WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月»

すべて子ども経験者のみなさまへ

2015年6月30日 18:41

DSC_0624.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「すべての子ども経験者のみなさんへ」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
映画、

「STAND BY ME ドラえもん」

はご覧になりましたか?

わたしは、
今もあまり変わりませんが、
ほんとうに屁理屈の多い生意気な子でした。

あ〜いえばこういう。

こう言われればああいう。

そんな子。

いつもいつも、

「おとなになったことないのに分からんし。
先生だって子どものころあったんでしょ?
ならなんで分からないの?」

こんなことばっか言っていました。

↓ jump ↓

昨日もふれましたが、

優れたコピーは時代の空気を代弁してくれる声であると同時に、

私たちひとり一人の心の奥底にある気持ちの代弁をしてくれたりもします。

このドラえもんのコピーが、

「すべての、子ども経験者のみなさんへ。」

でした。

この美しい日本語を見たときに、

「あ、この映画はたとえ騒がしいだけのちびっこ軍団に囲まれることになったとしても、
絶対に映画館に観に行かないと。。」

と思ってしまったコピーです。

( 炎上前に言い訳しときますが、私は子ども好きなオトナだと思いますw)

保育園で、

英会話で,

子供達と接していると、

ときに、

別室に呼び出して、

説教垂れるシーンもあります。

そんなとき、

当たり障りのない、

子どものころに大嫌いだったよくあるおとなが口にする、

使い古されたセリフだけは、

投げつけないようにと注意しながら伝えようと努めます。

できるだけ、

彼らの目線で。

友達に話すように。

同じ人とひとの会話として。

いつもいつも思います。

優秀な指導者とは、

子どもだったころの記憶がしっかりと残っているひとだと。

そう思うのですが・・・。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

追記:何を隠そう、この映画。
怖くて観に行けませんでした。
いつ観よう。。。

続きを読む”すべて子ども経験者のみなさまへ”

2015年6月30日

魅力的な日本語

2015年6月29日 20:46

DSC_0153.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「魅力的な日本語」です。
良かったらお付合い下さい。

WOODSTOCKインターナショナルプリスクールは、
日本にいながら、
英語で生活する環境を園児さんに提供する施設です。

形態は保育園。

科目ごとに責任をもつ英語講師が時間割に従って動き指導にあたり、
保育資格をもつ職員が(現在は日本国籍の女性だけで構成されています。先々は、もっとダイバーシティに富んだ、多国籍集団をつくりたいと考えています。)クラスに対して責任をもち、
二人三脚のようなかたちで運営されています。

そんな愉快なおもちゃ箱に、
毎日園児たちが元気に飛び込んできてくれています。

また夕方は、
卒園生や、
一般の園や小学校に通う子供たちが、
アフタークラスの生徒として、
英語のフォローアップや習得を目的に、
これまた元気いっぱいに飛び込んで来ます。

園のスタンスですが、
これまでも繰り返し主張してきていますが、

「日本で暮らす人間としてのアイデンティティーをしっかり構築しながら、
英語を身につけることに意味が有る。」

というものです。

ですから、

私も綺麗で魅力的な日本語が大好きで、
センスのあるコピーライターたちが創り上げるフレーズの数々に反応できるように、
日々アンテナを張り巡らせています。

そこで、
今夜は、

「TCC賞2015入賞作品」

が発表されましたので、
ちょっとこれについてツイートしてみようと思います。

「この惑星のテレビは、タモリがいないとさびしい。(BOSS)」

「おいしいものは脂肪と糖でできている。(からだすこやか茶)」

「運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。(ルミネ)」

「特別な日だけ思い出すのは、報道のせいかもしれない。伝え続ける。(震災から3年〜伝え続けるシリーズ〜)」

「私は雑草。心ある雑草。雑草の雑って、かっこいい。虫けらのけらって、ファンキーだ。(earth music&ecology)」

「ち、のち、いのち。(献血促進キャンペーン)」

「バカがつくほどまじめです。バカまじめ。ゆうパック。(ゆうパック)」

「憧れのシチュエーションは、壁ドンです。マンガと現実は、少し違います。SAMURAI、FUJIYAMA、CUPNOODLE(日清カップヌードル)」

いかがでしょうか?

好みのひとフレーズを選ぶとしたらどうでしょうか?

ちなみに、

グランプリはこれ。

「自分より強いヤツを倒せ。(ペプシネックス)」

小栗旬さん扮する桃太郎のあのCMです。

印象的なコマーシャルですよね。

(個人的には「悪い女ほど、清楚な服が、よく似合う。」というフレーズなども含んだ、LUMINEのキャッチコピーのセンスがこのみです。)

もちろん、

ここに並んだコピーだけが、

印象的なのではなく、

音楽やパネルの使い方や、

商品自体のブランドもあるわけですが、

ただしかし、

圧倒的なコピーは私たちの心を打ちますし、

嫉妬をさそいますし、

何より商品に夢や物語を加えます。

そして、

ここからが自論です。

これからこうした賞をかっさらうヒトというのは、

外の世界を見る必要があると思います。

サントリーホールディングスのタモリのヤツなどは、

地球の外側から日本をみるという視点から作られていますが、

同様に、

海外を知ることで見えてくる日本の様や、

国民性や、

日本語の響き方や、

茶の道、花の道、書の道に至るまで、

こうしたものを、

そとから描くことが出来る人間は、

重宝がられるはずです。

きゃりーぱみゅぱみゅが、

海外で、

特にヨーロッパで受けている理由も、

このあたりにヒントがあるような気がしています。

日本人が考える、

「かわいい」

を形にして、

シンボリックなアイコンとして彼女を作り上げ、

そとに向けて発信した結果、

あれだけの成功をおさめました。

アリアナグランデやレディーガガまでもが、

彼女のことを、

「リスクテイカーである彼女を尊敬する。」

と公言しています。

ツイートを終わらせるために、

ややはしょりますが、

英語に限らず他の国の言語と向き合うのであれば、

それと同じくらい、

またそれ以上に、

母国語と大切に向き合う必要があり、

そうすることで、

相乗効果的に結果も出るし、

結果、

英語をそとでぜひ使って会話をしてきて欲しい!

と言われるような、

クールな人材になり得るのかな〜なんて思うわけです。

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

追記:先週の金曜まで、3回にわたって行われました、次年度入園説明会も、
無事に終了することが出来ました。ご参加頂きました保護者様方、お忙しい中ご足労頂きまして、
ありがとうございました。園長とのフィーリングが合わなかった方につきましては、
お詫びを申し上げるとともに、
当園の職員はすこぶる優秀ですので、彼女・彼らの保育っぷりを見に来ていただければ、
こんなにうれしいことはございません、
などと思う次第です。

「日本一園で起きていることが分かる・伝わる園づくり」

の真っ最中でございます。平日の朝であれば、いつお越し頂いても結構です。

また、

大分県内の他園の皆様、
英会話教室の関係者様で、
まだ見たことないなぁという方がいらっしゃいましたら、
私との無駄話ついでにぜひ来られてください。

ちょっとだけ警戒しながらも、
仲良くなれるように笑顔でお待ちしていますので、
正面切って飛び込んできてください。

お会いできる日を、
楽しみにしております。

続きを読む”魅力的な日本語”

2015年6月29日

受験力

2015年6月26日 20:54

DSC_0074.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「受験力」です。
 
良かったらお付合い下さい。

しかし。。。
今夜の空はなんでしょう?

テレビを見る習慣がないのでよく分からないのですが、

台風か何か来ているのですか?

と思ったら。。

逢魔が時。

あっという間に夜。

と思いきや、

圧倒的に綺麗な夕焼けが小池原団地上空にw

天候が荒れそうな金曜ですね。

さて、

今日のツイートは、

受験力ということなんですが・・。

ひとつ質問。

「リビング学習」

について、

みなさんはどう思われますか?

自分の部屋ではなく、

ガヤガヤしたリビングで宿題したり、

勉強したりするあれです。

なんでこんな質問をするかと言いますと、

子供達のまわりにいる私たち大人が意識したいことの一つに、

「受験力と学力は違う、ということを知っているべきだ」

という考えがあるからです。

受験力というのは、

テストで点を取るための技術やテクニックのこと。

対して学力は、

学ぶ意欲の強さや、

学問に向かう姿勢、

また、

学術的な要素に対してのスキルのレベルです。


生涯学習という言葉が示すように、

いきている以上、

学ぶことを放棄してしまっては、

それこそリタイアです。

いい意味でのそれではなく、

ゲームオーバーという意味でのリタイアです。

こういう意味においても、

学ぶ力、

つまり学力のスイッチは、

いつでも基本「ON」にしておきたいわけですが、

今日独り言したいポイントは、

「受験やテストで点をとる為に必要なのは主にテクニックである。」

ということを意識してくれる大人がまわりに数人、

いや、

最悪ひとりいてくれるだけで、

その子は随分と救われるはずだ、

という話です。

どういうことか。

え〜。

日本の受験界はわりと荒んでいます。

もとい。

この国に限らず、

先進国における受験のシビアさは、

少なくとも子供達にとっては、

いささか酷な種のモノです。

根本的な理由は、

あまり十分な説明がなされぬまま、

「ゴールに向かって走れ!」

と臀部を叩かれまくるからです。

動機が希薄なのに、

やれ寝るな。

やれ走れ!

と要求される受験やテストの為の時間は半端なく莫大です。

要は、

ひとつも納得せず、

楽しいとも思えず、

笑顔などあるはずもなく、

ただひたすら、

何が待っているかもよくわからないゴールに向けて走らされるから。

だから、

しんどさを感じ、

燃え尽きたり、

たかが受験やテストなんかの為に命を粗末にするような、

そんな学生が毎年やまのように出るわけです。

もう無理だ・・と心がおれるから。

でも。

そんな時、

「なぁ。受験なんてさ、ゲームだよ。」

って、

耳元で言ってくれる大人がいたら、

どんなに救われることでしょう。

また、

「なぁ、その科目って基本的には全暗記なんだよ。なんでかって?
決められた時間内に暗記をどう効率的にするか?できる人間なのかをチェックする為の科目だからだよ」

とか、

「数学なんてさ。逆算する姿勢をつけさせることが目的だったりするし、結果に至るまでにはプロセスがあって、
途中が無茶苦茶なら結果もそうなるってことを感じさせる為だったりするんだよ。あとは読解力。
つまり、俺的には算数はむしろ国語だな。 」

というように。

なんであっても、

これたまたま今夜は受験をテーマにツイートしているわけですが、

「動機」

が薄いと、

なにやっても成果が出にくいですし、

結局、

「やらされている感」

が丸出しになってくるわけです。

ここいらが、

いつも私が思っている、

「自家発電できる子に!」

というところに繋がってくるわけです。

いかがでしょうか?

んで、

最後にリビング学習。

これ、

受験力をつけるには最適のようですね。

やたらと静かな環境でしか勉強できない子は、

ちょっとしたアクシデントに弱く、

雑音があると集中できない!

とかなんとかって、

す〜ぐいい訳する子になったりもするようで。

だって、

いくら練習の時に点がとれても、

本番で普段通りにできなければ、

ご破算なわけです。

そういう意味では、

テレビがついていたり、

弟がテレビゲームに興じていたりする環境こそ、

本番力をつける為にが最適な空間なのかもしれないですね。

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜はこのあたりで。
本日もありがとうございました。
おやすみなさい〜Zzz


続きを読む”受験力”

2015年6月26日

2015年6月25日 21:29

DSC_0660.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「にほんご」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今朝の話です。

園児の女の子が・・
女の子だったと思います。

その子が、

なにやらトンチンカンなことを口にしました。

性格には、

口にしたようです。

うまく聞き取れなかったのですが、

ママさんから彼女にむけられたセリフははっきり聞こえました。


「まだ綺麗じゃなくてもいいけど正しい日本語を話そうね。英語の前に日本語よ。」


はい。

おっしゃる通りだと思います。

嬉しかったです。

偉ぶるつもりはないですよ。

ただ単純に、

インターナショナルスクールに娘さんを通わせている保護者様の口から、

自国の言葉を大切にしましょうというたぐいの意見を聞けたのが嬉しかったんです。

心の底から同意です。

いつもいいますが、

英語だけできる人なら、

アメリカにも、

オーストラリアにも、

カナダにも。。

たくさんいます。

英語だけできても、

なんともなりません。

生まれ育った土地の言葉を話し、

アイデンティティーが明確で、

自国の文化に精通する人間が他言語を習得するから意味があるわけです。

日本のことを知らない日本人と、

アメリカのことを知らないアメリカ人がとあるバーで出会っても、

そこには何にも生まれやしません。

意味もなく開けられたビール瓶が何本かと、

下品に食い散らかされた前菜の残骸が積まれるのが関の山でしょう。

色気も何もないです。

はいw

なんとなく伝わりますでしょうか?

もちろん、

コミュニケーションは送り手と受け手がいてはじめて成り立つものですから、

どうだこのやろー・・

俺っちの日本語美しいだろ〜とかやっても意味がありませんし、

君の日本語は少々乱れているね〜なんて、

批判大会を始めてもろくなことにはならないので、

言葉こそが人と人とをつなぎ、

気持ちのいい関係を作る為の道具であることを、

?その会話に参加している人全員が、

意識できると常にハッピーだろうななんて、

そんなことを思う木曜の夜です。

↓jump↓

同僚に、

こんな日本語あるよ、

こんなの聞いたことないでしょう?

なんていう、

くだらない言葉遊びをたまにするのですが、

最近気に入っているのは、

「逢魔が時」

と、

「鵺のような」

です。

おうまがときトぬえのような・・です。

逢魔が時は、

千と千尋の神隠しを題材に説明します。

鵺のようなは、

今のところ、

正確な意味はふせて、

「あなたは鵺のようなひとですねwって日本人に向けて行ってごらん。
いろんな意味でびっくりされるから」

とか何とかいって悪ふざけしています。

あらぬ方向にボールが飛んで行ってしまい、

今日のブログに起承も転結もありゃしませんが、

兎にも角にも、

日本語をしっかり勉強しながら、

そのうえで、

英語にも取り組んでいくスタンスが大切であるという考え方を、

譲らずにきちっと伝えていかねばなと思います。

英語でクラスバイリンガル保育園を運営し、

大分県を英語県に!

なってことをしているからなおのこと・・。

みなさんはどう思われますか?

それでは本日もこのあたりで。
1日ありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。


続きを読む””

2015年6月25日

ジプシーペアレント

2015年6月24日 21:37

DSC_0331.JPG
こんにちは!
お世話になります。

今夜のテーマは「ジプシーペアレント」です。

良かったらお付合い下さい。

さて、
今月の頭から、
WOODSTOCKインターナショナルスクールでは、

「次年度入園説明会」

が行われています。

今週の金曜に行われる会が、

今年度最終の時間になりますので、

次年度春からの入園をご希望される方、

または、

検討されている方につきましては、

お見逃しのないよう(?)、

ご参加くださいね〜。

ひとつ断っておきますと、

微塵のかたさも感じられない、

ただガチャガチャした説明会です。

敷居もひくうございます。

通い慣れたカフェに繰り出すくらいの軽い感じで、

お越しいただければ幸いです。

はい。

↓ jump ↓

はい。

ちなみに、
ご存知のない方にむけて書きますが、

このブログは、

100パーセント、

園の長が書いています。

毎晩です。

週末の土曜・日曜は筆をもちませんが、

平日は、

ほうれん草が降ろうが、

落下物がアスパラであろうが、

必ずツイートすることを、

7年前にコミットしました。

ですんで、

1000記事は余裕で超えていますw

まぁ、

内容はチープなものが大半で、

誰の餌にもなりえないような、

くだらない独り言や戯言ばかりですが、

これもひとつ、

「日本で最も透明性が高い、園の様子が伝わる園作り」

の一環なんです。

英語に対する考え方。

時事。

教育制度の移り変わり。

日本を取り巻く様々な状況や変化と英語の相関性。

子育て関連。

海外の教育事情。

これからの英語教育事情などなど。

園が何を考え、

どんなことを優先し、

また何を大切にしながら指導・共育・保育にあたっているのか。

どういった種の出来事に怒っているのか。

何に感動しているのか。

ポリシーは。

意見は。

アイデアは。

とまぁ、

実に勝手に、

結果として多様な感じに仕上がっているようです。

なぜコミットしたのか、

という部分に軽くふれて、

今夜は逃げ去ることにしますが、

「何かを成そうと思ったら継続すること」

だと、

考えているからです。

「石の上にも3年。」

これ賛成。

「雨だれ石を穿つ」

これにも賛成です。

「Constant dropping wears away a stone.」

こんなのにも同意。

いかがでしょうか?

ちなみに、

塾関係者と会食なんぞをする際に、

学校の先生軍団とのブレックファストミーティング(朝飯食べてるだけですがw)のおりに、

最近よく話題にあがる話。

「ジプシーペアレント」

聞かれたことはありますか?

ないですか?

ないと思います。

いま名付けましたので。

意味は、

「移動型民族であるジプシーのように、
いい教材、いい先生、いい教室、いい方法などを求めて、
次々に遊牧していく親のこと。ただ、ふたを開けてみると、
家庭での取り組み方に大きな問題があることも。
また、
彷徨い続ける結果、子どもへの働きかけ方や意見が都度変わりがちであるため、
子どもからするとこんなはた迷惑な存在はいない、そんな親のこと。」

常日頃、

教育は科学の先を行くべきだと考えています。

そういう点でいうと、

実験的である姿勢は崩すべきではないですし、

挑戦スタイルはとり続けるべきだとも思います。

ただし、

自分がやっていることの後追いすらせずに、

人のせい、

もののせい、

環境のせいにすることだけはナンセンスです。

それこそ犬だって喰やしません。

どうでしょか?

ちなみに、

私もジプシーにならぬよう、

自戒を含め、

今夜は独り言してみた次第です。

みなさんはどう思われますか?

いずれにしても、

軸のぶれない生き方が出来たらステキですよね。

がんばろっとw


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。


続きを読む”ジプシーペアレント”

2015年6月24日

日々ロック

2015年6月23日 20:35

DSC_0101.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「日々ロック」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKのポリシーの一つに、

「大分県を英語県に!」

というものがあります。

マッキンゼーの受け売りですが、
常日頃から、

「それは人々にインパクトを与えられる事柄か否か?」

こんなところを念頭に置きながら、
ことに当たっています。


WOODSTOCKの立ち上げは今から約8年前。

どうしてこんな国際的な市にインターナショナルスクールがないのだろう?

こんな発想からスタートしての今日です。

あ。

私は愛知県の出です。

そしていま。

大分市に暮らしながら日々思うこと。

それは、

環境や地の利を効果的に生かせばこの県はもっとすごいことになるのに。

こんなようなことです。

reason。

国際大学がある。

大学コンソーシアムのような組織もある。

国際交流プラザの人々も非常に真摯で。

船が乗り入れる港の状態や環境もいい。

大きなハコモノを建設できるだけの十分な土地もある。

そして実際に、

大分県を英語県にしようとする過程において必要な、

「英語屋」

の数もそれなりにいる。

足りないのは、

空からの便を増やすための仕組みと、

「動ける識者を束ねる指揮者」

です。


ハリルホジッチ監督が、

男子サッカー日本代表チームを率いて奮闘しています。

シンガポールとの試合では、

残念ながらドローという結果に終わりましたが、

彼も言うなれば、

蹴球界の指揮者なわけです。

ある程度の知識や胆力があれば、

僕なんかは監督はだれでもいいと思います。

大事なのは、

「チーム」

と、

ここに集う人達の、

「役割」

なのではないでしょうか?

もちろんゴールも。

んで、

それぞれの分野のエキスパートを集める。

監督は、

彼らの長所を凌ぐ必要はありません。

指揮者としての役割は、

彼らを同じ方向に向かせること。

理念を共有させること。

彼らが働きやすい環境づくりをすること。

いわば、

コーディネーター。

んでんで、

大分を英語県化するには、

バランス感覚のある、

コーディネーターが必要です。

だれでもいい。

担ぎ上げましょう・・・・。

ということで、

いっつも英語界の人達とミーティングをとる際には、

「この人いいんじゃないかな?」

なんて、

アンテナ張っているわけです。

だれかユニークな方がいたらぜひ紹介してくださいねw

↓ jump ↓

最後に、

ハリルジャパンの命運を分けるもう一つの要素について。

勝手にツイート。

それは、

「世論」

だと思うんです。

一定期間、

黙って任せる姿勢。

だって、

選んだんですから。

任命した以上、

好きに使ってくれと。

「時間」

を差し出さない限り、

成功も失敗も生まれません。

ここから派生しての。。。

この国の国民性の嫌いなところ。

それは、

炎上につながるほど、

非難に非難をかぶせていくところ。

先日、

18歳から投票権をもてるようになる為の法案が通ったということですが、

次の世代が、

この他人の失敗を、

匿名で叩くというような品のない行為を、

変えてくれることを期待して。。

彼らの選挙への合流が、

「どうしてあの国のトップはあんなにころころ変わるんだ?」

という恥部を覆ってくれますように。

その結果、

はりるジャパンがどうか大成しますように。

最終的に、

大分が英語県になりますようにw


みなさんはどう思われますか?

昨晩、
二階堂ふみさん主演の「日々ロック」を観たからか、
ケミカルブラザーズを聴きながらこのブログを書いていることが理由なのか。

今夜のブログは迷走具合がひどいので、
このままシャットアウトさせて頂きます。

笑顔で行間を読み取ってくださると幸いです。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。
おやすみなさいZZzz

続きを読む”日々ロック”

2015年6月23日

LINE

2015年6月22日 15:30

DSC_1092.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今週もどうぞよろしく御願いいたします!

今夜のテーマは、

「LINE」

です。
良かったらお付合いください。

さて、

今年の3月、
森川 亮氏がLINE株式会社の代表職を退任されました。

そんな森川氏がこんなことを仰っています。

*ちょっと長いですが引用します。

「人生にはまっすぐな道があるー。

若いころ、僕はそう思っていました。
いい大学を出て、いい会社に入って、真面目に仕事をすれば、出世もして、
給料も増えて、子供も成長して、幸せな老後が待っている。
そんなまっすぐな道があると思っていたのです。

そして、そのまっすぐな道から外れるのは、少々怖かった。

しかし、
僕は途中で、そのまっすぐな道を捨てて生きてきました。
自分がやりたいことを追求して生きていきたいと思ったからです。

道無き道を行くのは、
決してラクではありませんでしたが、
世の中に少しでも価値を提供できるように、
1日1日を懸命に生きることで、
なんとかここまでやってくることができました。

そして、
今はこう確信しています。

明日のことすらわからないのが、
人間にとって普通のことなんだ、と。

かつての僕が思い描いていたようなまっすぐな道など、
ただの幻想。

むしろ、
未来はわからないと思って生きないと危険です。

特に現代のような激しい時代には、

いつ何が起きるかわからないと常に緊張感をもっていなければならない。

だからこそ、
完成が研ぎ澄まされていく。

変化に備えて準備をする。

そして、
変化が起きた時には、

敏感に対応する。

そんな野生的な生命力が養われるのです。

逆に、
まっすぐな道を信じたり、
誰かが未来を教えてくれると期待して、
その現実と向き合わずに、
日々を漠然と生きるのがいちばん危ないのです。

いわば、
人間は世界に放り出されているようなもの。

そこに、
決まった道などありません。
人間は、
どこまでも自由なのだと思います。

(一部省略)

もちろん、
常に不安です。

でもそれがこの世の現実なのだから、
むしろ、
その不安を楽しんだほうがいい。

未来が分からないからこそ、
可能性が無限大にあると考える。

そして、
その可能性に自分をかけていく。

そのような生き方が大事なのだと思います。

世の中には、
100%いいものはありません。

どんなものにも、
いい面と悪い面がある。

大事なのは、
そのいい面を見て、
ものごとをポジティブに考えることではないでしょうか?

たしかに、
未来がわからないこと、
変化が激しいことにはネガティブな側面があります。

しかし、
将来が不安だから挑戦しない、
変化が早いからついていけない、
などと考えても、
何も価値のあるものを生み出すことはできません。

むしろ、
未来がわからないからこそ価値がある、
変化が激しいからこそチャンスがあると考えて、
積極的に生きたほうがいいと思うのです。

(一部省略)

未来が不確実だからこそ可能性は無限大にあるー。」

いかがでしょうか?

森川氏のこの言葉を受けて質問です。


「有名国内大学」と「無名海外大学」

みなさんだったら、
これからの時代を生きて行く子供たちのために、
どちらを選択されますか?

もちろん、
高校生が進路を決める際に、
親の判断に素直に従うようでは、
自立力を疑われますし、
キミが悪いですが、

周りにいて、
サポート役を演じるオトナとしては、

このクエスチョンに対しての意見や答えは用意しておきたいですよね。

これからは、

「英語プラスもう一つの言語」

の時代です。

情報誌をみて、

「国内大学偏差値ランキング」

を参考にする時代は終わりました。

当然のように、

知り合いの塾関係者と話をしていても分かるのは、

「受験勉強の内容や方向性そのものがここ3〜5年のうちに大きく変わってくる」

ということです。

これが意味するところは、

ますます、

時代の混迷さが濃くなってくるということです。

「不透明ウエルカム。未来未知数ばん万歳!」

これくらいのスタンスで生きていきたいと思うのは私だけでしょうか?w

それではいい加減長ったらしいので、
このあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。


続きを読む”LINE”

2015年6月22日

三つの基礎

2015年6月19日 18:54

DSC_0743.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「三つの基礎」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
本日6月19日金曜日、

WOODSTOCKの年長さんたちは、

大分市高田にて、

「田植え体験」

を楽しんできました!

ちょうど汚れを洗い流してくれるといういう意味でのイイ感じに雨も落ちていてw、

最適な田植え日和だったように思います。

写真もたくさんアップしましたので、

良かったらご覧くださいね。

さて、

常々思うのですが、

子供に必要な「基本」は3つです。

? 食べる

? 寝る

? 遊ぶ

です。

むかし、

井上陽水氏の

「くう・ねる・あそぶ〜」

とかいうCMありましたよね〜w

あれが基本だと思うんです。

体を作るために食べて、

学んだことを定着させる意味で、

また、

しっかり成長・進化するために寝て。

そんで手加減なしで思いっきりとにかくあそぶ。

これらの基礎があっての・・

「学習」

ですよね。

英語も大事。

ただし、

3つの基本がないがしろになっているようでは本末転倒です。

ということで、

年長軍団、

泥んこになって大暴れしてきました!

ママ・パパ。

洗濯ごめんなさい。

泥・・たぶん落ちないと思います。

どうぞ子供達の笑顔に免じてお許しくださいw

そして、

間髪入れずに明日は英検Jrですよ〜!

しっかり遊んだら、

きちんと学びましょう!


では今夜もこのあたりで。
今週もありがとうございました!
土曜保育に参加されるキッズ諸君は明日もよろしくねw

来週もどうぞよろしく御願いいたします!

続きを読む”三つの基礎”

2015年6月19日

宿題は悪か?

2015年6月18日 20:25

DSC_0504.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「宿題」についてです。
良かったお付合いください。

さて、
小学校・中学校の子供達は、
学校から毎日のように、

「宿題」

と呼ばれるものを持ち帰ってきます。

んで。

この言葉。

辞書をひいてみました。

こうあります。

「家庭でやってくるべきものとして教師が児童・生徒に課する、学習上の課題。」

いかがでしょうか?

みなさんは、

宿題についてどんな意見・考えをもたれていますか?

私は、

基本的に、

あまり好きではありません。

だって、

学校で集中して学べば、

それ以上に何が必要だというのでしょう。

ブログということもあり、

やや誇張して表現していますが、

基本スタンスとしては、

出されていた学生の立場だった時も、

期せずして、

出す立場になってしまった今でも、

これは変わりません。

ただし、

齢のいかない児童の学習定着率や、

習得率を大人が知るという意味合いにおいては、

ある程度意味をなすのかなぁとも、

考えてはいます。

譲れないラインとしては、

やらされている感が出てきたら、

あんなものはアウトだ、

という部分でしょうか。

やれと言われるから仕方なしする。

親がうるさいからする。

先生が怖いからする。

これでは、

百害あって一利なしです。

理想は、

ノートなり、

テキストなりを与えて、

したい分だけやっといて。

こんな形です。

繰り返します。

やらされている感が出始めたら、

ご破算です。

そうではなくて、

逆をいきましょう。

「早く遊びに行っておいで。」

「友達呼んでもいいし、行ってきてもいいから、遊び倒しておいで。
遊ぶ時間がなくなるから、ちゃっちゃとやっちゃいな。」

的な感じ。

ないしは、

一緒にするんです。

となりで◯△キャンかなんかでいいんです。

読書でもいい。

環境がその子も学ぶ姿勢を伸ばします。

というより、

壊さないようにするのがわれわれまわりにいる大人の役目。

魚の子が生まれながらにして泳げるのと一緒。

学びたいという気持ちを摘まないように、

調整してあげるのが私たちの役目です。

どうでしょうか?

園児を見えていても、

児童を見ていても、

宿題に向かう彼らのパターンはわずかに2つだけ。

進んでじゃんじゃんする子か。

言われるまで一切に手をつけないか。

ポイントは、

分かれ目は、

間違っても、

「宿題しろ!」

なんて言わないことです。

命令形は、

しつけの部分だけでいいのではないでしょうか?

こと学習に関しては、

押し付けてもなんともなりません。

よく言われるように、

おなかいっぱいなのに、

「体にいいから野菜食べなさい!」

んなこと言ったって、

野菜を嫌いになるだけです。

命令形によるおしつけの成れの果て。

それは、

親に言われなきゃ何にも出来ない子の・しない子の完成です。

誰もハッピーじゃないですよね?

親や、

先生の自尊心を満足させる為に宿題をする。

こんな悲惨なゴールはありません。

そうではなくて、

いつも言いますが、

睡眠欲や、

食欲と同じで、

人間は学びたくなるもの。

自家発電できる子になって欲しいですよね。

みなさんはどう思われますか?

雨の木曜日のブログは、

宿題についての独り言でした。

しれでは今夜もこのあたりで。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む”宿題は悪か?”

2015年6月18日

the truth

2015年6月17日 20:14

DSC_0131.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「the truth」です。
良かったらお付合い下さい。

今朝、
職員と話をしていて、
おもしろいことを聞きましたのでお裾分けです。

英語で嘘をつく。

これは、

「tell a lie」

では、

本当のことを言う、

これは、

「tell the truth」

です。

お気づきでしょうか?

嘘は数えられるんです。

だから、

冠詞の「a」がついています。

つまりりんごや消しゴムと一緒。

たくさん、

またどこにでもあるということを意味します。

その反面、

真実を意味する「truth」には、

「the」

がついています。

「the earth」

や、

「the moon」

のように。

答え合わせ。

真実は地球や月のように、

この世の中には一つしかないと考えられているため、

「the truth」

というように扱われるようなのです。

いかがでしょうか?

変人の私は、

これくらいの話で1日ハッピーで鼻歌が止まりません。

という、

誰の餌にもならない、

稚拙な話で今夜はおしまいです。

本日も何かとありがとうございました。
明日も雨でしょうか?
それはそれで梅雨を楽しむいい機会です。
四季のある国に生まれたことに感謝するチャンスとして、
子供達にも伝えていきたいですね。
それでは、
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む”the truth”

2015年6月17日

短所に見えている性格の裏側にあるもの

2015年6月16日 21:31

DSC_0643.JPG
今夜のテーマは、

「短所に見えている性格の裏側にあるもの」

です。

良かったらお付合い下さい。

さて、

みなさんのお子さんは万能ですか?

運動はいかがですか?

学業の成績はどうですか?

性格的な特徴で見たときの、

集中力はいかがですか?

好奇心は?

社交性は?


今夜ツイートしたいのは、

人の子は人の子、

という話です。


挑発するわけではありませんが、

みなさんは、

「万能」

ですか?

私は、

短所の塊です。

コンプレックスが服着て歩いています。

子供の頃、

よくこんなことを言われていました。

「継続力がない。」

なんでもそうでした。

すぐ投げ出す。

飽きるんです。

なにをやっても続かない。

こんなことを学校の先生や、

まわりの大人に言われていた時期がありました。

ただ、

不思議と親は違ったんです。

あんまし。

母親や、

父親にさきのようなことを言われたことはありません。

ほとんど記憶にないんです。

それどころか、

「あなたはできる。」

「自信を持ちなさい。根拠なんてなくていいから。」

こんな風に接してくれたことをはっきりと覚えています。

もちろん、

他人様の前では、

もうむっちゃくちゃにけなされましたが。

それでも家に帰ると、

いつも守ってくれて。

一番の理解者でした。

あの。

なにもうちの親はおえらい学者さんでも、

高名な政治家さんとかではないですよ。

床屋を営む、

ふつうの両親です。

ただ、

近所と比べて違ったのは、

何においても、

「強制」

をされませんでした。

だから、

勉強も宿題も部活動も何もかも。

いつの間にやら、

自然と自分からしていたように思います。

あ。

弱いものの気持ちを踏みにじるような行為をした際には、

ばちこんとぶっとばされましたが。

それにもちろん、

任せてくれているからこそ、

それなりに横道にそれたり、

教科書を全部海に投げ込んでみたり、

家出の真似事をしてみたり、

通り一遍、

思春期のキッズが通る道をくぐってきましたが、

人生の転機においては、

自分でやる気スイッチを押せる姿勢が、

今振り返ればですが、

ついていたように感じています。

塾には中学校に上がってから行きました。

仲の良かった友達が通い始めたから。

でも、

あんまし面白くなかったのでしょう。

前かがみで勉学に取り組むようになったわけではなく、

ただただ、

授業後に行われる、

トランプの大富豪が楽しかったから、

辞めずに3年間通った記憶があります。

んで、

時間かけて準備してまで高校受験はしたくなかったので、

これが理由で、

担任の先生に、

「どうしたらいいですか?」

と聞くと、

「部活がんばれ。市内大会で優勝が条件。あと、次の定期テストで10位に入れ。そしたら推薦してやるよ。」

こんなようなことを言われました。

今思えばいい先生です 笑

180人くらいのサイズの中学校。

成績は中の中。

でも行きたかった高校はそこそこの進学校。

入りたい理由は隣のちょっと都会に見えていた街に出たかったから。

電車通学に憧れたから。

そこで親の登場です。

「あなたは継続力がないらしい。安心なさい。ということは、瞬発力はあるってことよ。」

へ〜そんなもんなんだ、

といとも簡単に親の作戦にのったバカ単純な少年は、

当時の学力からいうと、

10番以内という、

途方もない目標に向けてヨーイドンしたわけです。

瞬発力勝負!

短期決戦!

ということで、

5組まであったクラスを全てまわり、

「次のテストで10位以内に入らなかったら坊主にする!」

だったか、

「全裸でグランド3周する!」

だったか、

とにかくコミットして自分を追い込みました。

んで、

蕎麦屋のさえみちゃんとか、

こばよう?

たしかそんなニックネームで、

パパがハンドボールの選手の男の子とか、

喫茶店やけんしょうとか、

背が伸びすぎて肺がいっこ縮んでしまったけんちゃんとか、

ふだんできのいい彼らがうまい具合に崩れるという偶然もかさなって、

奇跡の学年トップ。。。

先生たちは呆れていました。

そんなんじゃふだんからコツコツやっているやつに示しがつかんだろ・・。

そんな無言の罵倒を聞いたようなw

いずれにしても、

「勉強しなさい!」

というセリフを意図的に封印することで、

ある程度親の描いていた線路を進んだ息子をみて、

してやったりの母と父。

こんな感じでしょうか?

↓ jump  ↓

長いんで終わりに向かいますが、

園児もそう。

卒園生もそう。

みんな武器をもっています。

ただし、

幼少期はとくに、

これ。

隠れていることがほとんどです。

それよりも、

「騒がしい」

「いつもうろうろしている」

「遊んでばっかいる」

「親の考えもつかない行動ばかりする」

こういった、

一見短所にとれてしまう部分にスポットがあたり、

避難されまくります。

断言できます。

そうではなくて、

大人が見てあげなければいけないのは、

こうした特徴の反対側です。

騒がしいということは、

周りを楽しませる素養があるということ。

いつもうろうろ。

好奇心が強いことのあらわれです。

遊んでばっか。

これもそう。

決められたことをするよりも、

自分でルールを決められる遊びが好きってこと。

オリジナリティーがあり、

独創的だったりするわけです。

最後のやつは、

おとなの想像通りの行動しか出来ないことを、

むしろ叱咤してあげるべき。

褒めて伸ばすっていうことは、

こうしたことを言います。

なんでもかんでも褒めりゃいいってものでもありません。

意図もって、

作戦立てておとなは子どもに接してあげないと。

そんな人がひとりふたりいてくれたからこそ、

今の私たちがあるわけですし。

みなさんはどう思われますか?

あ〜やたらと長いツイートもここいらでジ・エンドです。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

蛇足:テニスは、ソフトのダブルス。私は前衛。相方の母親が全日本トップとかランキング2位とかそんな人で、
特練とかいう、土日に近所のテニスコートでしごかれまくって、結果、こちらも条件をクリア出来ましたw
結局、周りの人にぜ〜んぶお膳立てしてもっただけ?今はこんな風に思っています。


続きを読む”短所に見えている性格の裏側にあるもの”

2015年6月16日

外国人労働者

2015年6月15日 20:17

DSC_0598.JPG
こんにちは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「外国人労働者」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、

私たちが暮らすここ日本。

家事・育児・介護

特に、

介護を支える人間が足りません。

あと10年したら、

2025年には、

介護に138万人、

看護に45万人の人出が必要、

よって、

およそ90万人の人材が不足するということ。

そこで、

これを見越して、

みなさんご存知のように、

EPA(経済連携協定)が結ばれました。

インドネシアと、

フィリピンから、

人材を送り込んでもらうという約束です。

もう始まっています。

ただ、

当然といえば当然なのですが、

問題も多く、

なかなか速度が出ていません。

定着率にも問題ありということ。

そうこうするうちに、

ベトナムとも同じ協定を結び。。

なんていう状況です。

受け入れ先の中心は、

主に神奈川県。

特区制度を活用して、

海外で介護の資格を取得した人材を積極的に活用している最中です。

昨年でしょうか?

東京の舛添さんは、

「国内の人材の低賃金化につながる」

という理由で、

難色を示していたような。

今はどうなったのかな?

実際に、

日本には、

育児ないしは介護を理由に、

就職したくともできない人が、

200万人以上います。

特に女性です。

まさに、

超高齢化社会に向かう途中で起きている典型的な事例。

どうやって逆ピラミッドを支えるのか?

再生医療?

世界支援ロボット?

未病対策?

いろいろと策はあるようですが、

現実的に、

人が足りない以上、

そとから来てもらうほかないわけで。

であれば、

国内の、

受け入れ態勢の改善や、

彼らに対する漠然とした、

どちらかというとマイナスな、

根拠なきイメージを壊す必要があります。

「外人は・・・」

日本ってすごく閉鎖的です。

理由は、

ただ単に、

「慣れていないから」

です。

WOODSTOCKのアメリカ人職員が、

先日ポスティングに出ていました。

即、

警察を呼ばれています。

身内のことなんでジョークになりましたが、

これが実態です。

ただ、

知り合いの介護施設で聞いた、

生の声は、

「言葉の不安があって最初は日本人に世話してもらいたいと思ったけれど、
実際にケアを受けると、丁寧だし、仕事ぶりにも大変満足。なんなら、日本人より優しいかも」

というようなもの。

怖いのは、

彼らではなく、

彼らを怖いと根拠もなく決めつける日本人なのでは?

戦後、

外国の人を見るだけで指をさして、

「外国人がいるよ!」

なんて時代がありました。

今も、

本質的なところは変わっていません。

繰り返しますが、

慣れていないんです。

私が思う結論、

どんどん入れればいい。

そうすることでしか、

ダイバーシティーになんか慣れません。

どうでしょうか?

みなさんはどう思われますか?


迷走気味で、

今夜も着陸ポイントを見失いましたので、

ここいらで強制終了ですw

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしく御願いいたします。


続きを読む”外国人労働者”

2015年6月15日

強育論

2015年6月12日 18:30

DSC_1247.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「強育論」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
本日は、
次年度プリスクール入園説明会が行われました〜。

お忙しい中お越し下さったみなさん、

本当にありがとうございました。

たくさんの施設がある中で、

WOODSTOCKヲ見つけてくださったことに感謝しますし、

実際に足を運んでくださったことに、

心より御礼申し上げます。

ありがとうございました!!

ただ。。

いやぁ〜。

なんか暑かったですね〜今日は。

このまま右肩上がりで気温さんに上昇でもされた日には・・・

始まってもいない夏の終わりを願ってしまう今日この頃です。

巻き戻し。

説明会では、

しゃべり倒してしまいました・・汗。

質問もっとしたかったのに〜。。。

なんて保護者様につきましては、

たいへん横着ですが、

お電話いただくか、

メールを頂戴するか、

はたまた、

また遊びに来てください。

願書の受付は、

もうしばらく先ですが、

ぜひ観覧にも来られて下さいね。

なんといってもWOODSTOCKは、

「日本で最も園内の様子が分かる・伝わる園作り」

が特徴の施設ですから!

最後に。

会の終わりでもふれましたが、

受験業会では定説となってきた

「やらせ過ぎ」

の件。

小3から塾に毎日のように通い、

家庭教師もつけ、

毎晩深夜まで勉強させたのに、

うけた学校全部に不合格。

そりゃそうです。

そんな生活していたら、

おっこちるに決まってます。

燃えつきますし。

子供は家畜じゃないんだから。

こんな当たり前の結果が想像できなくなったら、

私も教育会を離れようと思います。

学習量が不足していたから受からなかった子より、

やりすぎてるから受からない受験生が増えるという妙な時代。

大学受験しかり。

高校受験しかり。

英語もそう。

なんだって、

「過ぎたるは及ばざるが如し」

です。

教育であるべきところが、

いつの間にやら、

「強育」

になっていやしないか。

アンテナ張りながら、

子供達と接していきたいですね。

あ。

わたくし、

WOODSTOCK立ち上げ前は、

塾業界に居たんですw

またそっちの話もおいおい。

はい。

ややこしくて、

蛇行運転気味なツイートは今夜もこのあたりで。


今週もありがとうございました!
あ!
まだ明日もありました!
土曜保育メンバーはSee u tomorrow !!
休みにはいるグループの皆さんにつきましては、
素敵な週末をお過ごし下さいね。
Have a nice weekend !!!

続きを読む”強育論”

2015年6月12日

小学校

2015年6月11日 21:13

DSC_0904.JPGこんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「小学校」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今日の夕方、
霧の島に浮かぶある種天空の城と化した、
APU大学さんに遊びに行ってきました。

キャンパスは、

フィリピンウィークの真っ只中。

小雨落ちる中ではありましたが、

活気に満ちた、

相変わらず居心地のいい空間でした。

目的は。。

何やかんやの為です。

ちょっと今夜は濁しますね。

いろいろと、

事務方のトップの方とお話をしてきましたが、

やはり思うのは、

この大学をもっと県として活用していかないと、

本当の意味での、

「宝の持ち腐れ」

になるなぁということ。

わたしも遠慮せずに、

県外出身者だからこそできるアプローチの仕方で、

意見の出し方で、

関わっていきたいと思います。


↓jump↓


いろいろとお話をさせて頂き、

また聞かせてい頂きましたが、

また、

「小学校設立」

の話になりました。

何でも、

APUの職員さんを雇う際に、

ひとつネックとなっているのが、

この県には、

「インターナショナルスクール」

がないという事実。

外国出身の子供が通え、

英語で学べる小学校がないということ。

たったこれだけのことで、

優秀な人材の採用を諦めてきた事例がいくつもあるそうで。

そこで、

WOODSTOCKが文科省とやりとりをしてきた経緯を伝え、

それに対して投げ返された返答のひとつが、

「福岡あたりのインターナショナルスクールの分校を作る」

という案。

また、

県内在住の外国籍のご夫婦のお子さんを、

ある程度、

ひとところの学校に意識的に、

意図的に集めて、

民意を動かすという案。

ふむふむ。

どちらもおもしろいと思いました。

みなさんはどう思われますか?

↓jump↓

おおいたをえいご県にする為に、

勝手にガチャガチャしている訳ですが、

思いの外賛同者さんが多いこと。

また、

この土地の強みはえいごであるという考えを持っている方が多いこと。

こうしたことから言えるのは、

スクラム組んで歩みを続ければ、

やがて雨が石をも穿つ日がくるはずであるということです。

その為にも、

司令部WOODSTOCKノ内容の充実を日々進め、

変わり続けることから逃げずに、

時にみなさんを煙に巻きながら、

インパクトのある活動を続けていきます。

ということで(?)、

明日は次年度入園説明会です。

変わり者の園長が先頭切って園の魅力を語ります。

来園予定の皆様、

どうぞお手柔らかにお願い致しますw


それでは今夜も迷走途中で投げ出します。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”小学校”

2015年6月11日

夏のイベント

2015年6月10日 19:12

DSC_0586.JPG
こんにちは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「夏のイベント」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKインターナショナルプリスクール主催の夏のイベント、

「Summer School15' 英語で過ごす特別な4日間」

「WOODSTOCK夏休み特別クラス」

の2つについて、

お知らせがスタートしています。

ブルーの表紙がキャンプがらみのサマースクール。

赤い冊子が14日間の長丁場イベントについての案内です。

今年からは、

満を持して、

初めて外部の生徒さんも受け入れます。

その為、

コース選定テストを設けさせて頂きました。

適性をみさせて頂き、

ひとり一人が心地よく受講できるように、

サポートしていきます!

定員に達し次第締め切らせて頂きますので、

予めご了承下さい。

・・・・・。

いずれにしても、

県内最大規模の英語イベントとなります。

大分県を英語県に!

やがては英語圏に!

旗持って先頭突っ走っていかないといけませんから、

率先垂範の意味でも、

インパクトのある行事にしていきます!

巻き込み巻き込み運動していきますので、

みんなでみんなで楽しみましょう〜!


では今夜もこのあたりで。
それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

P.S. 火曜から配布が始まっています。卒園生諸君のお宅にも、
できるだけ届くように発送しています。今しばらくお待ち下さいw

続きを読む”夏のイベント”

2015年6月10日

Skypeで授業

2015年6月 9日 20:28

DSC_0545.JPGこんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「Skypeで授業」です。
良かったらお付合い下さい。

WOODSTOCKインターナショナルプリスクールは、

「えいごで生活する保育園」

です。

授業ごとにえいごの先生が教室を行き来します。

工作

理科

体育

ロールプレイ

カランメソッド

月間テーマ

フォニクス

リトミック

ワークブック

こんなような科目をこつこつと、

たくさんの笑いと共にこなすキッズ諸君。

先日視察にお越し下さった他園の先生方にも、

「授業内容が深いですね〜w」

とお褒めの言葉を頂戴いたしました。

しかもこれらをえいごで吸収していくわけです。

大したものですよね。

子供って凄い。

本当に思います。

ただ、

これは何も特別なことではなく。

川がある村で育ったこは泳ぎが得意で、

川がないエリアで幼少期を過ごした人が、

比較的泳ぎが不得意だったりするのと同じ理由。

つまり、

「環境がすべて」

なわけです。

はやく、

えいごが話せることが特別なことでなくなるといいなぁと、

毎日毎分感じています。

そんな中、

スクールの授業に、

「Skype英会話」

を取り入れることにしました。

頻度や方法はまだ調整中ですが、

IT教育の重要性がうたわれるようになり、

デジタル教科書の導入も文科省で始まりました。

えいごは当然のこと重要。

ネット関係に慣れておくことも、

これからの時代同様に大切ですよね。

実際に、

卒園生を中心に、

オンライン英会話Flip it!にて、

たくさんの子供達が、

日夜えいごの勉強に励んでいます。

園児達にも、

オンライン学習を身近に感じてもらいたいですし、

他国とライブでつながれた授業も、

貴重な経験になり得るかなと思います。

↓  jump  ↓

さて、

WOODSTOCKヲ運営するスタッフは、

私を筆頭に、

「動きながら考える集団」

です。

考えて、

悩んでいる暇があったら、

足を踏み出すことを常日頃から意識しています。

問題解決しながらであっても、

歩みをとにかく進めます。

そうすることでしか、

ない得ないこともありますし、

なにより、

変わり続けることでしか、

私たちのようなボリュームの会社は生き残れません。

ミッションは、

日本人のえいごスキルをひきあげること。

直接的に、

時に間接的に。

ですから、

一週間も園を休んでいると、

浦島太郎になりますよw

私たちのスピードに、

ついてきてくださいね!

みなさんはどう思われますか?

それでは本日もこのあたりで。

今日もいろいろとありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願いいたします。

追記:本日より、「WOODSTOCK夏休み特別プラグラム」の資料配布がスタートしました。
ご不明な点がございましたら何なりとお尋ねください。一緒にイベントを楽しみましょうw


続きを読む”Skypeで授業”

2015年6月 9日

えいご県

2015年6月 8日 18:23

IMG_4675.JPGこんにちは!
いつもお世話になります。

今日のテーマは「えいご県」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKが秘密裏に進めているプロジェクト。

その名も、

「大分県をえいご県に!プロジェクト(未だ仮名)」

いかがでしょうか?

ロゴをつけて、
平仮名にして、

大分県は温泉県という「商標」を得たわけですが、

もっとインパクトがあって、

「ふむふむ。それならウチも異議なし!」

と全面的にかつ全国的に認めていただける可能性のある、

「えいご県」

に。

これ・・・ 進めています。

まだ今の所、

水面下でこっそりコソコソ忍者りパンパンですが、

他のえいご人を巻き込んで、
チームで動いていきたいと思います。

シンガポールに人も物もお金も教育も集まっています。

日本は指をくわえて見ているだけでいいんでしょうか?

ちっともよかないんです。

ということで・・。

大分生まれでもない私が、

しがらみがないからこそできるスタイルで。

えいご県化にむけて動いていこうと思います。

日本=アジアのハブ奪還へむけて。

まずはここ大分から!

頑張ります!

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

蛇足:昨日はOBSさんラジオ番組「もっとあなたとカラフルパレット」に呼んで頂きましたw
松崎さん、佐々木さん、古田さんありがとうございました。
応援(?)に来て下さったも皆さんありがとうございました〜!
*今回のことは「誰にも言うんじゃないぞ!」と、
同僚には口止めしていました・・が漏れていたようで 笑
次回またこういった機会がありましたら、
正面きって告知してみようと思います。

続きを読む”えいご県”

2015年6月 8日

土曜保育と英語検定

2015年6月 6日 15:59

DSC_0306.JPG
こんにちは!
いつもお世話になります。

今日のテーマは「土曜保育と英語検定」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
本月度より、
WOODSTOCKでは、

「土曜保育」

がスタートしました。

年々、
共働き率も上がってきて、
ニーズが生まれてきたこと。

また、
ふだんとは違って、

「縦割り」

の中で異年齢のお友達と過ごすことで育まれることを大切にしたいという想い。

小さく生まれたこの試みを、
大切に扱っていきたいと思います。

そして、
同日の今日、

英語検定が実施されました。

準指定会場ということで、
なつかしい面々も爽やかに登場。

おかげで晴れやかな、
気持ちのいい土曜になりました。

結果は。。。

子供達に聞いてみて下さいね。

これまで、
近隣の高校さんまで足をのばしていたちびっこ諸君にも、
気軽にテストを受けてもらえるようになりましたので、
どしどし利用・活用して頂きたいと思います。

ちなみに、
明日は、

「全国一斉模擬テスト」

が開催されるようですね。

参加される子供達。

楽しみながら頑張ってください!

応援してますw

それでは本日もこのあたりで。
ありがとうございました。
月曜からもどうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む”土曜保育と英語検定”

2015年6月 6日

雨にまつわるエトセトラ

2015年6月 5日 19:03

DSC_0120.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「雨にまつわるエトセトラ」です。

良かったらお付合いください。

さて、
世の中梅雨入りということで・・。
今日は、

「雨にまつわる英語」

を紹介させて頂きます。

まずは、

「水たまり関係」

です。

??Don't get in the puddle.
→「水たまりに入らないよ〜!」

??Don't jump in the puddle.
→「お願いだから水たまりに飛び込まないで〜!」

どうでしょうか?

お次は、

「傘関係」

にいきましょう。

??Don't swing the umbrella.
→「傘を振り回さないで〜!」

??Don't poke each other with umbrella.
→「傘で突っつき合わないよ〜!」

やんちゃなお子さんに向けて伝えてみたい英語ですね。

最後は意外に使えるフレーズシリーズです。

??It's sideways rain.
→「横なぐりの雨ダァ〜。」

??I really like smell rain.
→「雨の匂いが本当に好きなんです。」

??It's so hot. I hope it rains.
→「ホントに暑い!雨降んないかな〜。」

??Mom, there is a snail.
→「ママ〜!カタツムリ!」

この梅雨シーズン。

どしどし使って親子で英会話楽しんでくださ〜い!

↓ jump ↓

まったく別の話へ。


タブレット端末などで使用される、
児童・生徒用の、

「デジタル教科書」

について、
文科省がようやく重い腰を上げ、
正式な教科書として導入するかどうかの検討を始めたようです。

これが、
学校の授業方法の見直しにばれば。。

なんてこっそり期待している今日この頃です。

WOODSTOCKでも、
端末使った授業がそろそろ必要かなぁ。


それでは今夜もこのあたりで。
今週も本当にありがとうございました。
楽しかったです!
来週もどうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む”雨にまつわるエトセトラ”

2015年6月 5日

日本語クラス

2015年6月 4日 22:19

DSC_0784.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「日本語クラス」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKインターナショナルプリスクールは、

「英語で生活する保育園」

です。

ですが、
大分県の場合、
都心部とはちがって、

「英語の小学校」

つまり、

「インターナショナルスクール」

はありません。

ですから、
卒園生のほとんどは、

「日本語で学び・生活する小学校」

に進学します。

だから、

一年生からは、

「日本語及び日本で生きていくためのモラルやマナー」

を求められながら、
また学びながら暮らしていくことになります。

ということもあり、

私どもの施設においても、
年長さんの一年間は、

「日本語クラス」

と向き合っていきます。

これの頻度は週一回一時間。

習い事のようなペースで、

様々なことにふれていきます。

毎年、

この科目についても見直しをして、

プログラム及びカリキュラムを進化させてきました。

今夜はいい機会なので、

この日本語クラスの大筋を紹介させて頂きます。

柱は三本です。

一つ目は本。

二つ目は音楽。

三つ目は礼儀とマナーです。

では簡単に掘り下げます。

一つ目の「本」ですが、

読み聞かせと捉えて頂いていいかと思います。

インターナショナルスクールで暮らす子供達にとって、

桃太郎や浦島太郎、

サルカニ合戦や舌切り雀といった、

かなりメジャーな昔話であっても、

「非日常」

であったりします。

なんとなく絵は見たことはあるけれど、

物語自体は知らなかったり。

大筋は何となくわかる気はするけれど、

情報が交錯していたり。

こうしたものを補完するための時間です。

二つ目の音楽ですが、

これも同様に、

「リズムは聞いたことはある。でも歌詞は知らない・・。」

こんな具合です。

例えばあかとんぼ。

日本人が大人になっても持ち続ける原風景を形作ってくれる、

そんな一曲だと思うのですが、

プリ出身の子は知らないでスルーしてしまう可能性も。

私も、

コーネリアスと三波春夫さんコラボの赤とんぼなどは、

未だに大好きで繰り返し聴いているぐらいです。

夕焼けをみると自然に望郷にかられたり出来るのも、

こうした「うた」にふれてきたから。

こんなものを大切にしてあげたいと思うんです。

日本で育ったからこそ持ち得るアイデンティティー。

これだけは手にしてほしいから。

はい。

三つ目。

礼儀とマナーについて。

日本の小学校に上がった際に、

求められるのはこうした部分。

よく聞くのは、

日本の小学校では呼び捨てはせず、

「〜くん。〜さん。と呼びましょう。」

というような類。

ただ、

これも同様に、

プリ出の子には、

「なんで?どうして?」

となるんです。。

また、

言語はその人を形作っていく一つの要因なわけですが、

象徴的なのは、

意見する頻度や姿勢です。

英語で育つと、

ほとんどの子が積極的な性格にたどり着きます。

すると、

日本の学校で、

日本の幼稚園や保育園で育ってきた子たちと比較すると、

「あいつ。。めっちゃ意見するな〜。挙手の回数半端ない・・。」

みたくなるわけです。

しまいには、

「空気読みましょう〜。」

なんて言われることもあるとかないとか。

出る杭はなんとか。。

そんな社会構造がまだまだ根強いので、

頭の固い指導者にあたるとそんな悲劇にもみまわれるようです。


↓   jump   ↓

いつも思うのですが、

幼少期に身に付けたい素養でおおきな柱は次の三本。

??豊かな感性・感受性

??モラルやマナーを守ろうと思える気持ち

??知識と感動をたっぷり入れられる器

こんな風に思います。

バイオリンを弾くための技術よりも先に、

その曲を弾きたいと思える感受性。

社会に出た際に、

他人との関係を円滑に進めていくための距離感や伝え方のベースとなるモラルやマナー。

そして、

IQ・EQを支える入れ物の大きさ・深さです。

特に最後の器については、

もっと日本の幼児教育会から、

学校現場に、

家庭に、

地域に、

その重要性を発信していくべきだと感じています。

中学受験や、

高校受験・大学受験の時期になれば、

否が応でも詰め込むわけです。

いくらリベラルアーツ教育の重要性がうたわれるようになってきたとはいえ、

日本の教育のあり方は、

そうそう急には変わらないでしょう。

まだまだ、

知識詰め込み偏重型の時代は続くでしょう。

けれど、

こんなものはあとあとやればいいんです。

それよりも、

幼少期にするべきことは、

いれものサイズをひろげること。

できるだけおおきなバッグを持してあげることだと思います。

いかがでしょうか?

こんなところをベースにして、

WOODSTOCKの日本語レッスンのカリキュラムは作られています。

ちょっとだけでも、

興味を持っていただけると嬉しいです。

それではかたっくるしいツイートもこのあたりで。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む”日本語クラス”

2015年6月 4日

透明性

テーマ:
2015年6月 3日 19:14

DSC_0315.JPGこんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「透明性」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
只今WOODSTOCKインターナショナルプリスクールでは、

「毎日誰か彼か参観(仮名)」

が行われています。

今月から、

毎日保護者さんが園内にいる、

というあれですw

「地域でもっとも透明性が高い施設」

を目指しての試みであると同時に、

「所有からシェアへ」

とパラダイムがうつりゆく時代の流れにそった施策でもあります。

形上、

施設の長である私が言うのも変ですが、

WOODSTOCKの職員たちは、

「いつもいつでも全力投球」

です。

だからです。

そもそもこれは彼らを一番側で、

また、

もっとも厳しい批判的な目を向けている私が感じていたものですから。

「ねぇ。そんなに毎日一生懸命なんだから見てもらったら?もったいないと思うよ。」

ということで、

始動とあいなりました。

しばらくは、

不手際等もあり、

ご迷惑もおかけするかと思いますが、

よろしくお願いいたします。

子供達の様子をご覧いただくとともに、

職員たちの姿もみてもらいたい。

結果、

「WOODSTOCKッてきっと日本で一番中で起きていることが分かる園だよね〜。」

そんな声を聞けるように。

頑張ります。

職員さんたちは大変でしょうけど 笑

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

追記:今月12日から始まる「入園説明会」ですが、
駐車場等の兼ね合いもあり、ご都合を伺いながら日程を振り分けさせて
頂いています。どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

続きを読む”透明性”

2015年6月 3日

テーマ:
2015年6月 3日 19:11

私塾の変化

2015年6月 2日 19:49

DSC_0182.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります、

今夜のテーマは「私塾の変化」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
2日の経済新聞にこんな記事がありました。

「河合塾グループ、日米英語学院買収!」

ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

さぁ、
やはり始まりましたよ〜w

いよいよ大学入試の変化に対応して、
大手私塾が動き出しました。

TOEICなどの英語検定試験を大学入試に活用することが決まり、
これに対応をせまられる私塾が右往左往。

ノウハウがないところは、
あっちうろうろ、
こっちうろうろ。

買収ゲームの幕開けです!

そりゃそうです。

これまでは、

「読み」「書き」偏重気味の日本テスト業界。

それがある日をさかいに、

「やっぱりあっちに進むことにしました!」

とお上からの通達。

さぁ何がどんなことになるのでしょうね?

のんきな私なんぞは今から訪れる変化の様が楽しみで仕方ありません。

いっつもツイートしていますが、

英語と英会話は別科目と考えましょう。

テストで点を取ればいい科目。

これが「英語」で。

人とコミュニケートするうえでの手段。

それが「英会話」です。

英語は丸暗記大大会。

英会話は体で慣れていくイメージ。

いずれにしても。

2020年のその瞬間。

何が起きるのか?

注目していきましょう〜w

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました!
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む”私塾の変化”

2015年6月 2日

英語無理=病気?

2015年6月 1日 17:51

DSC_0084.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「英語無理=病気?」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
姉妹チームFlip it!担当のエンジニアさんと、
打ち合わせをしていてこんな話になりました。

「英語を話せないことを、一種の病気と仮定すると話がいろいろとスムースに伝わるような・・。」

以下は、
ただいま更新中のHPのとあるバナーの向こう側です。

↓ jump ↓


「英語が話せない」ということを「病気」だと仮定します。
そうなると、私たちは「ドクター」であり、生徒の皆さんは「患者」ということになります。方法は大きく分けて2つ。

?入院

?通院

ということになります。

「入院」はイメージとしてはセブ島などへの英語留学でしょう。

Flip it!が提案する環境はどちらかというと「通院」に近いかと思います。

では私どもが皆様に提供差し上げられるサービスは、以下のようなものです。

?具体的なゴールやビジョン、目標などのヒアリング

→病気が完治したらどんなことをしたいのか?

旅行に行きたいのか?

思いっきりスポーツがしたいのか?

これと同様に、

英語を使ってどんなことをしてみたいですか?

「仕事」に活かしたいですか?

海外旅行を楽しみたいですか?

TOEFLの特典UPが目標ですか?

?生徒様の現状把握

→私どもは皆様の「病気」を治すために、生徒様の症状を把握する必要があります。

骨粗鬆症なのか?

糖尿病予備軍なのか?

それともただの風邪なのか?

カウンセラーが生徒様一人ひとりの現状把握を行います。

?使用教材の選定やカリキュラムのご提案

→把握作業の後は、実際に「治療」を進めていく為の手段や、投与させて頂く薬の種類や方法を決定・提案させて頂きます。必要な治療方法は一人ひとり異なります。

こうした個別対応が可能な点も、FLip it!の特徴です。

↓ jump ↓

いかがでしょうか?

お子さんがインターナショナルスクールに行っている間に、

ママは自宅でオンライン英会話。

時代って。。。

変わりますよね〜w

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む”英語無理=病気?”

2015年6月 1日