WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月»

ハロウィン!

2015年10月30日 19:15

DSC_0073.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ハロウィン」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
本日2015年10月30日。

WOODSTOCKインターナショナルスクールの子供達を主役とした、
ハロウィンパーティーが開催されました!

OABさん、
OBSさん、
ケーブルさんといった、

メディアの方々にもお越しいただき、
お祭りムード満点の、
楽しい祭典となったように思います。

保護者様方につきましても、
楽しんで頂けたのではないでしょうか?

また、
トリックorトリートの際には、

今年も今年も近隣の商店さんにご協力頂きました。

時間の兼ね合いで、
伺えなかった店舗さんも出てしまい、
ご迷惑もおかけしてしまいましたが、
何卒来年も、
どうぞよろしくお願いできればと思います。

ここで講釈。

そもそもハロウィンって何?

ということで、

簡単に。

↓ jump  ↓

ハロウィン。
ないしはハロウィーン。
毎年10月の31日に行われる、
古代ケルト人が起源と言われている祭り。
もともとは、
秋の収穫を祝って、
悪霊などを追い出す宗教的な行事でした。
これがアメリカに伝わり、
民間行事として定着。
いまでは、
宗教的な意味合いはほぼなし。
かぼちゃの中をほっぽり出して、

「ジャック・オー・ランタン」

を作って遊んだり、
みんなで仮装して、
近所をまわってお菓子をもらう、

「トリック・or・トリート」

などが象徴的。

万聖節の前夜を英語で、

「all hallow eve」

と言い、

これが訛って、

ハロウィーンと呼ばれるようになった説が強いようです。

また、
アイルランドあたりでは、
かぼちゃではなく、
カブをつかってジャック・オー・ランタンにしている地域も。

ハロウィン豆知識でした。

↓ jump ↓

テレビクルーさんに、

「園児さんにどう感じて欲しいですか?」

と聞かれました。

建前でしのごの答えましたが、
シンプルに言うと、

こうした海外発の行事にふれて、
遊んで楽しんで、
結果、
ひとつでもふたつでも、
海の向こうに興味が出たり、

「どうして?」

「なぜ?」

が育てばいい、

そんな風に思います。

グローバルとか、
ダイバーシティがどうのこうのは、
とりあえず置いておいて、

ちびっこ軍団の感性を、
少しでもつつけたのであれば、
行った意味が出てくるのかなぁと
思います。

最後になりましたが、
今年もたくさんの方に支えられて、
秋一発目のイベントを無事に終えることが出来ました。

ガチャガチャガチャガチャと、
騒がしいばっかりの職員たちが、
心地よい疲労と笑顔で週末に入れるのも、

いつも天真爛漫で正直な子供達と、
なんだかんだいっても最後はいつだって見方をしてくれる保護者様がいてこそです。

このイベントをへて、
11月のサンクスギビングを成功させ、
12月のクリスマスまで裸足で突っ走りたいと思います。

次週からも、
どうぞよろしくお願いいたします。
今週も、
いろいろと、
本当にありがとうございました。

素敵な週末をお過ごし下さい。

P.S. お引越ししてしまうYちゃんへ。

今日まで本当にありがとうね。
あなたと、
あなたの妹さんの今後の活躍を、
先生たちみんなで、
心から応援しています。
いつだって帰っておいで。
その時は、
たくさんのハグで出迎えます。
Have a good time !! Keep in touch !

続きを読む”ハロウィン!”

2015年10月30日

英語コンテスト

2015年10月29日 19:14

DSC_0620.JPG
こんばんは!
お世話になります。

今夜のテーマは「英語コンテスト」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKも協賛させて頂くことになった、
英語スピーチコンテスト(11月29日開催)、;

「Oita Speaks」

ですが、
実に様々な関係各所から、
大分の英語会を牽引されている、
英語関係者の方々が、

「審査員」

として登場されるようです。

大分の地で、
英語に関わっていらっしゃる方であれば、
この面子を見に来るだけでも、
今後の展開図というか、
英語会の見取り図が透けて見えるやも。。

そんなメンバーです。

また、
参加の名乗りをあげた生徒さんたちも、
実にいろいろな学校から登場。

「このレベルの子たちが大分にも出てきたのかぁ〜。。」

なんていう視点で楽しめることうけあい。

私もこっそり楽しもうと思います。

いつもいいますが、
単純に受験のことだけを考えても、

2020年がXイヤーです。

大幅に、

「読み・書き」

を中心とした試験内容からのピボットがなされます。

そうした時に、
詰め込めば何とでもなるものに今から時間を割くのか、
それとも、
積み重ねていかねば、
つけヤイバでは対応が困難であろう種類のものに投資するのか。

冷静に見極めれば、
どの道を進めばいいのかは明白です。

そうな視点にたって考えると、
先日ニュースにもなった商業高校の生徒さんたちによる英語コンテストや、
今週末に鹿児島県で開催予定のTEDxなど。

注目していきたい行事も浮き上がってくると思います。

コミュニケーションの為の英語。

会話の為の実践英語。

ここにフォーカスせずになにをするのか?

そんな風に思います。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします!


続きを読む”英語コンテスト”

2015年10月29日

海外生活のススメ

2015年10月28日 16:25

DSC_0472.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「海外生活のススメ」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
みなさんの身の回りにも、
海外に拠点をおいて生活をしている方はいますか?

先日、
WOODSTOCKの園児さんだったRちゃん一家も、
渡米しましたよね。

私の知人・友人も、
ここ二三年の間に、

海の向こうにお引越しするケースが増えてきています。

理由は様々ですが、
子育てをきっかけに。。。

というパターンも少なくないようです。

知り合いのSさん一家に、

「どのへんが決め手になったわけ?」

とラフに尋ねてみると、
こんな答えが返ってきました。

「海外の多様性のあるところで子供を育てた方がいいと思ったから。」

どうでしょうか?

彼らは、

シンガポールで暮らし始めてちょうど2年なのですが、

あちらは、

「多民族国家」

なので、

中国人・インド人・ミャンマー人・マレーシア人と、

いろいろな国籍の人間で溢れかえっています。

その結果、

誰がスタンダードで、

という考えがそもそもなく。

自然とダイバーシティに身を置ける。

日本人としてのアイデンティティーも強まる。

幼少期から、

国籍のかべのようなものを取り払えるのも魅力。

へ〜沖縄出身なんだ、

私は秋田。

国が違っても、

この程度。

また、

幼稚園や小学校でも、

主に英語・中国語で指導・ケアがなされるので、

早々と母国語プラス二ヶ国語をゲットできる・・。

このファミリーのパパさんがいつも言うのは、

「結局、僕ら日本人って。知らず知らずのうちに、欧米人を中心とした、
英語人にコンプレックスを抱いているんだよね。でも。一緒にいることに慣れると、
自然とそういったバリアもとれるから、中学校なんかで覚えた英語で十分対応出来るようになるんだよ。
もちろん、ブラッシュアップする必要はあるけど、生活するだけなら十分だよ。」

いかがでしょうか?

手段を手段で終わらせない為に、
英語をバンバン使い倒せるマインドを育むこと。

実は、
こうしたことの方が、
価値があったりするのかなぁ?

なんてことを思います。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む”海外生活のススメ”

2015年10月28日

イケメン

2015年10月26日 18:37

DSC_0822.JPG
こんばんは!

いつもお世話になります。
今夜のテーマは「イケメン」です。

良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKインターナショナルスクールが、
サッカーチームのカティオーラさんとコラボで運営をしている、
英語でサッカーを学べてしまう、

「GLOBISH」

ですが。

先日から、
人材補強という意味で、
面接と、
実技試験を行っていました。

だから、
スクールに何やらゾロゾロと、
知らない顔が出入りしていたわけです。

送り迎えの際などにお気付きになりましたでしょうか?

ちなみに、
技能テストの会場は、

大在ダイソーさん裏手の、

大分東フットサルパーク。

正式名称は、

「Risana Rosso」

といいます。

私も通訳として、

先日は参加させて頂きました。

んで。

子供達の反応はもちろんなのですが、

テストの様子を見守る、

ママさんたちの黄色い声に思わず吹き出しそうで・・。

「イケメンが多いよねぇ〜。」

「普段どこにいるわけこの先生たち・・」

「リサーチしようよ〜」

サッカーそっちのけ 笑

でも平和でなんか良かったです。

キッズ諸君はというと、

机に座ってゼロから英語を学ぶ感じではないので、

試合中に、

もちろん英語で、

「スペースを見つけてボールを動かそう!」

と言われれば、

それなりに対応しますし、

ハイファイブなどの、

テンション高めの褒め言葉やジェスチャーに、

みんないい顔で楽しんでくれていたように思います。

また、

外国籍のコーチというだけで、

海外トップリーグの選手と時間を共有しているような錯覚をおぼえるのか。

時間を忘れて走り続ける彼らの姿がとても印象に残りました。

WOODSTOCKのみんなも、

11月の体験会に参加してもらえるように、

調整しますので、

どうぞお楽しみに〜ww

ちなみに。。。

わたし。。


バッリバリのサッカー小僧でした。

こう見えて。

ボールの蹴り方しかしらない、

手に負えない小僧でした。

大学に進学するか、

ブラジルにサッカー留学するか本気で親に相談して、

げんこつを頂戴したほど。

校庭のまわりを走りすぎるので、

台風の日とかも。

「頼むから警報が出てる日くらいはおとなしくしててくれ」

と、

先生らに止められたほど。

毎日飽きもせず、

グランドで朝の6時過ぎから一人で朝練するので、

あきれた先生たちが、

ゴールキーパー役を買ってくれたほど。

だから、

こうしてサッカーに間接的ではあっても関われていること。

本当に不思議で、

縁を感じています。

勉強には不真面目でしたが、

サッカーには東三河イチ真面目でした。

ただ、

今振り返れば、

サッカー選手以外で、

蹴球と関わるつもりなど、

毛頭ありませんでした。

ですが思うのは、

あの時死ぬ気で白と黒の柄のボールと向き合っていたから、

いまこうしてサッカーキッズの背中を追っかけられているような・・・。

とまぁ、


自分大好きB型園長によるとりとめのない日記でした。。


本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

P.S. WOODSTOCKの保護者様方へ

本日の「連絡帳にかえて」のなかでふれました、
大分国際車イスマラソンの応援ツアー。
いい機会ですので、
ご都合がつけば是非参加してみて下さい。
また、
いろいろな方のご協力で、
来週後半、
代表の3選手がスクールに遊びに来て下さいます。
お楽しみに〜w


続きを読む”イケメン”

2015年10月26日

明日香学園

2015年10月23日 20:33

DSC_0263.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「明日香学園」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今日の午前中、
駅前の明日香学園さんで、
簡単な授業をさせて頂きました。

テーマは、

「国際人としての準備の仕方」

「外国で仕事を得る方法」

「日本人だって海外に出て仕事を探そうとしている時代」

「この国で外国籍の方が仕事を得る方法」

など。

あ。

生徒さんの95パーセントは、

海外から勉強に来ている外国籍の生徒さんでした。

ですので、

上のようなテーマになったというわけです。

私は、

英語屋なので、

出発点は、

日本人の英語スキルをどのように引き上げていくか?

という所なのですが、

いろいろなご縁を頂き、

海外の方に向けて、

日本人からの視点で、

今日のようなお話をさせて頂く機会も増えてきました。

面白かったのは、

海外の人たちからすると、

「日本に行けば仕事がある」

というアイデアがまだまだ太いという事実。

こちらサイドからすると、

人口減少によるマーケットの縮小により、

レッドオーシャンと化してきた国内だけでは、

非常にリスキーだと感じているわけですが、

途上国出身の学生さんや、

先進国であっても経済的にダウン傾向にある国から渡航してきた若者たちからすると、

いまだここ日本は、

それなりのブランド力を保持しているのだなぁという感じで。

インドはこれから魅力的な市場になり得ますよね〜。。

なんて話をふると、

一部の近隣諸国、

中でもネパールの方々などからすると、

「いやいや〜分かっていないなぁ〜」

なんていう反論をもらったり。

いろいろと、

意見交換も出来、

講釈たれに行ったはずの私の方が、

勉強させてもらいました。

学生さんたちと共通見解としてシェア出来たのは、

「やはりこれからはどう考えても英語は必須。しかもTOEIC700あたりなんてのは、もはや最低ラインで、仕事で使えるレベルでない限り、必要人材とは見てもらえないよね〜。んで、英語だけ出来る人間は世界に五万といるわけで、特筆すべきスキルの一つ二つのうえに、英語があってはじめて評価される。また、自国のアイデンティティーを持たない、のっぺらぼうでは勝負にならない。」

というようなところ。

いかがでしょうか?

また、

彼らは何というか、

ガツガツしていました。

私たちが、

治安面でも、

経済的にも、

教育的にも、

世界トップクラスの環境下でぬくぬくとしているうちに、

知らず知らずに落としてきてしまった、

モチベーションのようなものを、

間違いなく、

青き焔と共に彼らはしっかりと抱いています。

こんな連中と、

時世代の日本人は競い合って行かねばならないわけです。

もたもたしていたら、

彼らの熱に焼かれてしまいます。

走り続けるウサギでなければ。。。

なんていう、

どっかのCMのフレーズを思い出させてもらった、

そんな1日になりました。

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。

本日もありがとうございました。

素敵な週末をお過ごし下さい。

P.S. 私、明日は大在で英語サッカーチームGlobishと合流し、
しのごの遊んでいます。おヒマな方はどうぞw


続きを読む”明日香学園”

2015年10月23日

お帰りなさい!

2015年10月22日 21:36

DSC_0527.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「お帰りなさい!」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今日の午前中のことです。

WOODSTOCKに、
彼女が挨拶に来てくれました。

そうです。
あの高校生。

今年の冬、
フィジーに単身乗り込んだ、
スーパー高校生みさきさんが、

帰国後はじめて、
子供たちの顔を見に来園してくれました〜w

南の島フィジー:フィジー共和国、通称フィジーは、オセアニアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はビティレブ島のスバ。南太平洋のフィジー諸島と北に500?程離れた保護領のロツマ島に位置する島国である。300余の火山島と珊瑚礁からなる。西にバヌアツ、東にトンガ、北にツバルがある(ウキペディアより)

に英語の勉強と、
独り立ちなどを目的に、
若きティーンが、
旅立ったのが今年の初め。

向こうでインド人ファミリーとホームステイをしながら、
英語で行われる現地での授業に計画通りついていく為に、
WOODSTOCKで、
インターンとして園児諸君と数ヶ月の間、
生活をしてくれた彼女です。

年中さんと年長さんを中心に、
何処に留学していたか、
何を目的としての留学だったのか、
渡ってみて実際どうだったのか。

就学前の子供たちに、
果たしてどの程度伝わったかやや不確かではありますが、
傍で様子を見ていて感じたのは、

「あ〜やっぱりちゃんと覚えているんだなぁ。なんかいいなぁ。」

というフィーリング。

みさきさんも嬉しそうで。
子供たちもハッピーで。

素敵な空気に包まれた、
あたたかな朝のひと時になりました。

「英語は今後必要ですよ。一緒に頑張りましょう。私も負けないように頑張るから!」

彼女がやさしく投げてくれたこのメッセージが、
ちびっこ諸君にもきちんと届いていたように思います。

近況ですが、

彼女はいま、

別府の高校の特進科で、

勉学に励んでいるとのこと。

将来をきちんと見据え、

虎視眈々と野望に向けて歩みを進めているあたりは、

なかなか侮れません 笑。

私も職員も、

いい刺激をもらいました。

Oita Speaks英語コンテストの会場で、

会えるかなぁ。。

会えるといいなぁ。。

なんて、

回りくどいプレッシャーなんぞを送りながら、

今夜のブログもエンディングです。

また機会があれば、

留学の際のいろいろな感想を聞かせてもらって、

こちらでお知らせ出来たらなんて、

これまた勝手に考えています。

みなさんも。。

聞きたいですよねw

・・・だそうですよ 笑

では、


本日もお疲れさまでした。
またたくさんありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”お帰りなさい!”

2015年10月22日

採用基準

2015年10月21日 20:49

DSC_0033.JPG


こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「採用基準」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKを通して、
また、
兄妹プロジェクトのFlip it!オンライン英会話を通して、
県内外のたくさんの英語関係者さんとお知り合いになれるのですが、

それこそ、
今日、
とある英語教室の先生に、

「WOODSTOCKはどのような基準で先生を採用していますか?」

と聞かれました。

今夜はこのあたりをツイートしてみます。

私たちのチームの場合、
大きく分けて、

ナーサリー部門担当者と、
英語部門担当さんの、
二つのポジションに対して、
人材を配置する必要があります。

まずは、
共通項から。

え〜。

一言で片付けると、

「私より優秀な人間」

がラインです。

優秀といっても、
様々な考え方がありますが、

ここでいう優秀とは、

「自分にない強みを持っていて、チームにとって欠かすことの出来ない存在になってくれる人か否か?」

ここにつきます。

正直、

履歴書などどうでもいいです。

だって、

学歴なんかは、

言葉は荒いですが、

詐称できるし。。

とか考えています。

半分本気で、半分冗談です。

それに、

その人がどんなに面接で饒舌に語れる種類の人であったとしても、

「人の言葉は当てにならない。その人の本音は行動に出る」

という、

映画バットマンの中でブルース・ウエィンが語ったセリフが頭をもたげるので。

インタビューの内容はあくまで参考まで。

基本的には、

デモンストレーションを通して、

その人物を観察させてもらっています。

で。。

ナーサリーさんは。

結果から言うと、

「何十人もの怪獣くんを演技ではなく心の底から包み込める人物か?」

「思ったことをどの程度第三者に伝えられる人物か?」

「視野は広いか?」

「時には言いにくいことを顧客に、また時には同僚にも提言できる人か?」

「バランス感覚は?全体を見た上で、時に自己犠牲姿勢をとれるか?」

「提案力は?ゼロから1を生み出せる人物か?」

こんなところを気にしています。

この採用基準的なものが、

原因かどうかはよく分かりませんが、

WOODSTOCKの現場を支えてくれているナーサリーチームの定着率は、

全国的にみても高いのではと思います。

身内話になりますが、

Aさんは、

園のダイナモ。

言いにくいことも仲間のために、

園のためにはっきり提言出来る人物で。

スキルアップの為に、

カウンセリングや心理学も勉強中。

Bさんは、

バランス感覚に優れ、

自己犠牲プレーを自然とできるオールアラウンドプレイヤー。

保護者様型の信頼もあつい。

Cさんは、

私が知り限り、

おそらく大分でも随一。

無垢な子供に対して、

技術だけではなく、

心から自然と向き合える貴重な人材。

Dさんは、

外国籍の職員との架け橋となってくれていて、

ゼロから1を生んでくれる頼りになるプロフェッショナル。

年下ですが、

頼りになる兄貴分。

Eさんは、

相手の気持ちを汲み取るのがとても上手で、

保護者様との連絡帳を通したやりとりも任せて安心。

上司である私にも、

安易に同調しない貴重な存在。

と簡単にまとめるとこんな感じ。

↓ jump ↓

では、

英語担当は。

Aさんは、

この人が居てくれるから、

スクールがまとまっている、

と言っても過言ではない存在。

なんでも器用にこなすユーティリティープレイヤー。

Bさんは、

見た目とは裏腹に、

プログラム作りや、

イベント企画をさせたら日本でもピカイチの人物。

レッスン回しも上手で、

将来もっと素敵な先生になるであろう人物。

Cさんは、

いろいろなシチュエーションに対応が出来る、

器用な人物。

父性を前面に出せるプリスクール向きの、

安定感のあるティチャー。

Dさんは、

派手さはないものの、

誰も見ていない場所であっても、

きっと期待以上の仕事を黙々とここなしてくれる、

信頼をおける人物。

Eさんは、

根っからのやさしさで、

どうしても甘くなりがちな子供に対しての職員全体のバランスをとってくれる、

スクールのお兄さん。

Fさんは、

ケアにあたるオトナが楽しく働くことが、

子供に対していい影響を及ぼすことを知っている、

職場のムードメーカー。

・・・・。

園に関わって下さっているママやパパには、

どれが誰をさしているか、

すぐに分かってしまうかな 笑。


結局、

私には出来ないことを、

さらっとしてくれる人間の集まりなので、

今のWOODSTOCKやFlip it!は一枚岩なんです。

最近などは、

私など、

お邪魔な存在になり始めていて・・。

ちびっこと戯れたいので、

カメラをもって入室するのですが、

雰囲気を壊すだけなので、

なんだか寂しいくらいで。

ただ、

最後に私のミッションを記載するのであれば、

このチームを守ること。

これに尽きます。

子供たちの英語の伸びも、

健やかな成長も、

保育施設であり、

英会話教室であるあの場所を、

現場プレーヤーとして回してくれる彼らがいてはじめて保証されます。

であれば、

私の担当は、

このメンバーの居場所を間接的であっても守ること。

また、

ちょっと水っぽい話になりますが、

給与面でも高い水準でなければ、

彼らが長い期間、

安心して勤務することは難しくなります。

だからこそ、

英語をキーワードに、

いろいろなプロジェクトを立ち上げ、

ここで得た収益を、

仲間に還元することが、

巡り巡って、

子供たちの進化につながると信じています。

みなさんはどう思われますか?

はい。

長すぎるブログと称されるこちらのブログ、

今夜は確実に長くなっているので、

まとまりを欠いたまま、

ここいらで強制終了したいと思います。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”採用基準”

2015年10月21日

2015年10月20日 20:21

DSC_0002.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「出張授業」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今日は私個人の話。

「英語には興味はあるが、おまえにはね〜よぉw」

という方は、
アップしてある写真にだけお目をお通し頂き、
さわやかにご退室下さいw

ないしは、

「英語屋は何してるん?普段。平素。」

というアプローチで読み進めるのは、
私に興味がなくてもありかもしれません。

では。


↓   jump  ↓


さて最近、
ちょくちょく、
いろいろな施設に呼んで頂き、
えらそうに、
お話しさせて頂くような機会が増えてきました。

もちろん英語の話。

でも、
それで、

「やりたいこと」

と、

「やらなければいけないこと」

に時間を割けなくなるのは不本意なので。

スタンスは基本的に変えずに、

原則リズムキープで。

軸足はもちろんWOODSTOCKに置きながら。


「3つお話しを頂戴して1っこだけうける。」


的なペースで受けたりしています。

今週も一箇所。

大分市内の学校さんへ。

1コマだけですが。

テーマは、

「外国籍の人間がこの土地(日本)で仕事を得る方法。」

といった感じです。

内容は。。

パワーポイントを使って。。

まだ考えていません 笑

え〜。

外国籍の生徒さんが、

私の話を聞いてどんな感想をもってくれるのか?

質問はどんな種類か?

楽しそうなので、

喜んで伺わせて頂くことにしました。

ちなみに、

頂いている材料としては、

「仕事で使えるレベルの英語と日本語をいかに身に付けるか?」

「どのレベルの、またどういった方向の日本語と英語を習得すると、その結果、どういった種の産業の仕事に就けるのか?」

ここいらあたりに学校さんとしても少々悩んでいるようで。

このあたりについてえらそうに講釈して来ようと思います。。

また報告します〜w

でも。

これもやはり時代が理由ですよね〜。

同じように、

当然、

「どのようにして海外で職を得るのか?」

このテーマについても。

相変わらず熱がありますし。

グローバルですね〜。

みなさんはどう思われますか?

はい、

今夜もこのあたりで。

本日もありがとうございました!

明日もどうぞよろしくお願いします。

続きを読む””

2015年10月20日

運動会!

2015年10月17日 17:33

DSC_0995.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマはもちろん「運動会」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
やってきました〜!
行ってきました〜!
楽しんできました〜!

WOODSTOCKスポーツフェスタ2015、
大銀ドームさんの傍で、

たくさんの来場者様と一緒に、
ちびっこ軍団のお披露目会を堪能させてもらいました。

いや〜。

秋空すぎて日焼けしました〜。。

もうすでに・・痛い。。。

今日お越し頂いたパパ・ママはいかがです?

それにしても。。

各クラスのダンス。

今年も素敵でしたね〜。

カメラ越しに覗いているのが悔しくて、

特に今年最後のFMさんの時は、

心に決めて、

「肉眼でしばらく見たい。焼き付けたい。」

と。。

それでのぞんで、

こっそり涙して 笑

あ〜感動した。

本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。

普段はあんなにがちゃがちゃしてんのに、

やっぱりやる時はやれちゃうのがWOODSTOCKの園児さん。

あなたたちを誇りに思います。

出会ってくれてありがとう。

またいろいろ思い出を作ろうね。

かけっこも、

だるまも。

キャタピラーも。

玉入れも。

ぜんぶ全部かっこ良かったよw

週明け、

またたくさんハグさせて下さいね。

最後に、

保護者様方へ。

今年から。

会場も変更になり。

いろいろとご不便おかけしたことと思います。

行き届かないところもおおく。

何かとご迷惑もおかけしたことと存じます。

しっかりと、

反省・改善会での内容をシートに記録し、

次年度に活かしながら、

園の運営を進化させていきたいと思います。

だた。

みなさんのおかげで。

私たち職員も心の底から一緒になって楽しめました。

いろいろとありがとうございました。

生まれ変わっても。

またWOODSTOCKの保護者様になって下さいねw

では。

いい加減疲れました。。

ちょっと運動しないと。

年齢的にも。

アンチエイジング万歳。

素敵な週末をお過ごし下さい。。

いろいろとありがとうございました!!!

続きを読む”運動会!”

2015年10月17日

テーマ:
2015年10月16日 20:06

続きを読む””

2015年10月16日

OITA WORLD FESTA 2015

2015年10月14日 20:07

DSC_0116.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「OITA WORLD FESTA 2015」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今日は1日、
英語スピーチコンテストの協賛企業・サポーターさんめぐりをしていました。
WOODSTOCKインターナショナルプリスクールの卒園生諸君の将来を照らす為の大切なイベントでもあります。
ですので、
ちょっと張り切っていますw


そんな中、
有難いことに、
大学コンソーシアムさんも、
サポートして下さることになり、
いろいろなお話しをさせて頂く中で、
今夜のタイトルである、

おおいたワールドフェスタの話になりましたので。

勝手に気ままに紹介させて頂きます。

「世界をまるごと楽しもう!」

というテーマで、
今月の10月31日にホルトホール大分で行われるこのイベントは、
大分市の主催で開催されるアニュアルイベント(定期行事)で、
今回で10回目を迎えます。

様々な国の音楽やダンス、
ファッション、
伝統や文化に触れ合うことで世界を身近に感じることができる、
そんなイベントになっています。

日頃から、

「英語はさせてるけど、子供には実戦の場を設けたいのよね〜。。」

なんていうふうに、
考えていらっしゃるママやパパにもいい機会かと。

また、
13時から、
英語スピーチコンテストOita Speaksの協賛をして下さる、
大学コンソーシアムさん主催で、

「留学生日本語スピーチコンテスト」

も行われます。

県内各大学より、
留学生が参加します。

日本での留学生活の中で、
ネパール・タイ・ベトナム・インドと、
様々な国出身の彼らが感じている様々なことを、
言葉にしてくれるようです。

ダイバーシティだとか、
グローバル化だとかいうものは、

語るだけではどうにもならない類のものです。

こうしたところに積極的に身を置き、
体験して、
また耳を傾けることで、
カラダに染み込んでいくものだと思います。

「うちの子はまだ小さいからなぁ。聞いても意味が分かんないかも。」

いいんです。
意味なんてわかんなくても。

それよりも、
何かを感じることの方が100倍大事。

知識を得るよりも、
新しい感覚と出会うことに意味があるのですから。

ですので、
31日(土曜)、
まだフリーの方は、
ぜひ様子をのぞきに行かれて下さいね。
良かったら、
また感想なんぞをお聞かせ下さい。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”OITA WORLD FESTA 2015”

2015年10月14日

現代の運動会。

2015年10月13日 21:19

DSC_0333.JPG

こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「現代の運動会。」です。
良かったらお付合い下さい。

先日、
英検がWOODSTOCKで行われた土曜日のことです。

世間は3連休ということで、
私もちょっと休日の雰囲気をわけてもらおうと、
午前中のカフェにヒョコッと入りました。

珈琲とトーストを注文して。

バッグに入れていた、

「モウリーニョがどうのこうの」

という本をペラペラ。

ひたすら、
チェルシーやインテルを率いてきた、
サッカー界の偉大な監督について、
また。
イタリアサッカーの込み入った事情が延々・・・。

ちょっと活字にもたれたので、
何となしにラックにあった新聞を手にとりました。

そこで見つけた、

大分県の地元紙、

大分合同新聞の。。

「大分合同東西南北」

お読みになった方も多いのでは?

中身は。

とある小学校で行われたであろう、
運動会に触れた記事で。

テーマの中心は、
主役であるはずの子ども達の様子。。

ではなく、
場所取りを任された父親たちの奮闘ぶりについてや、
ビデオ撮影に忙しいペアレントの様子云々。

肉眼で見たい!
見なきゃという気持ちはありながらも、
当日参加できていないファミリーの為にカメラを回す。

これは理解出来ます。

が。。。

驚かされたのは、
騎馬戦での怪我を防ぐため、
一騎に一人大人がついたという話。。

はっきり言おう。

私はとんがりくんなので。

バカバカしい。

そんなお遊戯会など今すぐヤメテしまえ。

以上・・笑。

これ。

みなさんの意見を聞いてみたいなぁ。

怪我の一つもすればいい、

そこまでは思いません。

ただ、

「リスク」

を取り除くことが、

教育の目的なのか?

違うでしょ。

リスクをどのようにとるかを教えることこそ、

本来子供たちに指南しなければいけない要素なのに。


私は個人的にはそう思います。

失敗から学ぶことも多いはず。

失敗からしか学べない種のものも存在する。

一生誰かがついて回るのか?

んなバカな。

もちろん、

学校サイドからすると、

怪我を理由に訴えられたらたまらん。。

そんな思惑も当然あるのでしょう。

そんなご時世です。

ですが、

経営と、

教育は、

別物として処理せねば。

にっちもさっちもいかんでしょう。

って思います。

はい。

炎上覚悟のツイートにお付合い頂きまして、

ありがとうございました 笑

拡散。

してもいいですよ 笑・・。


それでは今夜もこのあたりで。

本日もありがとうございました。

運動会まで残り4日。。

明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”現代の運動会。”

2015年10月13日

Inspire community!!

2015年10月 9日 18:43

DSC_0294.JPG
お世話になります!

今夜のテーマは「Inspire community !!」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
先日から、
ちら〜とツイートしてきていますが、
来月11月の29日(日曜)、
ホルトホール大分大ホールにて、

英会話スピーチコンテスト、

「Oita Speaks 〜inspire community〜」

が行なわれます。

対象は、

「英語を第一言語としない国出身の小学生〜大学生」

です。

大分で暮らす学生さん!

こんなチャンスは滅多にないですよ!

来たれ!

んで、

大ホール、

ご存知ですか?

1200人とか入っちゃう、

かなりビッグな器です。

なかなかこのサイズの舞台にたてるチャンスもないかも。

そしてまた、

審査委員として、

あんなところや、

こんなところから、

英語関係者の皆様が集まります。

県内の主要英会話教室さんを中心に、

できるだけたくさんの英語人に声もかけています。

「こんな子が大分にもいるんだね〜」

というように、

ハイレベルな同世代にふれ、

触発されることはとても意義があることです。

また、

「数年後には私もあのレベルまでいけてるかしら?」

なんて、

上の世代を知ることも同様に意味がありますよねw


普段交流をもてない、

他の英会話教室の先生や、

英語関連施設の方々とのチャットなんかを楽しむ、

そんないい機会にもなるかと思いますので、

良かったら、

というより、

絶対来た方がいいですよ。

何より。。。

「無料=0円」

ですし。

参加者様は、

ちょっとだけ申請料がかかりますが。

はい!

拡散希望!

盛り上げたいので、

お知り合いの方や、

全く知らない人でもいいので、

お知らせ・連絡のほどお願いします!

それでは、

井の中の蛙大海を知る!的なコンテスト。。

みんなで楽しみましょう〜

*要項などをご希望の方は、
http://oita-speaks.comをご覧下さい。
こちらのHPで応募用紙もダウンロード出来ます。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”Inspire community!!”

2015年10月 9日

近未来予測

2015年10月 8日 18:56

DSC_0133.JPGこんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「近未来予測」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
2020年のオリンピックのこと、
いろいろなところでニュースになっていますよね。

今日、
ガソリンスタンドで、

「anan」

読んでたら、
オリンピックの頃には、
日本はこんな感じになってる〜!

というような、
記事がありました。

インフラがどうの、
人口がどうのこうの、

というような事例に混じって、

「ハチ公が15ヶ国語を自在に操り各国からの選手やゲストをもてなす!」

というようなものもありました。

ハチ公が実際にそうなるかどうかは分かりませんが、
紙とペンを持ち出して、
5年後の世の中どうなってるかなぁって。

なんか飲みながら、
呑みながらでもいいですし、
白紙ペーパーと睨めっこすることって、
とっても有意義なのでは?
なんて思います。

どうでしょうか?

で。

20年ほど前に撮られたSF映画を観直すと、
現在は実現している数々の技術が、

当時からすると、

「将来、こんな風になるんじゃないの?」

というような見地から描かれ、
またそれがズバリと当たっていることに驚かされます。

もちろん、

「iphone」

のように、
誰にも予想し得なかった事態も稀におきますが、
(電話が小さくなるのは予測されていましたが、これほどの普及率とは誰もゲスしてなかったという意味で)

現時点で、
大方、
5年後に、
もちろん、
15年のちに、

必要とされるスキルなんかも予測がつくわけです。

その一つが、
はい、

「英語でなくて英会話」

なんです。

書く。

読む。

これは詰め込むだけなんで、

暇ができたらすればいいんです。

幼少期に出来ていないといけない理由がどこにもない。

あるとすれば、

親の虚栄心を満たす為?

でしょうか。

今夜はちょっと毒がつよいなぁ 笑

悪意はないんですが、

分かりやすく理解してもらえるように、

わざとトンガって書いていますw

というような、

言い訳交え、

もう少し。

5歳児が英検何級に見事合格!

とかたま〜に小さなニュースになりますが、

あんなものは、

一部の自分の頭で考えることが出来ない、

Mr.childrenを煽る為の作り上げられたニュースに過ぎません。

砂場遊びの延長線上に、

自学自習で突破した!

とかであれば、

おもしろい話ですが、

大人が人参ぶら下げて、

「受かったら妖怪のやつ買ってあげるから!」

こうなるともう悲惨でしかないですよね。

こんなことばっかしてきたから、

日本には、

資格はあるけどしゃべれませ〜んゾンビを生み続けてきたわけです。

同じ失敗をいつまで続けるんだって話です。

私たち大人が意識すべきは、

いつもいいますが、

「子供の頃の感覚」

を忘れずに持ち続けることです。

バカしてくれる大人の言うことだから聞くわけで、

勉強ばっかりしてっとアホになるぞ!

ってわざと崩してくれる人間だから、

心を開けるわけで。

みたいな。

なんとなく、

伝わると嬉しいです。

あの、

こちらのブログ、

カウンターで読んでいただいてる方の数が出るのですが、

1day数千件あります。

理由は、

英語のことに特化して書き続けているから、

もう一個、

英語は英語でも、

読み書きを基本的にが否定しながら、

会話英語を推奨し続けているから、

かと、

自分では思っています。

今が、

2005年なら、

読み書きでした。

ただ、

これからは、

ちがうでしょ。

ってだけのこと。

みなさんはどう思われますか?

タイプするのに疲れたのと、

お腹が空いたので、

ここいらで強制終了します。


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”近未来予測”

2015年10月 8日

危機感

2015年10月 7日 19:17

DSC_0019.JPG
こんにちは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「危機感」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
唐突ですが、
みなさんの身の回りで、
海外で仕事をしている人はどの程度いますか?

最近確実に増えていませんか?

私の友人も、
大学や高校時分のですね、
今日現在、

何人も日本の外で職を得て働いています。

年々増えています。

この数も。

東京で、
いわゆる貧乏学生時代を共にした友人のHさんなどは、

現在インドでレストランを経営中。

ちなみに、

旦那さんはイスラエル生まれののナイスガイ。

また、

Sくんなどは、

ベトナムの工場で多国籍軍団の管理業務に就いています。

彼は、

日本との取引を中心にしている外資系の会社の一員で、

従業員さんに日本語を習得させたいようで、

WOODSTOCKにコンタクトととってきました。

オンラインシステム使わせてって。

そして、

同じ越南(ベトナム)の北側で、

知り合いのUさんは、

同国政府と水道を中心としたインフラ整備に尽力する青年実業家。

Oくんは、

先月末で、

香港→シンガポールと続いた海外暮らしに終止符をうち、

日本に一時帰国中。

総合商社の一員として、

アジアを中心に今後も飛び回るようです。

先週、

ロスから帰国したミニアフロ頭のAくんがこんなことをボソボソ言っていたのが印象的で。

「あのさ。。おれ帰国して日本に数日いて確信した。むこうにいる時から。。。あれ?もしかして。まさか?とか思ってたんだけどさ。うわぁー。。」

「何言ってんの?ゼンゼン意味わかんないからはっきりsay!」

「うん。日本人くらいだよ。世界的にみて、これだけ知名度がある国なのに英語がここまで出来ない国民って。。」

「。。。。だな。。。。」

いかがでしょうか?

この場合、

持つべきは友ではなく。

「危機感」

です。

人材がなだれ込んできてからやばいやばいでは遅いですし、

外に出たい、

ないしは出なさい!

というような状況になった時に狼狽えても、

時すでになんちゃらです。

対岸の火事ではなく、

リアルに現状を見つめましょう。

受験もいいですが、

国内でしか価値を持たないものだけに、

振り回されないようにせねば。

時間は有限なのですから。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
木曜もひたすら学び、
命がけで遊びましょう!
明日もどうぞよろしくお願い致します。

P.S. ちなみに、持つべきものは友ですよw


続きを読む”危機感”

2015年10月 7日

会話における沈黙のルール

2015年10月 6日 19:43

DSC_0153.JPG
こんばんは!
火曜の夜ですが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

平日が開ける月曜日、
その翌日におとずれる火曜日。

今夜を迎えると、
なんだかエンジンがかかってくる、
そんな方も多いのでは?

今日のテーマは「会話における暗黙のルール」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
10月の7日は、
ルール周辺をツイート。

英語において、、、。

いやいや。

日本語での会話においてもでしょうか。

「聞き返すより、分かったふりの方が100倍失礼!」

だと思います。

一応、

同僚にも確認しましたが、

英語の場合、

英語が第一言語ではない者同士が話しているシーンが多いので、

特に気をつけたいポイントのようです。

「うんなこと言ったって、具体的にどうすりゃいいのさ?」

なんて声が聞こえてきそうなので、

以下のフレーズをご用意しました。

昨晩のブログに引き続き、

実戦で使えるフレーズなんで、

ぜひ染み込むまで使い倒して下さい。

1、I did't get it.

「分かりませんでした。いまの。」的な。

2、What did you just say?

「今なんて言ったんですか?」的な。

3、Could you say that again?

「もう一度言ってくれないかな?」的な。

いかがでしょうか?

難しくはないでしょ?

明日、

会話の中で、

わかってても、

あえてこれらのフレーズを連発して下さいw

体に染み込ませましょう。

するとほら。

みるみるレベルアップしますよ。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

昔の人は上手いこと言ったものですね。

はい。

それでは今夜もお後がよろしいようで。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”会話における沈黙のルール”

2015年10月 6日

学び力は何点?

2015年10月 5日 18:11

DSC_1119.JPG
こんにちは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「学び力は何点?」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
私たちは、
子供の頃から、

「学校の授業の中」で、

「近所のお友達とのやりとりの中」で、

たくさんのことを学んできました。

意識する・しないは別にして。

勉強はもちろん。

喧嘩の仕方。

友達との関わり方。

自転車の乗り方。

ラブレターの書き方。

ゲームの攻略法。

部活での活躍の方法。

点数の上げ方。

宿題を忘れた際の切り抜け方。

などなど。

そして、

こうしたもの全てを競技とした場合、

綺麗事をとっぱらうと、

「順位」

のようなものは必ずついて回りました。

そうした場合に、

いつも上位に顔を出すメンバーに共通していたもの。

それこそが、

今夜のタイトルにある、

「学び力」

です。

この力、

簡単に説明すると、

「コーチや監督といった、その道の知識が豊富で、技術的指導に優れた人、または年長者で自分よりもある分野の技能レベルが高い人から教えを請う場合などに、与えられた情報を正確に解釈して、効果的に自分の技術に置き換えていく力。」

といった感じでしょうか?

このスキル。

年々高めていきたいですよね。

だって、

同じ教材、

同じ時間、

同じ先生、

つまり、

同環境であっても、

生徒、

またはこれに準ずる立場である以上、

学び方の技術は確かに存在します。

高ければ高いほど、

効率的に、

また、

比較すると、

他の生徒よりも、

短期間にレベルアップできるわけですから。

これを、

英会話に置き換えると、

「いかにわからないものをそのままにせず、不明な点にぶち当たったら、
その都度質問するか?そして出来るだけ、その場で自分のものに出来るか?」

このあたりが、

身につき具合のスピードをわける点になるのは間違いありません。

具体的には、

以下のような質問を使えているかどうか。

いきます。

↓jump↓


1、なんて言ったの?
"What did you say?"

2、もう一回言ってくれませんか?
"Could you say that again?"

3、それ、どういう意味ですか?
"What do you mean by that?"

4、聞き取れなかったところにwhatを入れる聞き返し方。
さっきの傘がなくてびしょ濡れ、という文章なら。
話し手が
"Since I was out, I didn't have an 《umbrella》." "So I got wet."
という文章、傘の部分が聞き取れなければ
"You didn't have what?"
というように、
「は?何を持ってなかったって?」
と聞けばOKです!

↓jump↓

いかがでしょうか?
英会話に限らず、
分からない点を流さずに、
しつこく聞く。

ないしは、
レッスン後に調べるなどの復習をする。

これって、
基本ですよね。

ただ、
この基本を続けるのが、
習慣になっていないと、
できなかったりするんです。

ですんで、
まずは、
身体に染み込ませるべく、
この4つのフレーズを連発しましょう。

みるみると、
レベルアップしていくはずです!
ぜひ試して下さいね!

では今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”学び力は何点?”

2015年10月 5日

2015年10月 2日 19:48

DSC_0567.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「えいごネット」です。

さて、
みなさんは、
どのような手段で、
会話えいごのスキルを伸ばしていますか?

映画?
Podcast?
えいごカフェ?
教室型英会話?
オンライン英会話?

いろいろと、
手段はあると思うのですが、
特にこの日本は、
えいごの学習教材には、
本当に不自由しない、
恵まれた国だと思います。

今日は、
えいご教員の為の、
ポータルサイトで、

「えいごでニュースを読める(日本語訳付き)」

ウェブサイトを紹介させて頂きます。

URLは、

http://www.eigo-net.jp/easy_reading/150924b.html

です。

タイトルは、

「えいごネット」

です。

内容はこんな感じ。

↓jump↓

Number of newborns in Japan turns positive

The number of babies born in Japan increased 2.4 percent for the first half of the year from a year earlier, the health ministry said on Aug. 27. The data suggest that the figure for the entire year is on track for the first annual increase since 2010. A total of 508,802 babies were born in the January to June period.

[和訳]
日本の出生数、プラスに転じる
日本の上半期出生数が前年比2.4パーセント増加したと、厚生労働省が8月27日に発表した。このことは、今年一年間の出生数が2010年以来初めての増加になるかもしれないことを示している。1月から6月までの出生数は508,802人だった。

↓jump↓

いかがでしょうか?

時事ネタを、
えいごで読んで、
不明瞭な点は、
下の翻訳文をチェック。

結構つかえるサイトです。

「お気に入り」

に放り込んで、

定期的に斜め読みするだけでも、

ずいぶん効果的なサイトだと思います。

この週末の空き時間をつかって、

ぜひ一度のぞいてみて下さい。

今日は、

WOODSTOCKの運動会のリハーサルを、

大銀ドームさんの傍で行ってきました。

日に当たると、

心地よいですが、

やはり知らず知らずのうちに、

エネジーを奪われるようで、

眠気しかしません。

アンチエイジング。。。

もっと頑張らないと。

なんとか、

金曜のテープを切れそうです。

土曜保育、

また、

英検対策メンバーさんは、

明日、

スクールで会いましょう。

では。

おつかされまです。

今夜はこのあたりで。

本日もありがとうございました!

素敵な週末をお過ごし下さい!

続きを読む””

2015年10月 2日

ゴール設定

2015年10月 1日 19:04

DSC_0067.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ゴール設定」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
英語学習をされている皆さん、
今日は割と大事な内容です。

まぁ。

これまでも散々繰り返してきている類の話ではありますので。

なんか聞いたことあるし。。

って感じになる方もいるやもしれませんが。

大事な話は繰り返しても。。。

いいですよね?

では。

クイズです。。

現在の日本では、
英語は、
以前とは違って、
なんなら、
小学校から学べるような時代になりました。

それなのに、
いつまでたっても、
英語を扱える人口が伸びてこない理由は。。。
なんだと思いますか?

いろいろと理由は上がってくるとは思いますが、

一言で片付けると、

「切羽詰まってない。」

という表現でいいのかなぁと。。

そう思います。

どういうことか。。

この国だけで暮らしていると、

まだまだ圧倒的に、

英語が話せる人の方がマイノリティです。

だから、

焦りを感じない。

でもですね、

アジアあたりに、

海外旅行に行っただけで、

今であれば、

すぐに気付きますよ。

英語は、

とっくに、

「世界の標準語」

になっているということに。

タイでも。

中国でも。

香港でも。

インドでも。

シンガポールでも。

大げさな話ではなく、

今時、

話せない国民を探す方が、

なんなら難しくなってきた、

そんな時代です。

ですから、

これから先、

英語を話せないということは、

冷たい氷の上を、

靴も履かずに、

アイススケートをさせられるアイスホッケー選手みたいな感じになります。

裸足で勝負に勝てますか?

・・・・・。

ただ、

楽観してください。

この国の人々の、

英語の読み・書きスキルについては、

一定のレベルをヘッヂできています。

あとは、

「コミュニケーションをとる為に英語を学ぶ」

というゴールというか、

姿勢づくりをきっちりとして、

これまでのように、

英語に対して「時間」を投資すればいいんです。

いいでしょか?

繰り返します。

コミュニケーションをとる為に、

英語を学ぶという姿勢をきちんと持ちましょう。

なんでも一緒。

超えたいハードルがあるのなら、

目標や目的を明確にすること。

「なんで英語してんの?」

「んなもん、話せるようになるためさ!」

と即答出来るように。

この根っこがしっかり安定するば、

大方の問題は解決するでしょう。

約束します!

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む”ゴール設定”

2015年10月 1日

カレンダー

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30