WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

英語劇をおえて

テーマ: つぶやき2016
2016年3月 5日 00:18

IMG_1447.jpgこんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「英語劇をおえて」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
本日2016年3月4日、
WOODSTOCKインターナショナルスクールの園児諸君は、
たくさんの保護者様を前に、
英語劇及び生活発表会に臨みました。

ご来場下さったママやパパ、
またご家族やご親族の皆様、
いかがでしたでしょうか?

人生初の舞台に立ったSBさん。
幼稚園でいうと、
年少さんのもう一つ下の学年になります。

本番に強いところを見せてくれたお友達もいれば、
以外に、
平素はやんちゃでならしている子がちょっとだけ萎縮したり。

やはりぶっつけ本番のこうしたイベントは、
これだから面白いですよね。

ハプニングも、
妙な沈黙も。

全部ひっくるめて、
とても愛らしい柔らかい時間になったように感じています。

2番手は、
年少さんを中心としたBBクラス。

リロ&スティッチを題材に、
華やかなフラガールちゃんたちと、
宇宙人と、
リロたちが文字通り大暴れ。

昨年とはやはり、
比べ物にならない出来で、
エネルギーで、
大きな声で、
迫力のあるジェスチャーで。

会場最前列に陣取るママやパパを、
圧倒してくれていたようで、
頼もしくなったなぁ、
という感想をおぼえました。

第2部前半は、
4月から最年長クラスにあがる、
WPさんが登場。

ピーターパンの世界を、
クラスメイトが手と手を握り合って、
創り上げてくれました。

どちらかというと、
シャイで、
照れ屋なメンバーが少なくないクラスで。

私なんかも、
練習の様子もみながら、
余計な心配なんぞもしていた事もあったのですが。

ただ、
これもどうやら杞憂に過ぎず。

普段つぶやくように話す子が、
一生懸命舞台上から大きな声でセリフを届けようと全身に力を込め、
魂に圧をかけ。

間を取り損ねた友達を、
そっと側によりフォローし合い。

見くびってはいけませんね、
彼らは、
すでに、
私たちの想像のはるか外にいることを教えられました。

とりは。

そうです。

来週卒園のFM。

お題は「オズの魔法使い」。

どのクラスにもいますが、
ベイビースクールからの付き合いの園児も多いチームで。

出会った当初はまだ0歳児。

ママたちも若くてw

思い入れしかないようなメンバーで。

途中から、

カメラ越しに観るなんてもったいないと感じ、

後半は機材を床に投げ出し、

肉眼で、

記憶に焼きつくようにと。

みんないい顔してました。

凛々しくて。

優しくて。

穏やかで。

強くて。

やんちゃで。

仲間思いで。

みんな本当に素敵でした。

今回の劇を通して、

どのクラスの園児さんも、
主人公と喜怒哀楽をともにしながら、
感動することをおぼえ、
また、
創って演じてたくさんのことを体感して。

チープな言い方になりますが、
またトンネルを抜けたようです。

千のように。

たくさんのユバーバをすり抜けながら。

またオトナ目指してジャンプしちゃった感じです。

「I won't grow up !」

おとなになりたくない!

WPさんが劇中で歌い上げてくれましたが、

なんだかこちらが、

「おとなになって欲しくないなぁ」

なんて不謹慎にも、

思ってしまった、

そんな英語参観劇になりました。

今年も、
本当に本当にたくさんのサポートとご支援ありがとうございました。

来週はいよいよ卒園式ですが。

変わらず、
次週もいろいろとよろしくお願い致します。

今夜はこれにて。

ドロン。

おやすみなさい。。

今週もありがとうございました。


« 英語劇前夜| 大分のプリスクールTOPへ |卒園の季節 »

カレンダー

2016年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31