WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

インドの事情

テーマ: つぶやき5
2014年5月 8日 18:58




こんにちは!
いつもお世話になります。
5月病の気配はいかがですか 笑?
2014年前半戦も終盤に差し掛かりました。
今月度も張り切っていきましょう〜^ ^

今日のテーマは『インドの教育事情』です。
よかったらお付き合い下さい。

さて皆さん、
インドのイメージはいかがですか?

「カレー」
「像」
「サイババ」
「ガンジー」
「2桁の九九」
「IT大国」
「ネパールの隣」

こんな感じでしょうか?
他にはどんな印象を持たれていますか?

それでは本題へ。

まず、
インドでは,
教育を中央政府と州政府が共同で実施することになっています。

就学年数などは州により少しずつ違うようですが、
基本的には,
小学校が5年,中学校が3年(6?8年生),中等学校が2年(9,10年生),上級中等学校が2年(11,12年生)となっています。
そのうち義務教育期間は,小学校と中学校の8年間です。

中等学校2年生(10年生)と上級中等学校2年生(12年生)のときに全国共通テストが行われます。このテストの結果は,その後の大学への進学に影響するため,生徒たちは一生懸命勉強しています。


それでは、
デリー市内にある、
とある私立一貫校をとりあげてみましょう。

名前はムニ・インターナショナル・スクールといいます。
幼稚園から10年生までの私立の一貫校です。
(ご興味がある方はMuni International schoolで検索してみて下さい。)

同校は一般的な「インターナショナル・スクール」のイメージとは異なり,外国籍の生徒はいません。

ここで学んでいるのは近隣に住んでいる一般家庭の子どもたちがほとんどです。

「インターナショナル・スクール」という名称にふさわしく,教育は英語を中心として行われていますので,生徒たちは,英語を自在に使いこなしています。

日本にもこうした施設が増えてくるとイイですね。

インドには、このように英語で教育が行われている学校がたくさんあるんです。

他方,同校は,インドの学校では珍しく,1年生から4年生まで日本語が必修科目となっています。

日本語が必須・・・。

珍しいですよね。

私なんかは、
単純なので、
これだけでのことで、

「わぁお、インド超好き!」

とかなってしまいます(笑)。

また,5年生から10年生までは,日本語,ドイツ語,フランス語,スペイン語,アラビア語,中国語の中から一つを選択して学ぶこととなっていて,外国語教育に重点を置いています。

私も一昔前、T-シャツ・短パン・サイズの合わない小さなサンダルという装いで、
デリーのインディラ・ガンディー国際空港に降り立ったことがありますが、世界中の言語による標識やアナウンスにカルチャーショックを受けたことを鮮明に記憶しています。

世界中の旅客機が乗り入れる巨大な空の港がある、こうした環境も、
インドにおける外国語教育のモチベーションになっているのかもしれません。

現在,同校の全校生徒約600人のうち,およそ8割にあたる約400人が日本語を学んでいるそうです。
同校における日本語教育を支援するため,日本人の教師が青年海外協力隊員として派遣されています。
この日本人教師の紹介により,石川県の小学校とインターネット電話や文通による交流も行っているんです。

WOODSTOCKも混ぜてくれないかなぁ・・。

生徒たちに好きな科目を聞くと,理科と数学(算数)を挙げる生徒が圧倒的に多く,理由は,人生に役立つ,創造につながる,と考えている生徒が多いためのようです。

同校の教育でユニークな点としては,全員が応急手当の技術を学んでいることです。また,校内の廊下には中央線や横断ゾーンが描かれていて,一般の道路と同様に左側通行が義務づけられています。

規律正しい校風のようです。

また、
放課後は,インドの国民的スポーツであるクリケットをする生徒たちが多いようです。

生徒たちに日本の印象を聞いたところ,

「テクノロジーが発展している」
「日本人は礼儀正しい」
「文化が美しい」
「最初に日が昇る国」

などの回答がありました。

日本の生徒たちに同じようにインドの印象を聞くとどんな答えがかえってくるのでしょうね?

それでは本日のブログもこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日金曜日も、
日が最初に昇る国の人間として恥ずかしくないよう頑張りますので、
どうぞヨロシクお願いします( ´ ▽ ` )ノ

WOODSTOCK Oita Japan

« マレーシアの教育改革| 大分のプリスクールTOPへ |センター試験廃止。 »