぶやき2
2014年2月27日 19:24




こんばんは!

先ほど園舎横の鉄棒で遊ぶ兄弟と戯れながら空を見上げると、
綺麗な夕焼けが空をおおっていました。
日が長くなり、春がすぐそこまで来ているのを感じます。
おだやかな木曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?


さて、
今日は4新年度から始まるオンライン英会話、

「Flip it」

についてブログを進めます。
良かったらお付き合い下さい。

まず、
オンライン英会話「Flip it」とは?ですが、

【相手に伝える”アウトプット英語”上達】をメインコンセプトとしたオンライン英会話サービスで、インターネット回線を利用する無料通話サービス【Skype】を使用した、マンツーマン形式のレッスンをお楽しみ頂けるサービスです。

次に、レッスンに参加するには、ですが、

Skypeをダウンロードして頂き、ヘッドセットをご用意下さい。使用されるデバイスにカメラがついていない場合にはWEBカメラが必要になります。

そして、
いつ、どこで受講できますか?ということですが、

ネット環境がある場所であれば何処ででも、ということになります。
また、レッスン時間についても、

「明日の夕方の予定がキャンセルになって時間が空いたから、英語でも・・」

というような受講が可能になります。
(人気講師は数日前から予約でいっぱいになるケースも想定されます。)

受講対象年齢ですが、
特に設けておりません。
1回25分のレッスンに集中することが難しい年齢の
お子さんが参加される場合には、ご家族の方の付き添いをお勧めしています。

気になる講師ですが、

WOODSTOCKで以前指導に当たっていたあの先生たちも登場します!

日本語対応が可能な講師から、
子供向け専門の先生に、
お仕事で英会話が必要なママさん・パパさん達の為の
ビジネス英会話対応講師まで、
幅広いタイプの講師から選んでいただけるように
システムを作成しました。

もともと、
プリスクールを卒園して、
英語に触れられる絶対量が減ってしまう
卒園生たちの為に、
と作り出したシステムですが、
子供たちの影響で英語学習に興味が出てきた
保護者様や、
他の習い事の兼ね合いで
週一回しか英語に通えていない
多忙な小中高生にも、
また、
英語に自信がなさ過ぎて、
グループレッスンで恥をかくのはちょっと・・と
二の足を踏んでいるそこの貴方にも。

いろいろな方に対応が可能な「手段」だなぁと感じています。

そこで、
3月を使ってまずはWOODSTOCKに関わって下さっている
ご家庭に1レッスンフリーチケットを配布させて頂きますので、
一度どんなものか、
体験して頂きたいと思っています。

詳細はまたおってお知らせしますので、
どうぞご興味がある方も、

「ネットはなぁ〜」と、
考えていらっしゃる方も
お試しで受講してみて下さい。

それでは、今日もこのあたりで。

アフタースクール後にサッカーでひと汗かいた子供たちが
ようやく帰路に着きましたので私もそろそろ片島の自宅へ。

では、
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Flip it !!”

2014年2月27日

声を出す力

テーマ:つぶやき5
2014年2月26日 19:06




こんばんは!
久しぶりの雨の一日でしたが、
いかがお過ごしでしょうか?

先月の22日から25日までの4日間、
世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議がスイスで開催されました。

メディアが届けてくれる情報を見聞きする限りでは、

「世界が今こそ日本に注目している」

というような解釈で的は外れていないかと思います。

ピークは過ぎたとは言え、
日本はまだGDPで世界第3位です。

世界的な経済状況を見れば、
ヨーロッパには不安定要素がくすぶっていますし、
東南アジアはまだまだ発展途上、
アフリカ・中東も不透明さが否めません。
もちろん、日本にも様々な問題があるわけですが、
もう一度ジャパンを見直すべきだ、
という意見が多数ありました。

そんな中、

日本の将来を担う、
日本の子供達に向けて、
世界中のリーダー達から届いた声は、

「日本の子供が今、一番乗り越えなければならない課題は、英語でもコンピューターでもなく、【声を出すこと】だ」

というものです。

英語教育に身を置いているからこそ、
真摯に受け止めねばといけない意見だと感じました。

日本人がグローバルな舞台で最も苦労するのが、
この「声を出すこと」に他ならない、
と世界のリーダーたちは考えているようです。

主張する技術というか、
耳を傾けてもらうためのスキルというか。

サッカー選手から起業家、政治家に至るまで、
この壁に悩まされて実力を発揮できない日本人が
非常に多いようです。

この「声を出すこと」から判断する限りでは、
マンチェスターの香川選手よりも、
ACミランに移籍した本田選手の方が
活躍する可能性が高いように思います。

個人的には香川選手のプレースタイルの方が好みではありますが。


それはさておき、

この「声」を出すには9つの能力が必要です。

1:度胸
2:言語能力
3:センス
4:マナー
5:配慮
6:さじ加減
7:思考力
8:自分の意見
9:駆け引き

の9つです。

これらのスキルを、
実際に声を発し、
場数を踏み、
他人の声も聞き、
失敗しながら学び、
コミュニケーション能力として体得していく。

これが出来るのが子ども時代の特権ですし、
私は、
むしろ、
子供時代にこれらを習得しておかなければ、
大人になってからでは、
なかなか身につけることは難しい、
という風に考えています。

だからこそ、
幼少期を大切に、
一定サイズの集団の中に身をおき場数を踏み、咀嚼して、
先に述べたような、
他人の声を聞き、失敗しながら学ぶというような
エクササイズが必要なのでしょう。

英語も大事。
ITリテラシーも大事。

ただ、
その前に、
もっと根本的な、
「アイデア」や「思想」、「意見」を
届けるための「声」を大切に、ということでしょう。

日本人のウィークポイントを見事に見透かされたような・・・、
そんな感覚をおぼえました。

みなさんはどう思われますか?

それでは本日もこのあたりで。
雨の一日でしたが、お足元が悪い中、
送迎にご協力いただきましてありがとうございました。
どうぞ明日もよろしくお願い致します。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”声を出す力”

2014年2月26日

カラン始動!

テーマ:つぶやき3
2014年2月25日 19:43







こんばんは!
いつもお世話になります。

今日は次年度から満を待して登場する、
新設コース及び新設クラスのことを少々。

良かったらお付き合い下さい。

題して。。。

カランコース新設。

「英語反射力」を鍛えよう!

です(^<^)/

新年度より、
イギリスから導入した新しいメソッドの為のクラスを新設します。

英語もバッチリ!
保育面や小学校準備も万全!

そんなスクールのありたい姿、あるべき姿に向けて
開設されるプロジェクトです。

アフタースクールは木曜の5時からオープン!
(この春卒園予定の子供達は火曜日と組み合わせて頂いても結構です。)

プリスクールでは、
メソッドが効果的に機能するように、
カランレッスンの際にはクラスを2つのグループに分ける予定です。

週間でのレッスン頻度は現在試行錯誤中です。
今しばらくお待ち下さい。

それでは、
ここからは少しばかり「カランとは?」のお話です。


WOODSTOCKカランメソッドは、
「4倍の会話量」&「反復練習」で日本人の苦手な英語のリスニング力とスピーキング力を伸ばす為のコースです。

「CALLAN METHOD」は英語の「インプット」と「アウトプット」をつなぐ、「橋」として非常に有効な学習方法です。

日本ではようやく最近、オンライン英会話の興隆とともに注目されるようになってきましたが、実は今から50年以上も前にイギリス人のESL教師が考案し、世界中で採用され実績を築いてきました。

ただ、
いろいろな日本の教育スタイルの制約や、
指導に当たる人材の問題などが理由で
対面型の、
しかも「子供向けの英語施設」には取り入れられてきませんでした。

我々も、
「しよう!」
と決めてから随分と月日が流れました。

準備や研修に時間が・・。

ですが、ようやくです。

お待たせしました!という気持ちでいっぱいです。

レッスンスタイルは、講師が次々と投げかける英語の質問に、瞬時に答える繰り返しが基本です。
スピードが要求されるため、初めはなかなかうまく答えられません。
ただ、先生について答えの分を口にし、何度も練習していくうちに、まず
「聞く力」が伸びていきます。

また、レッスンのたびに嫌というほどたっぷり英語を話すので、
はじめはもごもごしてしまいがちな口が、
だんだん思った通りに動いてくれるようになり、
スピードに慣れてくるにつれ、
耳から入った英語を訳さず理解し、
反応できるようにもなっていきます。
つまり「話す力」が伸びるのです。

レッスンというより、ドリル(訓練)という呼び方しっくりくる指導方法ですが、生徒に豊富な「気づき」の機会を与える点でも優れています。

カランのレッスンでは、間違った発音も文法状のミスも一切みのがされることはなく、
その場ですぐに講師が指摘し、
練習させて直させます。

ですので、この子は主語と動詞の一致を間違いやすい、
あの子は◯◯というフレーズを使うのが苦手など、
どの生徒が何ができて何がどの程度できないか、
その都度実に細かくはっきりと分かります。

反復練習が主体のレッスンですので、英語そのものを口にすることを恥ずかしがったり、ミスをすることを恐れたり、外国人と言葉を交わすことに気後れしたりせず、自然体で取り組めます。

この点では、
小学校に上がり、

「あれ?周りの友達はみんな日本語でしか話さないなぁ。」

なんていうことなどがきっかけで、
英語を口にすることが恥ずかしくなる、
そんな時期にさしかかる小学生たちにも効果的でしょう。

なにぶん、
日本の対面型の教室でこのカラン導入に踏み切った施設は
WOODSTOCKを含めてたったの3校・・。

今後は担当職員を英国のカランスクールに短期留学させ、
指導スキルの精度を上げ続けていく予定です。

お楽しみに〜!
間も無く、ようやくスタートです!!

ちょっと興奮気味に、
今夜のブログを終えようと思います。

本日もありがとうございました。。
明日もどうぞよろしくお願い致します。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”カラン始動!”

2014年2月25日

体調管理

テーマ:つぶやき3
2014年2月24日 19:14




こんばんは〜。
2月最後の週が明けました。
今週もどうぞ宜しくお願いします。

本日のブログのテーマは「体調管理」です。

良かったらお付き合い下さいね。

さて。。。

総理大臣がアメリカ大統領との会談を風邪でキャンセルする。
上場企業の社長が株主総会を体調不良で欠席する。
長寿番組の名司会者がインフルエンザで休む。

このようなことは滅多にありません。
あまり聞きませんよね。
どうしてでしょう?
何故でしょう?
同じ人間なのに・・。

身体には当然日々、調子の良し悪しがあるわけですが、
責任ある仕事をしている人、
たくさんの方から期待され結果を出し続けている人などは、
「体調管理」を本当の意味でしっかりされているそうです。

よく言われる、
「ビジネスパーソンとして日頃から気をつけるべき基本的な健康管理」を
整理してみました。

1:十分な睡眠をとる。
2:朝ごはんをしっかりとる。
3:適度な運動を心がける。
4:手洗い・うがいを怠らない。
5:予防接種を受ける。
6:定期健康診断を受ける。
7:マスク着用など、周囲にも配慮する。

睡眠や適度な運動、朝食の大切さなどは四半世紀以上も前から
言われている健康管理の基本ですよね。
そして、
4から7までは、
もちろん自分自身の体調管理の為というのもそうですが、
実は巡り巡って周囲への配慮にもつながります。

当たり前のことを言うようですが、
勉強も学校も仕事も人生も、
健康あってこそです。

毎日の生活習慣を見直し、
「惰性の怖さ」を認識しながら、
明日からも毎日を楽しみましょう!

あ・・・

この話は、
当然ですが、
朝起きが苦手なそこの君に向けて
タイプしています。

お寝坊せずに、
8時55分までには登園しましょうね(^<^)/~

園生活を通して
無遅刻・無欠勤を続けられる健康管理術を習得するのも
大事な大事なミッションですから〜。

本日もこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日2月25日火曜日もどうぞ宜しくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”体調管理”

2014年2月24日

ホームワークライフバランス

テーマ:つぶやき
2014年2月21日 17:25




こんばんは!
いつもお世話になります。

飛ぶように過ぎて行く毎日に圧倒されています。
もう世間では「ひな祭り」のキーワードが飛び交い始めました。
ついこの前2014年になったと思っていましたが・・
今年も良い1年にしたいですね。

本日も良かったらお付き合いください。


「午後7時に帰宅して、冷凍ピザを食べながら宿題を終わらせたのは午前2時。宿題が多すぎるから、家族と外食も出来なかったし、家での会話もゼロ。・・宿題が多すぎです。意味もわからず書き写しただけだから、役にも立たないし。宿題のせいで私の生活はムチャクチャです。」

これはミシガン州で生活する中学3年生のとある日の日記です。

みなさんが子供の頃・・宿題って好きでしたか?


1:褒められたいから
2:大声で怒鳴られたくないから
3:蛍雪時代ではたかれたくないから

こんなところが私にとっての宿題をやっつける主な理由でした。


ちっとも建設的な提出の仕方ではありませんでしたが、

「どうやらこの世には期限なるものが存在するようだ。そしてそれを守ることで信用につながったり、時に信用を失ったりするんだ。」

ということを学ぶ機会にはなったと記憶しています。

さて、先週の話です。
ミシガン大学による大規模な調査に関するレポートをのぞいていると、
非常に面白い記事がありましたので紹介させて下さい。

「宿題量と学力、及び問題行動の相関性」

「学力テストの得点アップと、問題行動の減少をもたらす最大の要因は、
宿題に費やす時間などではなく、
家族で食卓を囲む頻度とその長さであることが分かった〜!」

というレポートを発見。

家族との団欒の時間の長短が、
子供達の学力にも、
素行不良にもつながっている。

家族のみんなが一緒に語り合う、
つまり親子が意見を交換し、
互いの言い分に関心を示す時、
子どもは価値観を吸収し、
意欲や自尊心を身につけます。
要は熱意ある学習者になるための資質や姿勢が養われるのです。

宿題なんかよりも家族との時間が100倍大事、というレポート。

ワークライフバランスという言葉がありますが、
ホームワークライフバランスなる言葉が出てきてもおかしくなさそうですね。

それでは本日もこのあたりで。
今週もいろいろとありがとうございました。
様々なことにキリがつき、すっきり次年度に入れそうなだなぁ、
などど感じる今日この頃です。

来週もどうぞよろしくお願いいたします。
素敵な週末をお過ごし下さい。
今夜は夜釣りにでも出かけて来ようかと思います(^<^)/〜












WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ホームワークライフバランス”

2014年2月21日

新時代

テーマ:つぶやき5
2014年2月20日 19:37





みなさんこんばんは!

スクール近くの土手沿いをよ〜く見渡すと、
菜の花らしきものが見られるようになりました。
寒い寒いと身を縮めている間にも季節は変わろうとしているようですよ。


昨日のブログでふれさせて頂いた、
「世界に羽ばたくネイティブ脳を育てよう!」事務局の
方とのお話は只今進行中です。

良い方向に着地させられればと思います。
今しばらくお待ち下さい。

さてさて、
今日は子供たちが英語と格闘する横顔を眺めながら、
今ってどんな時代なんだろう・・と妄想してみました。

良かったらお付き合いください。

いまは・・

たんに特定の科目が出来るかどうかよりも、好奇心や創造性のほうが大切であると、誰もが認識し始めた、そんな時代です。

「出る杭が羽ばたく環境作り」に関心が集まる、そんな時代です。

大学はいずれなくなるだろう。そんなスタイルを世に問い続ける、カーンアカデミーのような教育プラットフォームが増殖を続ける時代です。

「クリエイト・ポートフォリオ」という名の、旧式の成績表にとって変わるであろう、次世代の為の新しい形の「通知表」の発明が急がれる、そんな時代です。

ボーダーを飛び越えて、ここで言うボーダーは、国境とか、組織とか、世代とか人種とか。性別や価値観なんかも、他者と出会う時代です。

いい大学に入って、いい会社に入社して、そこに長く勤めて、結婚してマイホームを建てて、このような幸せの形が過去の遺産に成り下がった、そんな時代です。

インターンシップ制度がこれまでよりも幅を利かせ始めた、そんな時代です。企業はその学生がどこの大学を出て、何を先行していたか、という「過去の細部情報」よりも、インターンとして働くその青年が今、会社のために何が出来るのか?に興味があり、注視する、そんな時代です。

自分が受けた教育を子供に押しつけてはならない。彼(彼女)はあなたとは別の時代に生まれたのだから。こんなラビンドラナートの発言に光が当たる、そんな時代です。


共育の現場に身を置く以上、常に理想論を謳い続けたいと日頃から思っています。
狭い世界で一等賞をとること、その為だけに、
子供達から創造性や好奇心を奪い去ろうとする、様々な障害とは闘っていきたいと常々思っています。

もちろん、
妖怪人間ではないので、
私も歳をとるわけですが、
旧式の考えに縛られないように、
ひと昔前の発想から常に脱皮を繰り返しながら、
変態していきたいと思っています。

WOODSTOCKでの具体的な話に落とし込むと、

例のメソッドがいよいよ新学期からスタートします!
オンラインプログラム「Flip it!」が4月より始動します!
様々なチームとのコラボレーションイベントが新年度より発動!
ブレンド型レッスンの導入も間近です!

現状維持が一番しんどいので、
けんすい苦手なんです。
ですので、
飽くなき探究心をもって、
進化していきたいと思います。


それでは本日もこのあたりで。
いつもながら長々と失礼しました。

今日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”新時代”

2014年2月20日

ネイティブ脳

テーマ:つぶやき3
2014年2月19日 18:27




こんばんは!
いつもお世話になります。

「世界に羽ばたくネイティブ脳を育てよう!」

2013年の夏に開催され、
大好評と世間を沸かした「ネイティブ脳ワークショップ」をご存知でしょうか?

キャリアはグローバルな視点で考えることができる時代!
語学の壁をクリアすることによって、
私たちの将来の可能性はぐっと広がっていくわけですが、

このワークショップの魅力は

「英語のその先にあるキャリア」を見据えたプログラムを体験できるところです。

このプログラムのポイントは3つ。

1:MIT公認で、非ネイティブの根本的な英語力向上が期待されることを認められて実施されるメソッドであること。
2:インターネットなどから無料で取得可能な素材を教材として活用し、「今後独力でも海外進学・留学を狙えるレベルを目指せる筋道」を提示してくれます。
3:講義パートはネット上に設置されています。その為、自分のペースで受講が可能。教室では受講仲間とのワークショップに集中出来ます。

「数日からなる教室でのワークショップ+ネット上での講義=ネイティブ脳プロジェクト」

なわけですが、
今のところ、
参加対象は高校生、大学生となっています。

ただ、
間違いなく、
こういった「実践型英語ブートキャンプ」のような取り組みは
日本全国で広がりを見せるはずです。

「英語を学ぶのではなく、英語で考え、勉強や仕事をする方法を学ぶ為の方法論を習得する」
「聞くだけ、問題を解くだけの授業ではなく、ゲームや創作ワークなどのアウトプットを重視」
「プログラム終了後も独学で続けられるよう、インターネット上の上質で無料の教材を使用」

というような、
「根本的な解決につながる具体的なプログラム」が魅力です。

ということで、
次回のこのブートキャンプにWOODSTOCKの子供達が無理やり食い込めるよう、
ただいま交渉中です。

また報告させて頂きますね。
それでは。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。





WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ネイティブ脳”

2014年2月19日

カーンアカデミー

テーマ:つぶやき3
2014年2月18日 17:59




こんばんは!
嬉しいことや、
イイ事が続いた時。
どうされますか?
私は積極的に小さな「負け」を拾いに出かけます。
また皆さんのお話しも聞かせて下さい。

4月より、
新入園児さんを含めて25人程(もう少し増えるかも?)の
新しいお友達がWOODSTOCKに仲間入りします。
他県、県内のプリスクールからの編入生さんも合流。
園舎がもう一つ・・いる??
とにかく、
切磋琢磨しながら盛り上がっていきましょう!

友達こそ、人生の宝です。

熱烈な歓迎モードでお出迎えしましょうね!。

さて、
今日は、
学校教育について。

お時間があればお付き合い下さい。

「日本の発展と競争力を支えてきたのはその高い教育水準にあり、それは日本の国力の最後のよりどころでもある。」

と、一昔前から言われていますが、

しかし、
この「優位性」も、近い将来、崩れるのかもしれない・・。

こんな話を進めます。

「カーンアカデミー」をご存知でしょうか?

インド人とバングラディシュ人を両親に持ち、ルイジアナ州で育ったサルマン・カーン氏が、
2006年に設立した、世界最大級の教育プラットフォームのことです。

従兄弟に数学を教えるためにYoutubeに投稿したビデオが、思わぬ反響を呼び起こしたことが設立のきっかけのようです。

「ネットを通し、高水準の教育を、無償で誰にでも、どこででも受けられるようにする」というサルマン氏の理念は、多くの賛同者を集めました。

基本となるソフトウェア技術を二つの意味でフリー、すなわち無償かつ自由に配布するというGNUのポリシーは、
今日のインターネットの興隆をもたらした中心思想ですが、
その思想が、ソフトウェアにおいてより、さらに重要な役割を果たすのが教育の分野です。
カーンアカデミーはそれを実現しました。

アカデミーにはすでに2500本以上の教育ビデオが登録されており、日々その数は増えています。
初等教育から大学レベルの講義まで、数学、物理、生化学から美術史、経済学、ファイナンスまで、内容は多岐に渡っています。
直ぐに登録出来ますし、
簡単に授業にも参加出来ますのでぜひお試しあれ。

「空・雨・傘」でいきましょう。

つまり、

ネットにつながり、英語さえ読み聴きできれば、世界最高水準の教育がどこの国民にも等しく享受できる時代がやってきたのです。
日本の高い教育水準は、教育に対する高いモチベーションと整った教育インフラによって支えられてきましたが・・。

このアカデミーの登場により、教育インフラに関しても、絶対的水準はともかく、その相対的優位性が失われていくことは確実です。

分水嶺ですね。

教育機会に関して、日本が世界最貧国と同じスタートラインに立たされる日はそう遠くはありませんし、
むしろ、英語に関してハンディを負う日本国民は、スタートラインのより後方に立たされているのかもしれません。

だからといって、
こうした学習の機会を失わないように、
「英語バカ」になれ!
ということを主張している訳ではありませんので誤解のないよう・・。

そうではなくて、
「オトナ」が「コドモ」に傘を用意する為にも、
(カーンアカデミーのような次世代のプラットフォームを雨とします。)

「今子供たちがしていることが、発言している内容が、
自分(親)が幼少期にしていた習い事や遊び方と変わらないのであれば、
これをまずいのでは?これでいいのか?と捉える発想力」

が必要になるでしょう。

みなさんはどう思われますか?

それでは、本日もこのあたりで。
今日も1日いろいろとありがとうございました。
ママ、パパ、ご家族の皆さん、
発表会の衣装つくり、
お忙しい中本当にありがとうございました。

明日もどうぞ宜しくお願いします。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”カーンアカデミー”

2014年2月18日

Rabindranath Tagore

テーマ:つぶやき5
2014年2月17日 17:32




こんばんは!
いつもお世話になります!
今週もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、
大学入試に TOEFL を導入、
という動きがあります。

聞かれたこともあるのではないでしょうか?

こんなところに焦点を合わせて今日のブログを進めます。
お時間がある方はぜひ(@<@)/

大学入試にTOEFL、
これはそもそも、
政府ではなく、
自民党内の動きとして始まりました。

 《 「大学入試に TOEFL 義務付けを」 首相に自民提言 》 自民党の教育再生実行本部(本部長・遠藤利明衆院議員)は8日、英語能力を測る、世界的に普及した国際テスト・ TOEFL (トーフル)を大学入試に義務づけるなど、海外で活躍できる人材の育成を目的とした教育政策を安倍晋三首相に提言した。実現するかは不透明だ。提言は、英語、理数、ICT(情報通信技術)の教育をそれぞれ充実させるのが柱。「経済再生には人材養成が不可欠」「トップを伸ばす戦略的人材育成」などを目的にうたう。 特に英語教育では、「 TOEFL などの一定以上の成績を大学の受験・卒業要件にする」「高校段階で TOEFL 45点(英検2級)等以上を全員が達成」などとした。大学については、「約30校の卒業要件を TOEFL 90点相当にし、集中的支援でグローバル人材を年10万人養成する」ともしている。 ( → 朝日新聞 2013年4月8日 )

日付を見ればわかりますが、
時期は半年程前のものです。
一方で、公務員試験に TOEFL を導入する、という決定。
これはつい最近のことです。

 政府は2015年度の国家公務員試験・総合職試験から、米国発の英語能力テスト「 TOEFL 」を使う方針を決めた。6月にまとめた成長戦略に盛り込んだグローバル人材育成の切り札。背後には、英語を社内公用語にしてグローバル戦略を加速する楽天の三木谷浩史社長の存在があった。 楽天が英語を公用語にしたことで社員の英語力が飛躍的に向上。海外企業を相次いで買収し、外国人の優秀なエンジニアも集まるようになった。こんな楽天の成功体験を日本中に広げれば、日本経済の競争力が一気に強くなる――。三木谷氏にはこんな思いがあるようだ。( → 日経 2013/11/1 )
 上の日経の記事の続きには、こうあります。

 TOEFL は「読む」「聴く」「話す」「書く」の4技能を測る。内容は学術的で大学生にさえ難易度は極めて高い。文部科学省によると一般入試で TOEFL など外部試験を使っている大学は34校と全体の4.6%どまり。三木谷氏が投じた一石は、着実に未開の市場に広がり始めた。 文科省は14年度にも始める中学3年生と高校3年生向け英語能力テストの開発で「 TOEFL 等の実施団体との連携」を明確にした。このテストは5?6年後の大学入試センター試験廃止後の新テストのひな型とされる。大阪府も府立高の入試での採用を決めた。

公務員試験だけでなく、
高校入試や大学入試にも導入を考えているようです。
冒頭の自民パーティーの話は、沙汰止みにはなっていなかったということです。
記事の続きにはこうあります。

 最も抵抗しているのは現場を預かる大学関係者だ。鳥飼玖美子立教大特任教授は「 TOEFL はあくまで北米の大学・大学院に留学するための試験。日本の入試に使えというのはグローバル化の意味をはき違えている」と批判する。

鳥飼玖美子教授は「英語公用語は何が問題か?(角川書店)」の著者です。
英語教育に携わる、また英語教育に賛成している立場の方こそ読まれた方がいい本の一つかと思います。

このように、
教育の、また試験の方法というのはどんどんと見直しがなされます。
常に賛否両論飛び交いますが。

今後、グローバル化が進み行くことを考えると、
こうした変化の速度は上がり続けるでしょう。
そして、
当然、学生たちの就職志望ランキングなどに象徴される、
次世代を担う子供たちのビジョンや夢も時代の変遷と共に
移り変わっていきます。

東京六大学の学生たちの就職志望ランキング上位には
ゴールドマン・サックス、マッキンゼー、BCG、グーグル、アップル、GEなどに代表される所謂「外資系」が並びます。
1990年、今から15年前、私が就職活動を
していた頃のランキングとは似ても似つきません。


就職活動を控えている学生の中には「外資系会社に就職し、30歳頃までに稼いで、その後セミリタイアして悠々自適に暮らす」と考えている面々も少なくないようです。

彼らは、終身雇用は過去の遺産と割り切り、「アップ・オア・アウト(簡単に言えば2、3年で結果を出せなければ会社を去れ!というシビアなルール)」に正面からチャレンジする準備をしながら、世界中のエリートたちと肩を並べて戦う為のスキルを日夜磨いています。

本当の意味で、
日本の古き良き鎖国時代が終わろうとしています。
いよいよ日本流だけでは済まされなくなってきたようです。
だから、
ここにきて「世界基準」に合わせるようになってきた訳です。

働き方がかわれば、
求められる学生の質も変わります。

結果、選抜の方法(試験スタイル)も変わります。

ということは・・

「自分が受けた教育を子どもに押しつけてはならない。彼(彼女)はあなたとは別の時代に生まれたのだから。(ラビンドラナート・タゴール)」

ということですね。

子供たちの未来を照らすべき、
我々「オトナ」がしっかりと時代感を読み解いていきましょう。

それでは本日はこの辺りで。

今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Rabindranath Tagore”

2014年2月17日

自然の中で。

テーマ:つぶやき5
2014年2月14日 18:44




こんばんは!

全国的に雪模様の週末の入り口をいかがお過ごしですか?

本日は変則的な保育スケジュールにご協力頂きましてありがとうございました。
自然を前にした時に、
いかに人間がちっぽけな存在であるかを思い知らされますね。

こんな時に、
当たり前に生活できている事実に感謝をおぼえます。

さて、
本日WOODSTOCKに駆け込んできてくれた園児さんは
30名ほどでした。
全体の4割くらいですね。

お住まいのエリアによっては、
車を動かすことすら難しかったようで、
朝から欠席連絡の嵐でした。
中には、
お友達のビニールハウスに積もってしまった
雪をかき出しに行かれるママやパパ、
また、
昨晩はご自宅に戻れず、
ご近所の実家に逃げ込まれ、
今朝はそちらから直接登園された御宅なども。

特に、
「明野」「公園通り」「京ヶ丘」あたりは
積雪も多く、
おやすみのお友達が多かったようです。

ということで、
バレンタインデーのイベントは
次週に持ち越しで〜す。

通常保育に戻るであろう、
来週を利用して子供たちと楽しみたいと思います。

場所によっては膝丈まで積もった雪を見て、
お犬様のようにはしゃぐ子供達が印象的な週後半になりました。

週末はどうぞゆっくりされて下さいね。

今週もいろいろとご協力頂きまして本当にありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”自然の中で。”

2014年2月14日

ハイパーローカル化

テーマ:つぶやき5
2014年2月13日 18:35




こんばんは!

大分市内を、県内を?
大雪が襲っています。

北国の方に笑われてしまいそうですが、
九州人にとってはテンションの上がる風景ですよね?

そんな週の後半木曜日をいかがお過ごしでしょうか?

さて、唐突ですが・・

グローバル化と同時に進行しているもの。
ご存知ですか?

これが非常に面白くて、
グローバル化の流れとは真逆の・・・

「ハイパーローカル化」と呼ばれるモノらしいのです。

日本語におきかえると、

「超地元密着な時代化」でしょうか。

グローバルの元祖アメリカで、
ファーマーズマーケットが大盛況のようです。
(FMとは、主にその地域の生産者が複数軒集まって、自分の農場でつくった農産物を持ち寄り、消費者に直接販売するスタイルの市場:Wikipedeaより)

この10年で10倍以上の規模にまで。

何故でしょう?

「空・雨・傘」で考えましょう。

様々な要因があるのだとは思いますが、

1:生産者の顔を見て購入したい。
2:二酸化炭素の増産に加担したくない。
3:量や値段の交渉を楽しみたい。
4:地産地消の意識。

こんなところが「解釈」としてあげられます。

それを歓迎するか、
退けようと奮闘するかは別問題として、
グローバル化が進みゆく世界ですが、
実は同時にハイパーローカル志向も強まっていて。

ネットを介して地球の反対側の出来事が
リアルタイムで流れ込んでくる時代です。
だからこそ、
自分のコミュニティを大事にしたくなる気持ち。

人間らしくて、
とても非合理的で、
いいなぁ・・と思いましたが、
みなさんはどう感じられますか?

「Think Local,Act Local,and connect Grobal!」

ローカルをローカルにフォーカスすることは、
実はグローバルに繋がることでもあるのだ!

雪の日のブログの最後は、
こんな早口言葉のようなフレーズを残して、
強制終了したいと思います。

こんな日はコタツに入ってオリンピック!・・出来たらイイですね。

それでは、
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ハイパーローカル化”

2014年2月13日

71億分の・・

テーマ:つぶやき5
2014年2月12日 18:55

hippo.jpg

こんにちは!
週の半ば、水曜のひと時をいかがお過ごしでしょうか?

ジャンプ女子ノーマルヒルの高梨沙羅さん見事世界4位!
71億分の4位です。
本当におめでとうございます〜!!

「まさかの・・」
「残念ながら・・」

なんていう、
勝手な大人都合の枕詞なんか無視して
胸をはって帰国して欲しいと思います。

本題に。


以前、
研修の一環としてある会社の20代の社員たちの為の
英語勉強会に立ちあったことがあります。

内容は、
「日本語を読み上げ、その場で英訳しよう」という作業を
繰り返し行うプログラムでした。

社員たちからは、

「自信がない」
「恥ずかしい」
「文法を間違えていないかが気になる」
「書くだけなら・・」

という声が多く上がったのがとても印象的でした。

ただ、
不思議なもので、あまり時間を置かずに英語を話すことを
繰り返していくと、
多少文法や単語が間違っていても意味が通じることに
その場にいた全員が気付き始めたのです。

研修3日目には、
自然とモチベーションが上がり、
その場に居合わせたほぼ全員が
次第に英語で会話することに
抵抗がなくなっていったのです。

私も中国語学習に挑戦していますので、
心からこう思うのですが、
方法はどんなものでも良いので、
恥ずかしい、間違ったら・・というような、

「メンタル面でのバリア」

を壊すことがとても大切です。

特に日本人は、

「きちんとした言葉で会話しないと」

という発想・思い込みをもっていることが多いように思います。

そもそも、
英語に限って言えば、
一歩海外に出れば各国で様々な英語が話されています。
また、
いつからか、
英語を母国語とする話者の人口よりも
第二言語として英語を使うスピーカーの方が多くなりました。

話せない日本人ではなく、
話そうとしない日本人。

このメンタルバリアを外すために、
アジア圏をはじめとした、
英語が日常的に使われている国に行って、
現地の英語を聞いてくる、一緒に話してくる。

これだけで、悪い魔法がとけたかのような、
そんな感覚を味わえますよ!


お試しあれ〜q(^o^)p

春が近いせいでしょうか?
卒園やお引越しなどのお別れと、
編入や入園などの出会いが臨場感をまして来ました。

今年もイイ桜の季節になると嬉しいですね。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

WOODSTOCK Oita Japan


続きを読む”71億分の・・”

2014年2月12日

先人による遺産

テーマ:つぶやき
2014年2月10日 18:33




こんばんは!
週が明けたと思ったら、
今晩は祝日前夜。

そんなハッピーマンデーをいかがお過ごしですか?

今日のブログのテーマは「日本のパスポート(旅券)」です!
良かったらお付き合いください。

私ごとになりますが、
仕事柄、
いろいろな国の人々のパスポートを目にする機会が多いのですが、
いつ頃からかとあるページに目が、興味がいくようになりました。

日本のパスポートの自分の写真が載ってるページの次のページには、

「This passport is valid for all countries and areas unless otherwise endorsed.」
(このパスポートは、裏書されない限り、すべての国と地域に有効です。)

と書かれています。

つまりこれは、

世界各国に行ける、ということを表しています。
(1990年までは「北朝鮮を除く国への渡航可能」という表記でしたが)

私も今の仕事をはじめるまでよく知らなかったのですが、
アメリカ国籍の職員がWOODSTOCKの園児さんのパスポートを見る度に、

「Wow!This is Japanese!」

と、驚嘆ともとれる声をあげるシーンを何度も見ました。

日本に生まれて日本で育つと気付かないのですが、
これって当たり前ではないんですよね。

米国パスポートを見ても、イギリスのそれを見ても、
ウズベキスタンの旅券を確認しても。

たいていの国の旅券では入れない国がいくつも存在するんです。

世界的にみると普通ではないことがあまりにもさらっと
書かれているため気付かないのですが。

先人たちが築いてきた遺産のおかげで、
私たちは様々な国を自由に出入り出来ているというわけです。

では、この「遺産」とは?

一説によると、

世界が日本を歓迎するのは、
ペリー来航により開港して以来、
日本が世界の国々と最も多くの和を育んできた結果では?

なんて言われています。

欧米諸国、ロシア、中国、アラブ、イスラエル、パレスチナなどと
同時に有効な関係を持つ国は、
たしかに世界を見渡しても日本だけです。

この、
他者との協調を大切にしてきた先人たちの
「和の精神」があったからこその

「Japan パスポート」

だということを次世代に伝えていきたいですね。

・・ちなみに。

聞かれたことがあるかもしれませんが、
上述の理由などから、
「日本のパスポート」は非常に高い値段で取引されているようです。

不謹慎ですが、
「日本のパスポートの相場」は20万から30万円と言われています。
紛失届を出せば日本大使館ですぐ再発行されてしまうので・・。

ただし、国際民間航空機関(ICAO)という機関が
偽造防止の為にICパスポートの導入を進めています。

悪用はダメですよ(^o^)/

それでは、
降り続く雨がみぞれに変わる前に、
今夜は園を出ることにします。

本日もありがとうございました。
素敵な建国記念日をお過ごし下さい。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”先人による遺産”

2014年2月10日

マリアナ・グランデ

テーマ:つぶやき3
2014年2月 7日 17:45




こんばんは!
いつもお世話になります。
オリンピックが開催されているソチの寒気でも
流れ込んできたかのような寒さに襲われている日本列島。
そんな中迎えるホットな週末ですが、皆様いかがお過ごしですか?

2月7日金曜のブログスタートです。

デビューアルバム「Yours Truly」でビルボード200を沸かせた
イタリア系アメリカ人、マリアナ・グランデ(20)さんをご存知ですか?
ネクスト・マライアと呼び名の高い新星歌姫の彼女が、
今朝の「ZIP(日テレ系情報エンターテイメントTV番組)」の中で
きゃりーぱみゅぱみゅさんと対談をされていました。

その中で彼女が日本のポップスター、きゃりーさんの姿勢やPVについて、

「かわいい(Kawaii)」と称賛の言葉を投げた後、

「(具体的には)彼女はリスクテーカーです。
リスクをとって他の人と違うことをしている彼女の姿勢やスタイルをクールだと思います。素晴らしい!」

と言及していました。

この「リスクをとれる人って素敵」という発想は我々アジア人にとってはちょっと新鮮ですよね。

あまり知られていませんが、
そもそも日本人は「リスクテーカー」でした。
地理的にみて、アジア全体の中での日本の位置は、
アメリカにおける西海岸、つまりフロンティアです。
この新天地、最前線の地で経済学的にみても、
狩猟や漁業と比べて圧倒的に投機的な「稲作」を
展開したのが我々の先祖でした。

その昔、日本人のような農耕民族は、リスクをとりにいくことを嫌うから、
狩猟民族にビジネスでかなわないのだ、と言われていました。

ただ、これは誤りです。
広大な大地に種もみを播き、
それが半年後に実りをもたらしてくれるかどうか、
確実なことは事前には分からない。
日照りが続いたり、悪天候におそわれたら・・。
全ての「投資」が無駄になるわけです。
そのかわりにうまくいけば、
半年後には播いた籾の何百倍、何千倍もの収穫が得られる可能性があるわけです。

こういった農耕のスタイルに挑んだのが、
昔の日本人だったのです。
どうやら勇敢なリスクテイカーが集まる国、
これが以前のクールJAPANだったようですよ。


さすが次世代歌姫。
いいこといいますねぇ。

ということで、
今日のブログ「あのきゃりーぱみゅぱみゅは、実はリスクテイクの体現者だった」は、このあたりで終演とさせて頂きます。

リスクをとることをちっとも恐れないWOODSTOCKの子供たちが、
このまま勇敢なオトナになってくれることを期待しながら、
週末に入りたいと思います。

今週もいろいろとありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願いします。

追記;明日2月8日は英語検定日です。お忘れなく(^o^)/






















WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”マリアナ・グランデ”

2014年2月 7日

恥はかき捨て、旅中でなくとも。

テーマ:つぶやき3
2014年2月 6日 18:50










こんにちは!
いつもお世話になります。

先日、ある保護者様から、

「子供の送り迎えの際に、主人がもう少し先生たちと話したいのだけれど、
なかなか適当な英語が出て来なくて、と漏らしていて。」

というお話を頂戴しました。

もっとつっこんだ会話をしたいのに。
日頃の感謝の気持ちの一つも伝えたいのに。
文句の一つも直接伝えてみたいのに。
子供の様子も直接聞いてみたい。
せっかく毎日のように送り迎えしているのになんだかもったいない。

皆さんもこんな感想をもたれたりしたことがあるのではないでしょうか?

継続的に勉強をすることも大切ですが、
今日は、
基本的な英語に対しての、
また、
外国籍の人たちと会話をする際の「コツ」を紹介しますね。

まず、

1:間違ったらどうしよう。発音は大丈夫だろうか?きちんと伝わるだろうか?という考え方をきっぱり捨てる!

仮に、日本語を母国語としない外国籍の人が間違った日本語を使っていても、
笑ったり、ましてやバカにしたりはしないですよね?
それどころか、「日本にたいして興味を持ってくれているんだなぁ」という好印象すら受けるのではないでしょうか?
また、中国等のアジア圏の人々が話している英語のボキャブラリーや発音は
ネイティブスピーカーのそれと比べると、
語彙は少なく、発音も国によって非常に独特です。
ただし、彼らはとても自信たっぷりに話します。
この「態度」や「姿勢」が日本人にも必要なんです。

次に、

2:英語という言語の特性ですが、小さな声では伝わりにくい為、口を大きく開けて普段よりも少しだけ大きな声で話すという意識をもちましょう!

これもシンプルな具体策ですが、非常に効果的です。あれ?今日はなんだかよく伝わっている感じが・・という感覚を味わってください。
また、余裕が出てきたら、ジェスチャーや顔の表情にも気を配りましょう。
これだけで、随分と伝わり方が変わってきますよ。

最後に、たくさんの保護者様から頂戴する英語についての質問でもっとも多かったフレーズを紹介して今日のブログは終わりたいと思います。


「先生、ウチの子を宜しくお願い致します。」

これを英語で表現すると、

「We leave him in your hands. Please take care of him.」

となります。

直ぐに使える表現です。
何かの機会に使ってみて下さいね。

それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”恥はかき捨て、旅中でなくとも。”

2014年2月 6日

節分の日に。

テーマ:つぶやき5
2014年2月 3日 18:39
















こんにちは!
立春の前日、節分の夜をいかがお過ごしですか?

その昔、
季節の変わり目には「邪気(鬼)」が生じると考えられていました。
これを追い払うための「悪霊払い」、これが節分のルーツです。

22014年2月3日の今日、
WOODSTOCKインターナショナルスクールでも
子供たちが豪米生まれの二匹の鬼に
立ち向かいました。

何が起こったのか理解が出来ないシュガーさん。
昨年の記憶を未だに引きずるビジーちゃん。
年齢的にも頭では理解できているのに「感情」がおいつかないウィグリーさん。
そろそろ後輩をかばう余裕が出てきたファンキーさん。

いずれにしても「心を揺さぶられる体験」になったかと思います。

インターナショナルスクールならではですが、
こうしたアジアや日本に起源があるイベントを行う際には、
前日までにまずは世界中から集まった職員たちに、
行事の意味合いや目的を説明します。

そのうえで、
本番に向かうわけですが、
毎年話は「宗教」の方向にも。

スクールの考えとしては、

「WOODSTOCKでの節分に宗教的な意味合いはなく、方向性としては自分たちの存在をはるかにしのぐ何やらとてつもないモノがこの世にはあるようだぞ」

という感覚を少しだけ持ってもらえたら嬉しいなぁ、という種のものです。

普段あまり意識しませんが、
日本は八百万の神の国です。
海や山、時には木の葉や風にさえ信仰心を抱くというのは、
世界的にみても非常にユニークな国民性です。

行事を機に、
こんなことも感じとってくれると有意義だなと思います。

季節がら、
毎年インフルエンザの流行期です。
自分の年齢の数の一つ多い豆を食すると、
体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしもあります。

今夜はご家族や友人とビーンズパーティーでもいかがですか?

それでは本日のブログもこの辺で。
園児諸君。
たくさん泣かせてしまってごめんなさい。
どうか明日からも元気に登園して下さいね。

今日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”節分の日に。”

2014年2月 3日