WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2015年7月 | メイン | 2015年9月»

ベストツーリスト

2015年8月31日 23:08

DSC_0743.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ベストツーリスト」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
唐突ですが、
皆さんは、
エクスペディアをご存知でしょうか?

アメリカはワシントン州のベルビューに本社を置く、オンライン・トラベル・エージェンシーのことで、

ホテルズドットコムや、
トリバゴなど、
日本でも知名度の高いサービスも数多く展開している、
まさに世界有数のグローバル企業の一つです。

黄色いフラッグの中央に、
くり抜かれた青空のような窓。
そこを飛ぶジェットのデザイン。

最近ではあちらこちらで目にします。

ピンときますでしょうか?

んで。。

このエクスペディアが、
毎年、

「エクスペディア・ベストツーリスト」

という、

言ってみれば、

世界中の旅行者の中でどの国からのツーリストが最良のお客様か?

というような調査結果を発表しています。

これ、
世界のホテルのマネージャーに対から回答を集めるのですが、

そうなんです。

御察しのように、

もう何年も連続でベストツーリストに選ばれているのは、

日本人なんですよ〜〜w

どうでしょうか?

悪い気はしないですよね。

調査はアメリカやヨーロッパはもちろん、
アジア太平洋の地域別で集計され、
日本人はすべてのエリアで一位に選ばれているんです。

以下は気になる理由です。

↓ jump ↓

素行がいい。

礼儀正しい。

部屋を綺麗に使う。

騒がない。

クレームが少ない。

という形で、
いくつもある項目でダントツのトップということです。

いかがでしょうか?

これからさらに国際化が進み、
たくさんの日本人が世界に出て行く訳ですが、
ダイバーシティに慣れ、
グローバルな姿勢を身につけながらも、
こうした現時点で世界中から評価をされている強みは、
忘れることなく、
世代を超えてバトンリレーしていきたいですね。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。


続きを読む”ベストツーリスト”

2015年8月31日

フォルマント周波数

2015年8月28日 19:00

DSC_0487.JPG
こんばんは!

いつもお世話になります。
今夜のテーマは「フォルマント周波数」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
日本語英語に限らず、
子音や母音といった音楽の特徴を表す波形の周波数帯のことを、

「フォルマント周波数」

と言いますが。。

どこかで聞かれたことがあるのではないでしょうか?

わかりやすく、
だいたいで説明してしまうと、

FMのJ-Waveは81.3で、
FM fujiが83.0みたいな。

聴きたい番組をながしたい際には、
チャンネルを変える必要がありますが、

これと同じで、

日本語の周波数は、
例えばですが、

78.4で、

英語は、

82.7なので、

これもやはり、

聞き取ろうとすると、

SEEKボタンを押す必要があるのです。

理想は、

オートチューニングなのですが、

最初から多機能とはいかないので、

はじめは、

日本語の周波数に合わせてチューニングされているアンテナを、

英語の周波数に合わせてあげないといけないんです。

理屈的には。

昔から言われるのですが、

これは、

3歳くらいまでは、

人間誰もが自然と出来るそうです。

ただ、

ひとつの言語環境で育つことで、

このシステムがこわれてしまうということ。

もったいないですよね。

オートチューニングまでもっていくには、

英語をどれだけ聞いたかに比例します。

だから、

洋楽を聴き続けることに意味はありますし、

先日もふれたPodcastのようなものを活用して、

身の回りにいっつも英語の音を置いておくという作業は、

効果的なわけです。

プラス、

大人になってから聞く初めての言語に対して、

なかなかどうして難しさを感じてしまう理由もこのあたりにあって、

仮に、

子供の頃に、

音だけでも慣れ親しんでおくと、

なんか馴染みあるわぁこれ。

となり、

スタートのハードルが随分と下がることにもなるようです。

ちょっと参考になると嬉しいです。

「へ〜。。」

で終わらず、

実行にうつしましょうねw

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”フォルマント周波数”

2015年8月28日

アジアにおける英語

2015年8月27日 21:54

DSC_0370.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「アジアにおける英語」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
現在、
夏休みということで、
WOODSTOCKの卒園生やアフタースクールの生徒さんを対象に、
特別プログラムが行われています。

ここに対して、
ネパールやパキスタン、スリランカやシンガポールといった、
アジアの先生達が日夜汗をかいてくれています。

彼らはみな非常に優秀です。

具体的にどこが、
というと、

テーマを提示して、
ゴールを示してあげるだけで、

こちらの意図するところを正確に読み取り、
思いを形にして、
さらにここにオリジナリティを加え、
自分たちが意欲的に取り組めるような、

「遊び」

をも作り出しています。

それに、
なにより非常に、

「まじめ」

です。

それこそ、
20、30年前の日本人に見られたような種の、

「勤勉さ」

が見受けられます。

真摯にことにあたるべし。

こんなことも考えさせられるほどです。

今、
毎朝オフィスで彼女・彼らと顔を合わせますが、
最近また考えさせられたのが、

英語というのは、
私たちアジア人にとっては、
やはり、

「英語圏以外の人にとっての第二外国語」

であるということです。

みな、
母国語ではないそれぞれ癖のある、
英語を話すのが普通なので、
文法が正確ではなかったり、
発音が下手だ上手だといような話は全く意味をもちません。

「ねぇ、アジア人の英語についてどう思う?」

と聞くと、

「MONOCLEやインターネットラジオやBBCを聴くと、
いろいろなアクセントがあることが当たり前だと思えるし、
思いや考えを伝えられて、相手の意図するところを読み取れればそれで十分」

と、
こちらが拍子抜けするくらい、
シンプルに考えています。

だから、
かれらは英語はさっさと卒業して、
日本語の勉強に時間を使ったり、
中国語やスペイン語だとかに進んでいっています。

こうした会話からみえてくること。
それは、
日本人は、
もっと割り切って、

「英語を話す時は別人格を演じる」

くらいの感じでラフにかまえ、
びびらずに、
自信をもって主張することが大切だ、

というようなことです。
短い言葉で、
ストレートに、
シンプルに。

立場や意見、アイデアを伝えましょう。

最後に。。

ただ、
彼らもきちんとというか、
やはりというか、
未だに英語の勉強はコツコツ続けています。

発音の上達や、
文法的なスキルアップは、
相手への気遣いにつながる、
というアプローチでしょうか。

CNNやBBCを短い時間でもいいので毎日聴いたり、
Podcastを利用したり。

移動時間の電車の中では、
必ずオーディオ教材に時間を割いたりと。

隙間時間を計画的に使えば、

時間がないなんてのは言い訳にしかなりません。

「英語を使わないという選択肢などもはやない」

と覚悟を決め、
丁寧に学びを積み上げたいですね。

みなさんはどう思われますか?

今夜は、
アジアにおける英語近辺について、
ツイートしてみました。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”アジアにおける英語”

2015年8月27日

OITA SPEAKS

2015年8月26日 19:49

DSC_0216.JPG
こんにちは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「OITA SPEAKS 」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今年の年末前の、
12月13日に、

英語を第一言語としない国出身の小学生〜大学生さんを対象とした、

「学生による英語スピーチコンテスト」

が大分市で行なわれます。

まだ正式な告知開始前なので、

不公平にならぬよう、

詳細については私も聞かされていませんが、

各部門の参加者人数の上限は15名(状況によっては予選会あり)ということ。

なんでもトピックからテーマを選択して、

制限時間の中で、

構成などを考えながらスピーチする必要がある、

ということです。

詳細はまだ未定のようですが、

県外の学生さんにも声をかけるとか。

どんなイベントになるのか・・。

私個人的にもとても楽しみにしています。

このイベント、

WOODSTOCKインターナショナルプリスクールも、

協賛させて頂くことになりました。

何でも、

そうそうたるメンバーが審査員として登場されるようで。。。

どんな雰囲気になるのでしょうか?

学生版TEDトークのようになるのか否か?

どうでしょう?

みなさんのお子さんも。。

この冬。

大分の英語界を沸かせてみませんか?

Heroはブログの前の君だ!

なんちゃってw


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”OITA SPEAKS”

2015年8月26日

まさに真逆

2015年8月21日 18:51

DSC_0668.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「まさに真逆」です。
良かったらお付合い下さい。

今夜は英語の話ですよ。

ダイエットのお話ではございませんw

さて、

よく英語を話せるようになる過程は、

自転車に乗れるようになるプロセスに似てる、

なんて言われます。

聞かれたことはありませんか?

どういうことか。

ザッパかもしれませんが、

「習うより慣れろ」

という点で、

かなり近いと思います。

自転車に乗れるようになりたい!

と言っている息子くん・娘さんにむけて、

「い〜い小太郎。自転車ってのはね、乗り手自身の人力を主たる動力源として車輪を駆動することで・・・」

とかなんとか説明しますか?

しないですよね〜w

たいていは、

後ろから支えてあげて、

そっと手を離したり、

補助輪をつけて最初は感覚をつかませたり。

文字通り、

体で理解する!

って感じ。

みんな、

転びながら、

時には近所のお兄ちゃんとかの真似をしながら、

膝に擦り傷なんかを作りながら上達するわけです。

英語も基本的にはこれと同じです。

理屈なんかをがしがしつめこんだら、

話せるもんも話せなくなります。

ルールだけが増えて。

規則に縛られて。

で、

できないもんだから、

自己嫌悪に陥って、

自信喪失の負のスパイラル〜

ぐるぐるぐる。

あとは落下するだけ転ぶだけ。


いかがでしょうか?


最初にしなくてはいけないのは、

「英語に対する抵抗を取り除くこと」

次に、

「瞬発力」

をつけこること。

最後に、

「ルールを知る」

こんな順番が正しいんです。

英語で溢れかえっている場所に出入りし、

普通のこととして慣れさせてあげて、

どんどんコミュニケートして対応力というか、

瞬発力を身につけて、

最後に整理する意味合いで、

文法だとか何だとかをやればいい。

だから、

真逆なんです。

日本の英語教育は。

ただ、

そろそろみなさんこれに気付き始めました。

いくらなんでも費用対効果が低すぎる。

わりと近所でも英会話に通っている子は多いけど、

話せる子なんてわたし存じ上げませんが・・w

みたいな。

このあたりですね。

もうすこし浸透させていかねばならない考え方は。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
素敵な週末をお過ごし下さい。

続きを読む”まさに真逆”

2015年8月21日

なぜ痩せたのか?

2015年8月20日 20:07

DSC_0123.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「なぜ痩せたのか?」です。
良かったらお付合い下さい。

あの。

今夜は。

英語とは関係ありません。

ですので、

痩せたいなぁという方だけ、

今夜はお目をお通しください。

さて、

WOODSTOCKの園児さん及びアフタースクールの皆様は、

私の顔を見れば、

最近、

「なぜ痩せたのか?」

こんなことしか質問してくれません 笑

ですので、

非常に簡単ではありますが、

今夜は、

昨年の運動会直後からの約10ヶ月で、

どのように16~18キロを落としたのか?

こんなことをツイートします。

↓ jump ↓

きっかけは、

運動会でした。

まぁ、

体が重い。

不摂生がたたり、

運動部に在籍していた高校の頃と比較しようもんなら、

目も当てられないレベル。

同窓会に行けば、

「誰?きみ。。」

のレベル。

いい加減決心をしないと。。

ということで。

来年の運動会までに、

10キロは落とすと決めて、

私なりにミッションをスタートさせました。

個人的な決め事は、

「やり出したら途中では投げ出さない。」

この一点。

そして、

自分で決めたこの決め事を死守するために掲げたテーマは。

「無理は続かない。だから運動ゼロ。過度な食事制限もゼロ」

という、

「ゼロゼロダイエット」

でした。

まず取り組んだこと。

意思だけでは何ともなりそうになかったので、

知識から入って自分をマインドコントロールするところからでした。

そうですねぇ。

50冊程度は、

ダイエット関係の本や、

糖質についての専門書や、

医学書なんかを読み漁りました。

今振り返れば、

ここがすべてだったように思います。

それまでは、

スタイルがいい人々から飛んでくる、

馬に念仏のようにしか聞こえてなかった数々の具体策の意味が、

きちんと理解出来たんです。

「なるほどね。だからか。そうかそうか。ふむふむ。」

ただ、

あれもこれもあげてもキリがないので、

私なりに、

私が体重を落とすうえでは効果的であった、

具体的な活動を5つだけ。

*私は医師の免許を持たない素人です。あくまで参考程度にお読み下さい。

1:野菜から食べる。

→いわゆる食べ順というやつですね。

体内に食べ物を入れた際に、

血糖値があがります。

これを抑えるために、

分泌されるのがインシュリン。

この中に含まれるのが脂質。

こいつが体を膨張させます。

だから、

血糖値の急激な上昇を抑えることで、

この脂質くんの出を緩やかにできるわけです。

だから、

血糖値をゆるやかにあげる為に口にいれてあげたいのが、

GI値の低い野菜ということになります。

胃に膜をはるという意味では、

乳製品も悪くないのかも。

2:レコーディング

→これは有名ですよね。

やり始めるとすぐに分かったのですが、

いかに食べなくてもいい時に口さみしいだけで食べてきていたのか。

明日の自分をつくるのが食べ物のはずなのに、

いかに何も気にせずに欲求だけにまかせて食していたか?ということ。

そして、

食べたものの横にカロリーを記載していくのですが、

やり続けると、

世の中のすべての食べ物・飲み物が、

「数字」

に見えてきます。

棚に陳列されているのは、

食物ではなく、

記号になってきます。

いいのかわるいのかという問題はさておき・・・。

3:体重計に朝・晩二回は必ずのる。

→まずはおのれを知るところからですね。

これやっぱり大事かなぁ。。

4:食べ代え

→ラーメンではなくて蕎麦を。

白米ではなく玄米を。

フランスパンではなくライ麦パンを。

パスタは乾麺ではなく全粒粉で。

じゃがいもよりは里芋やさつまいもを。

みたいな感じです。

GI値が低いもので代用させる感じ。

5:たまには好きに食べて呑む。

→ストレスためたら続きません。

また、

友人と食事に行っているのに、

「おれはダイエット中だから・・」

これでは相手にも失礼です。

過度な我慢は失敗のもと。

ほどほどに・・が案外大事だったりします。


とまぁ。

基本的なところはこんな感じです。


痩せてみてやっぱり。

疲れにくくなりました。

以前は、

園の事務所で作業していても、

6時を回る頃にはクタクタだったのですが、

いまはちゃんちゃらへっちゃらです。

ですので、

仕事しすぎないように、

セーブをかけるくらいです。

また、

朝が楽ですねぇ。

二度寝どころか、

アラームを10分間隔でひたすらセットして、

八度寝くらいが普通でしたが、

いまは、

アラームが鳴る前に起きるようにもなりました。

体調もすこぶる好調で、

なんか。。

いいことずくめです。

みなさんもどうですか?

*今夜のブログは、その都度返答するのが面倒になってきたというのが半分(笑)、
もう半分はリウンド防止策です。
こんなことを書いて、
数ヶ月後に戻っていたら恥ずかしいので・・・。
ここいらでサイド兜の緒をしめたいと思います。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。


続きを読む”なぜ痩せたのか?”

2015年8月20日

飲食店メニューの英語化

2015年8月19日 19:36

DSC_0399.JPGこんにちは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「飲食店メニューの英語化」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKの母体は、
Answer Co.,Ltd.という名前の器です。

このアンサーは、
簡単にいうと、

「英語屋集団が所属するサークル」

のようなものです。

英語に関する事業やプロジェクトを、

一手に引き受け、

担当者が責任をもってそのプロジェクトを進めています。

たくさんの、

実に様々なご依頼や提案を頂戴するのですが、

最近特に増えてきた、

特徴的なアプローチは、

「うちのレストランのメニューからマニュアルまで、ぜんぶ英語にして下さい。」

というようなものです。

別府市からのメールが多いです。

理由は。

外国からの観光客の増加。

外国から県内の大学や専門学校に入学して、

大分で生活をする学生さんの増加などです。

ご存知のように、

大分は、

日本の中でも、

現時点では、

非常に外国籍の方の居住率が高いエリアです。

パーセンテージでいうと、

東京都に次いで二番目の高い県。

で。。

ここで生活していると、

慣れてしまいがちですが、

大分での生活が出来るということは、

最大限に活用できればですが、

実は、

非常におおきな強みに成り得ます。

コンビニに入っても、

ファストフードのお店に入っても、

ホテルに泊まっても、

特に別府市などでは、

サービス業に従事している方の半数以上が、

すでに日本籍の方ではありません。

誇張でもなく。
姿勢させあれば、

日常的に、

英語に触れられる稀有な県だと思います。

実際に。

確実に。

年々この流れは進んでいます。

そして、

私どものようなチームに対して、

先に述べたような依頼が舞い込んでくるというわけです。

ではクイズ。

もう10年すると、

この県はどうなるでしょう?

こたえ。

おそらくですが、

標識も、

役所の資料も、

英語化がきちんと進み、

音声による放送や案内も、

日本語と中国語と韓国語と英語でされるようになり、

街行く人々の顔ぶれも、

ますます国際化がすすむはずです。

そうなると、

やはり、

「英語が話せる必要」

があるわけです。

その都度筆談しますか?

都度アプリを引っ張り出しますか?

という話です。

いかがでしょうか?

↓jump↓

先日、

何件かの、

県外に転勤してしまった園児さんの保護者様方と、

お会いしたり、

電話でお話をさせて頂く機会がありました。

残念ながら、

8割方、

近隣にプリスクールがなかったり、

適当な英会話教室がなく、

またあったとしても、

プリ卒の彼らの受け皿となれるようなクラスがなく、

英語難民化していました。

非常に残念なことです。

うち数件は、

オンラインによる学習スタイルの提案を承諾頂き、

リスタートを切られましたが、

やはり感じるのは、

幼少期にだけ英会話をかじらせるのではなく、

長い目で、

会話英語にふれさせていくことの大切さです。

でないと、

私たち親世代と同じように、

かけるよ。

よめるよ。

でも英語ははなせましぇ〜ん。。

となってしまい万事休すです。

ですので、

現在プリスクールのような施設にお子さんを預けていらっしゃるママ・パパには、

20年構想くらいの感覚で、

いかに子供達の英語会話力をヘッジしていくかを、

考えて欲しいなと思います。

神童も20過ぎればただの人。

英語に限っては、

これだけは避けねばなりません。

たかが英語なのです。

だからこそ、

英語が話せないという理由だけで、

その子のチャンスを減らして欲しくない。

そんな風に思います。

英語に振り回されないために、

英語くらいは習得しましょう。

みなさんはどう思われますか?


なんか今日は涼しげな1日でしたね。

寒暖の差に、

どうかお体の調子を崩されませんように。

ご自愛下さい。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む”飲食店メニューの英語化”

2015年8月19日

言葉の向こう側

2015年8月18日 21:51

DSC_0275.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「言葉の向こう側」です。

さて、
8月18日火曜の今日は、
言葉についてえらそうに講釈タレてみます。

「ことば。」

これは何も英語に限ったことではなく、
私たちの第一言語である日本語においてもそうなのですが、

一緒にいて心地よさに似たものを感じられる人は、

往往にして、

一言のことばを投げかけると、
十程度・・・感じとってくれます。

例えば、

「忙しくしている時にごめんね。これコピーしてくれるかな?」

こうボールを投げ、

新聞のある箇所にマーカーでサインをしただけものを渡すとします。

これをキャッチした受け手のレベルが高い場合には、

「忙しく見えている私にあえて頼むということは・・・

優先順位が高い作業なのだなぁ。

今すぐ取り掛かろう。」

まずこんな風に発想してくれます。

そのうえで、

「このサインがある箇所が必要な資料だろうから、

拡大してコピーしよう。

状況から言って、

従業員の啓発用の資料かな。

であれば部数は・・」

といようなステップに進んでくれます。

もちろん、

お互いにアテが外れることも当然ありますが、

頼んだ側からしても、

仮に思いと違う形で手元に「結果」が帰ってきたとしても、

プロセスを感じ取れば、

次回もこの人にお願いしよう、

となりますし、

常日頃から、

ことばの向こう側を感じ取ろうとしている人というのは、

どこにいたって重宝がられますし、

休日に一緒に過ごす相手としても、

きっと居心地の良い、

素敵な人物だと思います。

普段よく言う、

「ことばは手段だ!」

という理由はこのあたりにあって。

行間を読み取る力や、

後ろ側にある真意を汲み取ろうとする姿勢や、

捉え方。

こんな「スキル」を体得していくことが、

言語学習と同時に、

時に、

それ以上に大切になってくるように感じます。

すると、

ボキャブラリーが少々足りなかったととしても、

伝わりますし、

相手の言わんとしていることを、

簡単に推測出来るようになります。

実は、

英語学習にあたっても、

このへんが一つヒントなんではないかな?

なんてことを思います。

みなさんはいかが思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうござました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。


続きを読む”言葉の向こう側”

2015年8月18日

TOKYO オリンピック

2015年8月17日 20:48

DSC_0019.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「TOKYO オリンピック」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKインターナショナルプリスクールの、
短い夏休みが終わりましたぁ。

みなさんいかがでしたか?
今年の夏は。

どこに行きましたか?

誰と過ごしましたか?

どんな思い出が出来ましたかぁ?

私は、

ずっと高速の上やら下やら新幹線やら何やらかんやら、

とにかく移動ばかりのお盆やすみでしたぁ。

Dig JAPAN指定のお店を訪ねたり。

これらのいくつかのお店は心底流行ってほしくないんで内緒ですが。

他県の英会話・プリスクールの関係者と懇談したり。

天文館にも行ってきました。

桜島大丈夫かなぁ。

あと、

オリンピックにむけて動きだしたたくさんのプロジェクトチームに合流したり。

社会人としての基礎を作ってくれた、

以前勤めていた会社の同僚と戯れながらたくさんのインスピレーションをもらったり・・。。

なんでんかんでん。

そんな中、

大分に戻ってきたのが一昨日土曜日。

矢継ぎ早に夏の主戦場、

犬飼に再び入り、

WOODSTOCKの姉弟プロジェクト、

オンライン英会話Flip it!主催のキャンプに参加して来ました。

ひとことで云うと、

ゆる〜い感じの、

カジュアルな英会話キャンプ。

夕方の五時にキャンプ場に集まり、

オンライン英会話主催らしく、

スクリーンを使った室内レッスンが中心で、

そのあとは恒例のバーベキュー大会になだれ込み。

その後は、

ログハウスに潜り込んでのダンスパーティー。

ご存知でしたか?

このダンスの話し。

日本人って、

比較的、

大人になると、

人前で踊ることに抵抗を感じるタイプの人種なのですが、

齢のいかない子供達って、

音楽かければ踊り出すんです。

DNAには、

確実にナイスダンサーの魂が。

しかもナイスなテンポで。

ビートにのせて。

「どこで覚えたん?」

って、

世界中からツッコミが入る程に。

そんな様子を見ていて思いました。

「真面目でシャイなだけの日本人ってのももう古いなぁ。
10年、15年後、日本を背負って立つ若者連中は、
ダンスのひとつもできなきゃダメだ。英語はもちろんとして。。。」

いかがでしょうか?

いかがでしょうか?って聞かれても困りますよねw

私の個人的な感想です。

↓ jump ↓

2020年東京オリンピックにむけて、
東京都を中心にコツコツと、

「外国からの人々に対するおもてなし」

の形を模索し始めた私たちが暮らすここ日本。

みなさんの身の回りでも、

そうした変化が感じ取れるのではないでしょうか?

タクシーの窓にこれまではなかった、

「Welcome foreign tourists」

というステッカー。

日本中の名店をつなぐ、

「Dig JAPAN」

というキャッチーなプロジェクト。

東急ホテルグループでも始まった、

積極的な英語対応。

ここWOODSTOCKにも、

フランスの方から英語で電話が入り、

「Can you speak English ?」

と聞かれ、

「Sure !」

と答えた時に電話越しに聞こえて来る安堵のため息なども。

英語が文字通り、

パスポートとなり始めている、

記念すべき数ヶ月がいままさにきていると感じています。

確かにこれまでは、

「英語ね。話せればかっこいいけど、なくても・・ねぇ。」

という数十年でした。

だけれど、

これからはそうは問屋がなんとかです。

なぜにセンター試験が方向性を変えたのか?

どうして日本の国内企業までもが、

英語を社内共通語にし始めたのか?

なぜこのタイミングで、

国内の小中学校が、

視聴覚室を使った、

オンライン英会話の授業をスタートさせているのか?

都会でなければ関係ないのか?

ローカルにいれば対岸の火事なのか?

受験だけに右往左往していていいのか?

こんなことに、

すこしだけでも、

みみを傾けてみませんか?

きっと、

有意義な選択肢が音を立てて目の前に現れるはずです。

みなさんはいかが思われますか?


はい、

休み明けで、

いつにもまして、

支離滅裂具合ハイパーです。

今日は、

オリンピックにむけて具体的に変わり始めた、

日本の様子あたりをツイートしてみました。

今夜もこのあたりで失礼します。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしく御願いいたします。


続きを読む”TOKYO オリンピック”

2015年8月17日

サマーキャンプ犬飼

テーマ:
2015年8月 6日 21:28

DSC_0886.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「サマーキャンプ犬飼!」です。
良かったらお付き合い下さい〜w

さて、
きのう。
2105年8月5日水曜日。

ほんとの快晴のした。

今年も。。

恒例となった、

犬飼リバーキャプ場での、

親子英語キャンプを楽しんで来ました!

今回のテーマは「Cow boy」。

英語で過ごす特別な4日間の後半戦を、

騒がしくも愛くるしさ100点満点のキッズたちと、

犬飼川のほとりで過ごしましたよ。

↓    ↓

受付に着くや否や、

「ことしのココは日田より暑いよ〜。。」

という受付の方の声援を背に受け、

「承知の上!夏のばかやろ〜。。かかってこい!」

とかなんとかぶつくさ言っているアメリカ人をよそに、

また、

清掃係りのお姉さまたちによる、

「いや〜グローバルなことで〜w」

という黄色い賛歌ともとれる挨拶を頂きながら、

午後3時過ぎ、

集合写真撮影とともにキャンプがスタート。

7箇所の難関ゲーム突破を試みる子供達。

それを目を細めながら笑顔で見守り、

また瞬間瞬間を永久保存するべくビデオやカメラをまわすママやパパ。

宙には水風船の嵐が。

大地には豚やら蛇やら首だけ馬やらがちゃがちゃと。

これに参加者さんたちの笑い声が空をつんざき、

おかげで、

おもちゃ箱をふっくり返したような、

楽しげな空間になっていたように感じています。

思いっきり汗まみれ・水まみれになりましたね。

痩せましたか?w笑

キャンプダイエットのようでしたね。

参加されたみなさん、

今年のキャンプはいかがでしたでしょうか?

楽しんでいただけたでしょうか?

今頃撮りためた写真や映像を楽しまれている頃でしょうか?

その時間が、

笑いと幸福感にあふれていることをただ期待します。

本当にありがとうございました。

今年もたいへんお世話になりました。

また、

ミッドナイトまで、

それぞれが好き勝手話している雰囲気、

かたわらで聞かせて頂けるだけで、

わたしも楽しませて頂きました。

ありがとうございました。

↓  jump ↓

おかげさまで、
たくさんの素敵な写真が撮れました。
できるだけUPしますが、
載せきれない分は、
クラウドか何かで対応させて下さいねw

はい。
というわけで、
今年のWOODSTOCKサマースクールも無事に終了!
あ・・明日のぱっちんがラストですねw
さぁ今年も、
府内ぱっちんをジャックしますよ!
空気を読んだ上でそれを壊しましょう。
踊り狂いましょう〜!

というわけで、、

本日もこのあたりで。
今日も一日お疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”サマーキャンプ犬飼”

2015年8月 6日

子供って感動!

2015年8月 4日 22:27

DSC_0312.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります!

今夜のテーマは「子供って感動」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
今日WOODSTOCKサマースクール二日目は、
大型バスで山香の農業文化公園まで遊びに行って来ました〜w

グランドで大暴れしていると、
館内放送が明らかに私たちにむけてアナウンスを下さるではありませんか!笑

「炎天下で・・熱中症が・・・水分補給をしっかりと・・」

というような声援を背に、
おかまいなしに英語散歩を満喫して来ましたよ。

やたらめったら湿度が高い植物園をサウナ代わりに利用しながら(笑)、
→(悪意はございません。暑さを強調したいだけです。)

太陽をしのぐ為の影すらない芝生の広場を闊歩して、

大人になると気持ち悪いだけの昆虫園を、

ファーブルの気持ちを少しだけ推し量りながらやり過ごし、

スーパーボールを金魚の代わりにすくったり、

雨粒の代わりに園児の一人二人が降ってくるのでは?

なんていう我々の心配をよそに野獣と化した子供たちに目を細め・・。

まぁ、

短いようで長いようなそれでいてあっという間のサマー二日目でした〜w

あらためて感じたことがあります。

何人かの園児さんに、

ゾーンディフェンスというよりは、

その都度マンツーマンみたいな形ではりついて守備していたのですが、

一日中本気も本気ちょー本気なんですよね、

彼らって。

手を抜くことを知らないのか、

そもそも人間はこうなのか。

生命力の塊であり、

動物であり、

ベクトルがまっすぐと一点にむけてギュン!というか。

ちょいちょい・・ペースダウンプリーズ!

とか言っている暇などなく、

中盤から私たちもランナーズハイのような感覚に襲われ、

わたしも初老のからだにむち打ちながら、

徹底して子供になったつもりで行動してみました。

いやぁ〜こんなに人間汗でんの?

というほどの水分が毛穴から吹き出し、

体重計にのってみたら2キロ減 笑

でも、

とっても感動しました。

「こやつら・・・すごいなぁ。大人になるにつれて自分の動き方にセーブかけるようになっちゃうんだな。よし。もっとこちらも子供たちを見習って、がしがし行かねば!」

なんて素直に思えました。

園児諸君。

今日も楽しかったね。

夏休みにはいる面々は、

家族との時間を楽しんでください。

また、

明日のキャンプに参加されるお友達は、

芝だらけ、

水鉄砲からの水だらけになりながら、

クールな夏の思い出をまたひとつ一緒に増やしましょう。


いや〜。

年ですね。

気持ち的には余裕なはずなのですが、

眠気がちっとも離れてくれやしません。

こんな言い訳とともに、

今夜のブログもシャッチダウンです。

寝ます。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願い致します。

*明日のブログはおやすみ予定です。
犬飼リバーキャンプ場で癒されて来たいと思います。
お疲れ様でした。。ww

続きを読む”子供って感動!”

2015年8月 4日

サマースクール'15

2015年8月 3日 20:57

DSC_0320.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「サマースクール 」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
WOODSTOCKインターナショナルスクールは、
今日から夏休み!

ということで・・・

今年も始まりました!

パチパチ〜w

そうです!

我々WOODSTOCKのお家芸!

SUMMER SCHOOL 2015の開幕です〜w

初日の今日は。

Super Hero Festival'15〜 !!

ハロウィンさながらに、

ヒーローに扮した子供たちが、

たくさんのアクティビティに挑戦しました!

火事で逃げ遅れたテディベアを救え!

蛇の池に落ちた友達を助けるのは僕だ!

悪い奴に捕まった家族を救出するんだ〜!

僕らの街だ!守るのも私たちだ!


友情・信頼・協力・団結・想像力・突破力!


たくさんのテーマを具現化したゲームを通して、

普段とはまた違った顔をたくさん見ることが出来ました。

フェイスペイントや、

ヒーローマスククラフトなどにも時間を割きました〜w

夏っていいですね〜

イベントっていいですね〜

本当にちびっこ諸君楽しそうでした〜。

これだから、

準備は大変ですがやめられないんですよね〜。

あ・・流しそうめんも今年も好評でしたよ〜w

また、

日頃から全力投球の職員たちですが、

季節イベントになると、

さらにタガが外れるようです。

皆が皆Sサイヤ人化。

今年も気絶寸前までハッスルする、

大の大人の無邪気さに、

個人的にもたくさんの元気をもらいました。


日中は40近くまで気温も上昇。

されど、

暑さなどものともせず、

ゲームに興じて、

マスク作りに集中し、

流しトマト&そうめんを楽しみ、

花火と戯れ。

クラスの垣根を越えて手と手をとりあって。

暑かったですし、

たくさん汗をかきましたが、

お腹から声出して、

笑顔で遊び倒しましたので、

今夜はみなストンと夢の中かとw

たくさん眠ってくださいね。

いい夏の思い出がまたひとつ増えました。

また、

コスチューム手配から準備まで、

今年も保護者様方に大変お世話になりました。

いつもありがとうございます。

今日のような行事ができるのも、

ママ・パパたちのサポートとご理解があってこそ。

本当に感謝しています。

お中元はありませんが 笑

気持ちだけお贈りしますw


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました!

明日は・・農業文化公園に繰り出します!

参加予定の方はよろしくお願いいたします。

お疲れ様でした〜w

続きを読む”サマースクール'15”

2015年8月 3日