WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2014年2月 | メイン | 2014年4月»

特別講座の巻

テーマ:つぶやき3
2014年3月31日 18:13




こんにちは!
春うらら真っ盛りの月曜日をいかがお過ごしでしょうか?
この季節は外を歩くだけでも気持ちがイイですね。

先日、「KKBOX」というナイスなアプリを見つけました。
ご存知ですか?
これですね、
「英語学習」に非常に効果的かも・・なんです。

基本的には、

「無料で好きな音楽を聴き放題!」

というアプリなのですが、

「いいなぁ」

と思ったのは、

好みの曲をピックアップして、
それを聴きながら、
カラオケのように、
「歌詞」を目で追えるんです。

全曲に対応しているわけではないようですが、
リラックスしながらの英語学習にはもってこい!だと。

個人的にはオススメです。

良かったらググってみて下さいね ^ ^

さて、
WOODSTOCKは春休み真っ只中ですが、
本日より、
昨年度以前にプリスクールを卒園した子供達の為のプログラム、

「春休み特別プログラム2014'」

がスタートしています。

こちらのテーマは、

「Children will research and present about their chosen topic on the last day.」

ということで、

最終日には「プレゼン」が待っています。

ちびっ子版TED Talks・・今から楽しみです。

生徒諸君は心して取り組んでいきましょう!

なお、このプレゼン内容はまたおってレポートさせて頂く予定で〜す。

どうぞお楽しみに!

しかしあれですねぇ・・。

子供達がこうして「学んでいる」様子を見ていると、

やはりいい意味で刺激を受けます。

日々の作業をこなすだけの毎日にならぬよう、
私たち「オトナ」も新しい事を学び、吸収していきたいですね。

私も子供たちに負けないよう頑張ろっと(^<^)/☆

それでは本日もこのあたりで。

明日もどうぞ宜しくお願いします!






WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”特別講座の巻”

2014年3月31日

スプリングスクール 2014

テーマ:つぶやき5
2014年3月28日 13:43

DSC_0838.JPG

こんにちは!
週末の入口金曜日の午後をいかがお過ごしでしょうか?

WOODSTOCKでは、3月25日より
4日間にわたってスプリングスクールが行われていました。

今年は、ガンジーファームに、豊後高田でのそば打ち体験を経て、ヘンゼルとグレーテルの世界に迷い込み、
最終日となった昨日は園でのお泊り保育を楽しみました。

百聞は一見にしかずといいますし、
撮りためていた昨日から今朝まで様子を
只今処理しています?☆

夕方から今夜にかけてFacebookページにて紹介させて頂く予定です。

どうぞお楽しみに?!

今期も皆様のおかげで素晴らしい1年になりました。
4月からの新年度もどうぞよろしくお願い致します!!

続きを読む”スプリングスクール 2014”

2014年3月28日

スプリングスクール開始!

テーマ:つぶやき
2014年3月25日 21:50




こんばんは!
いつもお世話になります。
地震研究で有名な百瀬直也さんによる、
3月25日の大地震の予言がどうやらはずれたようで・・
ちょっと一安心、という方もいらっしゃるのでは?

さしあたって、
まだ起きていない事に惑わされるのではなく、
今目の前にある課題に心や労力を使いたいですね ^ ^

さて、
WOODSTOCKは本日より春休みに入っています。
というわけで・・・

2014年スプリングスクールのスタートです。

初日の今日は、
くじゅう連山ガンジーファームに行ってきましたぁ!
日豊バスさんにご協力頂き、
大型バスに揺られることおよそ2時間。

野焼きを終えたばかりの竹田草原の向こう手で、
子供達を待ってくれていたのは大自然に囲まれた
ガンジー牧場!

天候を心配していましたが、
活動中は雨に見舞われることもなく、
のびのびゆったりと時間を過ごせました。

ヤギと羊の違いについてのレクチャーを受けたり、
うさぎさんや鴨さん、アヒルさんに餌やりをしたり、
チーズやバター工場を見学したり、
新鮮な乳牛アイスクリームを頬張ったり、
手作り愛情弁当をぺろりとしたり・・、
バスでお友達や先生達と普段とは違った会話を楽しんだりと。

季節行事ならではの時間を過ごせたように思います。

詳細は・・ぜひお子さんに聞いてあげて下さいね^ ^

ちなみに今回は4日間平均6割ほどの参加率となっています。
春休みに入り、帰省されているお友達も多いようです。

どちらからこのブログを見てくれていますか?

北海道ですか?
沖縄ですか?
それともグアムですか?

いずれにせよ、
怪我や事故のない楽しい時間を過ごしましょうね〜!

それでは、
明日行われる豊後高田そば打ち体験の準備に戻りますので、
今夜はこの辺りで。

今日の写真はFacebookページにてUPさせて頂きますので、
よかったらご覧下さいね。

では今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。








WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”スプリングスクール開始!”

2014年3月25日

終業式。

テーマ:つぶやき
2014年3月24日 21:06





こんばんは!
3月最後の一週間もいよいよスタート。
今週もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、
今日はプリスクールコースの3学期終業式が行われました〜^^

毎年この季節に感じるのですが、
一年は本当にあっという間ですね。

昨年の桜の季節に入園してきた20名の新入生は、
1年目のカリキュラムをそつなく消化。
4月からはお兄さん・お姉さんです。

まだまだ泣きべそちゃんの集団とばかり思っていた
ビジービーさん達は、いよいよ高学年に!
すっかりたくましくなりました。

ついこの間まで、
手がかかって仕方がなかったウィグリーさん達が・・(笑)
いよいよ来月より年長さん!
小学校入学に向けたカウントダウンのスタートです。
園の屋台骨としてがんばって下さいね〜。

そして、
このメンバーに・・・

20名の2歳児さんが4月8日より満を待して合流!
翌日9日には他のプリさんから新しいお友達も!

これを笑顔で迎え撃つべく(笑)、
本日付けで、
「T/マリアンナ」と「T/デミアン」がWOODSTOCKに合流。
お出迎えに積極的に出しますので、
どうぞ送迎時にコミュニケーションをとって下さいね。

また、
本日を最後にお引越しや転園でWOODSTOCKを
去ることになってしまったお友達も(涙)。
通った年月は関係ありません。
ここは君たちのスクールです。
機会があったらいつでも遊びに来て下さい。
熱烈なハグで迎えますから。
いつでも歓迎します。
これからこそ、宜しくお願いしますね!

それでは・・・

次年度も賑やかで充実したな園生活を送ってもらえるよう、
職員一同奮起致します!
どうぞ4月からもWOODSTOCKを宜しくお願い致します!

みなさん素敵な春休みをお過ごし下さい(^_-)-☆


*スプリングスクールに参加されるお宅につきましては、
参加要項を再度ご確認頂きますようお願い致します。
明日はガンジーファームに突撃で〜す!!







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”終業式。”

2014年3月24日

「異能」

テーマ:つぶやき
2014年3月20日 18:49




こんばんは!
小雨降る木曜の夜をいかがお過ごしでしょう?
なんでもこの雨が上がると同時に桜は開花に向けて
動き出すとかしないとか?
花見の季節が今から楽しみですね。

さて、
今日のブログは昨日福岡で行われたシンポジウムが題材です。
良かったらお付き合い下さい。

今朝の大分新聞(だったような・・もしくは日経さん?)にも
記事が出ていましたが、

今月の3月19日、

「国際社会で活躍できる人材育成のあり方などを議論するシンポジウム」が

福岡で開かれました。

その中で、

日本が今後のグローバル競争を勝ち抜いて行く為には、
「異能」の人材が求められていて、
その為にも「多様な尺度で学生を選抜・育成していく必要がある」

というような話が。

私、この「異能」っていう言葉・・嫌いじゃありません。

いい流れだなぁ、と思います。

日本テレビ系「ZIP!」の中で、
アリアナ・グランデさんがきゃりーぱみゅぱみゅさんのことを、

「彼女はリスクテーカー。リスクをとって他の人と違うことを
している彼女の姿勢やスタイルをクールだと思います。素晴らしい。」

と言及していました。

以前のアジア人にはなかったこの、

「リスクをとれる人って素敵!」という発想が

今の若い世代を中心に浸透し始めているようです。


出過ぎず、目立ちすぎず、という姿勢が、
これまでの日本では求められてきましたが、
こうした「時代の価値観」も、
世界から吹き付けるグローバリズムという風の影響で、
徐々に変わってきているようです。

これからは、

「どのように他者と差別化をはかるか?」

というような発想が求められそうですね。
自分をコモディティ化しない為に。
もちろん、残すべきものはしっかり受け継ぎながら。

みなさんはどう思われますか・・・・?



それでは今週もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
来週もどうぞ宜しくお願い致します。












WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「異能」”

2014年3月20日

進級!

テーマ:つぶやき3
2014年3月19日 20:24







こんばんは!
いつもお世話になります。

大分も明日から天気が崩れるとかそうでないとか。
空色の移り変わりを楽しむくらいの余裕が欲しい、
そんな3月の中旬ですね。

去る3月を充実した一月にする為にも、
しっかり今週後半も噛み締めながら生活していきましょう。

今日は、

WOODSTOCKの各コースについてのご案内です。

☆ベイビースクールの保護者様方へ

今年度最後のレッスンが本日をもって終了しました。
一年間お子さんたちと一緒になって参加して下さる
保護者様方のおかげで楽しく、また賑やかな時間になりました。
本当にありがとうございます。

プリスクールに上がられる方は4月8日の入園式でお会いしましょう。
0歳児さんで次年度も引き続きベイビースクールに遊びに来て下さる親子さんは
4月2日が次年度初回レッスン日です。宜しくお願いします。

☆プリスクールの保護者様方へ

今年度の登園日ものこり2日あまりとなりました。
24日には終業式が執り行われます。
それにともなって、
連絡帳は本日で終了です。
たくさんの作品と共に持ち帰りますので
どうぞお楽しみに〜^ ^
また、
24日はバスは通常運行ですが、
延長保育はございません。
ご確認下さいますようお願いします。
25日から始まるスプリングスクールも
盛り上がりましょうね〜!

☆アフタースクールの保護者様方へ

今期のレッスンも今週で終了です。
この1年、
子供達の笑顔を支えて下さったのは、
お忙しい中送り迎えをして下さった保護者様方です。
心から感謝申し上げます。
また、
次年度からは「カランコース」もスタートします。
新しい取り組みを交えながら、
「WOODSTOCKに預けて良かった。」
というお声をゴールに、
4月からも進化を効果的に続けていきます。
初回レッスンは、それぞれ4月の第一週からです。
お間違いのないようお願いします。


それでは今夜はこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”進級!”

2014年3月19日

まだ偏差値に興味がある方は?

テーマ:つぶやき
2014年3月18日 18:17




こんばんは!
いつもお世話になります。
東京では春一番が吹くとか吹いたとか?
お花見が待ち遠しい季節になりましたね。

今日のブログのテーマは「偏差値」です。
毎回のことながら「堅苦しく」かつ「小難しい」内容と
なっていますが、
良かったらお付きあい下さいね。



唐突ですが、
現在の日本の受験方法を通して身に付く技能は、
今後の10年から20年ほどで価値を失います。
これは今や世界の常識となりつつあります。

「ルールを正しく覚えて、間違いなく運用する」

これが現在の受験によって身に付く技能であり、
中流階級のホワイトカラーに求められる能力でした。



が・・・、



そういう職業はこれから数十年で駆逐されます。



なぜか?



言わずもがな、
コンピューターにさせた方が早くてしかも確実だからです。

事務職は当然として、
営業職もゼロにはならないにせよ激減するでしょう。
Amazonがあれば事足りるからです。

数十年後に残っている職業は、人間にしか出来ない仕事です。
芸術的で創造的な職業か、
あるいは対人関係を重んじる職業です。

よく言われるのは、

絵描き、デザイナー、ライター、企画開発、看護、リハビリ、介護、経営者。



つまり、
コンピューターよりも人間が得意とする仕事です。

問題なのは、
20年後のグローバル社会で必要とされるスキルは
現在の日本の受験スタイルでは決して身につかないということです。

偏差値を伸ばしたところで、
創造性や社会性が育まれるとは限りません。

そもそも偏差値は、
今から50年以上も前、
桑田昭三という人物が、
教育評価活動の行われていなかった当時の日本で、
「1点の差」がもつ意味や価値を解明するために
作り出した目安に過ぎません。

そして、
偏差値の弊害がうたわれるようになり、
平成3年には、
文科省の方針で偏差値が公立の学校から追放されました。

皆様ご存じのとおり、
以前として、
大学入試の指標として使われてはいますが。


はっきり言って時代錯誤もいいとこです。


それなのに、
世間の大人がどうして「コドモの偏差値」に神経を尖らせるのか?
どうして受験産業は今も昔も堅調なのか?

いろいろな答えがあるかとは思いますが、
私個人の答えは・・


受験がソーシャルゲームだからです。

本来、
人間の価値は画一的には測れません。
けれど、
ここが今の受験業界のうまいところで、
「偏差値」という単一のパラメーターを持ち出すことで、
モバゲーのように、
どれほど強くなったか(=勉強が出来るようになったか)が
可視化されます。

その結果、親たちは強力なアイテム(有名塾や講師)に課金してしまう、という構図です。
そしてそのまま、ボスが倒せるかどうかは分からないまま。



「あと一回ガチャを回せば強くなれるのではないか?」

「あと一回補講を受けさせれば偏差値が上がるのではないか?」



これ・・まったく同じことです。


言うまでもなく、
子供は「キャラ」ではありません。
「レアカード」でもありません。
心をもった生身の人間です。
子供に課金するのは親の勝手ですが、
果たして子供の為になるでしょうか?
受検を潜り抜けることが将来を約束していた
そんな時代も確かにありました。

いい学校に入っていい仕事についたはずのサラリーマンたちが、
バブル崩壊とともに次々と首を切られました。

神話はしょせん神話だったのです。

逆説的なことを最後に云いますが、
これからの社会を支える子供たちには
一生懸命勉強して欲しいと思います。


偏差値を上げるための訳のわからない勉強ではなく、
自分の思考に組み込まれて、
血肉となるような知識を身につけてください。
リベラルアーツを学びましょう。

奥深い知識はかならず我々の人生を助けます。
誰かの論理的でない、
単なる言い分を鵜呑みにしない自立した個人になるためには、
多様で厚みのある知識が必要です。

そうすれば、
人の話を聞いたときに、
「事実なのか」「それともこの人の意見か」が区別できるようにもなるでしょう。

情報が氾濫する今の世に必要なスキルだと思いませんか?

自分の為に、
また自分の周りで息をする仲間や家族を幸せにする為に、
勉強を続けましょう!


私も頑張ります!!


それでは今夜もこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。



 







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”まだ偏差値に興味がある方は?”

2014年3月18日

「ゼロ」から「1」を。

テーマ:つぶやき3
2014年3月17日 17:36




こんにちは!
いつもお世話になります。

今日は気持ちのいい一日でしたね。
桜の開花ももう間近、という感じでしょうか?
今週もどうぞ宜しくお願い致します!!

さて、
今日のBlogは「ゼロから1を」がテーマです。
良かったらおつきあい下さい。

突然ですが・・・

私が中学校や高校に通っていた頃、
主流とされたいた「授業スタイル」は、
今では「死んだ授業」と呼ばれるようになりました。

当時まだそうでもなかったのですが、
知識や情報の確認テストでいくら良い点数をとっても、
今の時代にはほとんど無意味です。

この20年で「教育界の常識」も大きく変わりました。

感じの読み書きなどに代表される「検定」が典型で、
「ネットで検索すれば答えがすぐに得られるようなモノ」の価値は今後ゼロに近づいていくでしょう。

「誰にでも出来ること」には価値はありません。
ということは、
「誰にでも出来ることしかできない人材」は、
将来的には買い叩かれる運命にあります。

だから、
今の大学などの「学校」には
「思考力」や「想像力」、「洞察力」などを育む形や授業が
求められるわけです。

ちなみに、
今の日本の高校や大学などで行われているような、
一方通行の授業スタイルは、
中世に、
イタリア・ボローニャ大学で発明されたようです。

これが、
時代の移り変わりとともに、
かの有名なサンデル教授がハーバード大学で行っているような、
「ソクラテス・メソッド」へと形を変え始めています。

つまり、
上の立場の人間の考えをトップダウンで押し付けることでも、
ウキペディアで調べればすぐに見つかるレベルの正解を詰め込むことでもなく、
相手から思考力や洞察力、想像力を「引き出す」という、
教育本来の姿に向かっているのです。

これからの社会人に求められるもの、
それは、

「ゼロ」から「1」を生み出せる人材です。

こういったところを意識して、
WOODSTOCKの保育内容も進化させて行きたいと思います。

それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。






WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「ゼロ」から「1」を。”

2014年3月17日

卒園式

テーマ:つぶやき3
2014年3月14日 14:22







みなさんこんにちは!
いつもお世話になります。

今日2014年3月14日、
9人の年長さんがめでたくWOODSTOCKを卒園していきました。


式が終わったばかりですので、
まだぼんやりとしていますが、
来週の月曜日に誰にも使われることのない
年長さんの下駄箱を見てはじめて彼らが巣立ってしまったことを実感するのでしょう。

まだ歩くこともままならなかった小さな子供たちが、
知らない先生や、外国籍の職員、また新しいお友達との
新しい第一歩を踏み出したのが今から3年、4年前。

あっという間に成長した9人は、
素晴らしいスピーチとさわやかな笑顔を残して次のステージに
向けて歩き始めました。

時が経つのは本当に早いものですね。
どうりで私も歳をとるわけです。

今はとにかく寂しいばっかりですが、
気持ちを切り替えて、
次週を迎えたいと思います。

先生たちがゴスペルにのせた気持ちが少しでも届いたようであれば
とても嬉しいです。

それでは・・

本日は本当に本当にご卒園おめでとうございます。
保護者様につきましても誠におめでとうございます。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”卒園式”

2014年3月14日

とうとう・・

テーマ:つぶやき5
2014年3月13日 21:30

DSC_0685.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
雨の木曜のひと時をいかがお過ごしでしょうか?

私は今、そわそわして落ち着きません。
何にも手がつかないというか。

というのも・・

とうとう明日はプリスクールの卒園式なんです。

喜ばしい気持ちは当然あります。
ただやはり、寂しさの方が強いんです。

早い子は0才児の頃から一緒なんです。
一週間で最低25時間。
一ヶ月で約100時間。
一年だと・・・・。

明日はわたし・・男ですが・・思う存分泣き散らかそうと思います。

お見苦しいところをお見せするかと思いますがどうぞ明日ばかりはお許しくださいm<(_ _)>m

それでは今夜はこのあたりで。
明日の準備に戻ります。
雨で足元が悪い中、本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。

続きを読む”とうとう・・”

2014年3月13日

有名ブロガー!

2014年3月12日 18:16




こんばんは!
いつもお世話になります。

今日はとても穏やかで暖かな一日でしたが、
いかがお過ごしでしょうか?

こんなに天気がいいと心まで元気になりますね。

さて、
今日は「日本で暮らす英語圏の人々によるBlog」の中から、
九州で暮らすカナダ人、Mikaeraさんの、
英語と日本語で綴られた人気Blogを紹介させて頂きます。

福岡発のテレビ番組「ドオーモ」などでも
取り上げられたりしていますので、
ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、
UPされている写真もさすがの有名ブロガー!
といったレベルで。

また、

「今年の夏、耐えられないぐらい暑いですよね。」
「Summer this year is unbearably hot!」

というように、
英語と日本語同時進行で進む日記はママやパパの
勉強にもなるかと思いますよぉ<(@@)>

カナダの方から見える「日本」のイメージもとても新鮮で。
個人的にもオススメなBlogですの良かったらご覧くださいね!

気になる方は↓のリンクからどうぞ。

mikaeradesu.com

それでは本日もこのあたりで。
今日も一日いろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します!










WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”有名ブロガー!”

2014年3月12日

テーマ:
2014年3月12日 08:36

お誕生日会

2014年3月11日 21:45




こんばんは!
いつもお世話になります。

今日のプリスクールでは、
3月生まれの園児さん達を主役に
子供達が大好きな誕生日会を行いました。

毎月5名から8名ほどのお友達をお祝いするわけですが、
3月生まれのみんなをお祝いして、
今年度のバースデーもひと段落、といった感じです。

3月生まれの園児さん、本当におめでとう〜!

さて、話は変わりますが、
この時期、
2015年度以降の入園を検討されている方々が、
日替わりで観覧に来られています。

様々なお考えのママやパパ達と
お話をさせて頂くのはとても有意義なのですが、
最近、

「あれ?こういった質問が増えている気が・・」

と個人的に思っている内容があります。

それは・・・、

「WOODSTOCKでの園生活を通して英語以外にどんなコトが学べますか?」

というような質問です。

これって・・、
3、4年ほど前にはほとんど出なかった質問内容なんです。

当時はプリスクールも一つ二つ。

大分の保護者様の興味は一点。

「本当に身につくの?」

それが、ここ数年で、
大分市内にも大小いくつかのプリスクールが誕生。

プリスクールに通う子供の数が年々増えた結果・・。

「うん。どうやら本当に話せるようになってる。」

とマーケットが判断を下しました。

その結果、

英語が身につくことは分かった。
卒業後も時間をかけねばいけないことも理解した。
後は、幼少期から英語を学習させることで、
アイデンティティの喪失につながり、
根無し草を生んでしまう可能性、
というリスクを考えると、
日本の一般の園と比べて、
情操教育などの点で、
遜色はないのか?ということを知りたい。

という「大衆の声」が生まれているように感じます。

WOODSTOCKは少人数ではありません。

何故か?

それは、
卒園生の大半が一般の日本の小学校に進学しているとい事実から
逆算した場合、

ある一定規模の集団の中で、

「意見を通す術を身につけ」
「馬の合わないクラスメイトとの関わり方を学び」
「過度に手や目をかけられなくても自分を律することがある程度できるようになり」
「自分のことは自分で出来るようになり」
「埋もれないための個性の見せ方を知り」
「自分が1番ではないことを認識して」
「待たなければならない場面や局面があることを知る」

というような「人生のサバイバル術の基本」を、
英語での園生活という極端な環境下であっても
身につけて欲しいからです。

WOODSTOCKの職員は高望み屋の集まりです。

あえて今のクラス規模にこだわる以上は・・

当然、

「下手な少人数スクールより英語も身につくようだね」

という「大衆の声」を集められるように、

変化と進化を続けていきたいと思います!
「カラン」「Flip it」に続く第三の矢も準備中です。
どうぞご期待下さい(`@<`@)/~

それでは本日のブログもこのあたりで。
今日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。








WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”お誕生日会”

2014年3月11日

発表会当日

テーマ:つぶやき5
2014年3月 7日 12:38

DSC_0157.JPG
DSC_0999.JPG

こんにちは!
いつもお世話になります。

本日2014年3月7日、WOODSTOCKインターナショナルプリスクールの英語劇発表会が行われました。

10時から行われた第一部では、
2歳児クラスシュガーバニーズさんと3年目のカリキュラムをこなすウィグリーパンダさんによる
「大きなカブ(Big Turnip)」をご覧いただきました。

ロシア民話をWOODSTOK流にアレンジしましたがいかがでしたでしょうか?

人生初めての発表会に臨んだ新入生グループ。
3回目の舞台に立ったウィグリーさん。

見事に歌いあげられた合唱。
テンポよくやりとりされたセリフ。

全てのシーンから、
これまでの子供たちの努力の跡が垣間見られ、
目頭が熱くなりました。

13時開園となった第二部で会場を沸かしたのは小学校入学を控えたファンキーさんと、
二年目のプログラムに入り成長著しいビジーさん。

お題目は「ピノキオ(Pinocchio)」。


カルロ・コッローディー氏からの「Good work!!」が聞こえたような、
そんな出来栄えだったように思います。

園生活最後の舞台にすべてをぶつけたファンキーさん。
二度目の発表会にちょっとした余裕さえ見えたビジーちゃん。

スクラムを組んで今日の日を迎えた年長さんと、
今後のWOODSTOCKの屋台骨となってくれるであろうビジーチームの
コラボが見ごたえがありました。

英語で園生活を送る子供たちですが、
こうした行事を潜り抜けるたびに、
一回りもふたまわりも成長した姿を見せてくれます。

その事実に理屈抜きに感動します。

数値化できない能力、

「共生力」

を少しづつ自分のものとして体得していく彼らを心から誇りに思います。

この園を立ち上げて良かったなぁ、と今日ばかりは素直に思います。


最後に・・

今日という日を迎えられたのも、
日頃より力強く園をサポートして下さる保護者様方のお力添えと、
陰ながら支援して下さる地域の皆様のおかげだと感じています。

至らない点も多々あったかと思いますが、
今日のところは子供たちの笑顔に免じてお許し下さい。

いつも、また、本日も本当にありがとうございました。

そして、

子供たち・・

素敵な思い出とかけがえのない楽しい時間を本当にありがとう。


来週からも宜しくお願いしますね!

素敵な週末をお過ごし下さい。

WOODSTOCK 川平


続きを読む”発表会当日”

2014年3月 7日

発表会!

テーマ:
2014年3月 6日 19:34

DSC_0718.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります。

週の後半木曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?

明日はインターナショナルプリスクールWOODSTOCKの発表会です!
ということで・・大変お恥ずかしい話ですが、時間に追われております。
自分の時間管理スキルのレベルの低さにうんざりします・・(汗)。

「年度末は何かと忙しくて?」

とか言い訳している時点で終わってます。
生涯学習!がんばります。

それでも・・
ようやくつい先ほど、
仕事と志事に目処がつき、
子供たちの声が聞こえない、
そわそわするほど静かな職員ルームで
今日のブログを書いています。

明日行われる英語劇に向けて、子供たちは本当に積み重ねてきました。
時間に換算してしまえばたったの数十分の為に、
何十時間もの練習を重ねてきました。

たくさん褒められながら。
時には檄を飛ばされながら。
悔し涙を隠そうとする子もいたりして。

友達の失敗を自分のことのように感じられる心が育ってきたように感じています。

保護者様。

明日は一緒に思う存分泣きましょう。

どうぞ大きめのハンカチをお忘れなく。

それでは本日はこのあたりで。
今日も一日ありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”発表会!”

2014年3月 6日

CALLAN

テーマ:つぶやき4
2014年3月 6日 18:21

DSC_0738.JPG

カランコース新設。「英語反射力」を鍛えよう!

イギリスから導入した新しいメソッドの為のクラスを4月より新設します。

「4倍の会話量」&「反復練習」で日本人の苦手な英語のリスニング力とスピーキング力を伸ばす為のコースです。

「CALLAN METHOD」は英語の「インプット」と「アウトプット」をつなぐ、「橋」として非常に有効な学習方法です。
日本ではようやく最近、オンライン英会話の興隆とともに注目されるようになってきましたが、実は今から50年以上も前にイギリス人のESL教師(*英語以外を母国語とする人たちのための英語指導資格を持つ教員のこと)が考案し、世界中で採用され実績を築いてきました。
ただ、いろいろな日本の教育スタイルの制約や、指導に当たる人材の問題などが理由で対面型の、しかも「子供向けの英語施設」には取り入れられてはきませんでした。
我々も「導入しよう!」
と決めてから随分と月日が流れました。準備や研修に時間が・・・
ですが、ようやくです。
お待たせしました!という気持ちでいっぱいです。
レッスンスタイルは、講師が次々と投げかける英語の質問に、瞬時に答える繰り返しが基本です。スピードが要求されるため、初めはなかなかうまく答えられません。ただ、先生について答えの文章を口にし、何度も練習していくうちに、「聞く力」が伸びていきます。
また、レッスンのたびに嫌というほどたっぷり英語を話すので、はじめはもごもごしてしまいがちな口が、だんだん思った通りに動いてくれるようになり、スピードに慣れてくるにつれ、耳から入った英語を訳さず理解し、反応できるようにもなっていきます。つまり「話す力」が伸びるのです。
レッスンというより、ドリル(訓練)という呼び方しっくりくる指導方法ですが、生徒に豊富な「気付き」の機会を与える点でも優れています。カランのレッスンでは、間違った発音も文法状のミスも一切見逃されることはなく、その場ですぐに講師が指摘し、練習させて直させます。ですので、この子は主語と動詞の一致を間違いやすい、この子は◯◯のフレーズをがうまく使えないなど、この子は時制に弱いなどの、生徒が何ができて何がどの程度できないか、そのつど実に細かくはっきりと分かります。
反復練習が主体のレッスンですので、英語そのものを口にすることを恥ずかしがったり、ミスをすることを恐れたり、外国人と言葉を交わすことに気後れしたりせず、自然体で取り組めます。
この点では、小学校に上がり、
「あれ?周りの友達はみんな日本語でしか話さないなぁ。」
なんていうことなどがきっかけで、
英語を口にすることが恥ずかしくなる、
そんな時期にさしかかる小学生たちにも効果的でしょう。
なにぶん、
日本の対面型の教室でカランを導入している施設は
WOODSTOCKを含めてたったの3校・・。
今後は担当職員を英国ロンドンのカランスクールに派遣して、
指導スキルの精度を上げ続けて行く予定です。

ちなみに、
世間一般でいう「英会話教室のレッスン」がテニスやスイミングだとするならば、「カランメソッド」はスポーツジムでの筋トレに似ています。
身につきますが・・しんどいですよ。
いずれにせよ・・・
ご期待下さい!!


募集クラス詳細

アフタースクール

木曜17:20から19:00 定員10名 *たくさんのお問い合わせありがとうございました。

(*2014年3月11日の段階ではあと2名の空きがございます。)

→お問い合わせが多い為、別曜日・別時間も開講予定です。詳細につきましてはスクールまで TEL 097-535-9292 mail : info@woodstock-oita.com

プリスクール

3年目、4年目のカリキュラムを受講する園児さんを中心に受講して頂きます。


WOODSTOCK

続きを読む”CALLAN ”

日中米韓

テーマ:
2014年3月 5日 18:57




こんばんは!
いつもお世話になります。

週の中盤、水曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?

今日は、

「日米中韓の4ヶ国の高校生を対象にしたあるアンケート調査」

を取り上げながら、ブログを進めていきます。
お時間があればどうぞお付き合い下さい。

2007年の春に、
日本青少年研究所によって行われた「4ヶ国の若者の意欲調査」が

このアンケートなのですが、

なかなかどうして各国の色が出ていて面白いので、
紹介させて頂きます。

まずは、

「生活意識」について。

日本「暮らしていける収入があればのんびりと暮らしていきたい」
米国「一生に何回かはデカイことに挑戦してみたい」
中国「やりたいことにいくら困難があっても挑戦してみたい」
韓国「大きい組織の中で自分の力を発揮したい」

次に「偉くなることについて」

日本「責任が重くなる」「自分の時間がなくなる」
米国「自分の能力をより発揮できる」「周りに尊敬される」
中国「自分の能力をより発揮できる」「責任が重くなる」
韓国「周りに尊敬される」「自分の能力をより発揮できる」

そして、「偉くなりたいか?」という質問に、

「偉くなりたいと思う」「強くそう思う」

と答えたのは、
米国で22%、中国35%、韓国で23%に対して、
日本の高校生は8%という結果が。

「将来就きたい職業」でも日本の高校生の特徴が出ています。

米国が「医師」「デザイナー」「スポーツ選手や歌手」。
中国が「会社経営」「法律家」。
韓国は「小中高の教師」「会社経営」「デザイナー」。

これに対して、
日本は「営業・販売・サービス業」という結果が。

これを、
上昇志向のなさとみるのか、
堅実的とみるのか。
答えは割れそうですが。

理由は様々だとは思いますが、
一つだけ言えるのは、
このアンケートに答えた高校生が
見ているのは、
今の20代中盤から60代までの
日本のビジネスマンや身近なオトナの背中だということです。

みなさんはどう思われますか?

それでは本日のブログもこのあたりで。
夕方過ぎから市内も冷えてきたようです。
ご自愛下さいね。
ありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”日中米韓”

2014年3月 5日

中身が肝心

テーマ:つぶやき
2014年3月 4日 20:02




こんばんは!
いつもお世話になります。

今日のブログは、
2014年2月28日に発行された
勝間和代さんの「最後の英語のやり直し」から、

「中身が肝心」というトピックを紹介させて頂きます。
良かったらお付き合い下さい。

そもそもこちらの本は、

1:何年も英語を勉強しているが話せない。
2:そろそろ諦めようと思っている。
3:TOEICはハイスコアだが会話は苦手。
4:忙しくて勉強の時間がとれない。
5:英会話スクールに通っているが実践に弱い。
6:英語で昇給、キャリアアップしたい。

こんな人たちの為に書かれた本です。

第一章の「コツから蓄積へ」から始まり、
「私も英語で苦労した」
「英語であなたの世界は60倍に広がる」
「語彙が増えなければ意味がない」
第五章の「日本語なまりで問題なし」で締め括られているわけですが、

そんな中から、
勝間さんが第5章の終盤で取り上げていた、

「SF作家で評論家の豊田有恒」の評論を紹介させて頂きます。

「最近は、話す英語が重んじられているが、いくら発音が流暢でも、語彙も内容もない話では、なんにもならない。・・・(略)・・・亡くなった小松左京の英語は、カタカナをそのまま話しているようなものだったが、ちゃんと通じているし、相手の言うことを理解していた。発音は良くないが、彼の膨大な知識と教養が、そのまま伝わるからこそ、相手のお欧米人の尊敬を勝ち得たわけである。(韓国が漢字を復活できない理由)」

解釈は人それぞれかとは思いますが、
私は、学生時代にかじった

「限界効用逓減の法則」

を思い出しました。

つまり・・

英語学習をスタートする時には(またはさせる時には)、
(全ての習い事に当てはまるかと思いますが)

いくらのお金と、
どの程度の時間を「英語学習」に割くのかを、
あらかじめ設定しなさい。
そして、
限界効用を考えながら英語に向き合わないと、
他に時間とお金を当てて伸ばすべき、
必要なスキルをみすみす手放すことになりますよ。

こんな感じで捉えてみました。

みなさんはどんな感想を持たれましたか?

プリスクールに通っている子供たちこそ、
園外では「英語以外のスキル磨き」にも励みたいですね。

ちなみに、
先日の合同新聞にもありましたが、
最近の企業が就職活動中の学生に最も求めたいスキルは・・

「対人折衝能力」

ということでした。

技術や知識はこの能力があれば後からでも何とでもなる、
というメッセージでしょうか?
私も大賛成です。

それでは今夜のブログもこのあたりで。

本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”中身が肝心”

2014年3月 4日

アフタースクール募集要項

テーマ:つぶやき5
2014年3月 4日 14:56

アフタースクールの募集状況について(2014年11月17日改定)


対象:就学前の園児さん〜小学校6年生

曜日・時間

月曜:募集なし
火曜:PG1クラス(17:00〜18:40)プリスクール経験者2名募集
水曜:P2クラス(17:00〜18:40)小学校低学年生2名募集
PG2クラス(17:00〜18:40)プリスクール経験者限定2名募集
木曜:K2クラス(15:20〜17:00)英会話歴1〜2年程度の園児さん 0名募集
P3クラス(17:20〜19:00)英会話歴3年〜5年程度の小学生さん 1名募集
   カラン集中クラス 英会話上級者2名募集*入会時にテストあり
金曜:募集なし
土曜:募集なし
日曜:募集なし

特徴
1:講師は基本的に毎回のレッスンを外国籍講師と日本人講師が2人体制で手厚く指導にあたります。
2:送迎バスがございます。ご利用下さい。
3:週一回の100分から。週2回をご希望のお宅はスタッフまで。
4:英検・TOEFL対策クラスあり。日本人講師担当、1:2の個別指導です。詳細につきましてはご相談下さい。


続きを読む”アフタースクール募集要項”

ひな祭りで英会話!

テーマ:つぶやき3
2014年3月 3日 18:57




こんにちは!
2014年3月の開幕です〜!
今月も宜しくお願いします。

さて、今日のブログは、


「ひな祭りを題材に英会話!」

というような趣向でススメていこうと思います。
お時間がある方はどうぞお付き合いください。



→T/KとT/Chrisがひな祭りについて話をしている、という設定です。



☆K and Chris are talking about the Doll’s Festival.

K: We have the Doll’s Festival on 3rd of March.

Chris: What is the Doll’s Festival?

K: It’s the traditional Japanese festival held to wish girls both health and growth.This family event originally began in the Edo era.And it’s also known as the Girl’s festival.

Chris: What do you usually do on the Doll’s Festival?

K: We set up dolls.And we have a party and eat chirashi-zushi and Hina-arare.

Chris: What are they?

K: Chirashi-zushi is unrolled sushi with pieces of raw fish, vegetables and thin strips of egg.Hina-arare is grilled bits of rice cake for the Doll’s Festifal.

Chris: Sounds delicious!

K: And there’s also a “Hina-matsuri” day song that everyone sings.

Chris:Wow,interesting~


訳文です!


T/K and T/Chris are talking about the Doll’s Festival.
ケイ先生とクリス先生がひな祭りについて話をしています。

K: We have the Doll’s Festival on 3rd of March.
   3月3日にひな祭りがあるの。

Chris: What is the Doll’s Festival?
   ひな祭りって何ですか?

K: It’s the traditional Japanese festival held to wish girls both health and growth.
   女の子の健康と成長を祈って行われる伝統的な日本のお祭りよ。
   This family event originally began in the Edo era.
   この家族的行事は江戸時代に始まったの。
   And it’s also known as the Girl’s festival.
   それから、「女の子のお祭り」としても知られているわ。

Chris: What do you usually do on the Doll’s Festival?
   ひな祭りにはいつも何をするんですか

K: We set up dolls.
   お人形を飾るわ。
   And we have a party and eat chirashi-zushi and Hina-arare.
   それから、パーティーを開いて、ちらし寿司やひなあられを食べるの。

Chris: What are they?
   それって何ですか?

K: Chirashi-zushi is unrolled sushi with pieces of raw fish, vegetables and thin strips of egg.
   ちらし寿司は生魚の切り身や野菜、卵の薄切りの入った巻いていないすしのこと。
   Hina-arare is grilled bits of rice cake for the Doll’s Festifal.
   ひなあられはひな祭りのための餅を砕いたものを焼いたものよ。

Chris: Sounds delicious!
   美味しそう!

K: And there’s also a “Hina-matsuri” day song that everyone sings.
 それから誰でもが歌う「ひな祭り」の日のための歌もあるの。

Chris:Wow,interesting~
とっても興味深い習慣ですね〜。

★今日のワンポイント★

the Doll’s Festival:「ひな祭り」the Girl’s festivalとも言います。
traditional:伝統的な
originally:「もとは」「元来」というような感じでしょうか。
era:「時代」上級者でも意外に知らなかったりする単語?
known as:「?として知られている」
set up:(像などを)立てる、据える
unrolled:巻かれていない、開かれた
raw:生の
thin:薄い
rice cake:餅

☆Tweet☆

たまにはこんな感じのブログもいかがでしょうか?
季節を感じ、イベントを楽しみながら英会話をエンジョイしましょうね〜!

では、また明日お会い致しましょう。本日もありがとうございました。

See you then



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ひな祭りで英会話!”

2014年3月 3日