WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

Flip it! 最新情報

テーマ: Flip it!
2015年4月15日 19:42

DSC_0755.JPG
こんにちはーw

今夜のテーマは「Flip it!最新情報」です。
良かったらお付合い下さいね。

*今日は別プロジェクトの人間としてタイプしていますw

↓ jump ↓

Flip it! 事務局のカワヒラです。
いつもいろいろとありがとうございます!
会員の皆さんの毎日の頑張りに、
私どもも励まされています。
四月も頑張って英会話に磨きをかけていきましょうね〜。

さて今日は、
2015年4月15日現時点での、
Flip itを利用中の生徒数の内訳を発表しま〜す!


※呼び名は分かりやすいようにカジュアルなものにしています。

1位: 医療系大学に通うドクターのたまごさん
2位: 英会話に通いたくても時間がなかった高校生諸君
3位: 全国に散らばるプリスクールの卒園生諸君
4位: 30,40代の会社員の皆さん
5位: 主婦の方々
6位: 中学生諸君
7位: 自営業・会社役員の皆さん
8位: シルバーエイジの皆さん
9位: その他

いかがでしょうか?

オンライン英会話Flip itの魅力はやはり、

「英会話のソムリエFlippersによる丁寧で計画的なマンツーマンレッスン!」

です。

だからでしょうか?

将来ドクターを目指す日本全国の医療系大学生諸君が
医療英語という少々専門的な英語スキル向上を目指して日々勉強中、
その結果、
今回のランキングで一位を獲得!
というのも納得です。

また、
個人的に、
高校生徒諸君が中学生を大きく上まわっていることには驚いています。

というのも、
2015年の4月に、
つまりこの春中学校に入学された生徒さんが、
新しいセンター試験に臨む一発目の世代だからです。

NEWSにはなってきていますが、
まだ実際には始まっていないので・・
世にあまり浸透していないのか?
実際の声はどうなのでしょうね?


また、
今回3位に食い込んだ、

「プリスクール卒園生」。。

アンケートで見えてくるのは、
毎日英語で生活していたプリを出た後、
日本語による学校に進んだ結果、
英語にふれる機会が減り、
危機感を募らせた本人および保護者さんが、

「隙間時間の有効活用」

ということでオンラインに。。

という流れが全国的に始まっています。

ちなみに、
この3位を地区別に見るとこうした感じに。


1位:東京都
2位:福岡県
3位:宮城県
4位:愛知県
5位:埼玉県



31位:大分県

大分発のプロジェクトですので、
もっと大分県民の方にご利用いただけるよに、
私たちも頑張らねば!
と襟を正している最中ですw

兎にも角にも、
今後必要になるのは、
この国の国民に求められているのは、
実用的で実践的な、

「会話英語」

です。

これを伸ばそうと思ったら、
とにかく、

「アウトプットの頻度」

を上げていくこと。

これにつきるわけです。

そういった意味でも、
オンライン英会話はひとつの突破口になり得ます。

実際、
全国的に、
大学や高校、
はやいところでは小学校でも、
放課後の課外活動の中や、
給食後のフリータイム中に、
i-padなどのデバイスを配布して、
生徒が自由にオンライン英会話で学べるような環境作りが
始まっています。

大分も、
負けて入られませんので、
私どもが各学校の担当者さん方との打ち合わせを
始めています。

こうした新しい学びの形を、
都心だからとか、
ローカルだからなどという地域格差など、
いとも簡単に飛び越えられてしまうのも、
Skype英会話のような、
インターネットを活用した学習システムの魅力です。

私はPCに疎くて。。。

Skypeって有料なのかな?

そんな方のお宅には、
Flip itのスタッフが出張していますし、
WOODSTOCKの園児さんやアフターの生徒さんのお宅については、
JPが喜んで対応していますので、
どしどし持ち込まれて下さい。


近況報告をかねて、
今夜のブログをupさせて頂きました。


それでは今夜もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

« 大学での事件| 大分のプリスクールTOPへ |進路戦略 »