WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

フィジーっ子

テーマ: つぶやき2016
2016年6月24日 23:24

DSC_0480.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「フィジーっ子」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKの一部の保護者様方は、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

今から2年前、
市内の某高校からのインターンシップ生として、
数週間、
WOODSTOCKの園児諸君らと、
一緒に毎日を英語で過ごしたMさんという、
女子高生のことを、
覚えていらっいますでしょうか?

現在のFM・WPのママやパパさん方は、
ご記憶にあるのではないでしょうか?

ご縁あって、
先ほどまで、
職員ら数人を交え、
彼女のご家族と、
ダウンタウンで会食を楽しんできました。


現在彼女は某高校に通う、
高校二年生。
フィジー留学を無事に終え、
現在は大学選択をセンターに据えながら、
頭と心をフルに使って、
自分の進路と向き合っています。

最近どうしてるの?

そう尋ねると、

「博多で行われたベネッセさん主催の海外大学進路進路相談会的なものに行ってきましたよ!」

こんな答えを投げ返してくれました。

なんでも、

ベネッセさんは、

主に、

アメリカやカナダなどを推しているとのこと。

そして、

彼女は現在、

これらの選択肢に加え、

アジア諸国の大学も視野に入れているようで、

彼女のパパさんも、

「シンガポールの大学に行こうと思ったら・・何から準備したらいいのやら?・・・・。」

なんて仰っていて。

あ〜、

本当に、

これからの学生はこうやって、

どんどんと海を越えていくのだなぁと、

リアルに感じることができました。

素敵だなぁと素直に思えたのは、

彼女の姿勢ももちろんなのですが、

このスマートで突破力のある女子高生、

つまり我が娘の考えや意見を、

「君が本気でそう思うのなら、私たちはなんだってする。」

こんなことをさらっと言葉に、

また態度に出せてしまうパパとママの生き方。

なかなかできることでは、

なかなか言える言葉ではありませんよんね。

だって、

そばに置いときたくないですか?

心配じゃないですか?

私がこの子の親だったら、

同じようにはたして言えるかどうか?

涙しながら、

「お願いだからそばにいて〜・・・。」

なんて言いそうでw

はい、

また決意させて頂けました。

ユニークで、

我が道を行こうと決めたこれからの世代が、

国境を越えて羽ばたく為の環境づくりを急ぎたいと。

急がないと、

これからの5年くらいでしょうか?

どんどんと、

旧式の教育論や価値観と、

次世代が学ぶべきコンテンツや、

考え方の狭間で揺れ動きながら、

悩み、

なんか違う!と、

スマートな子達ほど気付き始める。。

地頭のいい子らほど、

どんどんと、

敷かれているレールがそもそも間違ってるんじゃないのか?

なんて覚醒していく時期がくるような気配プンプンです。

最後に・・感想ですが、

フィジーから帰ってきた彼女は、

人格が増えた?

って思うほど、

考え方の幅がワイドになっていました。

英語と日本語両サイドから、

物事を考え始めたから。

日本を外から見られるようになったから。

自分が生まれ育った国の価値観が全てではないと知ったから。

自分らしく、

「Think different!」

というスタイルをゲットしたから。

また、

園に呼びましょうかね〜。

園児らも懐かしいでしょうし、

パパやママさんも、

数年後の我が子が通るかもしれない道を、

いま確かに歩んでいる彼女の話、

興味ありません?

なんて、

勝手な企画を思いつきながら、

今夜もエンディングへ向かいます。

では今日の様子。

ナーサリーたちから届いたメッセをコピペします。

SB

朝からテンションマックスで、
毎日リトミック遊びに興じる新入生のみんな。
今日はいつにもまして、
激しく、
また笑顔でダンスやお歌遊びを楽しんでいるように思えました。
やはり、
歌を歌いながら、
センテンスごとをナチュラルに英語を吸収していく彼らの様は、
ただただ羨ましい限りです ^ ^ /


BB

今日はscienceのレッスンで、
水の屈折について学びました!
屈折によって紙の絵が違って見えることに子どもたちは"wow!"と驚きを隠せない中、
瓶の中の水の色を聞かれて"white!" "green!" "blue!"等とテキパキと答える子どもたち。
屈折とは何かを学ぶとともに、
透明という色と、
"clear"という英語も学んだBusyさんでした(^ ^)

WP

今日は予定しておりましたFM/WP Picnic、
雨天のため延期とさせて頂きましたが、
保護者様方のご理解とご協力に、
心より感謝申しあげます。
ありがとうございました。
7/1晴れることを願い、
ぜひ子どもたちと良い体験をして行きたいと考えています。
なお、
行程や持ち物などは変わりませんので、
何卒よろしくお願いしますm(__)m

FM

playtimeでの一場面...
「I want to play (with) ○○〜!」
「No! I will play with ☆☆!」
Aくんと遊びたいBくんですがAくんは他のお友達と遊びたい...
言い合いが続くばかりで2人とも困った顔に...(>_<)
どうするのかな??と,
影で見ていたのですがそろそろ間に入ろうかな...と思っていたら,
Aくんがハッ!とした表情をして、
「Ok! Let's play with everyone!!」と提案し、
Bくんにも笑顔が(^○^)
まだまだ文法的には誤りはありますが、
自分達で話をして解決をしている姿に成長を感じます。
「T.Moeko〜(涙)」と呼ばれる事も少なくなっている事に嬉しさとさみしさを感じます(T_T)笑
英語だけでなく心の成長を深く感じた一場面でした...?

« 卒園生さん及びアフタースクールの保護者様へ| 大分のプリスクールTOPへ |ずっと一緒にはいられない »

カレンダー

2016年6月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30