WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月»

ジャパンラグビー

2015年9月30日 19:20

DSC_0033.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ジャパンラグビー」です。
良かったらお付き合いください。

さて、
先日から、
世間をちょっと沸かしている、

「ラグビー」

の日本代表チーム。

ご覧になられていますか?

私は、
ルールさえ曖昧な素人ですが、

サッカーは好きなので、

何となくのレベルですが、

試合を観ていると、

今のところ楽しめています。

先日、

9月19日、

南アフリカ代表を、

34-32という僅差で見事下しました。

その4日後に行われたスコットランドの一戦は、

残念な結果に終わりましたが、

日本のラグビー界が、

明るいニュースをお茶の間に届けてくれたことは揺るぎない事実です。

五郎丸歩選手もユニークでいい感じ。

ただしかしです。

今日ちょっとだけ物申したかったのは、

この、

ラグビー日本代表のあり方に対する、

多くの日本人の見方です。

どういうことかというと、

「おいおい、どこが日本代表やねん。外人ばっかやんか!」

みたいな風潮。

私はこれに異議を唱えます。

だからこの国はいつまでも、

排他的で、

鎖国主義なんですよ。

こういうところ、

好きじゃありません。

異質なものを排除しようとする傾向がつよい。

理由は簡単。

島国なんで、

近隣諸国の状況に対して、

あまりに無知なんです。

では、

具体例を。

得意分野のサッカーからネタを引っ張ります。

サッカー会における、

ヨーロッパのトップ・チーム、

つまりその国の代表チームも、

日本同様に、

「外国人枠」

を設けているのですが、

これは、

実はEU圏以外の国籍の選手に対する規定であって、

つまり、

EU内だと、

ルールが緩いので、

両者を合わせると、

EU内外の選手が在籍し、

本当に多国籍なんです。

また、

これはしっておいて損はないと思うのですが、

ヨーロッパにおける国籍付与は、

「出生地主義」

です。

ちなみに、

アメリカやカナダ、

ブラジルやアルゼンチンとかも。

つまり、

簡単に言ってしまうと、

生まれた国の国籍がもらえるので、

移民出身の代表選手も多いんです。

有名どころでは、

元フランス代表のジダン選手とか。

英国なんかでは、

その昔、

植民地としていた国々や、

歴史的に関係の深い地域出身の選手が多いことで知られています。

そして、

こうした文化背景下で生活をおくるサポーターからしても、

「だからそれがどうしたの?普通でしょ?」

と、

まぁ、

いい意味で実にあっさりしたものです。

いかがでしょうか?

個人的に思うのですが、

ラグビーを始めとする、

ナショナルチームに、

目鼻立ちの異なる選手が増えだしたというのは、

日本が世界に国を解放し始めたという、

ナイスな状況の証拠なんです。

ダイバーシティというのは、

こうして作られていくわけで、

ゲーム終了後に、

人種差別的な発言が多いうちは、

この国の品格もそうですが、

真のグローバル化はまだまだ先ということになるでしょう。

今の日本の変わりゆく姿は、

何より海の向こうの、

つまり世界中の人々が注目しています。

国民性を評価されているからこそ、

わけのわからない稚拙な言動で、

期待を裏切ることのないように、

努めていかないと思うのですが。

みなさんは如何思われますか?

英語を通して、

こうしたことにアンテナを張っていくと、

さらに学習にも熱が入るやもしれませんね。


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”ジャパンラグビー”

2015年9月30日

OITA SPEAKS

2015年9月29日 22:12

DSC_0710.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります。
本日のテーマは「OITA SPEAKS」です。
よかったらお付き合い下さい。

さて、
今秋、
大分市ホルトホールにて行われる、

英語スピーチコンテストの、

「OITA SPEAKS実行委員会」

が当日のパンフレットに掲載予定の挨拶文をちょっと先じてご紹介。

以下がその一部ですw

↓jump↓

みなさんはじめまして。
OITA SPEAKS実行委員会〜

深秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

(一部省略)

今回、
こちらホルトホール大分を会場に開催させて頂く事になりました、

「第〜回英語スピーチコンテスト OITA SPEAKS」

ですが、
コンセプトとしましては、

「英語が話せる若者世代の裾野を広げたい。」

これに尽きます。

理由は、
日本のカルチャーが好きだから。
世界にこの国の良さをきちんと伝えたいから。
たくさんの人々にこの土地を訪れて欲しいから。

というような事がベースにあります。

将来「英語」を使って社会で活躍しようと願う次の世代の若者のために、
「英語」で自分の考えを発表できる場を設けて英語力の向上の一助となり、
また、
英語教育の向上に資することを目的として、
今回の英語スピーチコンテストを開催致します。


旧来の「受験突破の為の手段である英語」ではなく、

「世界の人々とコミュニケーションをとる為の手段としての英会話」へのシフトチェンジ。

本当の意味でのパラダイムシフト。

「出る杭が羽ばたくための環境づくり」のきっかけになればこんなに嬉しい事はありません。


ニュースにもなっていますが、
2020年大学センター入試より英語テストの内容変更も発表されました。
非常に緩やかではありますが、
この国の英語教育も転換期に差し掛かっています。
だからこそ、

「英語を話せる。英語で語れる。英語で思いを伝えられる。」

こうした事に価値を置くべきなのではないでしょうか?

クライマーはそこに山があるから登ります。
サーファーはそこに波を感じるからダイブします。

であるのなら、
そこに英会話コンテストがあれば、

「英語を話せるようになりたい!」

という若者が自然と増えるのではないでしょうか?

ご存知のように、
グローバル化や、ダイバーシティというのは、
それぞれの国にとってそれぞれの形があります。

この国にそれをあてはめるのであれば、

インドやミャンマーやシンガポールといった、
同じアジアの若者が英語を自由に扱える状況に対して。
焦りを感じながら、
彼らに追いつけ追い越せという状況下で、

「開国」を迫られているのが今のジャパンに突きつけられたグローバル化です。

↓jump↓

という感じです。
今週、
ないしは次週、
WOODSTOCKでも詳細を配布できるかと思います。

ご興味がある方はお楽しみに。

どんな様子になるか、
今から私も楽しみです。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”OITA SPEAKS”

2015年9月29日

指切りげんまん

2015年9月28日 20:06

DSC_0477.JPG

こんばんは!
お世話になります。

今夜のテーマは「指切りげんまん」
です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
みなさんも、
小さな子供達と、

「指切りげんまん」

したことはありますよね。

今日、
園児さんの帰園時に、
指切りげんまんしました。

その子が、
最近涙を浮かべて登園してくるので、

「明日は笑顔で来れるかな?」

「うん!」

こんなやりとりの中で。

海外の施設を訪ねると、
子供同士でよく、

「pinky swear」

をしています。

pinkyは小指、

何かの約束をする時に、

互いの小指を絡めて、

「pinky swear!」

なんて言い合います。

これって、

日本の指切りに近いと思うんです。

使い方はこんな感じ。

「Let's be good friends forever. Pinky swear.」

「ず〜といい友達でいよう!指切りげんまん!」

って感じでいいかと。

簡単でしょ?

明日からすぐに使えると思いますので、

ぜひ、

お子さんや、

職場の同僚や友達と、

ピンキースエアしてみて下さい。

ちなみに、

こういうおまじないみたいなやつって、

小さな子供達も、

不思議と使いたいというワクワク感にかられるようで、

すぐにちょっとしたブームになります。

Eeny, meeny, miny, mo.
Catch a tiger by his toe,
If he squeals, let him go,
Eeny, meeny, miney, mo.

イーニー、ミーニー、マイニー、モー
虎の足を捕まえろ!!
もし吠えたら逃がしてやろう。
イーニー、ミーニー、マイニー、モー

って鬼ごっこのオニさんを決める時なんかにつかうこれも、

一度耳にすると、

アクションをともなって使いたくなるフレーズだと思いませんか?

とにかく実践。

声に出して、

使い倒して、

自分のものにしていけたら素敵ですよね。

はい。

今夜はなんとなく先生っぽい内容になっちゃいました。。。

たまにはこんなツイートも。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

また、子供同士はよく pinky swear をします。 pinky は「小指」という意味で、約束をする時にお互いの小指を絡め合い、pinky swear と言います。これは日本でいう「指切り」に似ていますね。

Let's be friends forever. Pinky swear.
一生友達でいよう。ゆびきりね。

英語での指切りげんまん

皆さんは、子供の頃「指切りげんまん嘘ついたら針千本飲ます」と歌ったことがありますか?最後は、それに似たCross my heart and hope to die, stick a needle in my eye.というフレーズを紹介します。

I'm not lying to you. Cross my heart and hope to die, stick a needle in my eye.
あなたに嘘をついてないよ。十字を切って誓ったからには死んでも良いよ、針を自分の目に突き刺すよ。

針を千本飲むのも恐ろしいですが、針を目に指すのも相当恐ろしいですね。これも子供が口頭で使うフレーズですが、「これから何かをする」という約束ではなく、「自分はこれをしていないよ」という約束でよく使われています。die と eye で韻を踏んでいるのも印象的ですね。しかし実際は、 cross my heart だけの方がよく使われています。cross my heart は胸の前で十字を切るという意味です。

いかがでしたか?相手の信頼を失いたくないというのが前提ですが、針を目に指したり千本飲んだりしないためにも、約束は守らなくてはいけないですね。ちなみに、指切りげんまんのげんまんは、握りこぶしで1万回殴る「拳万」だと知っている子供はどのくらいいるのでしょうか。僕は今日初めて知りました。


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”指切りげんまん”

2015年9月28日

ベンジャミン・バトン

2015年9月24日 17:59

DSC_0258.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ベンジャミン・バトン」です。
良かったらお付合い下さい。

先日、
久しぶりにテレビをつけ、
タモリさん司会の音楽番組を見ていました。

そこに、
L'Arc-en-Cielのハイドさんがいて。

honeyっていうタイトルの曲を歌う前で。

蜂蜜の歌?
愛しの誰かさんの?

よく知りませんが、
なんとなく、

「この人変わんないなぁ。。」

と思い。
いくつだろう。

ググってみてまぁびっくり。

げ!

46歳。。。

はぁ。

なんとなく。

ため息でバルーンが一つ二つ膨らみそうになり。

でも。

こんなフレーズがポンと。

知り合いのフランス人さんがこんなことを言っているのを思い出しました。

「何も周りの人に合わせて平均的に年をかさねなきゃいけないわけじゃないんだし。
年のとり方は自分でコントロールしようよ、もう私達は大人なんだから・・。」

彼をみていて、

「きっとこの先輩もコントロールしてんだろうなぁ。。」

そんな風に思い、

私も年をやみくもにとることをやめることにしました。

目指せ、

ベンジャミン・バトン!

です。

誰か一緒にしますか?笑

ゆりかごからゆりかごまで。

はい、

英語方面に方向転換します。

ちなみに、
これは国籍関係なく、
出会ったばかりの方に唐突に年齢を聞くのは失礼になりそうですが、

どうしても年齢をたずねてみたくなったら、
こんなのはありかも。

Well, you look so young.
May I ask you how old you are ?

もちろん、
投げ返された答えが想定外であっても、
責任もってオーバーリアクションしましょうねw

はい。

今夜もお後がよろしいようで。

本日もいろいろとありがとうございました。
明日はもう金曜ですが、
どうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”ベンジャミン・バトン”

2015年9月24日

渡米

2015年9月18日 21:27

DSC_0648.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「渡米」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKの保護者様、
特にシュガーちゃんクラスのママ・パパたちは、
ご存知のように、
本日付で、
SBクラスのお友達がひとり、
渡米を理由に園を去ることになりました。

あらかじめ、
この日が来ることは分かっていたことだったので、
私たち大人は心の準備をゆっくりとはじめての今日だったのですが、
子供達は、
事態をのみこめず。。。

特に、
彼女が過ごした2歳児クラスの面々たちは、
傍で見ていても、
はっきりと。。。

「この子達。まるで状況を理解していない・・よね?苦」

と、
隣にいた同僚に確認してしまったほど。

ただ、
私はそれがむしろ辛かったです。

何もわからず、
離れていくこの子達が。


「もう来週からはRちゃん来ないんだね。。」

こんな風に理解できる年中さんや年長さんがまだ幸せなような。

齢がいかないことが理由で、
今日の今日までこんなに仲良く、
肩を寄せ合い過ごしたお友達がいなくなることに、
気付けないなんて。

出会うことも大切。
縁ですし、
とても奇跡的なこと。

ただ、
それと同じように、
ちゃんとさよならさせてあげたいと思うんです。
でないと、
前に進めないから。

従いまして、
後日、
Skypeで、
この子達を、
繋ごうと思います。

少しでもいいから、
理解してもらえるように。

それも、
私たちの、
果たさなければならない役目だと。

そんな風に思います。

Rちゃんのパパ・ママ。

本当にお世話になりました。

アメリカでの生活。

頑張ってください。

勝手に、

応援しています。

いろいろとありがとうございました。

また会えるその日まで。

Please keep in touch !!


それでは今夜もこのあたりで。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”渡米”

2015年9月18日

忍術と妖術

2015年9月17日 20:27

DSC_0147.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「忍術と妖術」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
ここ最近、
WOODSTOCKが、

殊更にパワーを込めて、
引き延ばそうとしていること。

それが2つあります。

一個は、

「忍術:横とのつながり!」

もう一個は、

「妖術:将来への先回り!」

です。

では一つ目から。

忍術横とのつながり!

とは、

WOODSTOCK単体で、

英会話の最高の環境を作り出そうとすると、

どうしても時間とコストがかさみます。

困っている人は、

先々どこかからか降って湧いてくるのではなく、

すでに目の前に大勢います。

であれば、

技術にハートがともなっている同業者とつながり、

手を組んでお互いの強みを学びあう。

これが最も効率がいいんです。

こんなことに、

さいきん時間を使っています。

二つ目の、

妖術将来への先回り!

は、

卒園生や、

これから卒園していく子供達の為の環境づくりのこと。

はっきり言ってしまうと、

この県は、

まだまだ、

教育的にみると、

スーパーローカルです。

ですから、

心配で心配で。

だから、

身につけた英会話スキルを保ち、

きちんと引き伸ばしていく為には、

各施設に入り込み、

これからの世に合致した環境を、

整備したり、

横槍を入れていく必要があるわけで。

そうしないと、

魔法が解けてしまう気がするんです。

だから、

今後は、

WOODSTOCKインターナショナルスクールの名を、

「あれ?ここにも?」

という感じで目にして頂けるはずです。

先日は、

私立学校の公開授業のお手伝いに行ってまいりました。

数組の保護者様にもお会いしました。

今がよければいい、

ということではなく、

計画的に、

先をみて手を打っていきます。

その結果として、

WOODSTOCKが英語会のナマズになり、

大分県の子供たちの英語力を引き上げられ、

先々、

彼らが発信源となり、

日本全体の英会話スキルが上がっていけば、

こんなに嬉しいことはないなぁ、

と思う今日この頃です。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もお後がよろしいようで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”忍術と妖術”

2015年9月17日

小さなことの積み重ね

2015年9月16日 20:42

DSC_0128.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「小さなことの積み重ね」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
先日、
日本人の知人を車に乗せて、
打ち合わせの現場に急いでいる時のことでした。

ハンドルを握っていたこともあり、
ナビ操作をすることが億劫で、
助手席の彼に、

「ちょっとそのiphoneでナビってくんない?」

となんの気はなしに頼みました。

聞こえてきたのは、

英語による音声案内。。。

「・・・それさ、俺は違和感ないけど、誰かに聞かれたら変な顔されない?」

「そうなんよね。なんで英語?って普通に突っ込まれる・・笑」

感想は。。

やっぱりな、というフィーリング。

仕事のつながりで知り合ったこの知人は、
私なんかよりもよっぽど英語が堪能で。

いつも彼の口から放り投げられる聞きなれない英語フレーズや単語なんかに感心して、

「それって他にはどんな使い方が出来るわけ?」

なんてよく尋ねているのですが。

結局、

生まれてすぐの赤ん坊が馬を自由に乗りこなすことができないのと同じように、

日本で育った人間が、

何の努力もせずに英語を自在に操ることは出来ないわけで。

ただ、

出来る人は出来る時代になってきたのは事実で。

この両者を分けるのは、

小さなことをコツコツと積み上げているか否か?

こんなところだけのような気がします。

彼の言葉をそのまま借りるならば、

「siriにむけて話しかけて、聞き取ってくれないと、この発音じゃダメなんだって。。気付かされたり。」

いかがでしょうか?

英語を話せるようになるには、

こうしたほうがいい。

ああしたほうがいい。

方法論は、

特段ベールに包まれているわけではなく。

取るべき手段はおおかた出尽くしている、

それが現代、

それが今の情報化社会です。

あとは、

やるべきことをやれる人か?

また、

それを継続できるかどうかだけ。

こんなことにあらためて気付かされた、

ある日の昼下がりのことなんぞをツイートしてみました。

みなさん、

小さなことをコツコツと。

成功に近道なし!

のようですよ。

一緒に頑張りましょうね!


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”小さなことの積み重ね”

2015年9月16日

英語村?

2015年9月15日 22:23

DSC_0955.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「英語村?」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
ご存知でしょうか?

東京都が、
生活の全てを英語でやりとりする体験施設「英語村」を、
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて作っていることを!

生きた英語を学んでもらうには、
実際に声に出して使って何ぼ!

ということが理由です。

なんでも、

競技施設や選手村が集中する臨海部に建設するようで、

店員さんは国際協力機構の職員や、

国際交流事業で来日している人々。

オール外国籍の方々での運営という大枠は決まっているようです。

ファストフードショップやレストラン、

ショッピングモールや映画館、ボーリング場など、

英会話だけで生活できる空間を作るようで。

テキストだけで学んできた私たち世代からすると、
羨ましい限りですよね。

教科書で聞き知った事を、

実際に使ってみる事、

また、

どんな場面で使うかなどを体験するのが

英会話スキル習得・上達には必要です。

それに、

学んだことと、実際には違うということも勉強するでしょう。

私もこんな場所があるのなら視察をかねて行ってみようと思っていますが、
オリンピックの後には一般の人にも開放されるようです。

あ・・・順序がずれましたね。

残念ながら、

感謝筋の話では、

今のところ、

一般開放の予定はなく、

東京都周辺の学生さんを、

ひとまずのターゲットとしているようなんです。

オリンピックで使用した選手村の一部を専用の宿泊施設にし
国内にいながら英語村で「留学体験」ができるようにという
検討もされてはいるようですが。

確かに、

お隣韓国のパジュ英語村などは、

その知名度を上げ続けていますが、

国内でもっと気楽に留学と同じ体験が出来たら、

たくさんの人が利用し英語を学ぶことが出来ますね。

また、定期的に利用すればモチべーションンアップになります。

いい話なのでは?

と思います。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜はこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”英語村?”

2015年9月15日

方程式

2015年9月14日 20:17

DSC_0706.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「方程式」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
次年度入園(平成28年4月)を決定された方や、
再来年度以降のことで相談に来られる皆様から、
よく、
こんなことを聞かれます。

「こちらに預けると英語が話せるようになるって聞いたんですけど。。」

「そうですねぇ〜。。」

「なぜですか?」

「それは、X+C+W−Z×(π−8)=Bという方程式があるからです。 」

と、
答えます。

正直、
このブログの閲覧数は、
それなりにあって、
英語業界に新規参入されたばかりの先生方から、

「△◇月◇△日のブログについて伺っていいですか?」

といような電話が入ったりすることもあり、
英語関係のネタであれば、
こちらのサイトを不定期であっても流し読みして頂ければ、

新旧の情報が少々ごちゃ混ぜではありますが、
それなりに浅く広くそれなりの質のインフォメーションを持ち帰って頂けるようには意識して、
この7年間、
タイプしてきています。

今夜は、
正直に、
この方程式のXの部分を告白します。

。。。。

と言っても、
大したことではないのですがw

はい、
いきます。

「X=話せるようになることをゴールとしたカリキュラムがある」

これがWOODSTOCKが掲げる、
最大のプライオリティーです。

これまでの日本の英会話教育のゴールは。

「読める、書ける」

ここにポイントを置き続けてきました。

理由はご存知の方の多いはず。

指導者がいなかったから。

んで、

その結果、

一億総国民が、

「読めるし書けるけど、ちっとも話せない」

という状態におちいりました。

一刻も早く、

この国は、

この状況からの脱却をはっきりと打ち出さねばなりません。

繰り返し、

こちらのブログでもツイートしてきましたが、

いくら入試を突破しても、

受験力しかない学生など、

どこの会社も見向きもしません。

10年後、

20年後の企業像をリアルに想像して下さい。

さすれば今すべきことがわかるはず。

会社公用語が英語ということはもちろん、

本社が海外にあり、

人事担当がアメリカ人なんてことも珍しい話ではなくなっているはずです。

この国の人口は減り続けます。

技術があるから大丈夫。

こんな意見は楽観論の極みです。

グローバル化というのは、

それぞれの国なりの、

それぞれのグローバル化があります。

日本の場合、

自国だけでは快適な暮らしを維持し続けることが出来なくなり、

半ば仕方なく、

本当の意味での開国をすることになります。

海外の企業が今とは比べ物にならないほど入り込んできます。

当然、

人も一緒に。

だからこそ。

受験力と、

総合的な意味での学力を別物として考え、

*料理のスキルと裁縫のスキルは、

家事力とくくることが出来たとしても別物、というようなイメージ。

今後の社会を生き抜いていけるだけの学力を、

つけるうえでの選択肢というか環境を用意してあげて欲しいのです。

繰り返します。

英語に時間とお金を投資するのであれば、

間違いなく、

「会話英語」

に重点を置いて下さい。

特に、

国内の国立大学のTOP3や、

早慶上智・関関同立あたり、

また、

中国やシンガポール界隈の難関大学をSTEPに考えている、

受験力を高めている最中にある学生諸君こそ。

全国模試で全国上位300位に入り込んでいる受験生たちが今最も苦戦している科目。

それは、

英語の中の英会話パートです。

こんなことも頭にいれて、

きちんと動きてもらえたらと思います。

みなさんはいかが思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

続きを読む”方程式”

2015年9月14日

Inspire your community

2015年9月11日 18:57

DSC_0296.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「Inspire your community! 」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
ホルトホール大ホールにて、
11月29日(日)の午後、
大分の小学生から大学生の、
英会話学習に励む語学エリートが集まり、

「英会話コンテスト」

が開催されます。

地元企業さんの協賛を頂きながら、
各地の英会話教室やプリスクールさんらと共同開催のような形になりました。

持ち時間が決まっています。

また、

テーマがいくつかあるようで、

エントリーの際に、

扱うテーマを一つ選択し、

当日まで各自で猛特訓。。。

といような流れになるかと。

大ホール。。

入ったことありますか?

1201人収容ということで、

入り次第ではありますが、

舞台に上がるだけでもいい経験になるかと思います。

会話英語は度胸が大事。

ということで、

みなさんの身の回りで、

英会話に励む学生さんがいましたら、

ぜひ声をかけてあげてください。

詳細が、

今月末までにはあがってきますので、

WOODSTOCKでも、

資料やエントリーシートを配布する予定です。

園児諸君につきましては、

今回は残念ながら参加対象ではありませんが、

ぜひママやパパと先輩スピーカーの勇ましい姿を聴きにきて下さいね!

会場でお会いしましょう〜w

それでは今夜もこのあたりで。

今週もありがとうございました。
来週もどうぞよろしくお願い致します。

PS: 明日は英検対策授業ですよ〜。
ご希望のお宅はお間違いなく。。

続きを読む”Inspire your community”

2015年9月11日

スタディギア

2015年9月10日 18:27

DSC_0140.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「スタディギア」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今回も・・ですが、
WOODSTOCKの子供達も、
何人も参加させて頂く、

日本英語検定協会主催の英検。

これをクリアする為の、
便利なアプリ。。

ご存知ですか?

名前を、

「英検公式アプリスタディギア」

と言います。

一ヶ月4,000円(特別版は2,000円)ということですが、
今は、
まだ新アプリほやほやなんで、
トライアルで無料試用が可能です。

受験日を決め、
受験級を確定すると、


「目標学習」

ということで、
単熟語学習と、
リーディング学習の問題がロードされます。

「単語・熟語の学習を始めましょう。」

と画面が切り替わりますので、

早速アプリをダウンロードしてトライしてみて下さい。

等級に応じた単語や熟語を気軽に総ざらいできるので、
デジタルネイティブ諸君らにはうってつけかも。。。

何はともあれ、
実際にやってみて下さい!

善は急げ!

ですよ〜!

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”スタディギア”

2015年9月10日

英語を習う動機

2015年9月 9日 19:38

DSC_0088.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「英語を習う動機」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今宵も唐突ですが。。

私は常々このように思います。

自転車に乗れない人がいるとすれば、
そのことの一番大きな原因は、

「そもそも乗れるようにならなきゃいけない理由がないから」

だと。

賛成の方は以下におすすみ下さい。

反対の人は、
おやすみなさいw

さて、
となると。

英語も同じです。

「そもそも話せるようにならなきゃいけない理由がないから。もしくは理由をそこまで真剣に考えていないから。」

という感じになります。

ではみなさんにとっての最大の動機はなんですか?

考えてみましょうね。

勉強もそう。

資格もそう。

ダイエットもそう。

仕事もそう。

動機が大事。

ですから、

強調します!

「英語学習が続かないのは意志が弱いからではありません。
ただ単に、そもそもの動機作りが失敗しているからです。」

このあたりは、
昨晩のTOEICとTOEFLの話ともすこ〜しリンクしてくるんですよぉ。

20年後は、
状況は変わっていると思いますが、
2015年現在の段階で、

「いついつまでにTOEFL△◇◯点!」

と明確なゴールから逆算してお子さんに声かけをしているパパ・ママは、
まだまだ少数です。

というのも、

現状の日本においては、

動機作りの為の情報が不足しているから。

ちなみに、

ここでいう情報というのは、

受け身でいても手に入る類のものをさします。

テレビや雑誌で、

もう2,3年すれば、

TOEFL、TOEICがもっと扱われるようになります。

そうなれば、

大衆が作る集団心理がわかりやすく働いて、

「なるほど。英検も受験を考えると今の所はまだ有効だけれど、
並行してそっちもしていく必要があるわけねぇ」

となってくるでしょう。

と。

あらかた向こう5年で起き得る変化は想像がつくわけですので。

今のうちに、

手を打っておくことも、

効果的かなぁなどと、

感じたりする水曜の夜です。

みなさんはどう思われますか?

今夜は英語を習ううえでの動機づけ周辺について、

のんき気ままにツイートしてみました。


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”英語を習う動機”

2015年9月 9日

Jp

2015年9月 7日 19:12

DSC_0790.JPG
こんばんは!
今夜のテーマは「Jp」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今日は。

同僚の米国人のことを。
プライバシーとか一切無視して。
ツイートです。

私どもは、

「大分を英語県に!」

を合言葉に、

「えいご」

をキーワードに様々なプロジェクトに携わっています。

その為、
WOODSTOCKインターナショナルスクールにお子さんをお預け頂いている保護者様にすれば、

いつもパワフルな英語の先生である彼ら一人一人には、

実は別の顔があります。

例えば、

彼女は英語教材作りのエキスパート。

例えば彼は外国籍人材探しのプロ。

またあの先生は翻訳業務を並行してしていて。

あのティチャーは実は高校にも教えに行ってて。

のように。

それで、
今夜の主役Jpはというと。

運営チームAnswerが管理する、

「オンライン英会話のFlip it!」

のマネージャーをしています。

時に園のスクールバスにも乗りながら。

時に英語保育園の行事に参加しながら。

6割以上の時間は、

無料アプリSkypeを使ったオンラインイングリッシュのボスとして、

日夜、

WOODSTOCKの園児や卒園生の為に、
また県内の学生さんや、
特に多忙な中であっても英語を極めたい、
そんな前のめりな生徒さんたちの為に、

世界中に散らばる講師たちの管理をしたり、
タイムスケジュール通りにレッスンが行われるようにシステムに目を光らせたり、
英語ソムリエとして実力判定テストを自ら行ったり、
当然面接をしたり、
時にTOEICやTOEFLの試験の案内や、
結果の振り返りを目的にSkypeで全国の生徒さんたちと面談したり。

もちろん。

日本で最上質なオンライン英会話を目指しながらも、
能書きだけで終わらぬよう、
生徒さんの獲得の為の営業活動で、
チラシをもって方々まで出かけていくことも。

どうもですね、
大分の方にとって、
欧米人がチラシ配りをしている姿というのは、
非常にレアなようで、
2度3度通報コールを頂戴して、
ポリスステーションから電話を頂いたこともありますw

もちろん。

それくらいのことは全部のちのちの笑い話になり得る、

「おもしろ体験談」

でしかありませんので、

通報直後であっても、
下を向くことなどまるでなく。

なんであればウルトラクイズに出てきそうな、
ザ・アメリカンなハットを追加して、
またそそくさと勇ましげに飛び出していきます。

最後に、
彼のプロフィールを勝手にご紹介。
怒られるかなw

1983年米国テキサス州 サンアントニオ生まれ。
セントラルカトリック高校卒業後にテキサス大学に進学。
同大学在学時に国立大分大学に一年間留学。
これを機に日本とその特有の文化に恋をする。
本国に帰国するも日本での日々が忘れられず、
APU大学院への進学を決めることで再来日を果たす。
現在はAnswerにて新規事業の立ち上げを行う傍、
オンライン英会話事業部のマネージャーとしても活躍中。
趣味はアニメ全般、筋トレや映画鑑賞。日本語も堪能。

知らない方もいるかと思うので、
念のため。

彼は、

「ジョン・ポール」

と言うんですよ、、本当は。

ただ、

長いので、

通称。

「Jp」

とみんな呼ぶんです。

明日、

彼を見かけたら、

ぜひ愛をこめて、

「John Paul !!」

と呼んであげて下さい。


それでは今夜もお後がよろしいようで。
毎度毎度活字が迷子になっているような文章、
どうぞお許し下さい。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”Jp”

2015年9月 7日

伝え方が何割?

2015年9月 4日 19:36

DSC_0070.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「伝え方が何割?」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
書店にいくとまだ、

ベストセラーコーナーような場所に並んでいるのでしょうか?

「伝え方が9割」

のシリーズは。。。

読まれた方も多いのではないでしょうか?

私事ですが、

学生時代、

就きたかった職業がいくつかあるのですが、

そのうちの一つが、

「コピーライター」。。

糸井重里さんによって産み出される数々のキャッチコピーに圧倒され、

「こんな仕事も素敵だなぁ・・。」

なんて思っていた時期がありました。

この本の著者の佐々木圭一さんの職業もコピーライターなんです。


ついでなんで吐露すると、

あとは、

映画の書評家とか、

音楽雑誌のライターとか、

畑違いでいうと、

天体観測の仕事とか、

サッカー選手とかも。

蹴球は別にして、

あとは、

今思えばぜんぶ活字関係。

「文字」

というか、

「言葉」

のもつ力に当時から惹かれていて、

むりやりdot to dotのように解釈すると、

全部つながって、

いまの英語関係の仕事にたどり着いたような気も。

天体観測も違うなぁ。笑


ちょと話がそれたので、

戻します。

え〜。

そうそう、

伝え方シリーズ。

一言であらわすと、

「何を言うかよりも、どう伝えるかの方がよっぽど大事だ!」

というようなことを理論的に解説してくれている、

良本だと思います。

何が言いたいかというと、

英語もそうで、

どれほどボキャブラリーを抱えていても、

「伝え方の基礎」

のようなものを知らなければ、

話すたびに敵を増やし続けるだけ。

相手との関係性。

置かれている状況。

コンテンツ。

こうしたものに応じて、

時には柔らかく、

また必要であれば端的に。

当然、

ジェスチャーや表情などもすごく大切。

間の取り方。

資料はいる?いらない?

質問系がいいのか。

言い切りたい局面なのか。

こうしたものを、

語彙やルールを身につけるのと並行して、

英語学習に勤しむ私たちも、

習得していく必要があるなあと思うわけです。

みなさんは如何思われますか?

それでは今夜もお後がよろしいようで。

今週もたくさんたくさんありがとうございました。

素敵な週末をお過ごし下さい。


続きを読む”伝え方が何割?”

2015年9月 4日

異国への根の張り方

2015年9月 3日 21:09

DSC_0012.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「異国への根の張り方」です。
良かったらお付合い下さい。


WOODSTOCKの外国籍のスタッフたち。
今日はここにスポットライトをあてます。


さて、
彼らは、
時に英語の指導者として、
また、
ある時には、
母性を匂い立たせ、
また状況によっては、
父性を前面に押し出しながら、
英語の先生であり、
時間によっては保育園のナーサリーさんのように、
それはそれは、
縦横無尽に動き回っています。

では、
彼らの行動から、
私たちが学ぶべきことが、
いくつかあるのですが、
今夜は、

「いざ自分が海外で暮らすことになったら。。。」

という発想で彼らを見た時にみえるもの。

こんなことのディテイルに切り込んでいきたいと思います。

↓ jump ↓

簡単にいうと、

入国からなのですが、

まずビザがど〜のこ〜のというところからスタートです。

Skypeなどで、
世界中からアプローチがかかるので、
たくさんの候補と面接をします。

選りすぐりさんを確定し、
いつから勤務できるか?

こんなところを確認して、
受け入れサイドが入国管理局でなんやかんやします。


で。

めでたく入国となり。

まぁ、

状況によってはここまでも、
楽ではないのですが、

ビザがおりないことには、

金欠だろうがなんだろうが、

この国での労働はスタート出来ないので、

タイムロスに辟易とする方も少なくありません。

ただし、

当の本人たちにとって大変なのは、
むしろ入国してからです。

まず住まいですね。
どこに住むのか決めないと。

で。

大分の場合は、

「別府か大分か?」

で、
ほとんどの人が天秤にかけます。

ちなみに、

WOODSTOCKは大分市ですが、

同僚たちもほぼほぼ悩みます。

別府は、

電車で通勤となるわけですが、

とても彼らにとっては、

住みやすい街のひとつのようです。

実際、

英語メニューや、

標識や、

また、

コンビニやスーパーなどの、

サービス産業の窓口で笑顔を披露してくれているのは、

相当な確率で外国籍の人々ですよね。

そして、
それからは簡単で、、、

とはならないのが真実・事実。

電気だガスだ水道だ。

サポートなしでこうした煩雑な作業や、

書類関係を済ませるのは至難の技。

ですから、

通訳をかねて、

この国の国籍をもつスタッフがヘルプに入るわけです。

携帯もそう。

私たちは、

ここで生まれてここで育っているので、

3年後も、

5年後も普通に考えればこの国にいる。

だから、

iphoneとかであっても、

分割で支払えばいいのですが、

彼らは、

そもそも2年とか1年なんていう在留資格なんで、

基本的には一括でデバイス料金を支払う必要があるわけです。

あとは。。。。

自転車でしょうか。

車をポンと購入する方の割合は、

とても低いです。

ですから、

手動バイクをゲットして、

どこへだってこの愛車で出かけます。

同僚も、

雨が降ろうが、

霧が出ようが、

お茶の子さいさい風に、

遠方まで漕いでいます。

あと。。。

なんでしょう。

え〜。。

あ、

ドレスやスーツの仕立て直しを思いついた際に、

「どこでサイズ調整してくれるんだろう。。」

とか、

「セガでメダルゲームしたいけど、日本語ばかりでこわい。」

とか。。

一時が万事です。

だた、

これを、

「先生たち大変ね〜」

と他人事視点ですませるのでは、

あまりにもったいないと思います。

よく観察してください。

「いざうち子が渡米したらこんな感じね。」

という感じで彼らに関わるだけで、

素敵な擬似体験というか、

経験が可能だと思います。


今夜はこんな感じでツイートしてみました。

みなさんはどう思われますか?


本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”異国への根の張り方”

2015年9月 3日

グローバルな視点

2015年9月 2日 21:57

DSC_1282.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

九州。。。

今週はなんかず〜っと雨ですねぇ。

洗濯物が半乾き。。。

部屋干しが嫌いです。。

部屋干し何チャラとかいう洗剤の効果に、

懐疑的な今日この頃。

みなさんはどんなランドリーライフをお送りでしょうか?


今夜のテーマは「グローバルな視点」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
これまでも何度か、
こちらのブログなどでツイートしてきた内容なのですが、

常日頃から、
私は個人的に、

「日本に生まれた時点で人生すごろくのサイの出た目は6だ!」

なんてことを感じています。

いろいろなニュースを耳にし、

目にするたびに、

「やっぱりなぁ・・。」

と思います。

Sさんのオリンピッックのロゴがどうのとかいうニュースを、

延々と流せてしまうのも、

この国の情勢が安定している証拠。

平和そのものです。

プロパガンダの可能性も残してはいますが、

お隣中国では、

ネットで国内の情勢に触れただけで、

逮捕がなんだかんだと。

もちろん、

言論の自由という権利を傘に、

相手所を選ばず、

パッシングやクレームを繰り返す見た目が老けているだけのアダルトチルドレン達には辟易としますが、

それにしたって、

この国は幸福になれるチャンスの多い国の一つということに間違いはないように思います。


普段から、

英語を学ぶ子どもたちには、

「グローバルな視野」

をもって欲しいと強く思っています。

日本にはたまたま生まれただけで、

海の向こうには、

たくさんの国や文化がある。

世界には、

この瞬間にも多くの困難があり、

英語もそうで、

学びたいと思い、

学校に行きたいと思っても、

それすらかなわない子供達が大勢いる。。

マララさんのように、

教育を受ける権利があると口にしただけで、

銃を向けられる国だってある。

こうした事実に気付けるかどうか。

子供達の将来を左右するでっかい鍵だと思うんです。


「英語が通じる国って世界になんこあるんだろうね?」

「ミッキーマウスも本当は英語で話すんだよ〜」


なんでもいいんです。

かれらの目が耳が、

ここだけではない「そと」にむきだすきっかけになれば。

こうしたことからも。

やはりやはり英語は手段にすぎないんです。

だから、

テストの点だけに一喜一憂するのではく。

話せる・話せないということだけに関心をもつのではく、

英語という魔法の靴を履こうとしているその子が、

どこに向かって歩き出そうとしているのか?

こんな視点で彼らの側にいてあげることも、

わたしたち老兵の役割なのかもしれませんね。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました!
明日木曜もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”グローバルな視点”

2015年9月 2日

日本語を話し始めた頃を思い出そう!

テーマ:
2015年9月 1日 20:15

DSC_1040.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「思い出!」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
こちらのブログを読んで下さっている方。。。

唐突ですが。。。

今日は子供のころに想いを馳せましょう。

それが無理なら、
近所の子供達が宙に放り投げる日本語に耳を傾けましょう。
珈琲飲みながらで結構ですんで。

するとなにが思い出せるのか?

また、何が聞こえるでしょう。

はい。

こちらでは、

主に英語ないしは英語周辺のことがテーマとして扱われますので、

今夜も、

ここから急角度でイングリッシュ方面に突っ込んでいきます。

お子さんをもつパパやママ。

もちろん、

グランパやグランマも。

どうでしょうか?

子どもが日本語を話し始めた頃、

単語や文法がめちゃくちゃでもまったく気にならなかったのに、

英語になると「文法通り病」になってしまうのはなぜでしょうね?

それだけ、

私たち大人が、

正しい英語という幻想に押しつぶされそうになっている証拠でしょう。

ただ、

わすれてはいけませんよ。

文法で育った我々世代は英語がてんでダメな世代ということを。。。

ここはひとついかがでしょうか?

私たちがもう少しリラックスして、

子供と一緒に英語を楽しむ気持ちをもってみませんか?

伝わればいいんです。

意思を汲み取ることができればいいわけです。

まずはここから。。。。

そんなことが、

案外たいせつだったりするのではないでしょうか?

学習は楽習からと言いますし。。。

楽に楽しくいきましょう。

それでは今夜もお後がよろしいようで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


日本語を話し始めた頃を思い出そう

子どもが日本語を話し始めた頃を思い出せば、単語や文法がめちゃくちゃでもまったく気にならなかったのに、英語になると「文法通り病」になってしまうのはなぜでしょうね。それだけ自分自身、正しい英語の圧力に押しつぶされているからだと思います。ここは、大人ももう少しリラックスして、子どもと一緒に英語を楽しむ気持ちを持ちたいものです。

続きを読む”日本語を話し始めた頃を思い出そう!”

2015年9月 1日