WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

メンタリティ

テーマ:
2014年11月26日 20:23

DSC_0142.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「メンタリティ」です。
良かったらお付合い下さいね。

先日、
友人にこんなことを言われました。

「あなたは最近ニホン人と時間をあまり過ごしていないようですね。
嫌になったの?海外の面々といる方が楽なの?」

「・・・・・へ?そんなことは・・ないよw」


立場をはっきりさせるのであれば、
私は日本人のメンタリティが大好きです。


もちろん、
A型はこうで、
乙女座の人間はこんな感じだ、
というような、
安易にカテゴライズするようなことは好まないタチなので、
相対的にみてというか、
世界中に散らばるいろいろな国民性を、
わかりやすく分類するうえで、
やや大げさに特徴付けした時の、
日本人のメンタリティが好きだという言い回しが、
ふさわしいのですが・・。

自分で言ってて何を言いたいのかよく分からなくなってきましたがw

所謂、

「愚直である」

「計画性がある」

「丁寧だ」

「綺麗好き」

「約束を守る」

「思慮深い」

「慎み深い」

「センスがイイ」

というような、

「日本人の武器」

が好きですし、
一緒にいて心地よいと感じますし、
自分自身もこうでなくてはいけないな、
と思うんです。


例えば、
ですが。。。。

アメリカ人を見ていて、
比較的、
 
「プレゼン上手いなぁ」

「本番に強いなぁ」

と思います。

アフリカ系の人々といると、

「本当にネアカだなぁ」

「繰り返す作業が得意だぁ」

なんて思います。

インド系の人々といると、

「話すのすきだなぁ」

「営業うまいなぁ」

と考えさせられます。

これってなんででしょう?

風土の問題。
教育の問題。
DNAの問題w。

なぜでしょうね?

簡単に説明のつくことではないのだとは思いますが、

理由の一つは「進化」の一種だと思います。
(人類学を学んだわけでもなんでもありません。戯言ですw)

地上で生き抜くことが厳しくなった一部の4足歩行の動物が空に逃げたように。

餌の取り合いに疲れた一部の動物の首がいつしかずいぶんと伸びたように。

快適な眠りを確保するためにいつしか川の中に見事な住まいを作るようになった彼らのように。


それぞれの国民が、
自分の武器を見つめ直し、
長所を伸ばし続けた結果が現在の国民性。。。

そんな風に思います。

であれば、
大切なのは、
英語を学びながら、
これを活かして外を見るようにして、
海外から見たときの日本人のメンタリティを自覚して、
長所をせっせとのばしていくことなのでしょう。

もちろん。

短所もきちんと改善できればいいですが、

人間欠点や弱点の一つや二つはあるもので。


いつもそばにいてくれる、
騒がしくも愛くるしい子供達には、
自分の長所にいち早く気づき、
これを大切に伸ばしていって欲しいと、
いっつも思いますし、

同時に、

子供達の長所にスポットライトを当てて、
いいところを伸ばしていくうえでのお手伝いが出来たら、
こんなに素敵なことはないなぁと思います。


みなさんはどう思われますか?

それではやや唐突に、
今夜のブログもこのあたりで。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

追記:先日紹介させて頂いた、
「マダム・イン・ニューヨーク」ですが、
これは邦題で、
「ENGLISH VINGLISH」が原名ということです。

« 私立明星小学校| 大分のプリスクールTOPへ |アンチ »