WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

シングリッシュ

テーマ: つぶやき2016
2016年3月15日 23:13

DSC_0696.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「シングリッシュ」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
先日のことですが、
4月あたまに、
シンガポールに園児さんが飛び立つということもあり、
現地各所に電話入れをしていました。

その際に起きたちょっとした事件。

「あれ??聞き取れないぞ?へ?」

いい加減、
7年も8年のプリスクールに携わっているので、
大方英語は大丈夫という認識しかないのですが、
余裕ぶっこいて話を進めていると・・

「あれ?・・・あれ?」

なんと、
こちらの言っていることは通じているのですが、
あちらが口にされる内容が・・。

さっさとネタばらしします。

実は、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
シンガポールは、

「シングリッシュ」

と呼ばれる、
この国独自のといっても語弊がないレベルの、
オリジナルに近い英語が発達しています。

↓ jump ↓

シングリッシュとは、
イギリス英語・マレー語・タミル語、アメリカ英語、
オーストラリア英語などがごちゃまぜになって、
シンガポールで培養された独自のえいご。

以下は主な特徴です。

文の語尾につけられて強調を表す「lah」「leh」(日本語でいう「?だよ」のようなニュアンス)や、疑問文の語尾につけられる「meh?」(日本語でいう「?か?」のようなもの)
付加疑問文は、文末に「right?」をつけるだけ。「don't you?」「didn't he?」などは複雑なので使わない
主語やbe動詞の省略
過去現在未来における語尾変化もなくなって現在形に統一されている(例:「今日のラクサは売れ切れた。明日なら大丈夫ですよ。」=Today, Laksa is already gone. Tomorrow Can.)
単語を極端に短く言う、最終子音が極端に弱い、または発音されない(car park(カッパッ)、steak(ステクッ))
「th」の発音が「t」と同じになる(例:数の3「three」と木「tree」は同じ発音)
強調のために単語を繰り返す(例:「できますよ!」=Can-can!、「考えに考えに、考え抜いた」=Ting, ting and ting. ... ting は think と同義)
「中国語のようだ」と言われることの多い独特なアクセント。特に福建語など、南方方言の影響を受けている
福建語・マレー語など他言語からの借語(例:「散歩する」=jalan-jalan、「おばさん」=tai-tai、「かわいい女性」=chio bu、「バカ」=siao、「食べる」=makan)
このような標準的な英語との違いは、シンガポールがマレー人や中国人(華僑)を中心とした多くの文化圏、民族が混在している国であることが原因であると考えられる。(ウィキペディアより一部引用)
↓ jump ↓ 

どうでしょうか?

もちろん、
ダイレクトに相対して、
面と向かって話せばもうちょっとナントカなったのでしょうけど、
ちょっとショックで。

バーだったり、
居酒屋だったり、
こちらか話し手が街の喧騒に包まれていたり、
うしろが騒がしい状況での会話なんかは、
ややハードルが上がります。

これに、
今回のように、
相手にアクセントがあったりすると、
もうそれはそれは。

ただちょっとまって。

今夜なにも私は愚痴りたいのではありません。

伝えたいのは、

いい加減、
ネイティブネイティブいうのは流行らないよ。

ということです。

私は、
一応都心ということもあって、
それなりのレベルの英会話環境を提供している施設探して、
東京などにちょくっちょく勉強に出かけるようにしています。

それでですね、
肌感覚でつかんでいる流れなんですが、
あっちでは、
完全に大分とは逆です。

なんなら、
今の英会話の主流の一つは、

日本人が教えて、
基礎を固め、
最後に、
ニスをぬるような感覚で、
ネイティブに音の矯正をさせる、
という感じになってきているほど。

どうでしょうか?

それに、
ネイティブネイティブ宗教のように言っていると、
私のようになりますよ 笑

今日時点でのWOODSTOCKは、
ネイティブ率が高すぎるんです・・むしろ。

インドえいごとか、
シンガポールえいごとか、
アジア系のそれとか、
子供達にも慣れて欲しい。

APUサンにお願いでもして、
20カ国くらいから連れてこようかな・・笑

みなさんは何を思い、
また、
どう思われますか?

はい、
まとめ方が分からないので、
ここいらで無理に着地します。

本日もありがとうございました、
明日もどうぞよろしくお願いいたいます。

« 巣立ち| 大分のプリスクールTOPへ |失敗のススメ »

カレンダー

2016年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31