WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

他国の習い事

テーマ: つぶやき2015年
2016年1月12日 18:44

DSC_0582.JPGこんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「他国の習い事」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
いつも通り唐突ですが、
みなさんは子どもの頃、
どんな習い事をしてましたか?

日本の習い事ランキング、
最新版は以下の通り。

*分母は東京都在住のまま50人です。

5位:習字・書道
4位:英会話
3位:そろばん
2位:ピアノ
1位:スイミング

では、
海外は?

日本の常識が世界の非常識かも。

こんな視点を持つために、
参考まで。

情報源がわりとピンポイントなので、
ランキングにはせずに。

まず英国。

人気なスポーツ系はやはりと言ってしまってのもいいのかな、

「テニス」

あとは、
ルーニーを生んだ英国フットボール。

お国柄が出ていますが乗馬。

それに、
舞台パフォーマンス系も根強いようです。

もう一つアメリカも。

理数系が強い国です。

だから国力が高い。

だから、

「科学教室」

なんて習い事もわりと人気。

隣国メキシコの公用語のスペイン語教室が人気なのはお国柄。

あとは、

格闘技ですね。

テコンドーとか、

カラテとか。

個人的に、

友人にヒアリングしてて面白かったのは、

やはり、

「ベビーシッター」

です。

日本ではいまのところありえないですよね。

それに、

このアメリカと英国で、

共通しているのは、

「学習塾系」

に行かせている家庭の数が本当に本当に少ない点。

考え方としては、

「学校のペースについていけない場合に仕方なく補講的に。。」

というものが根強い点。

どちらがいい悪いではないのかもしれませんが、

国が違えば教育観はここまで異なるわけです。

面白いですよね〜。

最後に。

横軸(国別)の違いによる教育観の差は以上の通りでしたが、

個人的な感想としては、

日本国内における習い事に対する親の感覚は、

30〜40年程度では、

変わらないのだなぁ、

ということ。

私が小学生の頃も、

前述のランキングと大きな違いはなかったように思います。

唯一、

時代を反映しているのは、

英会話だけ。

では、

ここからの30年で、

ここから何が外れて、

何が新たに加わるのか?

こんなことを考えてみるのも、

面白いやも。。

どうでしょうか?

今のままいくと。。。

PC言語のプログラミングとか。

現状の年金制度が破綻するので、

資金運用に関する早期教育とか。

核家族化がどんどん進み、

過保護化の流れにセーブが効かなくなると、

「あそび教室」

なんていう、

どうやって遊ぶか?

なんて習い事が出てきてもおかしくないような。

なんて、

いろいとと妄想がとまらない火曜の午後です。

キリがないので。

今夜もこのあたりで。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願い致します。


« 睡眠不足| 大分のプリスクールTOPへ |人を育む »

カレンダー

2016年1月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31