WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

ゴール設定

テーマ: つぶやき2015年
2015年10月 1日 19:04

DSC_0067.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ゴール設定」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
英語学習をされている皆さん、
今日は割と大事な内容です。

まぁ。

これまでも散々繰り返してきている類の話ではありますので。

なんか聞いたことあるし。。

って感じになる方もいるやもしれませんが。

大事な話は繰り返しても。。。

いいですよね?

では。

クイズです。。

現在の日本では、
英語は、
以前とは違って、
なんなら、
小学校から学べるような時代になりました。

それなのに、
いつまでたっても、
英語を扱える人口が伸びてこない理由は。。。
なんだと思いますか?

いろいろと理由は上がってくるとは思いますが、

一言で片付けると、

「切羽詰まってない。」

という表現でいいのかなぁと。。

そう思います。

どういうことか。。

この国だけで暮らしていると、

まだまだ圧倒的に、

英語が話せる人の方がマイノリティです。

だから、

焦りを感じない。

でもですね、

アジアあたりに、

海外旅行に行っただけで、

今であれば、

すぐに気付きますよ。

英語は、

とっくに、

「世界の標準語」

になっているということに。

タイでも。

中国でも。

香港でも。

インドでも。

シンガポールでも。

大げさな話ではなく、

今時、

話せない国民を探す方が、

なんなら難しくなってきた、

そんな時代です。

ですから、

これから先、

英語を話せないということは、

冷たい氷の上を、

靴も履かずに、

アイススケートをさせられるアイスホッケー選手みたいな感じになります。

裸足で勝負に勝てますか?

・・・・・。

ただ、

楽観してください。

この国の人々の、

英語の読み・書きスキルについては、

一定のレベルをヘッヂできています。

あとは、

「コミュニケーションをとる為に英語を学ぶ」

というゴールというか、

姿勢づくりをきっちりとして、

これまでのように、

英語に対して「時間」を投資すればいいんです。

いいでしょか?

繰り返します。

コミュニケーションをとる為に、

英語を学ぶという姿勢をきちんと持ちましょう。

なんでも一緒。

超えたいハードルがあるのなら、

目標や目的を明確にすること。

「なんで英語してんの?」

「んなもん、話せるようになるためさ!」

と即答出来るように。

この根っこがしっかり安定するば、

大方の問題は解決するでしょう。

約束します!

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

« ジャパンラグビー| 大分のプリスクールTOPへ | »