WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月»

ハロウィン

テーマ:つぶやき2014
2014年10月31日 17:38

DSC_0300.JPGDSC_0259.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

本日のテーマは「ハロウィン」です。
良かったらお付合い下さいね。

さて、
本日はWOODSTOCKインターナショナルプリスクールで、
ハロウィンが行われました〜。

子供たちの仮装もとてもとても艶やかで、
また彼らの表情が何より華やかで、
一緒に時間を過ごせた事を心から幸せに思います。

また今回も、
私の晴れ男パワー炸裂ということでしょうか(笑)?

行進が行われた午前中は、
雨に急かされることもなく、
ゆっくりとハッピーな時間を満喫できました。

気合の入った衣装をまとった集団に、
近隣住民の皆様もザワザワ。

見られている感満載の時間になったのではないでしょうか。

今年も本当にたくさんのお菓子を、
地域の皆様、
近隣店舗の方々、
そして保護者様に頂戴しました。

とても幸せな、
ありがたいことだと感じています。

ローソン小池原店さん。

セブンイレブン小池原店さん。

グループホーム和さん。

大分ケーブルサービスさん。

2014年も大変お世話になりました。

たくさんのわがままを聞いてくださった事実に、

子供たちや職員を代表して心よりお礼申し上げます。

出来る限りたくさんの写真をアップしたいと思います。

お時間がありましたら是非ご覧ください。

また、
係りのママさんをはじめ、
今年もたくさんの保護者様方に安全ケアの面でもご協力頂きました。
いつも甘えてばっかりですみません。

ただ、
少しでも楽しんでくださったようであれば、
救われます。

次回はクリスマス?
サンクスギビングデイ?

一緒に季節行事を楽しみましょうね。

それでは子供たちの楽しそうな笑顔をお楽しみ下さい。
本日も。
今週も。
今月も本当にありがとうございました。
来月も、
来週も、
連休明けの火曜日もよろしく御願いいたします。


続きを読む”ハロウィン”

2014年10月31日

What is your dream?

テーマ:つぶやき2014
2014年10月30日 17:49

DSC_0974.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「What is your dream?」です。
良かったらお付き合い下さいね。


子供たちの英語力はどうすれば伸びるのでしょうか?

冒頭からちょっとキワにそれます。


これですね、
社会に出てからやたらと他を圧倒するほどの勢いで、
伸びていく、
急成長していく「同期」が一人二人いませんでしたか?

もちろん様々な要素が絡んでるのだとは思いますが、
その中でも私が最も注目する要素はやはり・・

「モチベーション」

これに尽きるんですよねぇ。

昔から、
物事が成就するためには、

「気」??「質」??「量」

何てことが言われます。

私が以前勤めていた会社の上司も常日頃からこの話をして下さいました。

とどのつまり。

どんなに質がともなっても、

どんなに量がともなっても、

「気」つまりモチベーションなり目標なり、

当人を後押ししてくれるモノがないと、

掛け算ですから、

結果は出ないということです。

これは、

子供たちの英語学習にも言えることですよね。

「伝えたいと思うこと」

「将来なりたいもの」

が明確であると、

手段である英語を自発的に学ぶようになると思うんです。

先日のブログでも紹介させて頂いた、

「Sota Yamauchi(山内奏人)さん」

もそうです。

IT企業を立ち上げ、
社会の役に立つシステムを開発するのが夢で。
その為に、
日本の中だけではなく、
世界中で起こっていることを幅広く学ぶことが必要と考え、
自分から会話英語の学習をスタート。

結局こういうことですよね。

今朝、

昨日の朝かな?

何人かの保護者様ともお話しさせて頂きましたが、

園児である今現在の英語力だけに着目するのではなく、

大事なのはここからです。

基礎は園生活を通して十分に培われます。

それをどう伸ばしていくか?

その為に必要なことは、

無理にせっつくのではなく、

彼らにとって動機となる「夢」をもってもらう為のお手伝いをすること。

こういったところがひとつのポイントとなるのかもしれませんね。

今日の3時間目の数十分を貸してもらい、

私もFMさんとこんなことについての話を投げかけてみました。

「What is your dream?」

ぜひ皆さんもお子さんに向けて聞いてみて下さい。

それでは今夜もこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

追記:明日のハロウィンは雨天決行です。
みんなで楽しみましょう〜^ ^


続きを読む”What is your dream? ”

2014年10月30日

Kids sharing with kids.

テーマ:つぶやき2014
2014年10月29日 21:18

DSC_0821.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「Kids sharing with kids.」です。
良かったお付き合いください。

さて、

「Sota Yamauchi(山内奏人)」

という、
一人の日本の若者をご存知でしょうか?

彼は、
ごく普通の13歳。

東京都在住の現在中学2年生です。

少しばかり・・いや、ものすごくユニークなのは彼の経歴です。

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2012」15歳以下の部で最優秀賞を受賞。

6歳の時、父親から中古パソコンをもらったのが、PCとの出会いだそうです。

旅行のしおりや、

ストップモーションアニメーションを作って遊んでいたとのことですが、

10歳の時、

図書館でプログラミング関連の本を見つけ興味を持ちます。

さっそく本を借り、

C++を独学で学び始め、

その後、

月に一度Rubyを教えてくれるワークショップに参加するようになり、

「思い描いたものを形にすることができる」プログラミングに、

ますます興味を持つように。。

没頭。

将来は、I

T企業を立ち上げ、

社会の役に立つシステムを開発するのが夢。

そのためには、

日本の中だけでなく,

世界中で起こっていることを幅広く学ぶことが必要と考え、

中学入学を機に、

そうなんです。

英語も本格的に勉強開始。

また、

中学では、

プログラミングの楽しさや便利さを友達に紹介し、

その仲間達と「It is IT」という団体を設立。

プログラミングワークショップ開催、

プログラミングを利用した学びを考えるイベント参加、

プログラミングを通してのボランティア活動企画など、

活動の場を広げている。

といった中学生。

こんな彼が口にしたフレーズのうちで、

印象的だったのは、

「子供同士で教え合うことは子供が学習する最も簡単な方法かもしれません。」

「Kids sharing with kids.」

「なぜなら学びは楽しんでいる間に起きるから。」

というようなものです。

いかがでしょうか?

教育というのは常に、

大人によって、

子供たちにむけて施されるもの。

私たちが無意識的に、

また常識的に信じてきたこの構図そのものが、

根底からひっくり返されるような意見です。

子供たちの子供たちによる子供たちの為のワークショップ。

「Programing workshop:of the kids,by the kids,for the kids.」

ひょっとしたら、

将来の教育のスタイルは、

彼のいうこうした方向に向かっていくのかもしれないなぁ・・。

そんなことを考えさせられると同時に、

では、

日本の英語教育のあり方を改善するために、

こうした事を発想していくことも必要だなぁ・・、

なんて、

考えたりしている今日此の頃です。

英語教育に強い興味を持たれている保護者様方にとっては、

彼の英語の勉強方法にも関心がむきますよね。

私が個人的に、

保護者様方に「なるほど」と思っていただきたいのは、

とどのつまり、

彼の場合、

成し遂げたいと彼が誰よりも願う、

ビジョンがあることが、

英会話スキル向上の強い要因になっている、

という点です。

何度かこのブログでもお話しさせていただいていますが、

誰かに押されないと走らない手おし車ではなく、

自分のエンジンを自分で蒸して走れる車でないと意味がありません。

だから、

私たち・・オトナに求められるのは、

「勉強しなさい」

という方向の声かけでなく、

情熱をかたむけられる「何か」を一緒になって探してあげること、

またそのお手伝い、

ということになるのでは??

こうしたことが、

一見遠回りに見えて、

実はゴールまでの最短距離なのやもしれませんね。

みなさんはどう思われますか?

それでは本日のこのあたりで。

暑苦しいブログを終えようと思います。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。
おやすみなさいZZzzz

続きを読む”Kids sharing with kids.”

2014年10月29日

英語学習は手段

テーマ:つぶやき2014
2014年10月28日 17:24

DSC_0540.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「英語学習は手段」です。
良かったらお付き合い下さいね。

みなさん、
映画翻訳家の、
イアン・マクドゥーガル氏をご存知ですか?

「かぐや姫の物語」「たそがれ清兵衛」「おくりびと」などの、
数々の日本映画の英語字幕を手がけてきたエレガントなおじさまです。

最近では、
アナ雪の日本語吹き替え版の監修をつとめた事で、
日本でも知名度が高まっています。

このおじさま、
英語教室で先生していた時代もあり、
あちこちに、
英会話学習についてのコメントをのせているんです。


日本語を学んだ事で、
英語で考えていた自分の「制限」が外れたとイアン氏。

「母国語しか知らないと限られた考え方しかできない。
外国語を学ぶ事は、自分の世界に窓を増やすこと。」

私はこれにインスピレーションを得ました。
みなさんはいかがですか?


外国語を学ぶこコツは?

これについては、
ダイエットのそれと一緒で、
近道をしたい人々が成功者に尋ねる訳ですが、
はっきりと言ってしまえば、
そんなものは基本的にはありません。
事実、
私のレコーディングなんとかもさっそく停滞期をむかえています(笑)。

話を戻します。

イアン氏も言っていますが、

言葉は自分の気持ちや情報を相手に伝える手段なので、
間違える事を気にしない。

こうした心持ちが大切でしょう。

英語はあくまで手段であって、
決して目的そのものではないんです。

英語を話せるようになる為に英語を勉強するのではなく、
例えば、
外国の方と友達になるとか、
外国の映画を観る為に英語を覚えようとすれば、
英語の勉強はもっと面白い訳です。


彼は日本で英語の教師をアルバイトでしていた時の経験から、
英会話の勉強についてこんな事も話しています。

「英語力を高める為に英語を勉強するなんて、
釘なしでハンマーの振り方を練習しているようなもので、
何の意味もない。実際に釘を使ってモノを作る為の手段が英語なのだから。」

やはり、
理想は、
英語を学ぶことで、
想像力を高められるような授業ですよね。

子ども達にとって、
特に幼少期の、
WOODSTOCKに通う園児さん諸君にとっては、

「正しく言う」ことよりも、
「伝えること」が最終目的。

そりゃそうですよね。
気持ちがのっていない、
その辺のコピーを引っ張って来ただけの台詞を、
暗記してただ口にするだけならオウムにさせておけばイイ訳で。
であれば、
必ずしも難解な単語や文法を知っている必要はない・・のかも。

「とかげ」という単語をしらなくても、
「足のある小さな蛇」と言い換えられるかどうかが大事なわけで。
「ライフセンス」「ライフスキル」という点からいっても重要ですよね。

みなさんはどう思われますか?
知識を持ち合って、
イングリッシュリテラシーを高めていきましょうね。

今夜は「英語学習は手段?」をテーマに話を進めました。


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。
今夜も冷えますねぇ。
あたたかくしてお休み下さい。

続きを読む”英語学習は手段”

2014年10月28日

姉妹校?

テーマ:つぶやき2014
2014年10月27日 17:59

DSC_0183.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。


今日のテーマは「姉妹校の誕生?」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
今日の放課後、
某職員と、
とある話に二人して夢中になりました。
こんな感じで。

職員A「以前にもお話しましたが、帰国次第プリスクールを設立しますね。」
私「うん。はじめて聞いた時は正直あまりピンとこなかったけど。いよいよって感じだね。」
職員A「そうなんです。具体的にポリシーを定義したり、カリキュラム作成なども始めました。」
私「どんな形で協力させてもらえるかな?」
職員A「ありがとうございます。ではお言葉に甘えて・・手始めに・・プログラムの相談や備品購入を手伝ってもらえますか?」
私「喜んで!」
職員A「日本は何でも手に入るし、それに本当に注文から受け取りまでが早いからココにいる間に出来るだけ購入して、シッピングしようかと思っています。」
私「国によって事情も様々だねぇ。」
職員A「まだちょっと気が早いですが、スカイプミーティングとかもして下さいね。」
私「もちろん。なんだかこっちがワクワクしてきたよ。頑張って下さいね。」
職員A「ありがとうございます。」


WOODSTOCKの保護者様方でしたら、

「あ〜あの先生ねぇ〜。」

と察しがつくかとは思いますが。
そうなんです。
あの先生が帰国後に、
日本で学んだことを活かして、
WOODSTOCKで培った経験をもとに、
ゼロから、
インターナショナルプリスクールを
彼の地に設立するんです。

本当の意味で、
血を分けた大切な仲間が、
他国で同じ学校をスタートさせる。

しかも、
職員Aが自ら体験しながら学んだ、
日本流の強みを最大限にアピールするということ。

某氏曰く・・、

「ジャパンブランドは私の国でも絶大なんです。」

らしいですよ^ ^


個人的に、
すっかり私は楽しみで、
ワクワクを押さえられない感じになっています。

向こうでの授業が始まったら、
プロジェクター活用してスカイプで、
交流授業をしようと思います。

日本の良いところもたくさん子ども達自らのその口で、
熱もって語って欲しいと思いますし、

同時に、
異国の地に暮す、
目の色も髪の毛のカラーも違う人々と、

「えいご」

という鍵を使って、
両国間に横たわるたくさんの「違い」にも、
目を向け耳をかたむけ心で感じて欲しいと思います。

みなさんはどう思われますか?

今日は「先々姉妹校が・・」についてのブログでした。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。
日本の大分市はちょっと冷えますが、
みなさんがお住まいのエリアはいかがですか?
お風邪など召されませんようにご自愛下さいね。
素敵な時間をお過ごし下さい。
Have a nice day !! See you soon.


続きを読む”姉妹校?”

2014年10月27日

秋の行事

テーマ:
2014年10月24日 19:17

DSC_0071.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「秋の行事」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
本日24日(金)、
WOODSTOCKでは秋のイベント収穫祭を楽しみました。

園庭で大きくなった大根をメイン具材に、
FM,WPさんの2クラスが調理を担当。

エプロンを纏った小さなシェフ達がその腕をふるいました。

人参、大根、ごぼうに白菜など、
まだ鍋に入れられる前の具材と笑顔で対する子ども達。

その様相はすっかりチーム戦。
運動会の延長戦を見ているかのような、
白熱したひとときとなりました。


下級生2クラスはというと、
お兄さんやお姉さんが包丁片手に何やらしているのが
朝から気になって仕方がないようで、

小窓から様子を見たり、
トイレに来ては室内をのぞいたり。

やがて立ちこめた美味しいそうな匂いに、
シュガーちゃん達の空腹スイッチは完全にON。

その頃、
施設の中央に位置するオフィスでは・・。

今日は職員ルームがキッチンに様変わり。

凄腕のママ達に助けられ、
段取り通り事を進める調理班。
おかげで、
とっても美味しい豚汁が出来上がりました。
それにしても、
いったい何升お米炊いたんでしょう・・・。
いつものように、
あっと言う間に完売しましたが(笑)。


屋外で、
シートを敷いて、
みんなでガヤガヤ頂きましたよ^ ^
メニューは、
豚汁におにぎりにカボチャのパンケーキ。
本当に美味しかったですね。


下駄箱置き場あたりから見えた、
まさにピクニックの為に準備されたその空間を見て、
WPパンダの女の子がひとことぼそり。

「I really love picnic!! So nice !!」

こういう台詞に出会えると、
本当にこちらもハッピーになります。


そして、
こうした行事の時に感じる、
個人的に、
好きな瞬間は。

こうしたイベントの際に、
ふだん、
どちらかというと目立たないタイプの子が、
キラッと光る包丁さばきをみせたり、
野菜に詳しくて皆の暑い視線を浴びたり、
お手伝いの姿が様になっていてかっこ良く見えたりする時です。

こんなことを発見して。
ママ達にご報告さし上げるのがちょっとした趣味になってきました。

あ〜今日も楽しかった。
子ども達のおかげです。
今週もたくさんたくさんありがとう。
今日は疲れただろうから、
少しだけでもいいので、
心と体を休めて下さいね。

それでは今夜もこのあたりで。
今週もありがとうございました。
次週もよろしくお願い致します。
素敵な週末をお過ごし下さいね。

続きを読む”秋の行事”

2014年10月24日

特異性 

テーマ:つぶやき2014
2014年10月23日 20:12

DSC_0806.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今日のテーマは「特異性」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
来週金曜日のプリスクール園児による仮装大行列がはねるまで、
WOODSTOCKでは連日ハロウィンイベントが開催されています。

そんな中、
宗教的な理由で毎年この行事には参加しない職員もいます。

所謂、

「信教の自由」

というやつです。

英語での毎日をおくる子ども達に、
感覚的な範囲で構わないので、
何となくのレベルでいっこうに構わないので、
こういう類いの事柄も、
自分の中の引き出しに放り投げていってもらえたらと、
常々思います。

アジア人は、
中でもとりわけ日本人は、

「異質な物」

を忌み嫌います。

「違う」

ことを理由に子ども達がとる行動、
それが日本式のいじめです。

ただ、
ココから先の人生で、
異質な物から学ぼうとする姿勢を持てないようでは、
ダイスを転がす意味さえないでしょう。

特異性を武器にする。

こんな考え方なんかも必要になるのかもしれませんね。

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

続きを読む”特異性 ”

2014年10月23日

Happiness from Bhutan

テーマ:つぶやき2014
2014年10月22日 20:58

DSC_0978.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
風も少しあって、
雨も降っていて、
こんな日にはどうしてか、
Greg Foley氏の「Don't worry bear」
が読みたくなります。
くまさんと毛虫くんの友情物語。
優しい気持ちになれる、
オススメの絵本です。
良かったらぜひ手に取ってみて下さい。

今夜のテーマは「Happiness from Bhutan」です。
どうぞお付き合い下さい。

さて、
みなさんは、
どんな時に幸せを感じますか?

フカフカのベッドで昼寝している時ですか?
美味しいスイーツを食べている時ですか?
仲間とスポーツでもしている時ですか?
旅行をしている時ですか?
家族と過ごしている時ですか?
それともお酒を?んで歌っている時ですか?
テストで高得点をゲットした時ですか?
昇進した時ですか?
朝までマイク片手に声を張り上げている時ですか?

ハピネスの感じ方は様々だとは思うのですが・・。

今日はブータンの子ども達がこの問いに答えている映像があまりに
素敵だったので、
紹介させて頂きます。

以下がURLです。
ジャンプしてみて下さい。


https://www.youtube.com/watch?v=mVCJq9IALr0#t=304

いかがでしたか?

「I feel happy when my parents are happy.」

とてもシンプルで、
とても力のある言葉だと思いませんか?


世は2014年。
訳の分からない情報の波にのみ込まれてしまい、
自分たちさえ気付かないうちに、
多忙だ何だといろいろと言い訳をして、
また、
どうでもいいことに翻弄されたりして、
幸福からわざわざ遠のこうとしている。

便利や効率ばかりを追い求めた結果、
自分たちで自分たちがつまずく理由を作っていたりして、
忘れてはいけないものを落っことして来ているような・・・。

そんなことを感じさせてくれるものが、
この世界で唯一仏教を国教とし、
ヒマラヤ奥地に佇む国にはあるような気がします。

みなさんはどう思われますか?

一度訪れてみたい土地の一つです^ ^


ただ、
やっぱりこの国の子ども達も、
きちんとした英語を話しますね。
負けていられませんよ〜^ ^
明日も息継ぎ無視しながら頑張りましょう〜。

それでは今夜もこのあたりで。
今日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。

*追記:もちろん、最後の楽園ともいわれるこの国にも、
当然ですが情報化社会の波は押し寄せています。
その結果として、
一昔前の日本と同じですが、
若者は農村を捨て、
都市へ都市へと足を向けています。
失業率問題やドラッグ依存する若年層の増加等、
国家として解決していかなければいけない問題はあるようですが、
今回はこれにはふれません。

続きを読む”Happiness from Bhutan”

2014年10月22日

小学校へ視察!

テーマ:つぶやき2014
2014年10月21日 20:40

DSC_0929.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
なんでも今年はオリオン座流星群の当たり年だとか。
もうご覧になりましたでしょうか?

今夜のテーマは「小学校へ視察!」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
WOODSTOCKで英語での毎日を過ごす子ども達。
年長さんの保護者様方にとっても、
卒園後の進路が気になる季節ですね。

検診も各小学校でスタート。

いろいろな感想が、
連絡帳を通して見えてきます。

「うちの子大丈夫かなぁ・・。先生助けて〜。」

「思ったより大丈夫そうで安心しました。」

「我が子よりハイパーな子もいて(笑)、私がちょっとホッとして・・」


4月からがいろいろと、
もちろん一抹のご不安も感じられていらっしゃる事とは思いますが。
楽しみにされているママやパパさんも多いのでは?


そんな中、
私も日頃から注目しているのですが、
大分県下で英語に力を入れてらっしゃる小学校は・・。

いくつかあると思いますが、
第一弾として、
11月の中旬、
英語担当の先生や、
学校長とお話をさせて頂くべく、
別府市の明星小学校に伺う事になりました。

実際の授業の様子を拝見しながら、
実のあるお話が出来たらなぁと、
今から私も個人的に楽しみにしています。

失礼のない範囲で、
提言等も・・頑張ってきます^ ^/

またこちらのブログ等で、
報告させて頂きますね。

ちなみに、
WOODSTOCKは保育施設ですので、
小学校の担任さんと、

「保育指導要録」

などを介して、
卒園後も連携をとらせて頂きます。
ご存知でしたか?

「園で彼が苦手としていたことは何ですか?」

「今彼女がこういったことで悩んでいるようで・・。先生ならどういった声かけ・フォローをされますか?」

こうしたやりとりを通して、
ココを巣立った後も、
間接的に関わらせて頂く事になります。

こう考えると、
本当の意味で、

「末永いお付き合いよろしくお願いします〜!」

といった感じですね。

今後とも傍らで、
彼らの成長を見守らせて頂けたら嬉しいです。

しかし・・、
今夜、
卒園生の子達と、
一足早くハロウィンを楽しんだのですが、
みんなどんどん大きくなっていくんですねぇ。
エルサやアナの衣装が大流行の予感ですが、
ずんぐりむっくりしていたあの頃とはなんだか違って、
きちんと着こなしている彼女たちに驚かされました。
嬉しくもあり、
寂しくもあり・・です。

こんな事を感じる時点で、
年かなぁ・・(苦)。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。
雨が降り始めたようですね。
穏やかな火曜の夜をお過ごし下さい。

続きを読む”小学校へ視察!”

2014年10月21日

◯◯の25か条

テーマ:つぶやき2014
2014年10月20日 17:36

DSC_0426.JPG


こんばんは!
いつもお世話になります。
今日は少々日差しも強く、
先週までとはちがって夏の頃の空気が戻ってきたような。
そんな月曜になっていますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは「◯◯の25箇条」です。
良かったらお付き合い下さいね。

みなさんは、
宝塚に受け継がれる伝説の教えをご存知ですか?
私は劇団員にはなれそうにありませんが、
今日紹介させて頂く25か条は、
いつもスマフォで毎朝確認しているんです。

逆をいけるように。
こうした感じにならないように。

私の反面教師です。

どうぞ。


?◯◯の25箇条?
01.笑顔がない
02.お礼を言わない
03.おいしいと言わない
04.精気がない
05.自信がない
06.グチをこぼす
07.希望や信念をもっていない
08.いつも周囲が悪いと思っている
09.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくイジケている
11.何でもないことにキズつく
12.他人をシットする
13.目が輝いていない
14.いつも口がへの字の形をしている
15.責任転嫁がうまい
16.他人をうらむ
17.悲観的に物事を考える
18.問題意識を持っていない
19.他人につくさない
20.他人を信じない
21.人生においても仕事においても意欲がない
22.謙虚さがなく傲慢である
23.人のアドバイスや忠告を受け入れない
24.自分が最も正しいと思いこんでいる
25.存在自体が周囲を暗くする

いかがでしょうか?


◯◯で今回は濁していますが、
穴埋めクイズか何かだと思って下さい。
ピンと来ましたか?

正解は・・気になる方はメール下さい 笑。


それはそうと、
子ども達と毎日過ごしていると、

きちんとしないとな・・

と思わされます。

思うんですよね。

今からずっと昔、
私達が保育・幼稚園児だった頃。
ちゃんとした先生が居てくれたから。
今の私たちがここに居られる訳で。

こういうのを恩返しというのかな・・

とか思いながら、
保育業務に励んでいます。

タスキをつないでいかないと・・です。

ちゃんとしたオトナになれるよう。
みんなで努力を継続しましょう〜^ ^


ココからは本線ではありません。
脱線します。

「理由もなく会えるのが友達で、
理由がないと会わないのが知り合いで、
理由を作って会いたくなるのが好きな人。」

この日本語ハイセンスだと思いませんか?

この奇麗な文章を偶然見つけて、
自然にほくそ笑んでしまったその瞬間を、
たまたま保育士に見られ、

「一人で笑って・・怖い・・。」

と言われたので暴れてやりました。
この美しい日本語が分からない輩とは、
絶対に友達になんかには慣れない気がする・・・・笑。

毒づきそうなので、
今夜はこのあたりで。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
どうぞハッピーな月曜日をお過ごし下さい。

続きを読む”◯◯の25か条”

2014年10月20日

心の栄養

テーマ:つぶやき2014
2014年10月17日 19:34

DSC_0421.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「心の栄養」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
今日はWOODSTOCKプリスクールの保護者様と、
保育士たちが、
園児さんの毎日の様子などの情報交換をする為のツール、
連絡帳についてのブログです。


WOODSTOCKは保育園ですが、
一般の園とは異なり、
所謂「お昼ね」の時間がありません。

ですから、
保育士さんたちは、
隙間スキマをみながら、
ママ達からのコメントに目を通し、
可能な範囲で返答をさせて頂いている感じです。

現場の彼女達と話をしていると、
たくさんの印象深い連絡ノートがあるようなのですが、
今日は今週頂戴したばかりのやりとりから、
その一部を紹介させて頂きます。


以下は
某保育士とあるクラスのママさんとの間で行われた、
実際のキャッチボールです。


ママ⇒

昨日、

「マミー!見て!」

とお弁当箱を持ってきて私に見せてくれて、

「全部食べたよ〜!」

とからっぽのお弁当箱をうれしそうに見せてくれました。

お弁当袋の開き方、

お弁当の開け方、

そして全部食べ、

私に、

「ありがとう。」

と言っているように聞こえました。

小さい我が子の成長に涙が出ました。

先生方のお力添えのおかげです。

ありがとうございます。

保育士⇒

「いえいえ、ママの愛情が伝わっているからです^ ^
こうしたコメントが私たちの力になります。こちらこそありがとうございます。」


私も毎日全園児さんのノートに目を通させて頂くので、
こうしたコメントを見てとてもほっこりとさせて頂きます。
この仕事についていて良かったなぁと思わせて頂く場面の一つです。

「心」
「技」
「体」
 


この全てが充実したとき、
保育士達は目を見張る程の輝きを見せます。

ママ達から頂戴する、
今回のようなコメントが、
彼女達の心の栄養になっているようです。

ママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃん、
今後とも彼女・彼らをよろしくお願いします。

私も頑張りますので^ ^

それでは今夜もこのあたりで。
運動会明けの今週もありがとうございました。
来週も宜しくお願いします。


続きを読む”心の栄養”

2014年10月17日

入園者決定!

テーマ:つぶやき2014
2014年10月16日 19:52

DSC_0028.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「入園者決定」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
早いもので、
来年春からWOODSTOCKに合流される園児さんが決定。
もう今年もそんな時期なんですねぇ。

本日ポストに受理通知が投函されましたので、
願書をご提出頂いたお宅は、
楽しみにされていて下さい。
数日中にお知らせが届くと思います。

ご不明な点がございましたらいつでもご連絡下さい^ ^

それにしても、
運動会が終わりはしましたが、
来週は児童英検、
再来週はハロウィン。
そうこうしているうちにサンクスグビングデイ・・。
そして年末直前のクリスマスへと。

皆さん、
もう年末ですよ〜。

今年も良い一年だったね、
と仲間達や家族と笑顔で語れるよう、
残り70数日ドルフィンキックで頑張りましょう!

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくおねがい致します。

続きを読む”入園者決定!”

2014年10月16日

ハロウィンにむけて

テーマ:つぶやき2014
2014年10月15日 19:02

DSC_0747.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ハロウィンにむけて」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
WOODSTOCKプリスクールは運動会を終え、
今月末(31日)に開催予定のハロウィンに向けて爽やかに舵を切りました。


園児達のおかげで盛り上がったスポーツデイですし、
施設内にはまだあの日の空気も残っていますから、
名残惜しさもありますが、
(実際、T/クリスはアヴリル・ラビーンの音源引っ張り出して踊っていましたし・・。)
しっかりとメリハリもってきりかえて、
今月のテーマに取り組んでいきたいと思います!

しかし、

「文武両道」

とは本当によくいったもので、
心と体にムチ打って頑張り続けた子ども達は、
夏の始まりの頃と比べるとずいぶんと成長したようです。
よりいっそうたくましくなったようですよ。


このまま目指せ「サムライ系」!

草食系でも肉食系でもなく・・・「サムライ系」で行きましょう〜^ ^/

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。


続きを読む”ハロウィンにむけて”

2014年10月15日

運動会を終えて。

テーマ:つぶやき2014
2014年10月12日 22:34

DSC_0682.JPG
こんばんは!
台風を迎え入れながらの連休になってはしまっていますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは「運動会を終えて」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
先日2014年10月11日(土)、
大分市明野高尾山自然公園にて、
WOODSTOCKインターナショナルプリスクールの、
秋の大運動会が開催されました。

主役の子ども達の笑顔に助けられ、
いつも無償の愛で園を盛り上げて下さる保護者様方、
また会場運営や安全ケアの観点から影で動いて下さった地域の皆様、
リハーサルの際に素敵なサプライズを用意して下さった給食業者様、
たくさんの方々のおかげで、
今年のスポーツデイも、
何とか無事に、
また幸いにも大きな怪我等もなく、
幸せな雰囲気に包まれながら、
閉幕する事が出来ました。

今年も何から何まで本当にありがとうございました。
職員一同心より感謝申し上げます。

先ほどまで、
写真編集を行っていたのですが、
その際に気付いた事があります。

正直、
お恥ずかしい話ですが、
本番真っ最中は、

「パパやママは楽しんで下さっているだろうか?」
「ご不便おかけしてはいないだろうか?」

という想いこそあるものの、
慌ただしさもあって、
観戦中の保護者様方の表情をゆっくり拝見する余裕もありません。

ですが、
さきほどまで当日撮りためた写真を見ながら気付きました。

皆さんがとても幸せそうなんです。
こういうのを幸福感というのだろうなぁと感じました。

胸の前で両の手の平を合わせて最上級の笑顔で我が子に声援をおくるママのお姿。
飲みかけのコーヒーを放り出し思わずガッツポーズをするパパ。
園児達の競演に涙するおばあちゃんやおじいちゃん。

間接的ながら、
このような時間に関われた事を有り難く思います。

また、
今年も素敵なドラマが生まれました。

会場にいらっしゃった方はその姿をご覧になっているかと思いますが、
メダル授与の際に、
一人の園児さんが執拗なまでに、
メダルを受け取ろうとしませんでした。
かたくななまでに。
涙まで流して。

頑張ったじゃない。
先生達は貴方の頑張りに本当に感動したんだよ。
ほら。

後になって。
ようやく彼女が理由を口にした、
彼女がメダルを受け取ろうとしなかった本当の理由。


「先生。このメダルは○□△先生に受け取って欲しい。先生がいたから頑張れた。」


この台詞をタイプしている、
1日明けた今でさえ、
不覚にも年甲斐もなくうれし涙が溢れます。

この仕事をさせてもらっていて、
こんなにも嬉しい事はありません。

彼女だけではありません。
今年もたくさんのたくさんの感動をありがとう。
感謝の気持ちでいっぱいです。


今回UPさせて頂く写真ですが、
全園児さんをカバー出来ている訳ではございません。
どうぞご容赦下さい。

最後に、
何十枚かの写真の中で、
私が個人的の選ぶ、

「Best of Sports Day'04」

は、
ある男の子の後ろ姿です。

タイトルは、

「彼こそが王様」

です。

障害物レースの終わり、
フィニッシュテープをもう一つの「障害」と間違ったのか、
何故か勢い余って飛び越えてしまう、
とってもキュートな○○くん。
よかったら探してみて下さい。

動画編集も行っていますので、
お楽しみに〜^ ^

それでは今夜はこのあたりで。
今年の運動会もありがとうございました。
次のイベントは月末のハロウィンですね。
一緒に楽しみましょう〜。
素敵な連休をお過ごし下さい。

続きを読む”運動会を終えて。”

2014年10月12日

明日は運動会!

テーマ:つぶやき2014
2014年10月10日 18:36

DSC_0780.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

さて、
明日はWOODSTOCKプリスクールコースの
園児さんを主役とした、
運動会です!

天候が心配されましたが、
どうにかこうにか大丈夫のようですね!
19号さんのご機嫌が変わらないことを今はただ祈りたいと思います。

会場は例年通り高尾山自然公園です。
開始は9時。
8時45分にはトイレを済ませて前園児入場ゲートに集合です。
オープニングは時間ぴったしに始めますので、
明日の遅刻は厳禁ですよ〜^ ^
早起き頑張りましょうね。

なお、
本日役員さんから各クラス(年中・年長さん)に連絡メールが届いたかと思います。
昼食後、
ぱっちんのお披露目をさせて頂く予定です。
衣装は準備して頂かなくて結構です。
よろしくお願い致します。

さぁ、
明日はどんなドラマが会場を沸かしてくれるでしょうか?
いずれにしても、
やり直しのきかない一発本番のライブです。
一瞬たりとも目が離せませんよ〜。
一緒に楽しんで下さいね。

私たちも、
練習は本番のように、
本番は練習のようにと園児と自分たちに言い聞かせながら、
明日を目一杯満喫したいと思います。

少々淡白ではありますが、
今夜は明日の準備に戻らせて頂きます。
本日もありがとうございました。
明日はどうぞよろしくお願い致します。

追記;次年度より入園予定のちびっ子諸君。
また、
ベイビースクールのお友達。
明日は会場で待ってますよ〜!
ぜひ遊びに来て下さいね〜!


続きを読む”明日は運動会!”

2014年10月10日

今後の義務教育

テーマ:つぶやき2014
2014年10月 9日 18:11

DSC_0394.JPG
こんばんは!
お世話になります。

みなさん、
今年は読書の秋にされますか?
それとも食欲の秋ですか?
やっぱりスポーツの秋ですか?

私は、
レコーディング何とかをお恥ずかしながら始めたので、
食欲には重めの蓋をして鍵をかけ、
文学方面に無理やり逃げ込もうと思っています。
村上春樹氏のノーベル文学賞は・・?
どうなるでしょう?
一昨年には中国の莫言氏が受賞。
今年はケニアのグギ・ワ・ジオン氏あたりが有力だとか。
いずれにしても個人的に目が離せません。

今夜のテーマは「今後の義務教育」です。
よかったらお付き合い下さいね。

さて、
今日は茨城県のお話です。

小学校での英語教科化や中学校での英語による授業実施等を見据え、
教員の指導方法を磨くため、
茨城県教委は、
第2言語としての英語習得に定評のある米・州立ハワイ大マノア校に、
県内公立校の教員計21人を派遣するそうです。

ここで、
10日間ほど、
同大教授陣から直接指導を受け、
英語漬けの日々を送ります。

派遣後はリーダー的な存在として、
模範授業の公開や学校訪問等を通じ、
他教員への指導や助言に当たるそうです。

な〜んでか?
それは・・・

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
文科省は去年、
2020年度実施を見据えた、

「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」

を発表しました。
これが直接の原因です。

これによると・・

-小学校でいま行っている外国語活動の開始時期を2年前倒しして3年生から行う。
-5年生からは成績評価対象となる「教科」に格上げ。
-中学校からは授業を英語で行う「オールイングリッシュ」を基本とする。
-高校からは英語による発表や討論等を実施する。

こうした英語教育の高度化に対応しようと、
茨城県は派遣事業のスタートを決めた、
ということです。

ちなみに、
派遣されるのは教員経験8年以上で、
年齢が30〜45歳。

現場で言うと、
率先垂範をしているであろう、
中間管理職の先生たち。


先生方頑張って〜!


帰国後は、
専門指導員として模範授業を公開したり、
学んだ指導法を広く普及させる為に、
様々な活動を行っていくようです。

こうした試みが全国に普及し、
義務教育の中でも効果的な指導が行われるようになると、
日本の抱える英語問題という氷山にも、
良い意味での亀裂が入るやもしれないですね。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

P.S. : プリスクールの保護者様方へ。

本日は天候不順によるリハーサル中止にご協力頂きまして、
誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます^ ^/~
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

続きを読む”今後の義務教育”

2014年10月 9日

超回復

テーマ:つぶやき2014
2014年10月 8日 20:26

DSC_0159.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
月蝕は楽しまれましたか?

地球が太陽と月の間に入ってしまい、
地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える。
世界中の人々がこの瞬間空を見上げていると思うと、
少しだけロマンチックなモノも感じてしまいますが・・、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「超回復」です。
良かったらお付き合い下さい。

みなさんは、

「超回復」

聞かれた事がありますか?

ググって見つけた回答に頼りますが、
簡単に言うと、

一定の負荷のかかるトレーニング後、
適度の休息をしっかりとることで、
筋肉水準がトレーニング前よりも上昇する現象。

ということのようです。

筋トレ直後は、
筋肉をいじめぬいた訳なので、
筋繊維といわれる箇所が傷ついた状態になっています。
この状態が回復しないまま、
またいじめると、
この繊維がダメージを受けたままなので、
筋肉は大きくならないようなんです。

トレーニング全体を考えた時、
大切なのは3つ。

「栄養」「休息」「トレーニング再開のタイミング」

です。
これをきちんと守る事が、
効果的なトレーニングの鉄則なんです。


これってですね、
子ども達の心の発達にも言える事です。

現在、
園生活を通して集団生活の基礎を学ぶプリスクールの園児達。
夕方の英会話コースで、
他校のお友達と机を並べて英語と対人折衝スキルを身につけようとしている子ども達。

栄養はたっぷり摂っています。
トレーニングは毎日行っています。
園でも、
スクールでも、
ご家庭でも、
ご近所でも。

あとは十分な休息をきちんと意識すればイイ訳です。


プロのアスリートも、
専属のトレーナーをつけて、
ライバルを追うあまりに、
知らず知らずに無理をしてしまう自分にセーブをかけます。


過ぎたるは猶及ばざるが如し。


これを痛い程知っているから。
せっかく毎日頑張っています。
子ども達は、
小さな体にむち打って、
心に負荷をかけながら、
来る日も来る日も手を抜かない、
皆ががんばり屋さんです。

だからこそ、
われわれ周りにいるオトナが、
科学的にも根拠のあるこうした事実をもとに、
そっとサポートして上げる必要があるのやもしれませんね。

プリスクールはいよいよ明々後日に運動会を迎えます。
小さな戦士達の体は繰り返される運動会の練習で疲労困憊のはず。
適切な休息が明日の活力につながります。
高く高くジャンプ出来るように、
今夜もしっかり眠りましょうね。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”超回復”

2014年10月 8日

秋の行事

テーマ:つぶやき2014
2014年10月 7日 18:41

DSC_0035.JPG
こんばんは!
お世話になります。

今夜のテーマは「秋の行事」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
この時期、
WOODSTOCKの職員達は、
運動会直前準備、
及び、
月末に行われるハロウィン関連の作業を追っかけています。
毎年の風景ですが、
スタッフが居残りしながら、
スポーツデイの競技中に使用する物品や、
ハロウィンで使ういろいろなグッズを手作りします。
あ〜。
ママさん達も、
衣装作成お疲れ様でした。
今年もありがとうございます。

ちょっと宣伝かねて詳細を。

運動会は高尾山のふれあい広場にて。
予定では朝の9時から午後2時半まで。
本日プリスクールの園児さんにはプログラムを
お配りしました。
ご確認下さい。
また、
来年4月から入園予定のお友達と、
ベイビースクールの生徒さんには、
ちびっ子レースの招待状をお出ししましたので、
良かったらポストをお確かめ下さいね。
(入園願書の提出が済んでいるお宅とベイビーに通学中のお宅に発送しました。)
なお、
数組の卒園生さんからもご連絡を頂戴しています。

「先生〜、WOODの運動会、土曜だし行って良い?」

どうそどうぞ。
貴方達が卒園した母校です。
一緒に思い出話なんぞしながら盛り上がりましょう。


ハロウィンは今年も近隣の皆さんにご協力頂く事となりました。
どの施設さんも、
お菓子配りを快諾して下さり、
2014年も奇抜でトリッキーで楽しい時間になりそうです。
職員達も、
今年も手加減なしで、
思いっきり仮装して園児諸君を出迎えようと今から鼻息散らしています。
ママやパパも、
この一日くらいはコスプレいかがですか?
思いのほか、
みな自分の衣装や見え方ばかりが気になり、
他の人のコスチュームまで気がいっていませんから、
そんなのしたことないし!
オレ恥ずかしいし、
という方々こそ、
ぜひ一緒に楽しみましょう^ ^
一回してしまえば後は次から平気ですよ。

こうしたイベントの準備の具合同様、
台風の行方や速度ばかり気になる今夜。
レコーディングダイエットをはじめてみたものの、
お腹が減って辛抱なりませんので、
今日はこのあたりでシャットダウンです。
高カロリー大会にでも行って参ります。

最後に・・。
寒くなってきましたので、
みなさん。
そろそろ窓を開け放って就寝したら、
カゼひきますよ〜。
体調管理怠らずに秋の行事を制覇しましょう!
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”秋の行事”

2014年10月 7日

中国のしたたかさ

テーマ:つぶやき2014
2014年10月 6日 19:38

DSC_0004.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
台風18号が去ったと思ったら。
マーシャル諸島でスズメ蜂なんていう名前がつけられた、
19号が誕生したようですね。
運動会が心配です(苦)。

今夜のテーマは「中国のしたたかさ」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
南米はペルーの下、
アルゼンチンの左に位置する、
とっても細なが〜い国。
ワインやイースター島のモアイくんだとかが有名どころでしょうか。

どこの国でしょう?

正解は・・、


「チリ」

です。

今夜はこのチリと、
おとなり中国の興味深いつながりについてです。

私は個人的にこの話を聞いたときに、
軽い衝撃を受けました。

実は、
現在中国政府は、
この南米の国に対して、

「中国語教師派遣プログラム」

を展開中。
これですね、
タダなんです。

どういうことか。

チャイナ政府は、
この智利政府に、
こう持ちかけたようです。

「無償で100人の中国語教師をお宅に派遣するよ。どう?悪い話じゃないでしょ?」

どう思われますか?

中国側には、

「新たな経済大国である我が国の言語は客観的にみても、アジアの裏側にある学生にだって受けるはず。」

チリにとっても無償ならばと悪くはない話。
結果これをすんなり受け入れ、
高校や大学に中国語の講義をたけのこ祭りのように新設。

どうなるでしょう、この先。

おそらく、
ゆっくりではあるにしても、
確実に、
中国語を学ぶ人口は増加し、
実際に話せる学生なんかも出てくるでしょう。

そして、
チャイナの思惑通り、
将来的に中国企業がチリに進出してきたおりには、
中国語を扱える現地人を採用出来る。
言語教育を通して、
いつの間にやらできた、
親しみ度なんかも、
中国の法人には確実にプラス。

どうですか?

これが、
彼らの行う中長期的な戦略です。
スマートですよね。

日本もしたらいいのに。
漫画やアニメのムーブメント、
凄いですよね。
勝手に日本語を学ぶ外国籍の人も増えているのに。
何もしないのはもったいないですよね。

みなさんはどう思われますか?

今夜は言語にまつわるエトセトラでした。

それでは本日もこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
WOODSTOCKの園児諸君は運動会に備えて体調管理を徹底しましょうね。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”中国のしたたかさ”

2014年10月 6日

気をつけたいシリーズ!

テーマ:つぶやき4
2014年10月 3日 19:21

DSC_0988.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今日は運動会のリハーサルで、
大分市の自然公園まで行ってきましたよぉ。
10月の太陽を見下していた結果、
私の顔は高崎山のお猿さんのように、
真っ赤になってしまいました。
そんな金曜ですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょか?

さて、
本日のテーマは「気をつけたい英語シリーズ」です。
2つだけご紹介。
良かったらお付き合い下さいね。

1番目:「美味しいですね!」

シチュエーションは、
上司のおごりでランチを頂く。
これでいきましょう。
人にごちそうになる料理はやっぱり美味しいなぁ、
なんて昼間っからワイン片手に
おいしい料理に舌鼓を打っている貴方に、
上司が突然感想を尋ねてきました。

何と答えますか?
出来れば、
もちろん意味は通じますから、
臆することはないですが、
上達しようという意欲をなくしては、
人間失格ですから、
今日は、

「This tastes good.」

と返しちゃダメよ、
と言わせて下さい。
ひょっとしたら、
上司さんだったりすると、
不機嫌になっちゃうかも......。

何を今更と言わずに聞いて下さいね。

「good」は「まあまあいい」という解釈が良いかと。

なので、

「This tastes good.」

では、

「まあまあかなぁ。」
「ぼちぼち。」

というふうに聞こえてしまうんです。

本当においしい!と、
ハッピーな気持ちを届けたいのなら、
伝えたいなら、

「It's really good!」

「It is delicious!」

できましょう〜!

?2番目:「つまらないものですが」

日本では贈りものをする際、
「つまらないものですが」と、
謙遜するならわしがありますよね。
何を隠そうこの私も、
ついこの前まで、
そのまま英語に置き換えて、
「This is a boring present, I'm sorry.」

なんてしたり顔で言っていました。

そして、

「So much Japanese!」

と笑われていました。

後から聞くと、
ある職員等は、

「一体、ダイスケは何を贈りつけるつもりなんだ!?」と、
別の外国籍職員にシリアスに相談すらしていたようです。

とはいえ、謙遜の文化が、
英語圏にはないというわけではありません。
英語圏の人でも自分の贈りものを「すんごいいいものだから」とアピールするようなことは基本的にはなく、
ちゃんと謙遜の表現があります。

それは、

「This is a little something I got for you.(ちょっとしたものですが、どうぞ)」

というフレーズ。
どんなに素晴らしい贈りものであっても、

「little」

という控え目な表現を用いるようです。
卑屈にも尊大にもならない便利なフレーズなので、
ぜひ覚えておきましょう!

それでは今夜はこのあたりで。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願い致します^ ^

続きを読む”気をつけたいシリーズ!”

2014年10月 3日

来週は運動会!

テーマ:つぶやき5
2014年10月 2日 21:58

DSC_0744.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「来週は運動会!」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
数時間前、
Facebookページの方に、
今月の11日にせまった、
WOODSTOCKスポーツデイの告知VTRを
UPさせて頂きました。

また、
ここ数日中に、
来年入園予定の子ども達や、
ベイビースクールに通って下さっているちっびこ諸君のご自宅に、
運動会ちびっ子競争の招待レターが届くかと思います。

もちろん、
プリスクールの皆さんにも、
来週早々にスポーツデイプログラムが配布されます。


そうなんです。
いよいよ今年も高尾山での運動会まであと数日・・、
というところまできてしまいました。

毎年のことですが、
どんなに時間を割いて練習しても、
胃が痛いばかりで(苦)、
本番が思いやられるなぁ・・・こりゃ・・、
なんて独り言を子ども達に聞かれないように、
こっそり宙に放り投げる毎日です。

整列できるかなぁ?
きちんと入場してくれるかなぁ?
彼はダンスの衣装を着てくれるかなぁ?
ちゃんと円に沿って走ってくれるかなぁ?
ママにひっついてしまって戻って来なかったらどうしようぉ・・。
お弁当食べて何人か寝ちゃったらどうしよう?

考えればキリがありません。

ただ、
何百人というギャラリーの前で、
ダンスを踊り、
また、
割り当てられた役割をこなし、
一等賞目指して仲のイイお友達をライバルとして最後まで走り抜く。

こうしたことの数々、
つまり、
挑戦する行為そのものが、
素晴らしく意味がある訳で。

ハプニングにあふれた、
手作り感いっぱいの運動会を、
どうか今年も楽しんで頂ければと心より思います。

さしあたってまずは明日、
高尾山にてリハーサルを行って来たいと思います。
ぼろ雑巾のようになるまで、
心を鬼にして、
むち打つ勢いで、
園児達と向き合ってきたいと思います。

やる前から彼らがクタクタになる様が思い浮かびます。
まだ始まってもいませんが、
明日はふかふかのお布団で寝かしつけてあげて下さい。

それではチャビーな鬼軍曹も、
そろそろ就寝タイムの準備に取りかかりたいと思います。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。
おやすみなさいZZzzz

続きを読む”来週は運動会!”

2014年10月 2日

本当の理由

テーマ:つぶやき3
2014年10月 1日 22:01

DSC_0444.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「本当の理由」です。
良かったらお付き合い下さい。

皆さんも、
日本人が世界的に見ても、
非常に英語が苦手で、

「英語が話せない国民」

というレッテルを貼られているのはもうご存知でしょう。

わりと何度も、
こちらのブログにて、
話せない理由は繰り返しアピールさせて頂いていますが、
今夜は、
最も根っこにある理由を今一度・・もう一度。


日本人が英語を使えない、
究極の理由は、

「英語が話せなくともよい仕事につけてしまうから」

という事に他なりません。

もちろん、
今のところは・・という枕詞が必要な雰囲気は出て来ていますが、
もうしばらくの間は大丈夫でしょう。
保証は出来ませんが。


良い仕事、
これをどう定義するかも人それぞれだとは思いますので、
今日のところは、
昨日のブログで紹介させて頂いた、
花まる学習会さんの言う、

「食っていける力」

つまり、
経済的にみた際に良い仕事につける、
というようにシンプルにくくります。

世界中の多くの国の現状としては、
英語が出来ないともはや、
いい仕事にはつけません。

WOODSTOCKの保育士が英語留学で利用させてもらうフィリピンもそうです。
自分たちの国内にチャンスがあまりに少ない為、
命がけでみんな英語を学ぶ訳です。
セブの留学施設も実はほとんどが韓国資本です。
海外から入って来た会社が、
現地で英語を話せる人材を抱えて事業をしているわけです。

ウズベキスタン、
ナイジェリア、
ネパール、
タイにミャンマー。

WOODSTOCKを通じて知り合えた、
たくさんの仲間達もそうでした。

自国を飛び出して、
世界中をマーケットに就職活動を行います。

こんな流れが、
遠くはない将来、
日本にもやって来る訳です。

対岸の火事だと悠長にかまえている暇はもうないように思いませんか?

すぐそこまで、
こうしたグローバリゼーションという輩が、
押し寄せて来ているようですよ。

しっかり備えましょう。
備えあれば・・ですね^ ^

それでは今夜もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

追記:運動会のリハーサルやピクニックが理由とはいえ、
お弁当日を連発していること、
どうぞお許し下さい。
いつもお忙しい中ありがとうございます。


続きを読む”本当の理由”

2014年10月 1日