WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

脱日本人万歳!

テーマ: つぶやき2016
2016年4月13日 22:42

DSC_1275.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「脱日本万歳!」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今日の夕方、
英語スピーチコンテストの打ち合わせで、
府内の某施設を訪ねていました。

ミーティングの合間に、
5分ほど時間があったので、
なんとなく、
目の前にあったTVが気になり、
えぇ、
気になった理由は、
私はテレビを持たないからなのですが。

そう、
気になって、
流れている番組を何となく眺めていました。

放映されていたのは、
なんというか、

「日本のここがすごい!」

みたいな番組で、

ゴミが落ちてないとか、
水道水が飲めるととか、
おもてなしがすごいとか、
財布を落としても戻ってくるとか、

そういう類のことを延々と、
どこから連れてきたのか、
外国からこの国に来て、
日本語がやけに上手なコメンテーターらに語らせる感じの番組で。

みなさんはどう思いますか?

私は、
正直、
違和感しか感じません。

なんだこの番組。。

大丈夫?

いよいよ日本の陽も沈もうとしているんだなぁ。

なんていう風にしか思えないんです。

自分が、

天邪鬼なおとこだということをふまえてもです。

もちろんですね、

国民が自分の国にプライドをもったり、

愛着心をもったりすることそのものは、

わたしも決してわるいことだとは思いませんが、

あっちでも、

こっちでも、

私たちってすごい!

とか、

我々のクラスこの国はこんなにすごいのよ〜みなさん、

とか言われると、

「いよいよ情報統制か?」

「あらての新興宗教かなんかか?」

なんて思うのはわたしだけでしょうか?

それよりも何よりも、

世界的に見たときのこの国のイメージや、

ポジションは、

英語でググれば一発です。

そんな時代。

何が言いたいかと申しますと、

平和ボケっていうのは、

戦争がないから、

紛争がないからなるものではなくて、

垂れ流させる情報を真に受けて、

思考停止に陥ることをいうのだとおもいます。

まだまだ日本すげ〜とか、

踊らされているうちに、

アジアの他の諸国は、

しかも、

日本が、

発展途上国!

とか呼んで、

潜在的に下に見ていたはずの国々は、

着実に力をつけて、

台頭してきています。

ミャンマーの友人も、

タイの知り合いも、

中国の知人も、

みな口を揃えて、

「日本人は好きだし、カルチャーもクール。でもあと10年もすると、君らが私たちの国に出稼ぎにでる時代になるんじゃないの?」

というようなことをズバッと投げてきます。

そんな時代です。

さぁ、

どうしましょう?

何とかなるよ、

いっても日本だし。

本当でしょうか?

根拠はありますか?

「備え」

というのは、

こうしたことに対して行うものなのでは?

備えあれば憂いなし。

素敵なことわざもあるんです。

ここでいう、

備えとは?

また、

防ぎたい憂とは?

おもたい類の話ですので、

できるだけキャッチーに、

ポップにタイプしてはいますが、

急を要する時代になってきていることだけは、

英語に対して投資をされているみなさんには、

今後も問いかけていけたらなぁ、

なんて思います。

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしく御願いいたします。


« オザケン| 大分のプリスクールTOPへ |奇跡 »

カレンダー

2016年4月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30