WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2014年3月 | メイン | 2014年5月»

飛び石連休

テーマ:つぶやき5
2014年4月30日 20:47

DSC_0724.JPG
みなさんこんばんは!
いつもお世話になります。
世間はゴールデンウィークということですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、
今日のブログテーマは『飛び石連休についての会話』です。
良かったらお付き合い下さい^ ^

というのも、
今朝ですが、
プリスクールの保護者様に、

『先生〜、飛び石連休って英語だとどうなりますか?』

と質問を頂戴しました。

いい機会ですので、
今夜はこれをネタに一緒に英会話レッスンを楽しみましょう〜?

以下が2014年、
今年の連休について会話する2人のイングリッシュスピーカーの様子です。

Bob: Golden Week has started.
Monica: Yap, do you have any plans?
Bob: I want to go somewhere, but I haven't decided yet.
Monica: Because this one is scattered holidays, it's difficult to make plans.

Bob:「ゴールデンウィークが始まったね?」
Monica:「だね、貴方は予定あるの?」
Bob:「どこかに行きたいけど、まだ決めてないんだよねぇ。」
Monica:「今回飛び石連休だから、予定たてにくいのよね〜。」

いかがでしょうか?
飛び石連休は、

『scattered holidays』

と言いますよ〜。
是非これをきっかけに定着させて下さいねぇ。
それでは今夜はこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”飛び石連休”

2014年4月30日

英語力世界ランキング!

テーマ:つぶやき5
2014年4月28日 17:47




みなさんこんばんは!
いつもお世話になります。
今年のゴールデンウイークは飛び石連休ということですが、
小雨降る月曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?

本日のテーマは「聴く」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
エデュケーション・ファースト(語学を始め世界的な教育サービスを提供する会社)が世界60カ国の英語能力ランキングを発表しました!

気になる日本の英語能力はというと・・・・・平均なみ。
60カ国中、26位ということでした。

興味深いのはこちらのアンケート結果。

Q:英語力の必要性を感じる人は? A:6割弱 
Q:現在、英語を自主的に学習している人は? A:8.3%・・のみ。

ということです。
自主的に英語力を磨いている方がここまで少ない国も珍しいのでは?
また、必要性を感じてはいるが、
実際の行動に移せていない人の割合が高いのも気になりますねぇ。

では、
その他の国のランキングは…?

○高ランクは北欧に集中という傾向が顕著。

1位はスウェーデン。その後はノルウェー、オランダなどが続きます。

何故か?
ここはおおいに興味をもちたいところですね。

種明かしです。

これら北欧圏の国々では、
英語圏のテレビ番組などに吹き替えが無いことが一般的で、(日本に置き換えるとアナと雪の女王に日本語による字幕がない、ということです)日常から英語を耳にする機会が多いのがその要因の一つと言われています。

だから、ノルウェーやスエーデンの人々は英語がペラペラなんです。

どう思われますか?
割とシンプルで、
とても参考になる「環境」だと思いませんか?

英語を「聴く」量が成果をおおいに左右する、ということです。

ズバリ、「量質転化」ってやつですね。


ちなみに、
低ランクにとどまったのは、コロンビア、エルサルバドルなどのスペイン語圏、アルジェリア、ヨルダン、モロッコなど アラビア語圏が目立ちます。

世界中で話される地域が多いスペイン語やアラビア語を話せれば、
英語を話せなくてもビジネスや生活の上で障害が少ない、という環境が影響しているのかもしれません。

○日本の英語力は、平均並みながらやや後退

報告書によると、
日本と韓国の英語力は「学習に対する膨大な投資に関わらず、やや後退した」とのこと。
一方で、中国は大幅ではないものの向上し、インドネシアとベトナムの英語力は目覚しく上昇したそうです。

注目すべきはこちらのレポート内容。

→また、日本の教育については「文法や語彙」に集中する一方で「英語でのコミュニケーション」を学習する機会が不足していると指摘。

外国人人口が相対的に少ないことも挙げられていました。

せっかく学習したことを実践する機会が少ないため、
また、先日のブログでもふれましたが、
「学習方法がそもそも間違っている」為、
なかなか上達しないわけです。

日常生活の中でもノルウェーやスエーデンの家庭のように、
意識的に英語に触れる機会を増やしてあげるだけで、
ずいぶんと結果が違ってくるのかもしれないですね^ ^

みなさんはどう思われますか?


それでは本日のブログもこのあたりで。
今日も一日いろいろとありがとうございました。
明日は昭和の日で園もスクールもお休みです。
どうぞ素敵な週末をお過ごし下さい。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”英語力世界ランキング!”

2014年4月28日

お見知り遠足について

2014年4月27日 14:46




いつもお世話になります。

明日4月28日に開催予定のお見知り遠足ですが、
雨天の為、誠に残念ですが金曜5月2日に延期とさせて頂きます。


日にち以外の詳細に変更はございません。
なお、明日は給食はございません。
お弁当をお忘れのないようお願い致します。
バス、延長保育などすべて通常運営となります。

以下、念のためご確認下さい。

お見しり遠足要項

場所:高尾山自然公園(ふれあい広場)/大分市大字横尾

時間:10時集合、13時解散予定(時間は前後することがあります。)

持ち物:お弁当、水筒、指定帽子、名札、着替え、オムツ、タオル、レジャーシート、薬、お菓子、ゴミ袋

服装:スクール指定T-シャツ(広大な敷地でのイベントです。安全管理が行き届きやすいようにご協力ください。)



その他

○ご兄弟さんの通園が年々ふえてまいりました。そのため、今年は全体で大きな円を作ってランチを楽しみたいと思います。
○お手数ですが、当日のゴミにつきましては各ご家庭でお持ち帰り頂きますようお願い致します。

なにぶん天候が理由のやむを得ない日程変更です。
ご不便おかけいたしますが、なにとぞご理解頂きますようお願い致します。
なお、再度雨天時には5月9日(金曜)を予定しています。
(会場管理団体さんとの調整状況によっては変更の場合もございます。)
また、天候に回復の兆しが見られた場合であっても、今回の決定が覆ることはありませんのでかさねてよろしくお願い致します。

それでは素敵な日曜日をお過ごしください。

*写真はWOODSTOCKの保育士達が土曜から乗り込んでいます、
2週間のスパルタ英語留学の施設(セブ島)の様子です。朝6時から10時までひたすら英会話です。またお土産話なども紹介させて頂きますね。



敬具

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”お見知り遠足について”

2014年4月27日

英語習得のコツ。

テーマ:つぶやき5
2014年4月25日 18:57




こんばんは!
今週も早々と週末ですね。
そうこうしているうちに4月もあと数日。
こんな日は「Where is the Love?(The BLACK EYEDPERS)」なんかを聴きながら読書でも楽しみたくなります。
皆さんはそんな金曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?

今夜のブログテーマは「英語力向上の為のちょっとしたコツ」です。

良かったらお付き合い下さい。

さて、
みなさんはご自身の英語力を上げる為に、
常日頃からどんなことをされていますか?

え?

「気持ちはあるけれど特に何も〜・・」

ですって?

それでは何ともなりませよぉ〜。

楽してダイエットしたいと思っている私と一緒です、それじゃ。
結果なんて出るわきゃありません。
飛べない豚はただの豚ということですが、
飛ぼうとすらしない輩がもっともタチが悪いんです。

その昔、
何処かの国の巨匠がこんなセリフを残しています。

「方法を変えずに結果の変化だけを求める愚人が何と多いことか!」

共感出来ますか?答えが、

「Yes!」

ならば、
いまの今すぐ方法を変えましょう。

それでも減量作戦と同じで、
無理しすぎると続きません。
ですから、細く長く続けられるように、
簡単ですぐにでも出来る範囲のコトから3つだけ紹介します。

1:携帯電話の言語環境を「英語」にする。
2:とにかく「洋楽」「洋画」を聴く、観る。
3:英語でメール・チャット出来る知り合いを作り頻繁に連絡をとる。
今の時代であれば、FacebookなどのSNSで適任者はすぐに見つかるでしょう。


いかがでしょうか?
全ていっぺんにというのが難しいようであれば、
どれかピンときたモノからだけでも、
日常に取り入れてみて下さい。
携帯作戦などはいまの今すぐ実行出来ますし。

Googleマップなんかも連動して英語で案内してくれたり、
なかなか刺激的で楽しいですよ。

ここからの10年で、
英語を使う場面が劇的に増え続ける局面を日本は迎えています。
TPPなどはその開幕を告げる一種のゴングなのかもしれません。

そんな中、いつまでも

「I don't know!」ばかりを連呼していてイイわけがありません。

みなさんはこの大きな時代の荒波をどうやって乗り越えますか?

というわけで、
WOODSTOCKの某保育士にも明日からセブ島に2週間ほど飛んでもらうことに
しました(笑)。
毎朝6時から夜10時までの缶詰スパルタコースにドップリです。

一回り成長していい顔で帰ってくるのを今はただ待ちたいと思います。

それでは今夜もこのあたりで。
今週も何かとありがとうございました。
週明けのお見知り遠足の際にはどうぞよろしくお願い致します。
どうぞ素敵な週末をお過ごし下さい。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”英語習得のコツ。”

2014年4月25日

脱・完璧主義

テーマ:つぶやき
2014年4月24日 19:36




こんばんは〜。
みなさん木曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?
先日の寿司外交の舞台となった寿司店は、

「二郎は鮨の夢を見る」

で有名になり過ぎてしまった「すきばやし次郎」だったとか?

WOODSTOCKの外国籍職員で知らないものはいない、
どちらかというと海外で有名な映画ですが、
ナイスムービーですので、
良かったら観て下さいね。
オススメで〜す。

さて、
本日で4日目、
今日も「なぜ日本人は英語を話せないのか?」シリーズより、
4番の「完璧を求めてしまう国民性」を取りあげます。
今日でこのテーマも最終日になりますが、
良かったらお付き合い下さいね。

ズバリ、

英語を学ぶ人、
またこれから学ぶ人々みなさんに言いたいこと。

それは・・・

「脱・完璧主義(Anti-perfectionism)で行きましょう〜!」

ということです。

そもそも、
ネイティブにはなれないし、
ならなくていいんです。

まずこれが前提。


訳の分からない、
根拠のない、
日本人特有の

「ネイティブ信仰」

からの脱却をそろそろ図りませんか?

日本人はとくにまじめで、変に完璧主義なところがあります。

それに加えて、
英語が身近ではない為に、
困ったことに、
英語そのものが理想化されてしまっているところがあります。

ではここでクエスチョンです。

移民の国、アメリカにおいて、
いわゆる「完璧な英語」を話している人間が
いったいどの程度いるでしょうか?

ヒスパニック訛り、
中華訛り、
インド訛りに、
アラブ訛り。

みなそれぞれですが、
彼らの英語は完璧ではないのでしょうか?
T/TessaやT/Jpはヒスパニックですが、
どう感じられていましたか?

悪しき様式へのこだわり。
ラッピング文化。

ここをいさぎよく、
論理的に捨て去ることができれば、
日本人全体の英語英語レベルは飛躍的に
伸びるのに・・という悔しさにも似た感情をいつもおぼえます。

昨日も言いましたが、

言葉は使わないと身につきません。
けれど、
使いながら身につけていくということは、
つまり間違いながら身につけていくということとイコールです。
その時に「間違ってはいけない文化」を前提にしてしまったら
な〜にも身につかないわけです。

完璧を目指す結果、スタートをきれない日本人。

こんなレッテルを貼られてしまう前に、
もっと本質的に考えて、

「形より実をとる」

作戦に集中しましょう。

手に入れたいのは、
英語が話せることのかっこよさではなく、
伝わる英語を手に入れることで得られる実利なんです。

花より団子でいきましょう〜!!

ということで、
今日で、
「なぜ日本人は英語を話せないのか?」シリーズは終了ですが、
少しは参考になったでしょうか?

私もWOODSTOCKを立ち上げた時は英語は話せませんでした。
びっくりされますが。
いろいろな意味で。
でも。
結果、何とかなっています。

それは今日までにあげてきた理由を逆手にとって来たからです。

ただ、それだけ。

むつかしいことは特にありません。

もっとラフに構えていきましょうね〜^ ^

それでは今晩もこのあたりで。
本日も楽しい一日をありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”脱・完璧主義”

2014年4月24日

恥の文化。

テーマ:つぶやき
2014年4月23日 19:17




こんばんは!
いつもお世話になります。

「It's a beautiful day!」

この言葉は今日のような日を表現する為にあるのだろうな、
というような素晴らしい春日和でしたが、
そんな4月の月末をいかがお過ごしでしょうか?

本日で3日目、
今日は「なぜ日本人は英語を話せないのか」シリーズより、
3番の「恥の文化」を取りあげます。

良かったらお付き合い下さいね。




日本人の「恥の文化」が英会話攻略の邪魔をしている、
という話を進めます。

ズバリ。

日本人は恥をかくのを恐れすぎている、と言えるでしょう。

「間違ったらどうしよう〜・・。」

この「日本独特ともとれる姿勢」は
決して悪いことばかりでありませんが、
こと「言語学習」においてはマイナスに作用する要素でしょう。

おもしろいことに、
普段は英語を口にすることを躊躇する人間が、
お酒が入ると英語で話し出したりすることも珍しくありません。

ではなぜでしょう?

答えは簡単で、普段は感じている、

「間違った英語を話すと恥ずかしい〜」

というバリアがアルコールの影響でとれるからです。

それでは、

「間違った英語」

とは一体何でしょうか?

実は、

WOODSTOCKに着任したての保育士達が口をそろえて、

「No running !なのかDon't run!なのか・・Walk nicely.ではダメなのか?ついつい頭で考えてしまうんです。」

というような事を相談しに来ます。

私はただ一言、

「どれでもイイよ。」

と伝えるようにしています。

これって典型的な日本人マインドですよね。

「英語を聞く」→「頭の中で訳す」→「話す内容を日本語で組み立てる」→「英語に翻訳する」→「声に出す(躊躇しながら)」

文法知識が生半可多いが為にかえって話せない、というジレンマ。

もうこれは「呪縛」です。

貞子出て来ますよ、そのうち。

では、彼女におとなしくしていてもらう為に、

私が英語を話せない日本人にオススメしたいのは以下の3点。

1:英語をたかが言語と舐めてかかる。
2:どうせネイティブじゃないんだから、と開きなおる。
3:口にした言葉では伝わっていないな、と感じた場合には別の言い回しで逆サイドから攻めてみる。

という感じです。

いいでしょうか?
当たり前のことですが、

「言葉なんて使わないと身につきません!」

ですから、
使いながら身につけていくということは、
つまり間違いながら身につけていくということと完全にイコールです。
それなのに、
「間違ってはいけない、間違うことは恥ずかしい文化」
を前提にしてしまったら、
それこそもうな〜にも出来なくなる、
というわけです。

自転車だって転びながら乗り方を習得しましたよね。
膝小僧の擦り傷は勲章なんです。

英語も同じ。
間違いながら覚えりゃ言い訳です。

たかが「手段」に振り回されて良いことなんて
な〜んもありゃしませんから^ ^

みなさん。
開き直りが大切です〜という話でした。

それでは今夜もこの辺りで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”恥の文化。”

2014年4月23日

英語は苦手?それとも得意?

テーマ:つぶやき4
2014年4月22日 19:51




こんばんは!
夕方の空が夏っぽくなってきましたね〜。
こんな日にはかせきさいだぁの「じゃっ 夏なんで」なんかを
聴きたくなります。
蚊取り線香もかかせませんよぉ〜。
何となく夏が待ち遠しい今日この頃です。

さて、
4部から構成されるシリーズブログ二日目。

「どうして日本人は英語が話せないのか?」

良かったらお付き合い下さい。



昨日は学校教育における指導方法の誤りについてお話をさせて頂きました。

今夜は....4つある日本人が英語を話せない理由のウチの2番目、


?「英語が出来なくても生活や仕事に支障が出ない、という特殊な環境にこれまでの日本がおかれてきたこと(Live in an environment where you don't have to use English:)」

を題材に進みますよ〜。

ズバリ。。

「これまでの日本は、英語を話せなくてもやっていける世界でした。」

労働力は充実。
生産性も低くなく。
GDPも堅調で。
学生達は勤め先を国内だけでも確保出来てしまう超優良国家。
その結果、外国籍の働き手が異常なまでに低い国。
もちろん会社の同僚や上司達は99%日本人。

だから当然・・・
英語なんてどこで使うのぉ〜?
英会話に通うなんてセレブねぇ〜。
日本から出る気もないし・・関係ないよねん。。

こんな空気が日本の空をおおい続けてはや何十年。

その結果、英語が苦手な国民世界ワースト◯位というめでたくない称号を
頂戴してしまう運びとなりました。

トホホのホです。

見方を変えれば、
英語が出来ないのは、
これまでの日本が「ひとり立ち」出来ていた証拠でもありますが。。
これからはそうはいかないでしょう。
明治維新以来の、
日本人が迎える久方ぶりの大きな岐路がそこまで迫っているわけです。

考え方を変えないとまずい時代の到来です。
平成の世に突如来航したのは「英語」という名の黒船だったというわけです。

と上手いことまとまったようですので今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”英語は苦手?それとも得意?”

2014年4月22日

国境。

テーマ:つぶやき3
2014年4月18日 17:53




みなさんこんばんは!
小雨降る金曜日となっていますが、
いかがお過ごしでしょうか?

今夜のブログテーマは「国境」です。

良かったらお付き合い下さい。



「アジアも国境で考えていた時代があったよね。」


そんなふうに言われる時代が間もなくやってきます。

そうです。
国境がなくなるわけです。

ごめんなさい。
あくまで私の意見ですが。

中国と日本はこんなに中が悪いのに??
そんなことインポッシブルでしょ!
とか思いますか?

そもそも日本と韓国って本当に犬猿の仲なのでしょうか?


能動的にではなく、
受動的にテレビをつけて、
そこからとりとめなくながれてくる
「情報=シナリオ?」だけをインプットしていると、
知らず知らずに洗脳されていきます。

結果として、中国と日本は仲違いをしている、
だとか、
韓国とジャパンは相容れない、
とか、
安易な結論をさも自分の頭で考え抜いて導いた『持論』のようにもってしまいがちですが、
果たしてその「持論」、それは本当に事実でしょうか?

少し考えれば分かることですが、
メディアも『売り上げ』が必要です。

だとすれば、
メディアから聞こえてくる音は、
視聴率をとるために、
巧妙に練り上げられた
報道サイドの『戦略』が
ほとんどである、
ということになります。
私が言いたいのはだからメディアは
駄目なんだ、
という話ではありませんので、
念のため。
良いか悪いかではなく、
テレビに代表されるメディアは、
そういう特性のモノではないか?
という話です。
少し横道にそれましたので、
話を本題に戻します。

10年後、
アジア圏における『国境』が
なくなっている可能性がある、
という話ですが、
どう思われますか?

んなこたない!

と思われますか?

それともEUの例を考えれば十分に可能性あるでしょ?

と思われますか?

アジアが世界の中心マーケットとして隆盛を極めるには、
国境が邪魔になります。
インターネットでは自由に国と国の間を行き来できるのに、
実際には山なり、海なり、国境なりが存在がするわけです。
国境がない方が・・ひょっとしたら効率的かもしれないですね。
あることのデメリットよりも、
国境がないことのメリットの方が大きくなれば、
必然的にこのボーダーは崩れるでしょう。
私はASEANがこの壁を近々壊すはず、と考えています。




私は愛知県の蒲郡市という港町で育ちました。
父と母はこの町で今も昔も理髪店を営んでいます。

「ヘアーサロン川平」といいます。

ご興味がある方はGoogleのストリートビューで探して下さい(笑)。


今は我が家も御多分に洩れず、
大手理髪チェーンの進出の影響などを受け、以前ほどの盛況ぶりはありません。

家計を助ける為に、
ふたりで切り盛りしてきた店を父に委ね、
母は隣の市まで仕事に出るようになりました。

今から15年ほど前の話です。

今はというと、愛知県の賑わいが
名古屋に一極集中してきた為、
どちらかというと静岡県よりの
蒲郡市から、
車で小一時間ほどかけて栄まで出勤しているようです。

3人の子供達がようやく巣立ち、
今は遅めの悠々自適生活を満喫しているようですが。

何もこれは私の母に限った話ではなく、

私の友人の多くも豊橋からさらに距離のある名古屋市まで。

そして、
ここ10年くらいの間に、
高校時分の友人の多くが県外に職を求めるようになりました。
当然、
ここ2,3年で状況はまた変わり、
シンガポールや中東、アメリカなどを舞台に
働く仲間が目立つようにもなりました。

Facebookなどでその活躍ぶりを知り、驚くというようなことも増えてきました。

「人がマーケットを求め動く。」

この流れは今後も変わらないでしょう。

日本だけをみていては仕事にならない時代の到来です。



人とお金が集まる市場はいつの世も移り変わるのが世の常ですよね。

私たちの次の世代が社会に飛び出す頃には、
地元の同級生の半分は就職先が国外ということになり、
同窓会は大連空港近辺くらいがちょうどイイよね、とか、
プロジェクター付きの居酒屋でSkype同窓会をしたりとか。

そんな時代がすぐそこまできているのかな?

そうなると、
アジアで北朝鮮の次に英語が苦手とされる日本人は少々不利ですよね。

ASEANが年々参加国を増やしています。
少なくとも、
近い将来
欧州連合のように、
パスポートなしでアジア中を行き来する時代になるのでしょう。

そんな時代がもうすぐそこまで・・・。

何だか楽しげな時代になりそうです。

みなさんはどう思われますか??

それでは、今夜のブログもこのあたりで。。

今週もいろいろとありがとうございました。
来週もどうぞ宜しくお願いしたします。
素敵な週末をお過ごしください。





iPhoneから送信


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”国境。”

2014年4月18日

想い。

テーマ:つぶやき
2014年4月17日 21:09







こんばんは!
いつもお世話になります。
木曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?

さて、
今日は、
こちらのブログにて、
T/Chrisのお父様・お母様から届いた

「想いがいっぱいいっぱい詰まったお手紙」

を紹介させて頂きます。

おそらく彼はFacebookページしか見ていませんので、
こちらでこっそりと。

写真では読みづらいと思いますので、
タイプさせて頂きます。

Dear Kawahira,____________________________________________

We would like to express our sincere appreciation to you for
extending your home to Chris as he begins life in Oita.

This has been a long journey for Chris,
and we know he has probably shared with you his decide to live in Japan
since he was 7th grade.
As his parents,we have watched him leave home to travel abroad with much nervousness each time.
Knowing he is being personally helped and assisted by such caring individuals like yourselves has brought us much comfort.
We hope he was a good guest while staying in your home and did not inconvenience you.

Thank you for being so welcoming to him,and we hope he will be a wonderful teacher to the children and a helpful staff person at your school.

With much gratitude,

Brian and Stefani Organ______________________________________




このお手紙を頂戴した時、
とても感動しました。

胸があったかくなりました。

また同時に、
おこがましいかもしれませんが、
まだ若い彼のこれからの人生に対しての責任を強く感じました。
そして、
いつの日か、
ロサンゼルスに住まわれている彼のご家族とお会い出来た時に、
胸を張って握手できるように、

「日本に行かせて良かった。」

という言葉を聞けるように、
彼を盛り立てながら、
私も一生懸命頑張らねばな、と思いました。

これは、
T/Chrisに限ったことではありません。
WOODSTOCKに何かの縁で集まって来てくれた
大切な仲間達の向こう側には、
ブライアン、ステファニーのような
お父さんやお母さんの想いがあります。
アメリカ人、ニュージーランド人、日本人、国籍に関わらず。

また、
園児さん達の向こう側にはいつだって
いつも園をサポートしてくださるたくさんのパパやママ達の
想いがあります。

素晴らしくあたたかいたくさんの「想い」が集まるこの場所の火を、
明日以降も煌々と燃やし続けていかねばなぁ・・なんてことを
思う今日この頃です。

「明日が来るってみんな思いすぎだよ」

どこかのミュージシャンが連呼するこんなフレーズを
いつも頭の片隅に置きながら、
週末の入り口、明日金曜日もがんばっていこうと思います!


・・・・ちなみに、手紙の意味分かりましたか?
きびしい時は辞書ひきましょう〜ねぇ^ ^

それでは今晩もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
あすもどうぞ宜しくお願い致します!











WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”想い。”

2014年4月17日

NGシリーズ!

テーマ:
2014年4月16日 17:13





こんばんは!
週の中盤戦の水曜日を(It's hump dayといいますよ!覚えていますか?)
いかがお過ごしでしょうか?

今日のブログは「英語のあるあるNGシリーズ」です。

お時間がありましたらお付き合い下さいね。

まずは、

「“Mr.”は無理につけなくてもOK」

という話です。

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
外国籍の上司に対して“Mr.”をつけることは必須ではありません。
(ここでは、日本との違いをはっきりさせる為に、外国籍というおおまかなくくり方をしていますが、もちろん多少の違いは国によって異なりますので念のため)

私たち日本人の感覚では「?課長」、
「?さん」といった尊敬や丁寧のニュアンスで、
自然と冠してしまいがちですが、
英語圏ではたとえ上司と部下の関係であってもファーストネームで呼び合うのが通例です。

また、
敬称を付けることで、
かえってよそよそしく受け取られることもあります。
ただ、私もどちらかというとそうなのですが、
相手を呼び捨てにすることに抵抗がある場合は、
“Karen-san”などと“san”をつけるのも1つのアイデアかと思います。

WOODSTOCKの場合、園児さんの手前、
『Teacher』という呼び方をあえてしていますが、
実はこれも通常英語圏では使用しませんので悪しからず^ ^

海の向こうの幼稚園では、
生徒が先生をノーマルに「Hey,Chris!!」とか言うわけです。
これが日本であれば、
「こらこら君、ちょっと待ちなさい!」となりますよね。

お国柄って面白いですねぇ。

次に、

「Nice to meet youは「こんにちは」ではない? “meet”と“see”の使い分け」

です。

挨拶のフレーズとしては私たちにも馴染み深い「Nice to meet you.」ですが、
これも注意して使うとよいかも?と私が個人的に思うフレーズです。
日本語に無理して訳せば、ご存知「はじめまして」の意味合いが含まれますが、
これは「こんにちは」とは違います。

初対面での挨拶なら全く問題ありませんが、
何度も会っている相手に“meet”を使うと、
相手に「あら?私のことを覚えてくれていないのだろうか…」なんて、
なくていい誤解を与えてしまう可能性も。


ということで、
みなさん!
2回目以降の挨拶には“meet”ではなく“see”を用いて、
“Nice to see you again.”と伝えましょうね。


たまにはこんな話もいかがでしたでしょうか?
新しいボキャブラリーを増やすことも大切ですが、
既に知り得ている情報を整理してあげることも重要かも?
なんてことを思いながら・・今日のブログを終えようと思います。

本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”NGシリーズ!”

2014年4月16日

平和な国に生まれて。

テーマ:つぶやき5
2014年4月15日 19:12




こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜は何だか月が綺麗ですね。
火曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?

さて、
このブログはいつもWOODSTOCKの職員ルームで書いています。
廊下向こうの部屋では、今春プリスクールを卒園した子供達が、
100分間の英会話レッスンに集中しています。

同じ頃、
園庭ではケアタイムに参加している数人の園児達が
職員や保護者様方とサッカーを楽しんでいます。

どちら側からも、
とても心地の良い「笑い声」が聞こえてきます。

平和な国に生まれたなぁと、

心から思います。


「日本に生まれたという事実だけで、サイコロの出た目は6である」

というのは本当だと思います。

今日も明日も一年後も、穏やかで幸せな毎日が続きますように。

明日も笑顔で会いましょう!

それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”平和な国に生まれて。”

2014年4月15日

Mr. Federal Democratic Republic of Nepal

テーマ:つぶやき
2014年4月14日 19:12




こんばんは!
いつもお世話になります。
今週も宜しくお願いします^ ^

今日のブログはネパール国籍の友人の話です。
お時間があったらお付き合い下さい。


私の友人「R」の話をします。

かれはネパール人です。

日本を中心に据えた時の世界地図でいうと・・
だいたいどのあたりにある国か思い浮かびますか?

インドの右上ですよ〜。

エベレストとかが有名ですよね。

さて、

彼との出会いは・・
会社勤めをしていた頃のこと。
今からおおよそ9〜10年前のことです。
ところは熊本。

営業部に籍をおき、来る日も来る日も訪問営業をしていた頃の話です。

当時の上司がある突然、

「川平!外国籍の新人入れたからよろしくなぁ。育成してくれ!」

と。

うちの会社では少なくとも前例ないよなぁ〜。
大丈夫かなぁ。育成プランどうしよう。
ん?
そもそも会話出来るんか?

こんなようなことを思ったのを記憶しています。

初めて彼と会った日は・・よく覚えています。

朝から雨が降り止まない、
そんな梅雨時期のことでした。

コンビニで買ったとおぼしきブルーのビニール傘だけを
大事そうに抱えて。
どこで新調したのか、
タイト過ぎるスーツが
ただでさえ華奢なかれの体をよりマッチ棒のように。

線の細い彼から放たれた言葉は片言の日本語で

「よ×ろしゅく@おね△いましゅ!Rでしゅ!」

当時、

私はさほど英語が出来ませんでした。
(日本にやってくるネパールの方々は概ね綺麗な英語を話します。)

ただ、そんな言い訳が会社に通用するわけもなく、
ある日突然、

日本語の出来ないネパール人を一人前の営業マンにする!

という私にとっては不安極まりないミッションがスタートしました。


読めない地図(ゼンリン)を片手に
彼との二人三脚が始まりました。

想像出来ますか?

日本語が全くわからない人間が日本語ばかりの
地図を見ながら訪問営業する姿を。

家なんて、すぐに建つし、
並びなんてすぐに変わります。

だから、
日本人が回っても難しいくらいなんです。

山田という表札を見て、
山の感じにペンで何やら線を引き、
野球のホームベースに似ている!
とか言いながら営業活動をするんです。
田んぼの田は四角に十字架でしゅね。
これはイージーでしゅ・・とか言いながら。

最初の数ヶ月は「営業」の指導ではなく、「日本語」について、
または「日本について」の勉強会に終始しました。

仕事を終えると毎日のように安い定食屋で晩御飯を
食べながら彼と二人で仕事の話をしました。

考えらますか?

その華奢なビニール傘の青年が数か月後に、

数百人、数千人という日本人営業マンを押しのけて、
トップセールスにまで成り上がった姿を?
そし今では独立し、
熊本の新聞にまで取り上げられるちょっとした有名起業家になりました。


そんな彼がひょっこりとWOODSTOCKを訪れたのが今年のあたま。

「城◯遊園地に行って来ました!ネパール人をスタッフとして雇って頂こうと思ってましゅ!」

流暢になった日本語で彼が語るのは、

20年後の日本の社会状況。

少子化が進む。
高齢化も止まらない。
労働人口は不足する。
誰がこの国のシステムを支えるんですか?
日本の若者だけでは全く足らないですよ!
なのにどうして意地の悪い検定テストとか作って
意欲がある外国籍の労働者をはねるんですか?
僕はシステムを変えますよ。
もともと日本人じゃないから怖いものなんてないでしゅし。

彼がいっていることは至極真っ当で、
言い得て妙だと思います。

どう考えても、
数十年後にはこの国のシステムの担い手は外国籍の労働者ということに
なるでしょう。

そうなれば、
彼らをケアする管理職が必要です。
頭ごなしのストレート過ぎる英語でまくしたてるだけの人間ではなく、
彼らが気持ち良く、高いモチベーションをもって働けるような
環境を作り出せるレベルの英語をあつかえる管理職が。

こういう点からも・・

今後英語は必要なんですよねぇ・・という話を今夜はしてみました。
みなさんはどう思われますか?

それではこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Mr. Federal Democratic Republic of Nepal”

2014年4月14日

CALLAN METHOD

テーマ:つぶやき2
2014年4月11日 19:11




こんばんは!
今週もあっという間に週末を迎えていますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
ダフト・パンクがメインDJをつとめる屋外フェスだとかが
別府あたりで開かれないかなぁ・・・。

今週末のご予定はもうお決まりですか?

さて、
今夜はまた・・

「カラン」

です。良かったらお付き合い下さいね。

あるイギリスの方がこんなことを言っています。

「イギリスの赤ん坊は片言を話すようになると、『アイウォンサム』を覚える。後ろにジュースだのミルクだのをつけて言うだけで、欲しい飲み物が出てくる便利な単語です。子供は成長して、やがて文字を習う。そして初めて『アイウォンサム』が単語ではなく、I want some...であることを学ぶんです・・」

成長してから英語を学ぶ場合、
普通は文字を読み、そして理屈で英語を考えます。
だからこのような間違いはしません。

ただ、
外国語を自由に聞いて話せるようになるには、
音声を通じて母語を獲得する「赤ちゃんスタイル」は、
とても自然で、至極理にかなっていると言えるでしょう。

「子供達に考える隙を与えない」

というカラン・メソッドの狙いもここにあります。

早口の英語を聞き取ろうとすることで、
だんだんと「フレーズ」で英語がキャッチ出来るようになります。
そして、
母語に置き換えなくても、
意味がとれるようになっていきます。

また、
カランのレッスンに参加する子供達は、
当てられたら即座に反応しなければいけません。
いつ指名されるか分からない、
という緊張感の中で、
また、先生の言っていることを聞き漏らしたら大変!
というプレッシャーの中で、
積極的にクラスに関わっていく姿勢が求められます。

まさに「英語界の筋トレ」です。
というわけで、
このレッスンの後、
子供達は見ていて非常にわかりやすく、

「へとへと」

になっています(笑)。

ただ、
その分、

「会話力向上に欠かせない英語反射神経」

がしっかり身につきますので、
今後の子供達の変化におおいに期待してもらっていいかと!

兎も角。
百聞は一見に如かずということで、
Facebookページにてウィグリーさんの
今日の様子を少しですがUPします。

お時間があればご覧下さい。

それでは今夜もこのあたりで。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願い致します^<^/〜


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”CALLAN METHOD”

2014年4月11日

Flip it!!

テーマ:つぶやき5
2014年4月10日 19:46

DSC_0497.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
日中などは20℃ちかくまで気温が上がるようになりました。
こうなってしまうと・・すぐに暑い暑い夏がやってきそうですね^ ^
週の後半戦、木曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?
さて今日は、
「オンライン英会話Flip it」についてのお知らせです。

状況としては、
只今、最終調整に入っていまして、
現在は・・
エル・パソという街で暮らすあの先生と
やりとりをしながらシステムを構築している段階です。

最後の微調整中です!
そこで・・
来週からWOODSTOCKに通って下さっている
子供たちを対象に、
「無料でお試しモニターキャンペーン!」
を行います????
パチパチ〜^ ^
ご興味がある方で、
SkypeIDをお持ちでない方は、
まずはそちらの開設をしておいて下さいねぇ。
近日中に、
「無料お試しモニターキャンペーンの参加方法」
をお知らせさせて頂きます。
お楽しみに〜!
それでは今夜もこのあたりで。。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します!

続きを読む”Flip it!!”

2014年4月10日

新入生合流初日!

テーマ:つぶやき
2014年4月 9日 19:19




こんばんは!
いつもお世話になります^ ^

週の折り返しの水曜をいかがお過ごしでしょうか?

さて、
WOODSTOCKプリスクールコースの入園式も無事に終わり、
今日から新生シュガーバニーズが園に合流しました〜!
(入園式の様子はFacebookページよりYou tube動画でご覧頂けます。)

例年通りいけば、
4月の後半に園生活に慣れてくるこのクラス。
そして、
例年通りいけば、
その「慣れ」がゴールデンウイークの間に
リセットされて・・
結局5月の後半まで長引くのが常です。

毎年保護者様方にお伝えするのは、

「頑張って子離れして下さ〜い!」

ということです。

いずれ慣れますので、

「頑張って!」

ではなく、

「今日も楽しんでね〜☆」

という感じで送り出して頂けたらと思います。

それにしても・・

この「新入生入園」に誰よりも影響を受けているのは
在園生達です。

3月末まで最下級生だった旧2歳児クラスの面々は、
まぁ〜頼もしいものです。

春休み明けだというのに、
戸惑う素振りも見せず。
たんたんと朝の準備を済ませると、
誰に急かされるわけでもなく、
自分たちから椅子を並べているではありませんか!

当然、
ウィグリーやファンキーさんともなれば・・
新入生さんや編入生のお友達を気遣う余裕すらあります。

こうやって皆次のステップに進んでいくのだなぁ。。と
マジマジと感じさせられる、
そんな一日になりました。

「我以外皆師」を実践する子供達に負けぬよう、
今期も前のめりで毎日を過ごしていきたいと思います!

それでは今晩もこのあたりで。

今日も何かとありがとうございました!
明日もどうぞ宜しくお願いします^<^/







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”新入生合流初日!”

2014年4月 9日

2014年入園式!

テーマ:つぶやき
2014年4月 8日 18:39







こんばんは!
いつもお世話になります。
ようやく春らしくなってきたようですね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

本日4月8日(火曜)、
WOODSTOCKではプリスクール入園式が執り行われました。

今年も例年通り、
元気な20名のエンジェル達が合流です。

天候はとっても気持ちの良い快晴!

ぽかぽか陽気の中、
ハッピーな空気に優しく包まれた素敵な式になりました。

明日より、
私以下、
本日の式に参列させて頂いた職員全員が、
責任をもって大切なお子さんをお預かり致しますので、
どうぞご安心下さい。

祝辞の中でも述べさせて頂きましたが、
子供達はこの園において初めての「社会生活」を体験することになります。

共同で遊び、学び、そして先生達との触れ合い、
お友達との遊び、時にはケンカやトラブルを通して、
社会生活の基礎を学んでいくことになります。

もちろん、
彼らひとり一人にはおのおのの「個性」がありますので、
この個人の個性を尊重しながら、
健やかな成長の手助けをさせて頂きます。

式の際にもお伝えさせて頂きましたが、
何かご心配な点や、
園に対してお気付きの点がございましたら、
どんな細かいことでも構いませんので、
何なりとご相談下さい!

本当の意味で、
WOODSTOCKが「もう一つの我が家」となれるよう、
真心全力投球でケアさせて頂きます。

新入生さん、新入生保護者様、
本日はご入園本当におめでとうございます。
明日からどうぞよろしくお願い致します^<^/

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”2014年入園式!”

2014年4月 8日

明日は入園式!

テーマ:つぶやき3
2014年4月 7日 17:53





こんにちは!
いつもお世話になります。

明日4月8日はWOODSTOCKインターナショナルプリスクールの
入園式です。詳細を記載しますのであらためてご確認下さい。

日時:4月8日(火曜)10時開会 *1時間程度を予定しています。
場所:WOODSTOCK 大分市小池原1434-1
服装:正装
対象:新入生及び新入生保護者様

お子さんの、健やかで、たくましい成長を願って
2014年度入園式を上記のとおりに執り行います。
ご多忙中かとは存じますが、ぜひご家族皆さんでご出席下さいますよう宜しくお願い申し上げます(^0^)/


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”明日は入園式!”

2014年4月 7日

マラソンと英語

テーマ:つぶやき
2014年4月 4日 19:26




こんばんは!
いつもお世話になります。

週末の入り口金曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?
ここからの数時間がおだやかでやわらかなひと時になってくれれば・・
何とか週末の桜を楽しめそうですね。

さて、
いつものようにブログは「英語方面」のお話です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
昔から・・

「英会話学習はマラソンに似ている。」

と言われます。

言われていなかったらすみません(笑)。

その根拠は。

練習を2週間怠ればこれを取り戻すのには同じだけの時間がかかります。

英語もマラソンも。

走れないことはないけれど、
しんど過ぎる。
キツ過ぎる。

言っていることが理解できないわけではないけれど、
正直思うように言葉が出てこない。
たどたどしい。
恥ずかしい。

また同じように・・
練習の方法を誤ればケガにつながります。

英語もマラソンも。

コーチの意見を無視してオーバーランすれば当然・・。

しなくてもいいことばかりに時間を割いていたら当然・・。

最後に。

目指している方角を明確に照らしてくれる優秀な監督。
具体的なアドバイスで効果的に指導をしてくれる先生。

英語もマラソンも、
メンターが必要ですよね、やっぱり^ ^

WOODSTOCKは子供達の半歩先を照らす灯台のような
存在になりたいんです。

WOODSTOCKは子供達が困った時に安心して頼られる、
懐の深いメンターであり続けたいんです。

その結果として、

ひとりでも多くの子がたくましい国際人として世界の檜舞台に
羽ばたいていけるように。

そんなことを思いながら、
毎日の指導方法やカリキュラムの見直しを
行うのが私たちの日課であり勤めなんです。

明日も42.195km先を見据えて頑張ります!

今夜はこのあたりで。。
ありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。

*写真は「卒園生春の特別プログラム〜プレゼンテーションに挑戦!〜」
の五日間を気合と笑顔とユーモアで乗り切った子供達の様子です。みんなありがとう〜!






WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”マラソンと英語”

2014年4月 4日

WOODSTOCK&CALLAN

テーマ:つぶやき3
2014年4月 3日 19:00




こんばんは!
いつもお世話になります。

たくさんの人が今週末に花見を予定していて・・
BBQにしようかなぁ〜・・
桜の木の下で手巻き寿司パーティーもいいなぁ・・
と世間がちょっとフワフワしている
そんな中、
非情にも落雷とともに桜に打ちつけられた
ちょっと激しすぎる雨・・-_-b

そんな木曜のひと時をいかがお過ごしでしょうか?

それでは今晩もお時間があればお付き合い下さい^ ^

只今午後18:45分。
私は事務室でPCと睨めっこ。

同時刻。

廊下をはさんだ奥の教室から聞こえてくるのは、

本日からスタートの「カランコース」でのやりとり。

凄まじい勢いでたたみかける、
担当講師のT/Chris。

もともと声が大きい先生が、
カランということで、

「2倍速」

でたたみかけています。

その迫力に・・・
まさに口をあんぐりさせて圧倒される子供たち。

ただ、やはり子供は凄い。

彼らの順応性と言うか、
適応力というか。

10分も経過するとすっかり慣れたようで。

いざスイッチON!

ここからは先生の声だけではなく、
生徒の声のボリュームも量も右肩上がり。

さすが子供たち。

笑い声だって聞こえてきました。

そもそも。

カランは「もっとスピーディに」「生徒に考える隙を与えない」

こんなことを念頭にレッスンが進んでいきます。

このスピード感がカランの最大の特徴です。

英語に英語で反応する訓練。

間に「日本語」をはさまずに。

ダイレクトで反射する。

鍛えたいのは反射神経。

英語反射力を手に入れた子供たちの笑顔と会話力。

ここをゴールに突き進もうと思います!!

参加された生徒さんの保護者様。

感想を聞いてあげて下さい。

さすがに今日はへとへとかと。
どうか知恵熱など出しませんように^ ^

1年後が楽しみですね。

*ちなみに・・「あの先生・・もの凄い早口!」というような発言がありましたらフォロー宜しくお願いします。「わざとだよ^^」と。

それでは今夜はこのあたりで。。

今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします^ < - ☆



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”WOODSTOCK&CALLAN”

2014年4月 3日

WOODSTOCKブログ

テーマ:つぶやき3
2014年4月 2日 20:09




こんばんは!
週の中盤戦の水曜日をいかがお過ごしでしょうか?

私はといいますと、
7時30分からの20分ほどですが、
Skype英会話レッスンを先ほどまで楽しんでいました。

ちなみに、
今日の担当はセブ島出身のクラーク先生。
エイプリルフールネタを繰り返す面白い方でした。

職業柄、
一般の方と比べると、
英語を話す頻度は高いわけですが、
普段はどうしても、

「議題を前に進める。決着をつける。」

というようなことを目的とした手段として英語を使うので、
どうしても「理解されやすい言い回しや単語」「発音リスクの低いボキャブラリー」を意識的に選びます。

すると、目的は果たされるのですが、
変な言い方になりますが、
美しい英語とはかけ離れていくんです。

自分をオウムのように感じたりもします。

ですから当然、

「最近ボキャブラリー増えてきたなぁ」
「言い回しに幅が出てきたなぁ」

というような学習的成長の実感のようなものを味わう暇もありません。

というわけで。
夜な夜なこっそりSkype英会話でガリ勉するわけです。
難易度が高いとされる言い回しやスラングを覚えて、
明くる日にT/Chris達に試してみよぉ〜とかいう軽いノリですが。
3回に1回は通じなかったりして凹んでみたり。

そうこうしている時にいつも思うのは、

「先生に褒められると恥ずかしいけどやっぱり嬉しい」

ということです。
37歳になっても・・です(笑)。

画面越しであっても

「Great〜!Daisuke〜」

とか言われると嬉しいんです。

ですから・・

保護者様・・やっぱり教育・子育ての一番のコツは

「とにかく具体的に褒めること!」

ではないでしょうか??
最近ことさらにそう思います。
みなさんはどう思われますか?

それでは本日もこのあたりで。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”WOODSTOCKブログ”

2014年4月 2日

新学期に向けて!

テーマ:つぶやき3
2014年4月 1日 19:40




こんにちは!
卯の花が咲く季節がやってまいりました〜。

さて、
WOODSTOCKはいそいそと職員総出で、
次年度の準備を進めています。

春の気持ち良過ぎる陽気にさそわれて・・
デッキで仕事をするお茶目な職員達も・・。
ここはカルフォルニアか?
なんてつっこみたくなる今日この頃ですが、
今月もどうぞ宜しくお願いします!


中国語教室は4月15日(火曜)が初回となりますが、
絵画や中国語教室などの課外授業は今週から動き出しています。

プリスクールも来週には新入生が登場!
在園生の始業式も9日に迫っています〜。
アフタースクールやベビースクールも今週から
通常運営です。
お間違いのないようお願い致しますね^ < ^

話は変わりますが、
最近私が気になったニュース。

「32年間続いたいいともがいよいよ最終回を・・」

もちろんこれも気になっていましたが、

一番気になったのは、

「ドワンゴ(ニコ動の会社)が2015年の入社試験から有料制度に切り替え」

というものです。

Dwangoのホームページには・・こうあります。

「ドワンゴグループでは、2015年新卒採用において、ご受験の際に2525円を受験料としていただきます。ただし、地方在住のかたは受験料は免除いたします。お支払いいただいた受験料は全額、寄付を致します。」



ここでは詳細については述べませんが、

ドワンゴグループ会長の川上さんの真意としては、

「大量の廃人を生み出す現在の日本の就活にメスを」

というところでしょうか。

100社にエントリーしてその全てに落ちる学生がごろごろいる。

その背景には・・

学生のエントリー数が増えると企業からの広告費を獲得する交渉が有利に
なるというような、リクナビに代表される「就職斡旋業社」による

「エントリー煽り」

などが見え隠れ。

社会問題に一石を投じる英断だと私は感じましたが、

これに対して噛み付いたのは「厚生省」。

職業安定法をもちだして中止を求めました。

ドワンゴサイドは、

「受験料が職安法でいう報酬に当たるかどうか、厚生省内でも意見が分かれているようですが・・」と指摘。

結局この日は物別れに終わったようですが、

今後の展開から目が離せません。

もちろん、
採用をめぐる学生と企業のコスト負担のあり方の議論も必要ですが、
このニュースを機に、

「日本の就活」

がメディアにもっと取り上げられ、

現状では「弱い立場に立たされている学生達の声」が

もっと世に出てくればいいなぁ、と感じています。

みなさんはどう思われますか?

それでは本日はこのあたりで。

本日も色々とありがとうございました。

明日もどうぞ宜しくお願い致します。















WOODSTOCK Oita Ja



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”新学期に向けて!”

2014年4月 1日