WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

サマースクール2014

テーマ: つぶやき







こんにちは!
台風が接近中の週末となっていますが、
いかがお過ごしでしょうか?

さて、
先日より行われていました、
サマースクールもひと段落。
すっかり恒例となった犬飼でのキャンプをもちまして、
お盆前の行事は全て終了と相成りました。

晴れ男Mr.Dの力なのか、
子供達の日頃の行いの影響か、
雨雲もタイミングを考えて雨粒を落としてくれた、
そんな4日間になりました。

今回のサマースクール、
我々職員はとても感動しました。
子供たちの笑顔やはしゃぐその様に。
また、
そんな子供たちを目を細めながら愛おしいそうに見つめる、
保護者様方の様子に。

準備も打ち合わせも正直ドタバタ、
また時間がいくらあっても足りない局面もありましたが、
終わってみれば充実感と、
やって良かったなぁという幸福感でいっぱいです。

来年のサマーはどうしようかな?
そんな会話をすでに始めていますよ。

どうぞお楽しみに。

それでは本日はこのあたりで。。
台風が九州にも接近するということです。
どうぞ警戒を怠らずに、
事故のない週末をお過ごし下さい。

Have a nice day !
See you soon ^ ^





WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”サマースクール2014”

カドリードミニオン

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
お盆ウィーク直前の水曜ですが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、
本日のWOODSTOCKは、
元気にやんちゃにサマースクール二日目の、
カドリードミニオンへのバス旅行を楽しんで参りました!

先日に引き続き、
天候が心配されましたが、
大方の予想をいい意味で裏切り、
快晴の中、
阿蘇の麓でのひと時を満喫してきましたよぉ!

帰りのバスにトイレタイムを済ませた子供達が飛び乗った瞬間・・、
ゲリラ豪雨に襲われましたが、
園内を駆け回る間については、
袖を濡らされることもなく、
動物園の魅力に熱中出来ました。

日頃の子供達の行いが素晴らしいからでしょう。

本日についても、
たくさんの笑顔に囲まれながら、
楽しい時間を共有させてもらいました。

子供たちに感謝です。

少しですが、
カドリードミニオンでの様子をアップしますので、
良かったらご覧下さいね。

また、連日日本列島を襲う台風による気候状況の変化が理由か、
体調不良によるイベント欠場者が目立ちます。
みんな早く良くなって下さいねぇ!

それでは本日もこのあたりで。。
明日のキャンプの準備にせっつかれ、
このような深夜の更新になっていますことをお許し頂けると幸いです。
今日も一日ありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
*明日のキャンプの様子は週末を活用してお知らせする予定です。
予めご了承下さいね。
WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”カドリードミニオン”

パッチンに出てきたよ!

テーマ: つぶやき










こんばんは!
今週もあっという間の金曜日、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「ぱっちんしてきたよ^ ^」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
本日2014年8月1日、
WOODSTOCKプリスクールの園児さん(年長・年中さん)達は、
大分市民による大分市民の為の夏の祭典、

「府内戦紙」

に参加してきましたぁ〜!

天候が心配されましたが、
台風12号の影響もさほどなく、
(突風や落雷などはありませんでしたね、の意。)
むしろ、
夏の暑さを緩和してくれる恵みの雨を浴びながら、
賑やかに飛び跳ねて参りました!

子供たちの勇姿をご覧いただけましたでしょうか?


ドタバタと決まった今回のパッチン初挑戦。
子供たちは、
商工会の皆さんから飛んでくる、
日本語の指示にまずは戸惑い(笑)、
それでも毎日のレッスンの合間をぬって猛練習。
持ち前のエネルギーと負けん気の強さで、
何とか当日を迎えました。

「セイヤー!」

と拳を突き上げながら、
隣にいる友達とアイコンタクトをする園児たち。

また勝手に英語にアレンジして指導に当たった職員たち(笑)。

この夏の思い出が、
また彼らの成長を後押ししてくれたように思います。


キラキラと輝いている子供達を側で見ていて、
また彼らに感動を分けてもらいました。

本当にありがとう。

また、
あんな天候にも関わらず、
たくさんの保護者様方にかけつけて頂きました。
心より感謝申し上げます。

少しですが、
様子をアップしますので、
良かったらお楽しみ下さい。

子供たち、たくさんの感動をありがとう。
保護者様、たくさんのサポートに心より感謝致します。
パッチン関係者の皆様、ステキな機会をありがとうございました。

来年も出ようかな?(笑)

それではこんばんはこのあたりで。。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願い致します。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”パッチンに出てきたよ!”

暑中見舞い

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
台風の影響でしょうか?
雨が降ったっり止んだりと、
はっきりしない天候の水曜ですが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

本日は米国はテキサスより、
暑中見舞いレターが届きましたので、
そちらをUPさせて頂きます。



Hello everyone!
How are you?
I am doing good,
and excited to come back to Japan to see you all soon!

I hope you all are doing good and have had a summer full of fun and laughter!
I miss you all,and look forward to seeing you soon!

Have a great day!

from Teacher Tessa



それでは本日はこのあたりで。
今日も一日いろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。


続きを読む”暑中見舞い”

挨拶にかえて

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
今週もどうぞ宜しくお願いします。

今夜のテーマは「ご挨拶に代えて」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
今日は私どもAnswer.Incが運営するプリスクール、
WOODSTOCKインターナショナルプリスクールのホームページ上で、
つらつらと謳っている挨拶文をコピペさせて頂きます。

3年もすると、
時代の色や社会で求められるスキルや姿勢が180度変わる、
そんなジェットコースターのような世の中を私たちは生きています。

ですので、
スクール創立後、
こちらのページで述べさせて頂く内容も、
少しづつ変化して来ました。

現在のスクールのポリシーでもある以下の内容を、
良かったら斜め読みしてみてください。



学びの変革 〜「出る杭が羽ばたく」環境づくりへの転換〜

21世紀に入り、私たちを取り巻く環境は爆発的に変化のスピードを速めています。また世界は次第にフラット化が進み、ヒトもモノも情報も社会問題も、国境を越えて動き繋がり始めています。

この急速な変化の時代を幸せに生きていくためには、偏差値偏重の教育や、国内に閉じがちな学習/労働環境によって無意識に培われる、高度経済成長期型の思考・行動パターンからの転換が必要なのではないでしょうか?

Entering the 21st century, our surroundings are transforming rapidly. Simultaneously, the world is becoming flatter and flatter. People, productions, information, social issues, all of them are beginning to transform and connect beyond the borders.

To live this rapid-transforming fortunately, isn’t a switchover needed from the rapid-economic-growth-style thinking/behaving patterns, which are involuntarily cultivated by the exclusive learning/working environment, or education regarding deviation as priority?

“Have a Takt!” な生き方
「幸せのカタチ」が決まっていた時代は終わりを告げました。いまや「幸せな生き方の正解=メインストリーム」は存在しません。その代わり、私たちは自らのビジョンを描き、その実現に向かって探究していく、”Have a Takt!” な生き方が可能な世界に生きています。正解のない状況をいかに楽しみ、自分なりに切り拓き、成果を世に問えるか。私たち一人ひとりが誰かの追従者になるのではなく、探究者として生きていくために必要な「スタイル」の環境構築を推進していきます。

An age which the “Shape of Happiness” was settled has already ended. There is no longer the existence of a “Correct answer for living a happy life=Mainstream” equation. Instead, we are in a world which makes it possible for us to live a “Have a Takt” life by designing our own vision, and inquiring into the materialization of it. How can we enjoy, carve out in our own way, and question the situation without any correct answer to the world? Habataku promotes the construction of an environment where we can “Style” things which are necessary to live as an adventurer, not a follower of others.

たくましい地球人

閉じた環境での学びは、無意識のうちに視野を狭め、ひいては自身の人生の可能性やものごとの判断基準を矮小化することにつながります。ボーダー(国境、組織、世代、分野など)を越えて他者と出会ったり、共に創る体験を共有したとき、そこには想像もしなかった新たな気づきが生まれるでしょう。その学びは「圧倒的な原体験」となり、人生を変えうるインパクトをもたらしてくれます。WOODSTOCKはボーダーを越える学び体験を通して顔が見える距離での関係性を築いていくことで、一人ひとりの可能性を最大限発揮し、世界中の人々とより良い未来を共創していけるたくましい地球人を増やしていきます。

Acquisition within a closed environment unconsciously narrows our view as well as trivializes our evaluation standard of life’s opportunity and matters. When we meet others beyond various borders, such as those between countries, organizations, generations, and fields, and share an experience of Co-Creating, we would surely become aware of an idea which was unimaginable before. That learning would lead to a “Stunning formative experiences”, and bring a life-changing impact to us. By building a relationship in a face-to-face distance through a learning experience beyond borders, we bring every individual’s potential into full play, and increase the number of members who are able to Co-Create a better future with people from all over the world.

もっともっとビジョナリーで、創造的で、多様性に富み、世界を視野に入れ、冒険心に溢れた、そんな「出る杭が羽ばたく」ための学び環境を創造していくために、私たちは日々挑戦し続けます。

For a further visionary, creative, varied, globalized, adventurous “The nail that sticks out to flap its wings”-learning-environment, we are going to challenge day after day.



・・というような内容です。
みなさんはどう思われますか?
ちなみに、
WOODSTOCKの指導スタッフの標語に、

「The role of teachers is to facilitate learning.」

というものがあります。

「我々指導する側の人間の役割は学びを促すことである。」

というような意味です。

スクールとして意識しているのは、
何を教えるかということよりも、
どう教えるか?
また、
その結果、
子供たちが何を学んだか、
ということよりも、
どんな風に学んでいるか、
また、
「知りたい。してみたい。聞きたい。読んでみたい。」
というような、
知的欲求そのものが伸びているか?
芽は伸びているか?
というコトにいつも注目しています。

まわりのオトナに手押しされないと動かないエンジンのない車ではなく、
自ら走り、
自らそれを継続できるたくましいラーナーへ(学習者)。

こうしたコトを大切に出来るスクールであり続けたいと思います。

それでは堅苦しい話もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”挨拶にかえて”

人生初の参観日。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
木曜のひと時をいかがお過ごしでしょうか?

今晩のテーマは「人生初の参観日に臨んだ子供達を見て」です。
良かったらお付き合い下さい。

私どもAnswer.Incが運営するWOODSTOCKでは、
プリスクールの参観日が行われています。

今日は、
2歳児さんクラスの授業観覧日でした。

暑い中、
たくさんの保護者様に起こし頂きました。
本当にありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

感想はそれぞれかと思いますので、
ここでは私が感じたことをツラツラと記してみたいと思います。

「さぁ〜て、シュガーのみんな、いつも通りにまずは登園してくれよぉ〜。」

この思いとは裏腹に、
数名の園児ちゃんはママ達と一旦離れ離れにならなければいけない状況に憤慨 笑。
3割ほどのお友達はいつも通りどころではありませんでした。

この時点で我々職員の背中には気持ちの良くはない冷や汗が・・。

続いて、

「参観日は最初の5分が勝負。いつも通りとは言わないから、せめて8割程度の集中力とスマイルで舞台を盛り上げてくれぇ〜。」

この思いとは裏腹に、
暴走を始めるキーマン諸君 苦・
想定になかったメンバー達まで迷走開始。

この時点でテンパってしまった私は立ち位置・座り位置を誤り、
保護者様方から向けられるビデオカメラの餌食に。
正座を得意としない私は、
しびれた足を組み替えることで精一杯 苦。

そして、

「みんな。得意のリトミックタイムだよ。ママやパパの存在は一旦忘れて、無敵の笑顔でオーディエンスをメロメロにするんだぁ〜。」

いつもは自然に作り上げられるダンスの為の円は、
綺麗なサークルを作り上げることはなく、
楕円形からひし形へ、そして時に空中分解し・・。

ここで、
私の心を支えていた最後のつっぱり棒は音を立てて崩れさりました 笑。

それでもそれでも、
10分を過ぎたあたりから、
自分らしさを徐々に取り戻していく子供たち。

毎年のごとく、
数名の天使達はママの母性に見事に吸い寄せられてしまいましたが、
あたたかな笑いと拍手のおかげで、
本来のキレや輝きを見せてくれた子もひとり、また一人と。

どうでしょうか?

一人一人状況は違いますが、
平均すると、
普段の6割から7割ほどの出来たったかなと思います。

予想だにしていなかった子がレッスンの波に乗りおくれたり、
繊細だからひょっとしたらむつかしいかもなぁ、
と思っていた子が伸びのび出来ていたり。

まぁ、
あれだけの大人に、
あれだけのビデオカメラに囲まれれば、
普段通りにと言われてもなかなか・・・・
という感じではないでしょうか?

いろいろなことを差し引いても、

「良くやり切ったね!」

と褒めてあげたいと思います。


こうしたイベントを体験しながら、
行事をくぐり抜けながら成長していくのが子供たちです。

次回のイベントでの様子をまた心待ちにして頂ければと思います。

次にたくさんのギャラリーに囲まれるのは・・
10月最初に開催される運動会ですね。

今年のダンス曲も決まり、
お盆休み明けからは振り付けの練習も始まります。

季節が変わりゆく以上のスピードで成長を続ける園児さん達の今後から、
目が離せそうにありませんね。

明日25日は、
BusyBeesチームの出番です。
どんな形で参観日を締めくくってくれるのか?
我々も今から楽しみです。

宜しくお願い致します。

それではこんばんはこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”人生初の参観日。”

注意したい夏の一言

テーマ: つぶやき




こんばんは!
九州地方も完全に梅雨明けです。
今年の夏もエンジン全開ハイテンションで楽しみましょう〜!
今週も宜しくお願い致します。

今晩のテーマは「注意したい夏の一言」です。
良かったらお付き合い下さい。



太陽が容赦無く照りつけているそんな毎日。
これからの季節は気をつけないとどんどん日焼けしてしまいますよね。
日焼け止めを塗ってみたり、
つばの広い帽子をかぶってみたり、
そもそも出歩くのを控えてみたり。

いろいろと対策が大変ですよね。

私などは、
注意を怠ると、
すぐに真っ赤っかです。
綺麗に焼けずに文字通りやけどしてしまいます。

ですので、
きれいにこんがりと日焼け出来る方などはむしろ羨ましいのですが。

それでですね、
いらっしゃいますよね。
手入れの賜物か、
天から授かったギフトなのか。
夏だというのに綺麗な色の白い人々。
みなさんの周りにもいらっしゃるのではないでしょうか?

するとどうでしょう。
この方が仮に外国籍の方だったりして。
WOODSTOCKにも数名いますが。

うっかり、
あなたって色白よね〜という意味で、

「You're so white!」

と言いそうでは??

どうでしょうか?

これ・・・・・・まるでダメです。
使ったら絶対ダメですよ。
気をつけて下さい。

これですね、
訳すと、

「顔しろ!青白いよぉ。引きこもらずにもう少し外に出たら!」

というようなニュアンスで伝わってしまいます。
日本での暮らしが長い方であれば、
言わんとしていることを推し量ってくれるやもしれませんが、
いずれにしても面倒なので使用は避けた方が無難です。


日本でしたら、
色白って褒め言葉として使えますよね。
ただ、
欧米などでは多少の捉え方の違いや、
程度の違いはありますが、
日焼けがむしろステータスだったりするので、
色白は褒め言葉にはなりにくいんです。

まぁ、

「fair skin」

という表現を使えば、
青白いではなく、
色白で綺麗な肌、
となりますので使えなくもないですが、
どっちにせよ、
男性に対してはいずれにせよ貶している感じになりますので、
使わない方が無難でしょう。


今日は注意したい夏の一言についてでした。
それでは今晩もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”注意したい夏の一言”

サングラスの謎。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
穏やかな火曜の夜ですが、
いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは「どうしてサングラス?」です。
良かったらお付き合い下さい。




日射しがそれほど強い日でもないのに、
バカンスムードプンプンのサングラス星人たち。
夏本番もすぐそこということもあり、
大分の街中でも、
グラス率が上昇してきました。

当然、
サングラスをかけている欧米人職員の姿が
WOODSTOCKインターナショナルスクールにもちらほら。


最近は日本の芸能人やプロスポーツ選手の中にも人前でサングラスをかける人が目立つようになりましたが、
ファッションとしての場合がほとんどですね。

ちなみに私も県外などに出かける際には・・。

ではでは、
欧米人がサングラスを愛用するのは、
これとは違う、
もっと本質的な理由があることをご存知でしたか?

専門家の話によると、
欧米人、
とりわけ白人がサングラスをするのには科学的根拠がある、
ということなのです。

目にまつわる様々な情報の専門家である奈良県大和郡山市の眼科医の話によると、

「白人は虹彩の色が薄いため」

ということです。

虹彩とは、いわゆる瞳のこと。

白人の瞳が青く見える場合が多いのは虹彩の色が薄いから。
虹彩には目の中に入ってくる光の量を調節する役割があるので、
虹彩の色が薄いと目の中に入ってくる量が増える、というわけです。

日本人は茶色の瞳が多いわけですが、
茶色は青色より光を通しにくい。
したがって、同じ明るさでも白人は日本人に比べてより眩(まぶ)しく感じる。
だから眩しさを抑えるため、サングラスが必要になるというわけなんです。

ご存知でしたか?

これは文化の違い、
とは少し違いますが、
知っておいて損はないですよね。


事実、
私も10年前は知りませんでした。
だから、
職場の同僚達にも、

「人前では外せ!」

とか直球でブンブン。

「目に悪すぎるよぉ。労災おりるのか?」

とか主張されても、
虹彩とか当然知りませんので、
またこちらも目くじらたてて切れたりして。

いやぁ〜・・若かったなぁ(笑)。

無知って怖いですねぇ・・という話を今夜はしてみました。

みなさんどう思われますか?

それでは今夜はこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”サングラスの謎。”

メッシの独創性。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
今週も宜しくお願いします。


さて、
W杯も終わってしまいましたので、
今夜は小難しい話を少々。

今夜のテーマは「教育って何?」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
みなさんは、
教育の定義をどう考えられていますか?

5歳の子どもに、

「ねぇ。学校って何の為にあるの?」

と聞かれたら、
なんと返事しますか?

答えに詰まりますか?

ありきたりの答えやもしれませんが、
私は、

「君の才能を引き出す為だよ。そんなもん。」

と答えます。

目の前の子がこれをどう解釈するかは別にして。

どうでしょうか?

これが「柱」であり、
私どもAnswer.Incが仕掛ける全てのプロジェクトの「核」です。


トップダウンで価値観を押し付けるのではなく、
子ども達が生まれながらにして持っているモノを、
弱めるのではなくて育てていくコトが私たちの役割であり務めです。

大切なのこと。
忘れてはいけないコト。

それは、
子ども達のピュアな「創造性の芽」を、
間違っても愚かな大人の手でみすみす摘まないことです。

決して簡単なチャレンジではありませんが、
未来を支えていく子ども達の為に、
本音も建前もごった煮にしながら、
前に進んで行かねばなぁ・・

なんて思います。

その為に具体的に何が出来るのか?

一緒に考えていきましょう。



ところで、
今朝のW杯決勝を観ていて思ったのですが、
メッシのプレーが人を魅了するのって、
彼が「創造性」の塊だからなのではないでしょうか?
そう思いませんか?


自由で、
奔放で、
独創的で・・

つまり子どもみたいなんですよねぇ。

背格好こそ大人ですが、
頭の中は・・?
覗いてみたくないですか?



だから観ている私たちに
彼のプレーは何かを訴えかけてくるし、
何よりワクワクするのでは?

そんな風に思います。
だからこそ、
完璧なシステムにさえ致命的な風穴をあけ得る個の力の爆発を・・
もっともっと観ていたかったです、個人的に。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜も強引にこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”メッシの独創性。”

台風8号

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。

今日はWOODSTOCK全コース(ベイビースクール、アフタースクール、プリスクール、課外サッカースクールなど全ての生徒さん及び関係者の皆様)の皆様に連絡です。

明日(7月10日)は台風8号を理由に全クラス休講・休園とさせて頂きます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

また、
以下は「おおいた国際交流プラザ」さんより頂戴しました呼びかけメールです。
日本国内においては情報弱者である外国籍の皆さんに対してもこのような案内が出ています。
知り合いに思い当たる方がいらっしゃる方はぜひこの内容をコピペして教えてあげて下さいね。


Typhoon #8 is approaching the Oita area, and will be coming by Oita tomorrow evening. Please be careful when traveling and be aware that public transportation may be affected by strong winds and heavy rains.

台風8号が大分に向けて近づいています。
明日の夕方に大分県に最も近づく予定です。
交通機関に影響が出るかもしれませんので、十分に注意してください。


「情報」は武器です。
命を守る為の大切な手段です。
こうした状況下では、
たくさんのインフォメーションが氾濫する為、
冷静にこれらを精査する必要があります。
皆で協力して今回の台風に備えましょう。

どうか各地で大きな被害が出ませんように。

それでは本日はこのあたりで。
今日も一日ありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
(次回の更新予定日は11日金曜です。)




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”台風8号”

「a typhoon」

テーマ: つぶやき







こんばんは!
熱中症警報が発令されるほどの夏日でしたが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今晩のテーマは「a typhoon」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
TwitterやFacebookのタイムラインを賑わしているのは,
明日の早朝に行われるW杯準決勝のコトと、
「ノグリー」のことばかり。
ネイマールを欠くセレソンの行方も気になりますが、
ココでは「a typhoon」に焦点を当てて進めたいと思います。

突然ですがクイズです!

「台風が近づいている」「台風が来ている」

は、
どのように表現したら良いでしょうか?
制限時間は1分です。

スタート!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

正解は、

「A typhoon is coming on the way to Japan.」

で良いかと。

どうですか?
クリア出来ましたか?

本題はここからです。

では、
木曜を迎えた大分県民が口にするべきフレーズは、
(台風がすでに直撃している局面において、という意味です。)

スタート!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

答えは・・・、

「A typhoon has come to Japan.」

とか、

「We have a typhoon in/on Japan.」

という感じでしょうか。

しっかり使い分けていきましょうね。
ちょっとココで脱線します。

プリスクールの子供達が日々口にするセンテンスに、

「My mom is coming !」

というものがあります。
延長保育を職員達と過ごす園児達が、
窓から見えたママの愛車を指差しながら叫ぶフレーズなわけですが、

これですね、
文法で英語を習ってきた我々世代が聞くと、
ちょっと「?」がつきませんか?
私だけですかねぇ?
現在進行形なわけですが。
いかがですか?

今日の午後、
この言葉を耳にした際に目の前にいたネイティブに聞いてみました。
すると、

この「coming」は「approaching」と同じニュアンスで、

「まだ自分の手が届く範囲には来てはいないが、近づいている」

という感じな為、
とてもナチュラルでいい英語だということなんです。

ですから、
窓から外を眺めた際に、
ママの姿が見え、
これに対して子供達が発する、

「Mom is coming!」

は正解なんですよね。

子供って凄いなぁ、
理屈ではなく、
感覚で英語を体得している証拠だなぁ、
一人で感心してしまった、
という話です。

台風の到来に無理して結びつけてみましたがどうでしょうか?(苦)

沖縄に移住してしまった某ブレ○○先生が、
今朝の出勤時の様子をタイムラインにアップしていましたが、
被害がこれ以上大きくならないことを今はただ祈りたいと思います。

梅雨明けはウェルカムなのですが、
毎年のこの時期の台風には少々憂鬱をおぼえます。

どうか大きな被害が各地で出ませんように。

遊具や園庭のサッカーゴールなどの避難作業も終わりましたので、
今夜もこのあたりで失礼します。
本日も蒸し暑い中いろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
穏やかで素敵な夜をお過ごし下さい^ ^




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「a typhoon」”

30年後のバイブス

テーマ: つぶやき




こんばんは!
お世話になります。
私の口癖が米国国籍の同僚にいつの間にやら伝染し、
ところかまわず連呼しているのが気になり出した今日この頃です。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今晩のテーマは「30年後のバイブス」です。
良かったらお付き合い下さい。


「2011年に小学校に入学した子どもの○○%は、いまはまだない職業に就くだろう。」

これは2011年の某日、ニューヨークタイムズ紙をかざった記事の一部です。
書き手は当時デューク大学の教授であったキャシー・デイビットソン氏。
よく知らない人ですが、
勝手に引用しちゃいます。

この文章には続きがありまして、

「・・就くだろう。誰も想定できない未来を生きていく子どもや若者たちが、これまでの世界の概念や正解ばかり覚えたとして、はたしてどこまで役に立つのでしょうか?」

というように結ばれます。
どうでしょうか?

どんな感想を持たれますか?

確かに、
15年ほど前の世界にはFacebookのような世界(SNS)は存在しませんでしたし、
25年ほど時間を遡れば、
インターネットですら、
アメリカ政府の研究機関のものでした。

つまり、
現在、
世界中のネット企業で働いている若者たちは、
彼らが小学校1年生のときには存在しなかった仕事に就いているわけです。

当然、
これからの数十年後に、
どんな新しい種の仕事が生まれてくるかを想像するのは簡単ではありませんし、
少なくとも、
具体的に予測することは困難なので、

「いい仕事に就く為に今はこの準備を・・」

という作戦は、
もうオトナにも子どもにも使えなくなるわけです。

ただ、
指をくわえて黒船を待つだけでは脳がないので、
これから先の「働き方」を想定しておくことは必要でしょうね。

ポイントはこの3つ。
どうでしょう?

1:機械でも出来るいわゆる「単純作業」はゼロに限りなく近づいていく。
2:こみいった問題を他人と協力しながら行うような種の仕事が増加する。
3:また、こみいった問題をチームプレイで解決に導いていける人材は、絶対的な問題数に対して足りていない為、徐々に「出来る人材の共有」が始まる。


となるとですね、
優秀な人材の複数の企業間でのシェアが進むわけです。
一人の名刺を覗き込むと、
書ききれないほどの「○○顧問」が並んでる感じです。

ここ数ヶ月の間に、
何度かこちらのブログでお話しさせて頂いていますが、
「クラウドソーシング」がもっと定着してくるでしょう。
(ちなみにクラウドソーシングとは:不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態のこと「Wikipediaより」)

ワークシフトの著者であるリンダさんも言っていますが、
(私、この方のファンです。だから・・)

「ミニ起業家的個人が多く生まれ、彼らがつながって新しい事業が生まれていく」

ことになりそうですね。

スクールの年長さんも来年4月からはいよいよ小学校に上がるわけですが、
どんな職種に就き、どんな感じで働いているのでしょうね?

WOODSTOCKも異業種・他業種こだわらず、
心地の良いゆるさで、
また同時にユニークなつながりが増えて来ました。
面白いことがいろいろと出来そうです。
明日も楽しみます〜^ ^

あ、
バイブスといえば今井華さん。
彼女こそ、
不特定多数の企業間を行き来する、
新しい形の社会人ですよね。
彼女の言動、
勉強になります。

それでは今夜もこの辺りで〜。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”30年後のバイブス”

環境作り。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
小雨が地面を濡らす、
雨模様の金曜ですが、
みなさんいかがお過ごしでしょう?

さて、
今夜のBlogテーマは「環境作り」です。
良かったら斜め読みして下さいね^ ^

英会話教室から一歩でも足を踏み出すと、
日本語だけでほぼ100%問題なしの国。

これがジャパンです。

何度も何度もこれだけは飽きずに懲りずに繰り返しますが、
この「英語がなくても基本的には生活に困らない」という環境こそが、
日本人全体の英語水準が上がってこない最大の理由です。

ただ、
この状況を変えてくれる「何か」や「誰か」を待っていても、
どうしようもありませんし、
また、
「黒船」が来航してからでは遅すぎますので、
積極的に自らの足で「環境作り」をしていきましょう。

毎日英語で日記を書く。
移動中は洋楽しか聴かない。
とにかく洋画にしぼって映画は観る。(明日からTRANSCENDENCEが公開ですよ!)
大分であれば「The PEI Pub」に出かけて外国籍の人々との会話を無理してでもする。
村上春樹あたりの小説の英語版を無理して読む。
APU大学に乗り込んでみる。
ホームステイの受け入れを試みる。
Facebookで知らない外国の人にどしどしアプローチをかける。
別府あたりで道に迷っていそうな人に声をかける。一緒に顔をひきつらせながら道に迷ったところで死にはしませんから。

こんな感じでオトナがガシガシいけば、
これをそばで見ている子供達も自然に英語に対しての抵抗感はなくなります。

考えてみればすぐにわかる話で、
自らが飛ぶそぶりすら見せないオトナたちから、
どんなに「飛べ〜!!」と言われても、
そんなもん誰が素直に「Yes,sir!!」と首を縦にふりますか(笑)?

かっこ悪くても、
例えダサくても構わないので、
まずは私たちオトナがどしどし英語を使いましょう。
もしくは、環境を作り続けましょう。
補助輪つけながらでイイんです。
勇気を持ってズッコケる姿を見せつけてやりましょう!

こうすることでこれからの10年はずいぶん変わってくるのでは?

なんていうことを思う金曜の夜です。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
今週もいろいろとありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”環境作り。”

From Karen

テーマ: つぶやき




Dear WOODSTOCK Parents and Students,??As today it was my last day at Woodstock,
I am filled with mixed emotions.
It is so sad to leave Woodstock family,
as over the past nine months,
I have truly enjoyed working with and getting to know each and every one of your children,
and I am going to miss them dearly.
The kids were supportive from the first days of my work.
They understood that I was working hard to become a teacher and they should be helpful by doing their best learning.
It is so rewarding to see how much the children have developed over the past few months.
Seeing this progress I can say,
they all have shown excellent promise for their future academic endeavours.
I have learned a lot from the Woodstock teachers and my student teaching experience.
I have had so many incredible experiences, that I will never forget.
I am so grateful to have been involved with so many loving and caring people.
Thank you for all of your involvement and support all this time.??Thank you so much,
T.Karen




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”From Karen”

ビザについて。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
ブラジルで繰り広げられている蹴球大会の結果が気になりますね。
W杯シーズン中は寝不足との闘い。
ショートスリーパーの名にかけて、
私も戦い抜きたいと思います。
今週も宜しくお願い致します。

本日のブログのテーマは「WOODSTOCKで働く外国籍の職員達」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、Blogを気にして下さっている方は、
もうお気付きかもしれませんが、
今日のこの話は、
以前にも一度ふれたことがあります。
一部を編集しただけの、
焼き増しになりますのでご了承下さい。
(ビザについてはちんぷんかんぷんで、という保護者様方からのリクエストを受けましたので、このタイミングで)

現在WOODSTOCKに在籍する外国籍の先生は、
どのような経緯で日本の大分市の英語保育園(英会話スクール及びその他)での勤務をスタートさせたのでしょうか?

今日はこのあたりを掘り下げていきたいと思います。

まず、彼ら・彼女達の生態は大きく2種に分類出来ます。
一つは、「在日型」もう一つは、「渡航型」です。

在日型というのは、何らかの理由で日本に入国して、その後日本国籍の方と結婚。結果、「家族滞在ビザ」を取得し、もう何年もこちらに拠点を構えて生活している外国籍の人間のこと、またはこれに準ずる人々のことをさします。

一方、渡航型は、
英語を第一言語として、
ないしはそれに準ずるレベルの英語を扱える人材で、
以前から日本のカルチャーなどに興味を持ち、
機会があれば日本を訪れてみたいと思っていた人で、
なおかつ、
4年生大学で英語指導に関係する、
いわゆる教育学部のようなところを卒業しているか、
もしくはこれに代わるような実務経験をもった方で、
入国管理局から、

「人文知識・国際業務」

と呼ばれる種のビザを発給された人々のことをいいます。

まずは、「そもそも他の理由で既に日本での生活をスタートさせていた人物」と、「英語指導に携わることが分かった上で(WOODSTOCKで働くことが理由で)入国してくる人物」という2種類にカテゴライズされる、
という図式を理解して下さい。(当然これに当てはまらないパターンもありますがここではふれません。)
一言ことわりをいれておこなかなければならないのが、
だからこちらのタイプの先生の方が先生として優れていて、
こちらのパターンの人は比較すると指導スキルに難点がある、
という種の話をしている訳ではありませんのでどうぞ誤解のないように。

それでは、
WOODSTOCKの先生一人一人について具体的に・・といきたいところですが、
個人のプライバシー保護を理由に、
ここでの明記は控えさせて頂きます。
ご興味がある方は、どうぞ直接彼ら・彼女らにたずねてみて下さいね。
ただ、
せっかくですので、
この2種類のタイプの先生の、
「違い」について簡単にふれてみたいと思います。

よく、
「どうして英会話の先生ってわりと頻繁に代わるんですか?」というような質問を聞かれたり、
またこのような疑問を持たれたりしたことがあるかと思います。

たいていの理由は、

「ビザ」

と言い切ってしまってもイイかと私は思います。

具体的に言いますと、先ほどふれた「人文知識・国際業務」というビザですが、
入国前の段階で、
入国管理局から許可される滞在年数は、
おおかた1年だけです。
(JET-プログラムのように、国が介して入国してきている英語指導員は最初から3年は許可されていることが一般的です。)

そして、入国からこの約束の1年が迫った段階で、
滞在許可を受けている本人が、
イミグレーションオフィス(入国管理局)に出向き、
「延長申請」を行う必要があります。

結果は二つに一つで、
「申請受理」ないしは、「滞在不可」となります。

この結果の理由については、
「国」「滞在中の素行」「後ろだてとなっている会社の状況」「その他」というような解釈で大きな誤差はないかと思います。

ただ、我々民の人間には推し量れない官の領域は存在しますので、
「その他」の占める割合と深さについては、
何とも説明しにくい部分があるのは事実です。

ですから、仮に、その人物が素晴らしく、
本人も希望し、
こちらとしても引き続き指導に当たって欲しいと望んだとしても、
念願叶わず、という結果があり得るわけです。
また、
これは彼らの立場に立って考えてみれば理解できるかと思いますが、
入国前に許可された滞在期間が分かっているということは、
何割かの人間は、「まずは1年」という気持ちでそもそも入国してくるでしょうし、可愛い娘・息子を送り出す親御さんの心境としても、
「1年だけだぞ!」という想いがあっても何ら不思議ではないと思います。

そして、
仮に、

「日本語を習得するまでは帰国はしない!」

というような具体的なビジョンをもって入国していたとしても、
ビザのリミットが近づくにつれ、

「延長・・どうしようかな・・?」

という種の感情は人間誰しもが持つでしょう。

考えてみれば当然ですよね。

労働概念も違う。
文化も違う。
言葉も違えば、道路標識や礼儀やマナーまで違う。
数日・数週間の旅行ですら、不安や戸惑いを覚えたりするわけですから、何百日という期間、仕事をしながら慣れない土地で生活をする彼らの苦労は、それなりのものがあるわけです。

また、「外国籍労働者」として、
働いてきた歴史の非常に薄い国民が我々日本人です。
10年後、20年後、日本からたくさんの若者が海外での勤務につくのが当たり前の時代に入った時、
ひょっとしたらはじめて彼らの置かれている状況や心境が理解出来る日がくるのかもしれないですね。
今日のブログが、
異国で働く青年達の想いや状況を理解するうえでの手助けになれば嬉しいです。
それでは今晩もこのあたりで。

本日もありがとうございました。
今週もどうぞ宜しくお願い致します!
頑張れニッポン!


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ビザについて。”

YouTube

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
九州地区は大雨の一日となりましたが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

本日のブログテーマは「YouTube」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
皆さんはYouTubemをどのように利用されていますか?

知人・友人に、

「どんな風にYouTube使ってますか?教えて〜!」

とスパムのようなメールをしたところ、
以下のような返答がかえってきました。

「おもしろ動画を見る為に・・ですね。」
「最近では、長男が方程式の入り口でつまずいているので、解法を繰り返し見せています。」
「私のいとこはYouTubeでオムツの替え方をおぼえたって話していました。」
「Blogで拝見したバイリンガール英会話を子供と一緒に見ていますよ〜。」
「ズバリ・・主人にやじられないように料理の勉強をしてます!」
「ゴルフPGA公認メソッドの先生の講義を受けてるよ。」
「子供にアメリカで放映が始まったドラえもん字幕バージョンをみせています。」
「お小遣い稼ぎかなぁ。」
「目指せユーチューバー!」
「化粧の仕方!」
「ペンケースを娘と作ろう!ということになって。助かった〜。」
「子供らの話題についていけるように、妖怪なんチャラについて勉強してるよ。」


などなどなど。

皆さん本当に様々な使い方をされているようで、
私も真似したくなる活用方法がいくつもありました。

私も、
カーンアカデミーのサルマン氏に影響されて、
YouTubeの可能性に興味を持ち始めた1人です。

それまでは、
ただ漫画を見たり、
リスペクトしている方々の対談などを見る程度。

最近では、
職業柄、
子供たちの英語学習にも非常に効果的なツールだなぁと、
今更ながらYouTubeを研究しています。

意外に、
YouTubeに関する本って少なくてですね。
自分でさわって、
時々成功して、
たくさんつまずいて、
3歩進んだと思ったら明くる日には4歩戻ったり。
今のところこんな感じですが、
プリスクールを卒園した後の環境作りの一つの手段として、
活用方法を模索中です、只今。

ということで、
みなさん、
いい使い方や必殺技があったら是非教えて下さいね^ ^

なお、
先日の田植え体験(WOODSTOCKプリスクール)の様子もYouTubeにアップしています。
良かったらご覧下さい。

それでは今夜もこの辺りで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。








WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”YouTube”

未来の働き方その2

テーマ: つぶやき




こんにちは!
いつもお世話になります。
いよいよ明後日はW杯日本代表の初戦です。
高鳴る胸の鼓動がやかましくて事に集中出来ません。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、
今夜のブログのテーマは「これからの働き方」です。
よかったらお付き合い下さいね。

現在の世を見回してみると、
従来の常識では考えられない働き方を選ぶ若い人が目立ち始めました。

先日のブログの中で、
徳島の神山にセカンドオフィスを構えて、
第二の人生をスタートさせる人々の様子にも触れましたが、

惜しげもなく大企業を辞める人たち、
(以前の価値観では考えにくい行動でしたが、今では普通ですね。)
働く時期と働かない時期を繰り返す“間欠泉型キャリア”を楽しむ人たち、
家族も不動産も持たず、
生活にかかる費用を最低限にしてミニマムに生きる人たち……。

若い世代のこの変化は、何を示しているのでしょう?

また、リンダ・グラットンが「ワーク・シフト」の中で提示した3つのシフト、

1:ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ
2:孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ
3:大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ

みなさんはどんな感想を持たれますか?

脱皮型キャリア構築のノウハウをいかにして身につけるのか?
20代はサッカー選手として、体力が衰え始めた30代後半からはゴルファーに転向。
スポーツ界で身につけた正解までのプロセスの作り方を活かしてその後はコンサルタント・・というように。今行っている職業でず〜っとなんていう時代はもう終わりました。

オンラインで築かれる世界規模のコミュニティをどう活かすか?
アイデアや示唆を与えてくれる主にバーチャルの世界のネットワークでは英語が不可欠。どんな種の人的ネットワークを築きますか?

「古い約束事(所得を増やし、モノを消費するために働く)」が機能しなくなってきている今、どのようにしてバランスをとっていくのか?



日本では、
雇用年齢が延長されて70歳まで働くことになってきているのに、
会社にしがみつき、
30歳から40年間も今と同じ仕事をするのが幸せかという問題に皆が直面していて。

これからは、
若者だけが働き方を考え直す、という時代ではないですよね。

彼女の著書の中でも語られた「5つの変化(テクノロジーの進化、グローバル化、長寿化、社会そのものの変化、エネルギー問題の深刻化)」に注意を払いながら、
我々以上に大きな変化を受け止める必要がある子供達に、
この世界で何が起こっていて、
何が変わりつつあるかをしっかり伝えながら、
共育していかなければなぁと思います。

皆さんはどう思われますか?

それでは今夜もこの辺りで。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願い致します。
ガンバレ!ニッポン!


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”未来の働き方その2”

セルビア共和国

テーマ: つぶやき





こんにちは!
いつもお世話になります。
今週も気付けばもうウィークエンド。
早すぎる時間の流れに目眩を覚えるほどですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今日のブログのテーマは「セルビア共和国」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
ご存知のように、
ヨーロッパ東南部のバルカン半島が「100年に1度」ともいわれる大洪水に見舞われ、多くの道路や住宅が流されるなどの被害が出ています。
特に被害が大きいエリアがセルビア共和国。
私の大好きなサッカー選手で、昨年まで名古屋グランパスエイトの監督を務めていたピクシーことドラガン・ストイコビッチさんの母国でもあります。

私の友人の話では、彼を慕うチームのサポーター達が始めた小さな募金の呼びかけが今回メディアを動かすひとつのきっかけになったようです。

また、
メディアによれば、
在京大使館も募金の受付を始めたところ、
「震災で多額の義援金を送ってくれた親日国に恩返しを」とばかりに、
寄付の呼びかけが広がっているようです。
大使館側がクレジットカードでも寄付できるようにしたこともあって、
募金をした人は少なくとも9000人にのぼっているようです。

事実、
バルカン半島では、
2014年5月13日から数日間にわたって、
文字通り「豪雨」が降り続き、
この時の雨量はたった数日で、
3か月分に相当する量だったようです。

3万人近くの人々が避難生活を余儀なくされていますし、
水や電気も使えていないとのことです。

現地では救援物資をはじめとした支援を必要としていて、
在京セルビア大使館も募金を受け付けるページを開設したようです。

以下はセルビア共和国大使館のHPに記載されている内容をコピペしたものです。
ぜひ目を通してみて下さいね。




【セルビア洪水復興支援募金を受付中】
 5月中旬の集中豪雨の影響により、セルビア国内各地で河川の氾濫による大規模な洪水が発生しました。この洪水により人命が失われたほか、現在も多くの被災者が避難生活を余儀なくされています。
 在日セルビア共和国大使館では、被災者救済と被災地の復旧・復興に向けて、下記のとおり、寄付金の受付を開始しました。

■大使館経由で寄付する

・現金を直接持ち込む

 大使館に現金をお持ち込みいただき、スタッフに寄付の旨、お伝えください。
 →大使館のご案内

・現金書留で郵送する

 下記宛にご送付お願いいたします。 後日、受領書を送付させていただきます。

 在日セルビア共和国大使館 支援係
 住所:〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-24
 電話:03-3447-3571

・口座振込

 下記、寄付金専用口座を開設しました。
 恐れ入りますが、お振込みは窓口にてお願いいたします。

※大使館が開設する口座は「非居住者円預金」というもので、ATMやインターネットからの振込みはできません。また、振込みが集中すると一時的に振込みができない状況が発生します。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

 ・三井住友銀行
 ・五反田支店(店番号:653)
 ・普通
 ・口座番号:8493085
 ・名前:EMBASSY OF THE REPUBLIC OF SERBIA

■「Yahoo! JAPAN 基金」経由で寄付する

 クレジットカードとTポイントがご利用可能です。
 こちらをご参照ください。

■セルビアへ直接寄付する 

・PayPal

 下記アドレスから募金頂けます。
 https://www.paypal.com/rs

 左上のSend Paymentの項目から、送付先(To)にセルビア政府開設の義捐金口座のメールアドレスである、floodrelief@gov.rsを入力してください。通貨から日本円(JPY)を選択して頂ければ、日本円での寄付ができます。Send money for:の項目はServices/Otherを選択してください。

 ※本口座は、ブリュッセルのセルビア政府EU代表部の名前で開設された、洪水被害者のための専用義捐金口座です。

・外国送金

 こちらをご参照ください。


皆さまの温かいご支援・ご協力を、何卒よろしくお願い申し上げます。

在日セルビア共和国大使館




東日本大震災の時、
国民の平均月収が4万円ほどでありながら、
震災後の7か月間で世界で5番目、
ヨーロッパでは1番多くの義援金を送ってくれた事実を
私たち日本人は絶対に忘れるべきではありません。

こんなときこそ恩の倍返しが出来る国でありたいですね。

そして、
インターナショナルプリスクールで学ぶ子供達にこそ、
こうした事実を伝えていきたいものです。


それでは今夜もこのあたりで。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願いいたします。
良い週末をお過ごし下さい。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”セルビア共和国”

これからの働き方

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
梅雨なのに、
今年は紫陽花をあまりみかけないなぁ、
なんてことを感じる昨日今日ですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今日のブログのテーマは「これからの働き方」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
株式会社リクルートホールディングスのRW研究所の試算によると、
2015年、日本の就業人口に占める正社員比率が42.5%まで下がると見込まれています。

分かりますか?

働く人の半分以上が正社員ではなくなる、ということです。
私はこれを大きなインパクトをもって受け止めました。

どう思われますか?

「終身雇用」なんていう言葉はもうアンモナイトです。

だって、
2人に一人は正社員ではなくなるわけです。

遊園地のジェットコースターのように、
様々な事が物凄いスピードで変わり始めています。

こんな中、

就業者が安定して仕事を続けられるようにする為の「法改正」が2つ、
2013年に行われましたね。

一つは、改正労働契約法(A)。
もう一つは、改正高齢者雇用安定法(B)です。

Aは、有期労働契約者が契約更新を繰り返し、通算5年を超えて勤務した場合、
本人の申し込みがあれば無期労働契約に切り換えられるという内容。

Bは、60歳定年後も、本人が希望している場合は、企業が雇用しなければならない、というもの。

これと時期をほぼ同じくして、もう一つ。
話題となっているのは「労働者派遣法の見直し」です。

改正法として成立してはいませんが、
これが通過すれば、
もはや、
派遣社員は「臨時雇い」や「正社員の代わり」ではなく、
ある意味で、

「派遣=雇用の一形態」

として捉えられるようになります。

こうした相次ぐ法改正の動きは、

「働くということについての考え方の変化」

を如実に反映しています。

日本政府の方針は、確実に、

「正社員という身分だけが、安定の形ではないから、必ずしもみんなを正社員にする必要はなく、多様な働き方を受け入れようという方向」

へ舵を切り直した、
そんな印象を受けます。

つまり、

「正社員だけが理想の働き方ではなく、在宅ワークでも安定的に仕事につければいい、それよりも自分らしい働き方を選ぼうという意識改革が進められてきている」

ということですね。

在宅勤務。
SOHO。
ノマドワーク。

これからは、
このような「個人ワーカー」がドンドン増えてゆくのかな?

はっきりしているのは、

「大きな会社に入って正社員に!」

という発想自体がもうポンコツ化してきている、
ということです。

一昔前であれば通用したでしょう。
ただ、
こんな人参をぶら下げても、
これからの世代の若者は見向きもしないでしょう。

このあたりを読み間違うと、

「イタイ大人」

というジャンルに入れられてしまいますので、
お互い注意したいですね 笑。

これからは、(私個人の見解です。)

STEP1:勝負したいフィールド(業種です。)を決める。
STEP2:どういったスタイルで攻略するか(会社員なのか?はじめから個人なのか?、またはクラウドソーシングを活かした形で・・)を決める。
STEP3:実行する。
STEP4:出口戦略に沿って計画的に撤退する。

こんな風な用意・準備というか、
発想が必要になってくるような気がしてなりません。
履歴書の書式すら変わっていくのかな?
そんなことすら思います。


みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。
(カズが代表に呼ばれたって・・ホントですか?)





WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”これからの働き方”

海外の大学

テーマ: つぶやき




みなさんこんばんは!
連日小雨に見舞われる週前半となっていますが、
いかがお過ごしでしょうか?

今日のブログテーマは「海外の大学」です。
良かったらお付き合い下さい。



学生:「ハーバード大学に合格しました!滑り止めの東京大学も受かりました。」

先生:「東大よりもハーバード。これが10年前だったなら、アホな冗談にしか聞こえなかっただろうけど、日本経済が縮小して世界の就職市場に出て行かねばならない・・。こんなことが現実になってきたんだなぁ。おめでとう、頑張ったな。でも。気を抜くなよ。本番はこれからだ!」

学生:「当然です。授業についていけるように英会話の勉強も続けないと。」



新聞を見ると、
ありとあらゆるところに「グローバル人材」という言葉が並んでいます。

これまで、
東京六大学の合格発表の胴上げの様子などが、
ニュースで取り上げられていたのが嘘のように、
最近では、
日本の大学はどのようにして9月入学に対応するべきか?
あるいは、
海外の大学に行った学生が取り上げられることが増えました。

事実最近では、
日本の有名大学自体が憧れ的な存在から、
国際人を育成出来ないダメな日本の大学の象徴になってきている感すらあります。

先日のワイドショーの中でも、
Times Higher Education-QS World University Rankings 2012-2013の
話になり、
日本のトップは世界で27番に過ぎないというような話になったようです。

こうした状況の中、
今後の日本経済の先行きを考ると、
これまで以上に個としてのスキルを高める
必要性に一部の親達は気付き、
具体的に動き始めています。

世界ベースで将来やりたいことを考え、
大学を選択するのなら、
内容の充実している世界のランキング上位学校に行くことが目標となります。

当然ですが、
受験において東京大学などを目指すのが、
イェール大学やハーバードに変わるだけでは、
「大学受験のための学習」という根本的な問題が解決するわけではありません。

よく言われますが、
大学という「場」が、
学生達が何を学び、
どの程度個の力が成長するかで評価されるのではなく、
卒業したという「名」そのもので、
評価する仕組みがあるとすれば、
それはとても不幸なことです。

こうした基本的な点をおさえるために、
保護者それぞれが教育リテラシーを高め、
日本の教育の現状を客観的に捉えるようになり、
そして、
そろそろ、
現実的な問題として、

「海外の大学を視野に入れる」

動きや準備を始める時期にきているのではないでしょうか?

幸い、
2012年の夏から、
ハーバード大学で学ぶ女子学生の一人S・Hさんは、
大分市出身で、
なおかつ、
小学校から高校まで、
全て公立の学校に通っていたごくごく普通の経歴の持ち主です。

なんでも、
18年間、
普通の塾にも、
海外大学受験塾などにも一度も通わないまま、
ハーバードと慶応大学に合格しています。

当然帰国子女というわけでもありません。

明日のブログでは、
彼女が某ネット雑誌の中で打ち明けた、
具体的な経歴や、
どのような種類の努力をしてきたのかを紹介させて頂きます。
ご興味がある方はぜひ。

では、
今夜はこのあたりで。
本日もありがとうごいざいました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”海外の大学”

英語は体育?

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
今日の最高温度は27℃(77?)。
もう夏ですねぇ。
暑いのはめっぽう苦手ですが、
蚊取り線香やかき氷、キャンプ上で食べるスパイシーフードなどは
今からとても楽しみです。

さて、
今日のブログのテーマは「英語は体育?」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
英語を習得する為には、

STEP1:ある程度覚える、もしくは強制的に暗記する。
STEP2:練習する。

大まかに言うと、
この2つのステップをふむ必要があります。

よく言われますが、
日本の学校教育の方法の間違いの一つに、

「日常的には使わないレベルの文法まで暗記させられる。そのうえ会話の為の練習をしない。」

というようなことがあげられます。

ただですね、

「英語=コミュニケーションの為のツール」

とした場合、
英語学を専攻した大学院生が学ぶようなレベルの文法まで手を出すのではなく、
会話をする為に最低限必要な文法知識だけ詰めればイイわけです。

そして、
何度かスクールブログでも触れたこともありますが、
英会話の練習は楽器の練習に酷似しています。

どういうことか?

つまり、

楽譜を読んで、
テストで音符の穴埋め問題などをやったところで、
これだけでは、
いつまで経ってもピアノもクラリネットも弾けるようにはなりませんよね。

楽器の腕をあげようと思ったなら、

1:一定レベルの楽譜が読めるように最低限必要な知識を詰め込む。
2:あとは楽譜を見ながらひたすら練習。


こうすることで始めて、
私たち人間の指はスラスラと動くようになりますよね。

英語も一緒です。

だから、
某有名予備校の人気講師も言っているように、

英語は算数や国語というような科目よりも体育や音楽に近いわけです。

いいですか?

1:最低限必要な単語やセンテンスを覚える。
2:恥を捨てる。自分の英語に許可を出す。
3:練習する。つまり、話してみる。
4:あとは・・続ける。時々修正しながら。
5:続けることを辞めない。

以上です。

こうしてみると、
英語習得って、
そんなに難しいことではありませんよね。

こうすれば日本人の英会話レベルも上がるんです。
答えがあるのに、
一部の民だけが動いている。

このあたりにジレンマを感じるんですよねぇ。

公教育の中で行われている英語の授業を、
そろそろズバッと変えたいなぁ、
と思うのですが、
いかがでしょうか?

どこかの小学校、
ないしは、
中学校の校長や、
まずは小さな市の長でも誘ってビアガーデンで
しこたま呑ませて酔わせて、
プロジェクトを矯正発動したいなぁ。

そんなことを思う今日この頃です。


それでは今夜はこのあたりで。
本日もどうもありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”英語は体育?”

ご寄贈

テーマ: つぶやき







いつもお世話になります。

先日からお伝えさせて頂いていますが、
WOODSTOCK平成24年度保護者会様より、
素敵なスクリーンとプロジェクターをご寄贈いただきました。

子供達の知的欲求を楽しさという魔法の杖で刺激し続けられるよう、
大切に大切に使用させて頂きます。

なお、
すでに卒園されました園児さんのお宅につきましても、
卒園アルバム等の発送時に、
合わせてお礼をと考えています。

職員一同心より御礼申し上げます。
この度は誠にありがとうございました。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ご寄贈”

3 Idiots

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。


今日のブログのテーマは「映画を通して見えるこれから」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
皆さんはインド映画歴代興行収入1位を記録した大ヒット映画、

「3 Idiots(邦題は「きっと、うまくいく」)」

をご覧になりましたか?

インドの工科大学を舞台にした青春劇であり、
ミュージカルあり、
印度映画らしい途中休憩あり、
またベースはコメディというムービーですが、

「教育問題」

をテーマにしている映画でもある、
という点が今日取り上げさせて頂いた理由です。

繰り返しになりますが、
テーマは、
加熱するインドの教育事情。
インド工科大学をモデルにした大学に通う、
1978年生まれの3人の学生たちを主役に、
大学時代と現在が交互に折り混ざりながら、物語は進みます。

成績優秀な学生は、本人の意思とは無関係にエンジニアに。
子供も将来はオトナが決めるもの。
このあまりに「旧式」な図式に疑問を突きつけ、
問題提起する、そんな内容の映画になっています。

鳥かごの中の囚われた鳥のように自由を奪われ、
羽ばたこうとする心さえ奪われ、
また、
枠にはまった勉強勉強の日々で、
気付かないうちに疲弊していく若者たちの姿と、
枠を見事に打ち破って社会に出た10年後の彼らの姿。

現代の教育に対して見事に、
また爽やかで痛快な皮肉で問題提起しています。

型に当てはめようとするオトナと、
出る杭になろうともがく若本たち。
真の友情とは何か?
競争ばかりの社会に未来はあるのか?
それがはたして人間らしい生活と呼べるのか?
より良い人生とは?
成功とは?
いい人間とは?
勉強とは?

どこかで・・
福井晴敏原作小説の「人類資金」ともリンクするような、
そんな内容のインドムービーです。

個人的には、
少々経験がないと、
聞き取りがむつかしい、
インド英語に耳を慣らす為の手段としても、
使えるかも〜と思いました。

本題からはずれますが、
インド英語は、

「印グリッシュ」

と呼ばれ、
慣れないとヒアリングはまさに困難を極めます。

今後、
世界中で聞かれる、
英語の大半は、
彼らインド人のそれになる時代です。

耳を慣らすのにも有効な映画ですので、
ぜひ皆さんもご覧下さ〜い!

それでは本日もこのあたりで。
今日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”3 Idiots ”

海外で働くということ。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
今日は25度を超える「夏日」でしたね。
そんな火曜のひと時をいかがお過ごしでしょうか?

本日のブログのテーマは「海外で働くということ」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
海外で働いた経験がある方!
どれくらいいらっしゃいますか?

まだまださほど多くはないでしょう。
ただ、
WOODSTOCKにお子さんを預けて頂いている保護者様方に
つきましては、
常日頃から、

「海外で働く外国籍の面々」

の姿は目にされていますよね。

「保育園に毎日いる英語の先生」
「英会話教室で息子・娘に英語を教えてくれる先生」

これが皆さんから見た時の彼らの姿ですね。

ではこの視点をひっくり返してみましょう。

彼らからすると皆さんは、

「就職先のアジアの日本で出会った、受け持ちの生徒の保護者様」

ということになります。

ちょっとだけ掘り下げてみましょう。

クリス先生はアトランタ出身のアメリカ人です。
学生時代はロサンゼルスで青春時代を過ごしました。
日本の学生さんと同じように、
そうこうしているうちに就職活動の時期を迎えました。

ここからが現代の若者の行動パターンです。

「LinkedIn」などを手段に世界中の企業をサーチ。

送られてくる膨大な企業情報から実際にコンタクトをとる会社を選別。

そして、いくつかの国の面接官とのSkype面接開始。
そして、いろいろな偶然が重なり彼がたどり着いたのがここ大分市、
というわけです。

客観的にみても、
この国は非常にユニークな国です。
独特の作法や、
異国の方々からすると、
理解に苦しむ類のマナーなども少なくありません。
何もこれは礼儀やマナーに限ったことではなく、

「日本人の考え方」

そのものが世界的に見ると独特なんです。

なぜそのように発想するのか?
どうしてそういった感想をもつのか?
何がそのような表情が作らせるのか?
どんな理由があってその質問が出るのか?

こうしたものがあいまって

「Japan is mysterious.」

となるわけです。

そうした「外国」で働く彼らの日々の心境はどういったものなのでしょう?
どんな時にハピネスを感じ、
悲しい・寂しいという思いをさせる要素はどんな類のものでしょうか?

今日のブログを通して私が提案したいこと、

それは・・・


「ミステリアスジャパンで働く彼らの姿や声を通して、
将来の子供達が海外に就職先を見出し、
また文化も言葉も異なる他国で勤労するということは
どういうことなのか?ということを想像してみてはいかがでしょうか?」

という点です。

確実に、
日本国内における就職先は減り続けます。
なおかつ、
外資の流入により、
英語の扱えない人材の受け皿も限定的になるでしょう。

今の韓国がそうです。
英語が使えない時点でアウトという状況が始まっています。
だから、
彼らは必死に英語学習を続けているわけです。

10年後の日本が現在の延長線上にあると思いますか?

就職先の選択肢が国内のみ、
こうした「特需」は長くは続かないでしょう。

このあたりをアンテナはって想像しながら、
またいろいろな準備をしながら生活していきたいですね。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜のブログもこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”海外で働くということ。”

I'm not sure.

テーマ: つぶやき




こんばんは!
雨の月曜日をいかがお過ごしでしょうか?
今週もどうぞよろしくお願い致します。

さて、
本日のテーマは「実践で使える英語フレーズ」です。
良かったらお付き合い下さい。

私たち日本人が最も口にする英語の文章。

それは皮肉にも・・

「I don't know.」

です(苦)。

ただ、
ご存知でしたか?

このフレーズ、
実は状況によっては非常に失礼な言い回しなんです。

偶然にも本日のブログをのぞいて下さったそこの貴方。
今日以降、

「I'm not sure.」

を使うようにして下さい。

どうしてか?
実は・・・、

「どうでもいいし・・。」
「ごめん、興味なし。パス!」

というようなニュアンスで伝わってしまうのが、

「I don't know.」

なんです。

これをシンプルに、

「I'm not sure.」

とするだけで、

「ちょっとはっきりしないですねぇ」
「ごめん〜、どうだったかなぁ?」

のように伝わります。

日頃から伝わり方を気にする日本人としては、
気に留めておきたい事実ですよね。


それでは本日のブログもこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”I'm not sure.”

センター試験廃止。

テーマ: つぶやき




こんにちは!
あっという間の金曜を迎えていますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

本日のブログテーマは「変わりゆく教育事情」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、

「センター試験廃止」

のニュースは既にご存知でしょうか?

ざっくりと言ってしまうと、

1:5年後をメドに廃止される予定。
2:高校での学習到達度を測る新共通試験「達成度テスト(仮名)に移行予定。

です。

移行予定の「達成度テスト」の大きな特徴は、
センター試験のように、

「一発勝負」

ではないところ。

高校在学中に複数回受験が可能で、
一点刻みではなく、
レベルで判断されるあたりもユニークです。

では、
気になる廃止理由ですが、

1:環境変化に対応出来ず、弊害が目立つようになって来たから。
2:難関大学では受験生の学力が高く、選抜システムが機能していなから。
3:自ら課題を見つけ、解決するのが苦手な学生の増加を受けて、新しい技術や仕組みそのものを生み出せる人間性豊かな人材を育成・発掘する為。


ということです。

世が変われば、
様々なシステムも変わりゆきます。

ということは、
目標の立て方や、
努力の方法も変化させていかなければなりませんね。

学習塾のあり方や、
詰め込み型の受験スタイルも、
きっと変わっていくのでしょう。

アンテナを立てて、
今後の動向にも注目したいですね。

それでは、
本日の堅苦しいブログもこのあたりで。

今週もありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願いいたします。
素敵な週末をお過ごし下さい^ ^

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”センター試験廃止。”

脱・完璧主義

テーマ: つぶやき




こんばんは〜。
みなさん木曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?
先日の寿司外交の舞台となった寿司店は、

「二郎は鮨の夢を見る」

で有名になり過ぎてしまった「すきばやし次郎」だったとか?

WOODSTOCKの外国籍職員で知らないものはいない、
どちらかというと海外で有名な映画ですが、
ナイスムービーですので、
良かったら観て下さいね。
オススメで〜す。

さて、
本日で4日目、
今日も「なぜ日本人は英語を話せないのか?」シリーズより、
4番の「完璧を求めてしまう国民性」を取りあげます。
今日でこのテーマも最終日になりますが、
良かったらお付き合い下さいね。

ズバリ、

英語を学ぶ人、
またこれから学ぶ人々みなさんに言いたいこと。

それは・・・

「脱・完璧主義(Anti-perfectionism)で行きましょう〜!」

ということです。

そもそも、
ネイティブにはなれないし、
ならなくていいんです。

まずこれが前提。


訳の分からない、
根拠のない、
日本人特有の

「ネイティブ信仰」

からの脱却をそろそろ図りませんか?

日本人はとくにまじめで、変に完璧主義なところがあります。

それに加えて、
英語が身近ではない為に、
困ったことに、
英語そのものが理想化されてしまっているところがあります。

ではここでクエスチョンです。

移民の国、アメリカにおいて、
いわゆる「完璧な英語」を話している人間が
いったいどの程度いるでしょうか?

ヒスパニック訛り、
中華訛り、
インド訛りに、
アラブ訛り。

みなそれぞれですが、
彼らの英語は完璧ではないのでしょうか?
T/TessaやT/Jpはヒスパニックですが、
どう感じられていましたか?

悪しき様式へのこだわり。
ラッピング文化。

ここをいさぎよく、
論理的に捨て去ることができれば、
日本人全体の英語英語レベルは飛躍的に
伸びるのに・・という悔しさにも似た感情をいつもおぼえます。

昨日も言いましたが、

言葉は使わないと身につきません。
けれど、
使いながら身につけていくということは、
つまり間違いながら身につけていくということとイコールです。
その時に「間違ってはいけない文化」を前提にしてしまったら
な〜にも身につかないわけです。

完璧を目指す結果、スタートをきれない日本人。

こんなレッテルを貼られてしまう前に、
もっと本質的に考えて、

「形より実をとる」

作戦に集中しましょう。

手に入れたいのは、
英語が話せることのかっこよさではなく、
伝わる英語を手に入れることで得られる実利なんです。

花より団子でいきましょう〜!!

ということで、
今日で、
「なぜ日本人は英語を話せないのか?」シリーズは終了ですが、
少しは参考になったでしょうか?

私もWOODSTOCKを立ち上げた時は英語は話せませんでした。
びっくりされますが。
いろいろな意味で。
でも。
結果、何とかなっています。

それは今日までにあげてきた理由を逆手にとって来たからです。

ただ、それだけ。

むつかしいことは特にありません。

もっとラフに構えていきましょうね〜^ ^

それでは今晩もこのあたりで。
本日も楽しい一日をありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”脱・完璧主義”

恥の文化。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。

「It's a beautiful day!」

この言葉は今日のような日を表現する為にあるのだろうな、
というような素晴らしい春日和でしたが、
そんな4月の月末をいかがお過ごしでしょうか?

本日で3日目、
今日は「なぜ日本人は英語を話せないのか」シリーズより、
3番の「恥の文化」を取りあげます。

良かったらお付き合い下さいね。




日本人の「恥の文化」が英会話攻略の邪魔をしている、
という話を進めます。

ズバリ。

日本人は恥をかくのを恐れすぎている、と言えるでしょう。

「間違ったらどうしよう〜・・。」

この「日本独特ともとれる姿勢」は
決して悪いことばかりでありませんが、
こと「言語学習」においてはマイナスに作用する要素でしょう。

おもしろいことに、
普段は英語を口にすることを躊躇する人間が、
お酒が入ると英語で話し出したりすることも珍しくありません。

ではなぜでしょう?

答えは簡単で、普段は感じている、

「間違った英語を話すと恥ずかしい〜」

というバリアがアルコールの影響でとれるからです。

それでは、

「間違った英語」

とは一体何でしょうか?

実は、

WOODSTOCKに着任したての保育士達が口をそろえて、

「No running !なのかDon't run!なのか・・Walk nicely.ではダメなのか?ついつい頭で考えてしまうんです。」

というような事を相談しに来ます。

私はただ一言、

「どれでもイイよ。」

と伝えるようにしています。

これって典型的な日本人マインドですよね。

「英語を聞く」→「頭の中で訳す」→「話す内容を日本語で組み立てる」→「英語に翻訳する」→「声に出す(躊躇しながら)」

文法知識が生半可多いが為にかえって話せない、というジレンマ。

もうこれは「呪縛」です。

貞子出て来ますよ、そのうち。

では、彼女におとなしくしていてもらう為に、

私が英語を話せない日本人にオススメしたいのは以下の3点。

1:英語をたかが言語と舐めてかかる。
2:どうせネイティブじゃないんだから、と開きなおる。
3:口にした言葉では伝わっていないな、と感じた場合には別の言い回しで逆サイドから攻めてみる。

という感じです。

いいでしょうか?
当たり前のことですが、

「言葉なんて使わないと身につきません!」

ですから、
使いながら身につけていくということは、
つまり間違いながら身につけていくということと完全にイコールです。
それなのに、
「間違ってはいけない、間違うことは恥ずかしい文化」
を前提にしてしまったら、
それこそもうな〜にも出来なくなる、
というわけです。

自転車だって転びながら乗り方を習得しましたよね。
膝小僧の擦り傷は勲章なんです。

英語も同じ。
間違いながら覚えりゃ言い訳です。

たかが「手段」に振り回されて良いことなんて
な〜んもありゃしませんから^ ^

みなさん。
開き直りが大切です〜という話でした。

それでは今夜もこの辺りで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”恥の文化。”

想い。

テーマ: つぶやき







こんばんは!
いつもお世話になります。
木曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?

さて、
今日は、
こちらのブログにて、
T/Chrisのお父様・お母様から届いた

「想いがいっぱいいっぱい詰まったお手紙」

を紹介させて頂きます。

おそらく彼はFacebookページしか見ていませんので、
こちらでこっそりと。

写真では読みづらいと思いますので、
タイプさせて頂きます。

Dear Kawahira,____________________________________________

We would like to express our sincere appreciation to you for
extending your home to Chris as he begins life in Oita.

This has been a long journey for Chris,
and we know he has probably shared with you his decide to live in Japan
since he was 7th grade.
As his parents,we have watched him leave home to travel abroad with much nervousness each time.
Knowing he is being personally helped and assisted by such caring individuals like yourselves has brought us much comfort.
We hope he was a good guest while staying in your home and did not inconvenience you.

Thank you for being so welcoming to him,and we hope he will be a wonderful teacher to the children and a helpful staff person at your school.

With much gratitude,

Brian and Stefani Organ______________________________________




このお手紙を頂戴した時、
とても感動しました。

胸があったかくなりました。

また同時に、
おこがましいかもしれませんが、
まだ若い彼のこれからの人生に対しての責任を強く感じました。
そして、
いつの日か、
ロサンゼルスに住まわれている彼のご家族とお会い出来た時に、
胸を張って握手できるように、

「日本に行かせて良かった。」

という言葉を聞けるように、
彼を盛り立てながら、
私も一生懸命頑張らねばな、と思いました。

これは、
T/Chrisに限ったことではありません。
WOODSTOCKに何かの縁で集まって来てくれた
大切な仲間達の向こう側には、
ブライアン、ステファニーのような
お父さんやお母さんの想いがあります。
アメリカ人、ニュージーランド人、日本人、国籍に関わらず。

また、
園児さん達の向こう側にはいつだって
いつも園をサポートしてくださるたくさんのパパやママ達の
想いがあります。

素晴らしくあたたかいたくさんの「想い」が集まるこの場所の火を、
明日以降も煌々と燃やし続けていかねばなぁ・・なんてことを
思う今日この頃です。

「明日が来るってみんな思いすぎだよ」

どこかのミュージシャンが連呼するこんなフレーズを
いつも頭の片隅に置きながら、
週末の入り口、明日金曜日もがんばっていこうと思います!


・・・・ちなみに、手紙の意味分かりましたか?
きびしい時は辞書ひきましょう〜ねぇ^ ^

それでは今晩もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
あすもどうぞ宜しくお願い致します!











WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”想い。”

Mr. Federal Democratic Republic of Nepal

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
今週も宜しくお願いします^ ^

今日のブログはネパール国籍の友人の話です。
お時間があったらお付き合い下さい。


私の友人「R」の話をします。

かれはネパール人です。

日本を中心に据えた時の世界地図でいうと・・
だいたいどのあたりにある国か思い浮かびますか?

インドの右上ですよ〜。

エベレストとかが有名ですよね。

さて、

彼との出会いは・・
会社勤めをしていた頃のこと。
今からおおよそ9〜10年前のことです。
ところは熊本。

営業部に籍をおき、来る日も来る日も訪問営業をしていた頃の話です。

当時の上司がある突然、

「川平!外国籍の新人入れたからよろしくなぁ。育成してくれ!」

と。

うちの会社では少なくとも前例ないよなぁ〜。
大丈夫かなぁ。育成プランどうしよう。
ん?
そもそも会話出来るんか?

こんなようなことを思ったのを記憶しています。

初めて彼と会った日は・・よく覚えています。

朝から雨が降り止まない、
そんな梅雨時期のことでした。

コンビニで買ったとおぼしきブルーのビニール傘だけを
大事そうに抱えて。
どこで新調したのか、
タイト過ぎるスーツが
ただでさえ華奢なかれの体をよりマッチ棒のように。

線の細い彼から放たれた言葉は片言の日本語で

「よ×ろしゅく@おね△いましゅ!Rでしゅ!」

当時、

私はさほど英語が出来ませんでした。
(日本にやってくるネパールの方々は概ね綺麗な英語を話します。)

ただ、そんな言い訳が会社に通用するわけもなく、
ある日突然、

日本語の出来ないネパール人を一人前の営業マンにする!

という私にとっては不安極まりないミッションがスタートしました。


読めない地図(ゼンリン)を片手に
彼との二人三脚が始まりました。

想像出来ますか?

日本語が全くわからない人間が日本語ばかりの
地図を見ながら訪問営業する姿を。

家なんて、すぐに建つし、
並びなんてすぐに変わります。

だから、
日本人が回っても難しいくらいなんです。

山田という表札を見て、
山の感じにペンで何やら線を引き、
野球のホームベースに似ている!
とか言いながら営業活動をするんです。
田んぼの田は四角に十字架でしゅね。
これはイージーでしゅ・・とか言いながら。

最初の数ヶ月は「営業」の指導ではなく、「日本語」について、
または「日本について」の勉強会に終始しました。

仕事を終えると毎日のように安い定食屋で晩御飯を
食べながら彼と二人で仕事の話をしました。

考えらますか?

その華奢なビニール傘の青年が数か月後に、

数百人、数千人という日本人営業マンを押しのけて、
トップセールスにまで成り上がった姿を?
そし今では独立し、
熊本の新聞にまで取り上げられるちょっとした有名起業家になりました。


そんな彼がひょっこりとWOODSTOCKを訪れたのが今年のあたま。

「城◯遊園地に行って来ました!ネパール人をスタッフとして雇って頂こうと思ってましゅ!」

流暢になった日本語で彼が語るのは、

20年後の日本の社会状況。

少子化が進む。
高齢化も止まらない。
労働人口は不足する。
誰がこの国のシステムを支えるんですか?
日本の若者だけでは全く足らないですよ!
なのにどうして意地の悪い検定テストとか作って
意欲がある外国籍の労働者をはねるんですか?
僕はシステムを変えますよ。
もともと日本人じゃないから怖いものなんてないでしゅし。

彼がいっていることは至極真っ当で、
言い得て妙だと思います。

どう考えても、
数十年後にはこの国のシステムの担い手は外国籍の労働者ということに
なるでしょう。

そうなれば、
彼らをケアする管理職が必要です。
頭ごなしのストレート過ぎる英語でまくしたてるだけの人間ではなく、
彼らが気持ち良く、高いモチベーションをもって働けるような
環境を作り出せるレベルの英語をあつかえる管理職が。

こういう点からも・・

今後英語は必要なんですよねぇ・・という話を今夜はしてみました。
みなさんはどう思われますか?

それではこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Mr. Federal Democratic Republic of Nepal”

新入生合流初日!

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります^ ^

週の折り返しの水曜をいかがお過ごしでしょうか?

さて、
WOODSTOCKプリスクールコースの入園式も無事に終わり、
今日から新生シュガーバニーズが園に合流しました〜!
(入園式の様子はFacebookページよりYou tube動画でご覧頂けます。)

例年通りいけば、
4月の後半に園生活に慣れてくるこのクラス。
そして、
例年通りいけば、
その「慣れ」がゴールデンウイークの間に
リセットされて・・
結局5月の後半まで長引くのが常です。

毎年保護者様方にお伝えするのは、

「頑張って子離れして下さ〜い!」

ということです。

いずれ慣れますので、

「頑張って!」

ではなく、

「今日も楽しんでね〜☆」

という感じで送り出して頂けたらと思います。

それにしても・・

この「新入生入園」に誰よりも影響を受けているのは
在園生達です。

3月末まで最下級生だった旧2歳児クラスの面々は、
まぁ〜頼もしいものです。

春休み明けだというのに、
戸惑う素振りも見せず。
たんたんと朝の準備を済ませると、
誰に急かされるわけでもなく、
自分たちから椅子を並べているではありませんか!

当然、
ウィグリーやファンキーさんともなれば・・
新入生さんや編入生のお友達を気遣う余裕すらあります。

こうやって皆次のステップに進んでいくのだなぁ。。と
マジマジと感じさせられる、
そんな一日になりました。

「我以外皆師」を実践する子供達に負けぬよう、
今期も前のめりで毎日を過ごしていきたいと思います!

それでは今晩もこのあたりで。

今日も何かとありがとうございました!
明日もどうぞ宜しくお願いします^<^/







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”新入生合流初日!”

2014年入園式!

テーマ: つぶやき







こんばんは!
いつもお世話になります。
ようやく春らしくなってきたようですね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

本日4月8日(火曜)、
WOODSTOCKではプリスクール入園式が執り行われました。

今年も例年通り、
元気な20名のエンジェル達が合流です。

天候はとっても気持ちの良い快晴!

ぽかぽか陽気の中、
ハッピーな空気に優しく包まれた素敵な式になりました。

明日より、
私以下、
本日の式に参列させて頂いた職員全員が、
責任をもって大切なお子さんをお預かり致しますので、
どうぞご安心下さい。

祝辞の中でも述べさせて頂きましたが、
子供達はこの園において初めての「社会生活」を体験することになります。

共同で遊び、学び、そして先生達との触れ合い、
お友達との遊び、時にはケンカやトラブルを通して、
社会生活の基礎を学んでいくことになります。

もちろん、
彼らひとり一人にはおのおのの「個性」がありますので、
この個人の個性を尊重しながら、
健やかな成長の手助けをさせて頂きます。

式の際にもお伝えさせて頂きましたが、
何かご心配な点や、
園に対してお気付きの点がございましたら、
どんな細かいことでも構いませんので、
何なりとご相談下さい!

本当の意味で、
WOODSTOCKが「もう一つの我が家」となれるよう、
真心全力投球でケアさせて頂きます。

新入生さん、新入生保護者様、
本日はご入園本当におめでとうございます。
明日からどうぞよろしくお願い致します^<^/

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”2014年入園式!”

マラソンと英語

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。

週末の入り口金曜の夜をいかがお過ごしでしょうか?
ここからの数時間がおだやかでやわらかなひと時になってくれれば・・
何とか週末の桜を楽しめそうですね。

さて、
いつものようにブログは「英語方面」のお話です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
昔から・・

「英会話学習はマラソンに似ている。」

と言われます。

言われていなかったらすみません(笑)。

その根拠は。

練習を2週間怠ればこれを取り戻すのには同じだけの時間がかかります。

英語もマラソンも。

走れないことはないけれど、
しんど過ぎる。
キツ過ぎる。

言っていることが理解できないわけではないけれど、
正直思うように言葉が出てこない。
たどたどしい。
恥ずかしい。

また同じように・・
練習の方法を誤ればケガにつながります。

英語もマラソンも。

コーチの意見を無視してオーバーランすれば当然・・。

しなくてもいいことばかりに時間を割いていたら当然・・。

最後に。

目指している方角を明確に照らしてくれる優秀な監督。
具体的なアドバイスで効果的に指導をしてくれる先生。

英語もマラソンも、
メンターが必要ですよね、やっぱり^ ^

WOODSTOCKは子供達の半歩先を照らす灯台のような
存在になりたいんです。

WOODSTOCKは子供達が困った時に安心して頼られる、
懐の深いメンターであり続けたいんです。

その結果として、

ひとりでも多くの子がたくましい国際人として世界の檜舞台に
羽ばたいていけるように。

そんなことを思いながら、
毎日の指導方法やカリキュラムの見直しを
行うのが私たちの日課であり勤めなんです。

明日も42.195km先を見据えて頑張ります!

今夜はこのあたりで。。
ありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。

*写真は「卒園生春の特別プログラム〜プレゼンテーションに挑戦!〜」
の五日間を気合と笑顔とユーモアで乗り切った子供達の様子です。みんなありがとう〜!






WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”マラソンと英語”

スプリングスクール開始!

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
地震研究で有名な百瀬直也さんによる、
3月25日の大地震の予言がどうやらはずれたようで・・
ちょっと一安心、という方もいらっしゃるのでは?

さしあたって、
まだ起きていない事に惑わされるのではなく、
今目の前にある課題に心や労力を使いたいですね ^ ^

さて、
WOODSTOCKは本日より春休みに入っています。
というわけで・・・

2014年スプリングスクールのスタートです。

初日の今日は、
くじゅう連山ガンジーファームに行ってきましたぁ!
日豊バスさんにご協力頂き、
大型バスに揺られることおよそ2時間。

野焼きを終えたばかりの竹田草原の向こう手で、
子供達を待ってくれていたのは大自然に囲まれた
ガンジー牧場!

天候を心配していましたが、
活動中は雨に見舞われることもなく、
のびのびゆったりと時間を過ごせました。

ヤギと羊の違いについてのレクチャーを受けたり、
うさぎさんや鴨さん、アヒルさんに餌やりをしたり、
チーズやバター工場を見学したり、
新鮮な乳牛アイスクリームを頬張ったり、
手作り愛情弁当をぺろりとしたり・・、
バスでお友達や先生達と普段とは違った会話を楽しんだりと。

季節行事ならではの時間を過ごせたように思います。

詳細は・・ぜひお子さんに聞いてあげて下さいね^ ^

ちなみに今回は4日間平均6割ほどの参加率となっています。
春休みに入り、帰省されているお友達も多いようです。

どちらからこのブログを見てくれていますか?

北海道ですか?
沖縄ですか?
それともグアムですか?

いずれにせよ、
怪我や事故のない楽しい時間を過ごしましょうね〜!

それでは、
明日行われる豊後高田そば打ち体験の準備に戻りますので、
今夜はこの辺りで。

今日の写真はFacebookページにてUPさせて頂きますので、
よかったらご覧下さいね。

では今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。








WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”スプリングスクール開始!”

終業式。

テーマ: つぶやき





こんばんは!
3月最後の一週間もいよいよスタート。
今週もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、
今日はプリスクールコースの3学期終業式が行われました〜^^

毎年この季節に感じるのですが、
一年は本当にあっという間ですね。

昨年の桜の季節に入園してきた20名の新入生は、
1年目のカリキュラムをそつなく消化。
4月からはお兄さん・お姉さんです。

まだまだ泣きべそちゃんの集団とばかり思っていた
ビジービーさん達は、いよいよ高学年に!
すっかりたくましくなりました。

ついこの間まで、
手がかかって仕方がなかったウィグリーさん達が・・(笑)
いよいよ来月より年長さん!
小学校入学に向けたカウントダウンのスタートです。
園の屋台骨としてがんばって下さいね〜。

そして、
このメンバーに・・・

20名の2歳児さんが4月8日より満を待して合流!
翌日9日には他のプリさんから新しいお友達も!

これを笑顔で迎え撃つべく(笑)、
本日付けで、
「T/マリアンナ」と「T/デミアン」がWOODSTOCKに合流。
お出迎えに積極的に出しますので、
どうぞ送迎時にコミュニケーションをとって下さいね。

また、
本日を最後にお引越しや転園でWOODSTOCKを
去ることになってしまったお友達も(涙)。
通った年月は関係ありません。
ここは君たちのスクールです。
機会があったらいつでも遊びに来て下さい。
熱烈なハグで迎えますから。
いつでも歓迎します。
これからこそ、宜しくお願いしますね!

それでは・・・

次年度も賑やかで充実したな園生活を送ってもらえるよう、
職員一同奮起致します!
どうぞ4月からもWOODSTOCKを宜しくお願い致します!

みなさん素敵な春休みをお過ごし下さい(^_-)-☆


*スプリングスクールに参加されるお宅につきましては、
参加要項を再度ご確認頂きますようお願い致します。
明日はガンジーファームに突撃で〜す!!







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”終業式。”

「異能」

テーマ: つぶやき




こんばんは!
小雨降る木曜の夜をいかがお過ごしでしょう?
なんでもこの雨が上がると同時に桜は開花に向けて
動き出すとかしないとか?
花見の季節が今から楽しみですね。

さて、
今日のブログは昨日福岡で行われたシンポジウムが題材です。
良かったらお付き合い下さい。

今朝の大分新聞(だったような・・もしくは日経さん?)にも
記事が出ていましたが、

今月の3月19日、

「国際社会で活躍できる人材育成のあり方などを議論するシンポジウム」が

福岡で開かれました。

その中で、

日本が今後のグローバル競争を勝ち抜いて行く為には、
「異能」の人材が求められていて、
その為にも「多様な尺度で学生を選抜・育成していく必要がある」

というような話が。

私、この「異能」っていう言葉・・嫌いじゃありません。

いい流れだなぁ、と思います。

日本テレビ系「ZIP!」の中で、
アリアナ・グランデさんがきゃりーぱみゅぱみゅさんのことを、

「彼女はリスクテーカー。リスクをとって他の人と違うことを
している彼女の姿勢やスタイルをクールだと思います。素晴らしい。」

と言及していました。

以前のアジア人にはなかったこの、

「リスクをとれる人って素敵!」という発想が

今の若い世代を中心に浸透し始めているようです。


出過ぎず、目立ちすぎず、という姿勢が、
これまでの日本では求められてきましたが、
こうした「時代の価値観」も、
世界から吹き付けるグローバリズムという風の影響で、
徐々に変わってきているようです。

これからは、

「どのように他者と差別化をはかるか?」

というような発想が求められそうですね。
自分をコモディティ化しない為に。
もちろん、残すべきものはしっかり受け継ぎながら。

みなさんはどう思われますか・・・・?



それでは今週もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
来週もどうぞ宜しくお願い致します。












WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「異能」”

まだ偏差値に興味がある方は?

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。
東京では春一番が吹くとか吹いたとか?
お花見が待ち遠しい季節になりましたね。

今日のブログのテーマは「偏差値」です。
毎回のことながら「堅苦しく」かつ「小難しい」内容と
なっていますが、
良かったらお付きあい下さいね。



唐突ですが、
現在の日本の受験方法を通して身に付く技能は、
今後の10年から20年ほどで価値を失います。
これは今や世界の常識となりつつあります。

「ルールを正しく覚えて、間違いなく運用する」

これが現在の受験によって身に付く技能であり、
中流階級のホワイトカラーに求められる能力でした。



が・・・、



そういう職業はこれから数十年で駆逐されます。



なぜか?



言わずもがな、
コンピューターにさせた方が早くてしかも確実だからです。

事務職は当然として、
営業職もゼロにはならないにせよ激減するでしょう。
Amazonがあれば事足りるからです。

数十年後に残っている職業は、人間にしか出来ない仕事です。
芸術的で創造的な職業か、
あるいは対人関係を重んじる職業です。

よく言われるのは、

絵描き、デザイナー、ライター、企画開発、看護、リハビリ、介護、経営者。



つまり、
コンピューターよりも人間が得意とする仕事です。

問題なのは、
20年後のグローバル社会で必要とされるスキルは
現在の日本の受験スタイルでは決して身につかないということです。

偏差値を伸ばしたところで、
創造性や社会性が育まれるとは限りません。

そもそも偏差値は、
今から50年以上も前、
桑田昭三という人物が、
教育評価活動の行われていなかった当時の日本で、
「1点の差」がもつ意味や価値を解明するために
作り出した目安に過ぎません。

そして、
偏差値の弊害がうたわれるようになり、
平成3年には、
文科省の方針で偏差値が公立の学校から追放されました。

皆様ご存じのとおり、
以前として、
大学入試の指標として使われてはいますが。


はっきり言って時代錯誤もいいとこです。


それなのに、
世間の大人がどうして「コドモの偏差値」に神経を尖らせるのか?
どうして受験産業は今も昔も堅調なのか?

いろいろな答えがあるかとは思いますが、
私個人の答えは・・


受験がソーシャルゲームだからです。

本来、
人間の価値は画一的には測れません。
けれど、
ここが今の受験業界のうまいところで、
「偏差値」という単一のパラメーターを持ち出すことで、
モバゲーのように、
どれほど強くなったか(=勉強が出来るようになったか)が
可視化されます。

その結果、親たちは強力なアイテム(有名塾や講師)に課金してしまう、という構図です。
そしてそのまま、ボスが倒せるかどうかは分からないまま。



「あと一回ガチャを回せば強くなれるのではないか?」

「あと一回補講を受けさせれば偏差値が上がるのではないか?」



これ・・まったく同じことです。


言うまでもなく、
子供は「キャラ」ではありません。
「レアカード」でもありません。
心をもった生身の人間です。
子供に課金するのは親の勝手ですが、
果たして子供の為になるでしょうか?
受検を潜り抜けることが将来を約束していた
そんな時代も確かにありました。

いい学校に入っていい仕事についたはずのサラリーマンたちが、
バブル崩壊とともに次々と首を切られました。

神話はしょせん神話だったのです。

逆説的なことを最後に云いますが、
これからの社会を支える子供たちには
一生懸命勉強して欲しいと思います。


偏差値を上げるための訳のわからない勉強ではなく、
自分の思考に組み込まれて、
血肉となるような知識を身につけてください。
リベラルアーツを学びましょう。

奥深い知識はかならず我々の人生を助けます。
誰かの論理的でない、
単なる言い分を鵜呑みにしない自立した個人になるためには、
多様で厚みのある知識が必要です。

そうすれば、
人の話を聞いたときに、
「事実なのか」「それともこの人の意見か」が区別できるようにもなるでしょう。

情報が氾濫する今の世に必要なスキルだと思いませんか?

自分の為に、
また自分の周りで息をする仲間や家族を幸せにする為に、
勉強を続けましょう!


私も頑張ります!!


それでは今夜もこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。



 







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”まだ偏差値に興味がある方は?”

中身が肝心

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。

今日のブログは、
2014年2月28日に発行された
勝間和代さんの「最後の英語のやり直し」から、

「中身が肝心」というトピックを紹介させて頂きます。
良かったらお付き合い下さい。

そもそもこちらの本は、

1:何年も英語を勉強しているが話せない。
2:そろそろ諦めようと思っている。
3:TOEICはハイスコアだが会話は苦手。
4:忙しくて勉強の時間がとれない。
5:英会話スクールに通っているが実践に弱い。
6:英語で昇給、キャリアアップしたい。

こんな人たちの為に書かれた本です。

第一章の「コツから蓄積へ」から始まり、
「私も英語で苦労した」
「英語であなたの世界は60倍に広がる」
「語彙が増えなければ意味がない」
第五章の「日本語なまりで問題なし」で締め括られているわけですが、

そんな中から、
勝間さんが第5章の終盤で取り上げていた、

「SF作家で評論家の豊田有恒」の評論を紹介させて頂きます。

「最近は、話す英語が重んじられているが、いくら発音が流暢でも、語彙も内容もない話では、なんにもならない。・・・(略)・・・亡くなった小松左京の英語は、カタカナをそのまま話しているようなものだったが、ちゃんと通じているし、相手の言うことを理解していた。発音は良くないが、彼の膨大な知識と教養が、そのまま伝わるからこそ、相手のお欧米人の尊敬を勝ち得たわけである。(韓国が漢字を復活できない理由)」

解釈は人それぞれかとは思いますが、
私は、学生時代にかじった

「限界効用逓減の法則」

を思い出しました。

つまり・・

英語学習をスタートする時には(またはさせる時には)、
(全ての習い事に当てはまるかと思いますが)

いくらのお金と、
どの程度の時間を「英語学習」に割くのかを、
あらかじめ設定しなさい。
そして、
限界効用を考えながら英語に向き合わないと、
他に時間とお金を当てて伸ばすべき、
必要なスキルをみすみす手放すことになりますよ。

こんな感じで捉えてみました。

みなさんはどんな感想を持たれましたか?

プリスクールに通っている子供たちこそ、
園外では「英語以外のスキル磨き」にも励みたいですね。

ちなみに、
先日の合同新聞にもありましたが、
最近の企業が就職活動中の学生に最も求めたいスキルは・・

「対人折衝能力」

ということでした。

技術や知識はこの能力があれば後からでも何とでもなる、
というメッセージでしょうか?
私も大賛成です。

それでは今夜のブログもこのあたりで。

本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”中身が肝心”

ホームワークライフバランス

テーマ: つぶやき




こんばんは!
いつもお世話になります。

飛ぶように過ぎて行く毎日に圧倒されています。
もう世間では「ひな祭り」のキーワードが飛び交い始めました。
ついこの前2014年になったと思っていましたが・・
今年も良い1年にしたいですね。

本日も良かったらお付き合いください。


「午後7時に帰宅して、冷凍ピザを食べながら宿題を終わらせたのは午前2時。宿題が多すぎるから、家族と外食も出来なかったし、家での会話もゼロ。・・宿題が多すぎです。意味もわからず書き写しただけだから、役にも立たないし。宿題のせいで私の生活はムチャクチャです。」

これはミシガン州で生活する中学3年生のとある日の日記です。

みなさんが子供の頃・・宿題って好きでしたか?


1:褒められたいから
2:大声で怒鳴られたくないから
3:蛍雪時代ではたかれたくないから

こんなところが私にとっての宿題をやっつける主な理由でした。


ちっとも建設的な提出の仕方ではありませんでしたが、

「どうやらこの世には期限なるものが存在するようだ。そしてそれを守ることで信用につながったり、時に信用を失ったりするんだ。」

ということを学ぶ機会にはなったと記憶しています。

さて、先週の話です。
ミシガン大学による大規模な調査に関するレポートをのぞいていると、
非常に面白い記事がありましたので紹介させて下さい。

「宿題量と学力、及び問題行動の相関性」

「学力テストの得点アップと、問題行動の減少をもたらす最大の要因は、
宿題に費やす時間などではなく、
家族で食卓を囲む頻度とその長さであることが分かった〜!」

というレポートを発見。

家族との団欒の時間の長短が、
子供達の学力にも、
素行不良にもつながっている。

家族のみんなが一緒に語り合う、
つまり親子が意見を交換し、
互いの言い分に関心を示す時、
子どもは価値観を吸収し、
意欲や自尊心を身につけます。
要は熱意ある学習者になるための資質や姿勢が養われるのです。

宿題なんかよりも家族との時間が100倍大事、というレポート。

ワークライフバランスという言葉がありますが、
ホームワークライフバランスなる言葉が出てきてもおかしくなさそうですね。

それでは本日もこのあたりで。
今週もいろいろとありがとうございました。
様々なことにキリがつき、すっきり次年度に入れそうなだなぁ、
などど感じる今日この頃です。

来週もどうぞよろしくお願いいたします。
素敵な週末をお過ごし下さい。
今夜は夜釣りにでも出かけて来ようかと思います(^<^)/〜












WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ホームワークライフバランス”

先人による遺産

テーマ: つぶやき




こんばんは!
週が明けたと思ったら、
今晩は祝日前夜。

そんなハッピーマンデーをいかがお過ごしですか?

今日のブログのテーマは「日本のパスポート(旅券)」です!
良かったらお付き合いください。

私ごとになりますが、
仕事柄、
いろいろな国の人々のパスポートを目にする機会が多いのですが、
いつ頃からかとあるページに目が、興味がいくようになりました。

日本のパスポートの自分の写真が載ってるページの次のページには、

「This passport is valid for all countries and areas unless otherwise endorsed.」
(このパスポートは、裏書されない限り、すべての国と地域に有効です。)

と書かれています。

つまりこれは、

世界各国に行ける、ということを表しています。
(1990年までは「北朝鮮を除く国への渡航可能」という表記でしたが)

私も今の仕事をはじめるまでよく知らなかったのですが、
アメリカ国籍の職員がWOODSTOCKの園児さんのパスポートを見る度に、

「Wow!This is Japanese!」

と、驚嘆ともとれる声をあげるシーンを何度も見ました。

日本に生まれて日本で育つと気付かないのですが、
これって当たり前ではないんですよね。

米国パスポートを見ても、イギリスのそれを見ても、
ウズベキスタンの旅券を確認しても。

たいていの国の旅券では入れない国がいくつも存在するんです。

世界的にみると普通ではないことがあまりにもさらっと
書かれているため気付かないのですが。

先人たちが築いてきた遺産のおかげで、
私たちは様々な国を自由に出入り出来ているというわけです。

では、この「遺産」とは?

一説によると、

世界が日本を歓迎するのは、
ペリー来航により開港して以来、
日本が世界の国々と最も多くの和を育んできた結果では?

なんて言われています。

欧米諸国、ロシア、中国、アラブ、イスラエル、パレスチナなどと
同時に有効な関係を持つ国は、
たしかに世界を見渡しても日本だけです。

この、
他者との協調を大切にしてきた先人たちの
「和の精神」があったからこその

「Japan パスポート」

だということを次世代に伝えていきたいですね。

・・ちなみに。

聞かれたことがあるかもしれませんが、
上述の理由などから、
「日本のパスポート」は非常に高い値段で取引されているようです。

不謹慎ですが、
「日本のパスポートの相場」は20万から30万円と言われています。
紛失届を出せば日本大使館ですぐ再発行されてしまうので・・。

ただし、国際民間航空機関(ICAO)という機関が
偽造防止の為にICパスポートの導入を進めています。

悪用はダメですよ(^o^)/

それでは、
降り続く雨がみぞれに変わる前に、
今夜は園を出ることにします。

本日もありがとうございました。
素敵な建国記念日をお過ごし下さい。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”先人による遺産”

ネット社会

テーマ: つぶやき




こんにちは!
節分イベント真っ只中のWOODSTOCKですが、
ご家庭ではどのように楽しまれていらっしゃいますか?

さて、今日のテーマは「共生型ネット社会」です。

最近、ニコ動やUstream、テレビや新聞などでも
取り上げられている、
佐賀県の公立小学校で進むタブレット型端末導入授業について
ふれてみようと思います。


同じ九州の佐賀県で行われていること。

基本的な柱は・・

「タブレット型端末と電子黒板を用いた双方向性を活かした授業の実施」

です。

タブレット数十台の導入から始まったこの取り組みは、
その後・・小学校4?6年生までの児童と担任教員用に計150台程を整備。

これと並行して電子黒板も導入し、双方向性を活かした協働学習をスタートさせました。

子供達は様々な教科等で、デバイスの操作や活用方法を習得。

天体図鑑のソフトや辞書機能などを使って教科書を補完したり、
自ら調べることで学習への意欲や関心を高めたりするといった教育を受けているようです。

また、授業の前後10分にタブレット型端末を利用して3?5問程度のドリル学習を実施しているようです。

タブレット型端末と電子黒板との連携により、生徒がタブレット型端末に記入したことが電子黒板に表示でされ、
児童相互の考えの交流を行っている点も非常に面白いと思います。

実際に見学に行った友人の話では、
小学生新聞のアプリを使い、朝の読書の時間に新聞記事を読んだり、
記事の中から学年に応じた漢字の練習なども行なっているようです。

 教員はLMSと共有サーバーによって授業情報の管理・保管を行い、
児童一人ひとりの理解度が把握できるようになっています。

 児童は楽しみながら端末を利用していて、普段よりも集中して学習し定着率も高いようです。

どんな感想をもたれますか?

「オトナが100%理解できることだけをしているうちは、またはさせているうちはその子の成長はのぞめない。」

 当時の親子関係についてギリシアの学者さんが言い放った言葉ですが、
今回のこの事例にふれて私は彼のこのコメントを思い出しました。

もちろん、
ITの導入によってもたらされるデメリットは当然あるでしょう。
ただ、導入しないことによる機会損失を考えれば、
多少のリスクを負ってでも始める価値はあると、私は思います。

今後の動向について注視しながら、見ているだけではもったいないので、
WOODSTOCKも・・・。

こんなことを思う今日この頃です。

それでは今晩はこのあたりで失礼します。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。






続きを読む”ネット社会”

保健所より通知

テーマ: つぶやき





こんにちは!
週前半戦の山場、後半戦の入り口である
水曜日の夜をいかがお過ごしですか?

アメリカ籍の先生たちは、
水曜をラクダのコブの頂点になぞらえて、
「Hump Day(ハンプデイ)」と呼びます。
割と実践向きなフレーズです。
どんどん使ってみましょう!

さて、
今日は「大分市の保健所」さんから届いた通知をこちらの
ブログで紹介させて頂きます。
話題は、最近悪さを始めた彼等のことです。



感染性胃腸炎・インフルエンザ予防の更なる徹底について(通知)

さて、例年冬期に流行する感染性胃腸炎(ノロウイルス等)とインフルエンザですが、感染症発生動向調査によりますと、全国的に見ても大分県が高い状況となっています。
1月6日〜12日の感染性胃腸炎の定点当たり報告数で、大分県は21.25と全国1位になっており、流行発生警報(警報基準値 定点20.0)を超えている状況です。
大分市においても、1月13日〜19日の定点当たり報告数が31.7人と流行発生警報の基準値を超えています。
また、インフルエンザに関しても1月13日〜19日の大分県の定点当たり報告数が17.57人であり、全国4位になっています。大分市でも同週の定点当たり報告数が24.06人と前週より倍増しており、市民への注意喚起など・・・

・・・というような状況のようです。
WOODSTOCKとしても水際対策などの防止具体策を徹底して、
施設内流行を未然に防ぎたいと思います。

しかしともにどういうわけか全国で5本の指に入ってしまうとは・・。
気をつけて生活したいですね。

それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”保健所より通知”

就職戦線。

テーマ: つぶやき




こんばんは!
週の後半、木曜の夜をいかがお過ごしですか?

今日のブログは
「これから就職する世代に求められるモノ」
についてです。

今の世の中、
「超バタフライエフェクト時代」です!
(映画バタフライエフェクトも面白かったです。)

風が吹けば桶屋が儲かる、
この速度がどんどん早くなっています。

そうなると・・・

どこで、どんな仕事をしようと、
世界の動きと無縁ではいられないのが、
これからの時代のリアルになります。

当然、
これまで以上に、
自分だけが持っている「付加価値」を見つけていかねばなりません。

ただ、
グローバル時代なのだから英語はそれはそれはスーパーな付加価値だろ!
と安易に考えるのやや危険かと思います。
(無理やり英語よりの話にもっていきますが、ご容赦下さい。)

何故かといえば、
英語がここまで普遍化してくると、
出来る人は溢れてきていますし、
年々、「出来て当たり前」になってきています。

大分市にラーメン屋が一店舗だけであれば、
その店は「付加価値」など考える必要もないでしょう。
麺を提供していれば、まず潰れないでしょう。
ただ、
そこに30も40も麺屋が出来てくると・・
消費者は「付加価値」を求めるようになりますよね。
「野菜たっぷり」で攻めるのか?
「どっぷり豚骨」で集客するのか?
「替え玉無料」という付加価値をつけるのか?
こんな感じです。

国連機関で働く公務員になるには、
英語は出来て当たり前です。
ただ、
重要なのは英語の他にどのような外国語が使えるか?
さらに、
大学での専門は何か?
そして、
修士レベル超えの学歴を求められます。
(WOODSTOCKにインターンとしてしばらくいたニーナ先生、覚えていらっしゃる方も・・いますか?昨年の運動会の時期です。彼女はマドリッドの国連機関から引っ張られてスペインに行ってしまいました。彼女も4ヶ国語の話者でした。戻ってこないかなぁ・・。)

これから仕事を探す世代は、このあたりの現実を見極めながら、

英語以外に何が出来るのか?
英語以外に何を身につけようか?

というようなことを
長期的視野で考えることがマスト、となりそうです。

さぁ、みなさんは何を磨きますか??


それでは、今日のブログもこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。





WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”就職戦線。”

脱却と卒業

テーマ: つぶやき





こんにちは!
いつもお世話になります。

今朝のことです。

私立高校の英語教員Xさんと話をしているとこんな話になりました。


「私たちが受けてきたリーディング中心の英語教育は、早い話が英語を日本語に訳すための勉強でした。その習慣が染みついているので、英語を聞いている時も話している時も、頭の片隅で全部訳さないと気が済まないところがあるのでしょう。」

ここからの脱却と卒業。
会話スキルの強化、そして即応力の強化をテーマとした新しいメソッドが、
WOODSTOCKに導入されます。

詳細は・・また後日!

準備を進める私たちが一番ワクワクしています。乞うご期待!

今日は空腹度が凄まじいので、このあたりで失礼させて頂きます。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”脱却と卒業”

指定図書

テーマ: つぶやき

皆さん、本は読んでいますか?子供たちの手が届く範囲に書籍は積んでありますか?
このクラスの今月の指定図書は『Little Cub』。
『A little cub lived all alone near the forest......』と、物悲しさとともにはじまるこの物語を題材にして今日も元気に学びました。
いつもやんちゃな子供達が真剣に耳をとがらせて、ストーリー展開に心奪われて。何をしていても子ども達の表情ってやっぱりイイですね。

『I'm glad you're here.』

物語の最後に子グマに投げかけられたセリフを親愛なる全ての子供達へ贈ります。本日もお疲れ様でした。明日もよろしくお願いします。



続きを読む”指定図書”

工作タイム

テーマ: つぶやき

子供たちは算数や理科、クラフトや音楽と、たくさんの科目を楽しみながら英語を吸収しています。日々の生活を通して『伝えたいこと』を増やしていけたら素敵ですね。本日もお疲れ様でした。明日もよろしくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”工作タイム”

お問い合わせ

テーマ: つぶやき

新年度に入り、大分の子育て世代の皆さんからたくさんのお問い合わせを頂戴しています。本当にありがとうございます。WOODSTOCKには・・・

1: プリスクール/ 英語で生活する保育園
2: アフタースクール/ 一般の幼稚園・保育園に通いながら習い事として参加する英会話教室(毎週外国人による指導・週一回100分から)
3: ベイビースクール/ 親子参加の英語リトミック教室(週一回40分)
4: 中国語教室
5: 英会話大人クラス

という5つのコースがございます。どちらのコースも体験レッスンをご案内していますのでご興味がある御宅はどうぞお気軽に遊びに来てくださいね。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”お問い合わせ”

昼食後には

テーマ: つぶやき

日光浴は何よりの気分転換。これは大人も子供も一緒です。昼食を終えた子供たちは我先にと、帽子をかぶり、水筒を手に園庭へと駆け出します。こうしたレッスンとレッスンの合間に自然と覚える言い回しこそ、生きた英語と言えるのかもしれませんね。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”昼食後には”

Spring School'13

テーマ: つぶやき

春休みの季節イベント、スプリングスクール1日目は国立公園九重やまなみ牧場が舞台!今回のテーマは『自然』。九重連山を所狭しと駆け回る子供たち。また一つ素敵な思い出が増えましたね( ´ ▽ ` )ノ明日の舞台は別府ですよぉ!


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Spring School'13”

素敵な贈り物

テーマ: つぶやき

卒園生から素敵なプレゼントを頂きました。入園当初と卒園間際の彼らの写真が・・。本当に大きくなりました。本当に卒園してしまいました(T ^ T) でも・・本当に本当におめでとう!いつでも帰っておいでぇ( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”素敵な贈り物”

月間テーマ

テーマ: つぶやき

今月の学習テーマは『食べ物』。では人がものを食したあとは何がどうなるのか?クラスレベルに応じて少しづつ掘り下げながら今日も楽しみましたよ( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”月間テーマ”

これがT/Markで・・

テーマ: つぶやき

本日の延長保育(ケアタイム)の際の様子です。お昼寝を終えたみあいくん。人形を三体握りしめて私のテーブルまでやって来ました。話に耳を傾けていると『This is T/Mark. This is T/Peter. And this is T/Daisuke.』と説明してくれました。可愛らしくてキュンキュンしてしまいました*\(^o^)/*


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”これがT/Markで・・”

英語劇は一つの手段

テーマ: つぶやき

3月8日の英語劇にむけプリスクールコースの子供達はレッスンの合間をぬって練習に励んでいます。英語劇の練習そのものは一つに手段にすぎません。ゴールを子供達に提示することで、これはそのまま彼らの目標にすり替わります。ただ本当の目的は『感情表現のスキルを身につける(情操教育)』『役割ということを知り、責任ということについて学ぶ』『新しい英語表現にふれる』『自分の順番を待つ。それと同時に他者の努力から学ぶ姿勢を身につける』『協力して他者と一つの作品を創り上げる。またこうした作業を積み上げる過程で忍耐力を養う』というような部分です。明日も正面から子供達と向き合い、共に金曜日のひと時を味わいたいと思います。本日もお疲れ様でした。明日もよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”英語劇は一つの手段”

行事

テーマ: つぶやき

2月1日は節分、3月8日にはお別れ会(英語劇参観)、15日の卒園式と春に向けて大きな行事が続きます。インフルエンザの流行が懸念される季節ですが体調管理に気を配りながら明日も元気に登園して下さいね( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”行事”

WOODSTOCKレポート

テーマ: つぶやき

本日の連絡帳にスクールレポートを入れています。ご確認頂きましてお手元にない場合にはお手数ですが一声おかけ下さい。よろしくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”WOODSTOCKレポート”

笑いの効果

テーマ: つぶやき

笑いの効果について。
『ヒトはなぜ笑うのか(講談社刊)』より一部引用。

本来、有害なものから身を守る防御反応であった『笑う』という動作が、進化した霊長類では、危険の伝達、さらには攻撃してくる相手に対して、親しみを示すための表現に発展してきた、という説があります。
霊長類では発展してきた笑いが、ヒトではさらに「免疫のバランス」までを正常にする力があることが最近分かってきたそうです。
近く押し寄せるであろうインフルエンザの猛威に対抗する一つの手段として『笑う』ことがひょっとしたら効果的なのでは?よく笑う子供達を見ていたらそんなことを思いました。
明日もお腹がよじれるまで笑いましょう!


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”笑いの効果”

大分県健康対策課

テーマ: つぶやき

大分県健康対策課の発表によりますと昨年末に県内のインフルエンザの患者数が流行の目安となる1.0人を超えました。これは『流行期』に入ったことを示しています。県内の動向に注意しながら園全体で予防・対策措置をとりたいと思います。具体策としては☆しっかりと食事をとり、十分な睡眠時間を確保する☆体温の低下を防ぐ☆外出後は手洗い・うがいを徹底するーというような事です。凡事の徹底が最も効果的な策となります。子供たちが笑顔で登園できるよう小さな努力を積み重ねたいですね。明日もよろしくお願いいたします。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”大分県健康対策課”

新年を迎えて

テーマ: つぶやき

知識が詰め込まれていないところには、想像力も個性もありません。ストックのない人間にアウトプットは出来ません。自らを追い込んだ経験を持つ人間は危機や変化に強いものです。これは大人も子供も一緒です。クタクタになるまで遊び、右脳が悲鳴を上げるまで学ぶ。様々なことに本気で取り組み、たくさんの失敗を積み上げる。今年も子供たちと全力で疾走しようと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”新年を迎えて”

お別れ参観劇

テーマ: つぶやき

先日からファンキーさん、ビジーさんクラスの保護者様方にはお別れ英語劇の配役リストを配布させて頂いています。とうとう彼らの巣立ちの日が近づいてきました。語り尽くせないほどの思い出があります。本当の意味で共に完全燃焼したいと思います。最高の舞台にしてみせますよ( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”お別れ参観劇”

教育水準ランキング

テーマ: つぶやき




世界的な総合教育企業、英国Pearson社が先月の27日、世界の教育水準ランキングを発表しました。
トップは北欧フィンランドで、韓国、香港と続いて、日本は4位。英国は6位、米国は17位と続きます。
国民のほとんどがトリリンガルということでも知られるフィンランドですが、気になるのはやはり『なぜフィンランドの教育水準は高いのか?』ということですね。幾つか理由と呼べる特徴がありますが、ここでは一点だけピックアップさせて頂きます。
それは・・徹底して【生徒が自ら考えて学ぶことを基本に据えていること】です。
テストや順位付けなどという手法で勉強を強制するという動機形成はしない。授業形態はグループ学習、少人数学習、個別指導が多く、生徒の自主性や協調性が重視されている。グループ学習は4人1組で机をくっつけ、生徒たちは自分たちのペースで学習し、教師は支援に徹する。生徒たちが自ら教え合い、話し合うことで知識が確かなものになるのである。学習する内容も生徒だけで決めることもあるし、評価も授業が終わるごとに4段階で自己評価を行う。自分でつけた自己評価は通知表にも大きく反映される。また、授業中には立って歩くことも自由で、水を飲みに行ったり、一人で勉強したりといろいろである。フィンランドの学習の仕方だと、知識を自分のものとして吸収しやすい。明日のテストのために公式を何でもかんでも詰め込もうとする勉強の仕方ではないので、応用力もつくのである。(我々日本人には少々耳の痛い話ですね)生徒たちは学ぶことに対してこれは本当に必要なことなのかという疑問を常に持ち続けているという。日本のように受験や成績のために、やたら知識を詰め込もうという考えは理解できないだろう。フィンランドでは生徒の自主性が尊重されるように、学校では「自立の仕方」を教えているといわれる。
(フィンランドの教育制度 京都産業大学文化学部 国際文化学科 今井利佳氏の文献より)

ゆとりだの詰め込みだのという方法論ではなく、根本的に『自立の仕方』を教えていく。これからの日本の教育制度を改善していく上で一つのヒントになりそうですね。






iPhoneから送信


-- iPadから送信

続きを読む”教育水準ランキング”

今週も楽しみましょう( ´ ▽ ` )ノ

テーマ: つぶやき

木枯らしが吹き荒れる月曜でしたが子供たちはいつも以上にハイテンション!子供たちに負けぬよう今週も盛り上がっていきましょう( ´ ▽ ` )ノ なお、シュガーさん、ウィグリーさんに風邪引きさんが多いようです。うがい手洗いを徹底しましょうね。今週もよろしくお願いします。


-- iPadから送信

続きを読む”今週も楽しみましょう( ´ ▽ ` )ノ”

明日は『感謝祭!』

テーマ: つぶやき

明日11月21日(水)はWOODSTOCK Thanksgiving Day'12が開催されます!日本ではまだ馴染みがうすい行事ですが、欧米ではポピュラーなイベントです。
それでは感謝祭の『由来』をWikipediaより引用させて頂きます。

感謝祭は、イギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地に移住したピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事であると一般的に信じられている。ピルグリムがプリマスに到着した1621年の冬は大変厳しく、大勢の死者を出したが、近隣に居住していたインディアンのワンパノアグ族の助力により生き延びることができた。翌1621年の秋は、とりわけ収穫が多かったため、ピルグリムファーザーズはワンパノアグ族を招待して、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいたことが始まりであるとされる。イギリス人の入植者もワンパノアグ族も秋の収穫を祝う伝統を持っており、この年のこの出来事は特に感謝祭と位置づけられてはいなかった。プリマス植民地で最初に祝われた1623年の感謝祭は食事会というよりもむしろ教会で礼拝を行い、神に感謝を捧げる宗教的な意味合いが強かった・・。

WOODSTOCKでは『感謝祭』という捉え方で子供たちに宗教色のない行事として楽しんでもらおうと準備をしてきました。今回の行事を通して何に対しても『ありがとう!』と伝える事の大切さ、尊さを学んで欲しいと思います。


-- iPadから送信

続きを読む”明日は『感謝祭!』”

追いつけ追い越せ!

テーマ: つぶやき

先日行われました英検の結果が順々に届いています。結果が出た子、悔し涙をのんだ子とそれぞれですが、いつだってライバルは自自分自身です。掲げたゴールに向かって一歩一歩進んで行きましょう( ´ ▽ ` )ノ


-- iPadから送信

続きを読む”追いつけ追い越せ!”

感謝の気持ち

テーマ: つぶやき

今月の収穫祭とサンクスギビングデーを通して子供達に今一度『感謝』について多くを学んで欲しいと思います。何をしていても、誰といても、感謝の気持ちを常に忘れずに発言・行動できる子に成長してもらえると嬉しいですね(^_−)−☆心身共に前進を続けましょう!


-- iPadから送信

続きを読む”感謝の気持ち”

今年もあと二ヶ月

テーマ: つぶやき

いよいよ11月がスタートしましたね。ハロウィンパーティーの熱も覚めやらぬまま新しいテーマについてのレッスンに取り組んでいます。気付けば今年も残すところ二カ月。しっかりと走り切りましょうね(^_−)−☆


-- iPadから送信

続きを読む”今年もあと二ヶ月”

失敗を財産に!

テーマ: つぶやき

子供達は毎日たくさんの失敗をします。お茶をこぼす。お弁当を落とす。走り回っておでこをぶつける。注意を受けた直後に同じ過ちをおかす。トイレの失敗。お友達と喧嘩する。靴を反対に・・あげたらキリがないほどです(笑)。大切なのは今のうちにたくさんたくさん失敗を積み重ねること。私たちがこうした失敗の種を取り上げてしまうことで彼らは貴重な『学習の機会』を失います。明日もドンドン失敗しましょうね!


-- iPadから送信

続きを読む”失敗を財産に!”

スモッグの活用を!

テーマ: つぶやき

本日の連絡帳でもお伝えさせて頂きましたが、衣替えの季節です。朝の登園時などはずいぶんと冷えるようになってきました。体温の低下は免疫力の低下につながります。身体を冷やさぬよう『スモッグ』を活用していきましょう( ´ ▽ ` )ノ


-- iPadから送信

続きを読む”スモッグの活用を!”

いただきまぁ〜す!

テーマ: つぶやき

本日の給食『頂きます!』の様子です。至福のひと時ですね( ´ ▽ ` )ノいつもお伝えさせて頂きますが、みんなで食べるとどうも美味しいようで、ほとんどの子が完食です!たくさん食べて大きくなぁれ(*^◯^*)


-- iPadから送信

続きを読む”いただきまぁ〜す!”

笑顔

テーマ: つぶやき

カメラを向けると・・WOODSTOCKの子ども達は本当に素敵な笑顔を見せてくれますよね。みなさんモデルになってはいかがでしょうか?


-- iPadから送信

続きを読む”笑顔”

通常保育再開

テーマ: つぶやき

運動会も終わりひと段落。秋が一段と深まる中、スクールはすっかり通常モードに!月間テーマをしっかり学んでいきましょう( ´ ▽ ` )ノ


-- iPadから送信

続きを読む”通常保育再開”

ご協力に感謝!

テーマ: つぶやき

今週末はいよいよ運動会本番ということもあり変則的なスケジュールで動いています。ご理解とご協力に心より感謝申し上げます。今週中は屋外でのアクティビティが中心の為、連絡帳を書けない状況が続きます。できる限りHPを活用して日中の子供達の様子をお伝えさせて頂きますのでよろしくお願いします。


-- iPadから送信

続きを読む”ご協力に感謝!”

予行練習!

テーマ: つぶやき

高尾山での予行練習2日目も無事に終了。時間をはかりながらのシミュレーションも出来ましたので当日がますます楽しみになりました(^o^)/ 写真はかけっこの自主練にはげむかんなさんの様子です。


-- iPadから送信

続きを読む”予行練習!”

文武両道!

テーマ: つぶやき

参観日を終え一層たくましくなったシュガーさん。英語による意思表示も様になってきましたよ( ´ ▽ ` )ノ 先生やお友達とのやり取りを通して心身ともに成長する彼らの今後に期待です!


-- iPadから送信

続きを読む”文武両道!”

秋空のした

テーマ: つぶやき

過ごしやすい気候になりましたね。おかげでのびのびと健やかに練習に集中出来ています。ご近所の方々が『どうして?何事?英語?』というような表情で応援して下さっています( ^ ^ )/□


-- iPadから送信

続きを読む”秋空のした”

ありがとう!

テーマ: つぶやき

子供達の溢れんばかりの感謝の気持ち。シャツや袖まわりを汚しながら一生懸命作りました。小さな彼らによる偉大な作品です。


-- iPadから送信

続きを読む”ありがとう!”

Respect-for-the Aged Day

テーマ: つぶやき

今日は『敬老の日』をレッスンの中で取り上げましたよ!それぞれのクラス名にヒントを得て、日頃の感謝の気持ちを形にしました。


-- iPadから送信

続きを読む”Respect-for-the Aged Day”

明日はお弁当日ですよ!

テーマ: つぶやき

明日12日は第2水曜日ですので『お弁当デイ』ですよ!保護者様どうぞお忘れのないようお願いしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


-- iPadから送信

続きを読む”明日はお弁当日ですよ!”

整列中!

テーマ: つぶやき

初めての運動会を迎えようとしている新入園児さん。応援に来てくれるママ達にカッコいいところを見せられるかな?今日は徒競走や整列の仕方を練習しましたよ。ちなみに今日の練習の舞台は樋奈尻公園でした。


-- iPadから送信

続きを読む”整列中!”

中国語レッスン

テーマ: つぶやき

毎週火曜日の放課後に行われている中国語レッスンの様子です。傍にいた私に基本的な挨拶や色、形、数字などを得意気に教えてくれる子供達。自信にみなぎった彼らの表情がとてもたくましく、また輝いて見えました。



-- iPadから送信

続きを読む”中国語レッスン”

合同レッスン

テーマ: つぶやき

運動会の練習がいよいよ本格的にスタートします。クラスの枠をこえて時間を共有出来るこの時を大切にして欲しいと思います。


-- iPadから送信

続きを読む”合同レッスン”

また会いましょう!

テーマ: つぶやき

連絡帳でもお知らせさせて頂きましたが本日をもってはゆさん・ことさん姉妹が巣立つことになりました(涙)。本当に寂しくなりますが新天地でも頑張ってもらえたらと思います。サヨナラは言いません。See you soon !!


-- iPadから送信

続きを読む”また会いましょう!”

新しい楽曲

テーマ: つぶやき

9月を待たずに新しい曲目にトライする子供たち。歌遊びを通してハイレベルなセンテンスを学びます。運動会でお披露目?それとも参観日?


-- iPadから送信

続きを読む”新しい楽曲”

月間テーマ

テーマ: つぶやき

8月も残すところいよいよ2日。『オリンピック』や『昆虫』、『家』などをメインテーマに据えて子ども達と暑い夏を過ごしてきました。9月の月間テーマについては先日お配りしたスクールレポートにある通りです。運動会の練習と並行してそつ無くこなしていきたいと思います(=´∀`)人(´∀`=)


-- iPadから送信

続きを読む”月間テーマ”

まだ上がりたくないよぉ!

テーマ: つぶやき

順番に上がり保育士さんに身体を拭いてもらうわけですが、誰一人首を縦には振りません(笑)。迫り来るレイチェル先生に対して後退りする子供達の様子です。


-- iPadから送信

続きを読む”まだ上がりたくないよぉ!”

Happy Birthday !!

テーマ: つぶやき

7月生まれの園児さんの誕生日会を行いました!先生からのメッセージはいかがでしたか?一年に一度の記念日です。ご家族みんなで祝ってあげて下さいねヾ(@⌒ー⌒@)ノ


-- iPadから送信

続きを読む”Happy Birthday !!”

準備体操

テーマ: つぶやき

プール遊び前の準備体操の様子。はやる気持ちを抑えながらきちんと丁寧に行えています。水遊びをしながらのPEも残すところあと2週間あまり。秋の足音が聞こえてきましたね。油断せず継続的に体調管理を行っていきましょう。


-- iPadから送信

続きを読む”準備体操”

月間レポート

テーマ: つぶやき

本日WOODSTOCK月間レポートを配布させて頂きました。お手元にない際にはお手数ですが一声おかけ下さい。いつもありがとうございます。


-- iPadから送信

続きを読む”月間レポート”

お絵かきタイム

テーマ: つぶやき

本日の1時間目 : 夏休みをお題にお絵描きを楽しみました!色使いが非常に素晴らしく感心しました。元気な子供達が描く明るくたくましい絵。『絵は心を映す鏡』というのは本当ですね。


-- iPadから送信

続きを読む”お絵かきタイム”

水分補給中につき・・

テーマ: つぶやき

ビジーちゃんのドリンクタイムの様子です。しっかり動いて元気に学んできちんと水分補給をしましょうねo(^▽^)o クラスリーダーが水筒を配り飲み終えた子から順番に片付けに。基本的な生活習慣もしっかりと身についてきました。


-- iPadから送信

続きを読む”水分補給中につき・・”

何だか・・

テーマ: つぶやき

お休みが明けスクールはすっかり通常モード。たくさんの思い出を作って帰ってきた子供達はどこかみな大きく見えるような・・こうやって成長していくんですね(=´∀`)人(´∀`=)気付けば8月ももう終盤。盛り上がっていきましょう!


-- iPadから送信

続きを読む”何だか・・”

市民プール!

テーマ: つぶやき

WOODSTOCKのプール活動は『水という教材』を使い、その環境の中で水に親しみ、遊びを通してまた時には課題に取り組むことで陸上とは違った体験をする場というように考えています。こうした経験を重ねることで『基本的生活習慣(衣服の着脱等)』『自己安全の管理』などが身についてきます。


-- iPadから送信

続きを読む”市民プール!”

おかえりなさい!

テーマ: つぶやき

サマースクールやお盆休みも終わり本日よりほぼ全員がスクールに戻ってきました。おかえりなさい(⌒▽⌒) 大きな怪我や事故などもなく皆が楽しい夏休みを送れたようですね。よく日に焼けた子供達の笑顔に出会えました!


-- iPadから送信

続きを読む”おかえりなさい!”

まだまだ夏ですね!

テーマ: つぶやき

暑い熱い夏が続きますね( ´ ▽ ` )ノところが子供達は朝9時からエンジン全開なんです^^; 凄まじいなぁ・・と変に感心してしまいます(笑)。下半期も兜の緒を締め直し張り切っていきましょう!


-- iPadから送信

続きを読む”まだまだ夏ですね!”

2学期始業!

テーマ: つぶやき

お盆休みも終わりWOODSTOCK2学期がいよいよスタート!参観日に運動会、ハロウィンと行事が目白押しのシーズンに突入ですよ♪( ´▽`) 新学期もどうぞよろしくお願いします。


-- iPadから送信

続きを読む”2学期始業!”

ハリーポッター!

テーマ: つぶやき

今年のWOODSTOCKサマーキャンプのテーマは『ハリーポッター』。たくさんの可愛らしい魔法使いさん達が参加してくれましたよ。写真は組み分け帽子によってクラス分けがされているところです。


-- iPadから送信

続きを読む”ハリーポッター!”

Night Safari

テーマ: つぶやき

明日行われるサマースクール二日目は『ナイトサファリ』です。サファリジープに乗って餌やりやアニマルヒーリングなどを楽しみましょう!See you tomorrow !!


-- iPadから送信

続きを読む”Night Safari”

Summer School'12

テーマ: つぶやき

いよいよ本日8月7日よりWOODSTOCKサマースクールがスタートしています!初日は園にて夏の夜市を楽しみましたよ。たくさんのアクティビティで大盛り上がりの一日となりました。Facebookページにて今日の様子をUPしたいと思います。


-- iPadから送信

続きを読む”Summer School'12”

窓際のせめぎ合い

テーマ: つぶやき

今日は1学期終了日でしたね。明日からは子供達が待ちに待った夏休みのスタートです。素敵な夏の思いでを作りましょう。17日(金)たくさん日焼けしたみんなと会えることを楽しみにしています。また、サマースクールも明日から始まります。まずはナイトフェスティバル'12ですね。ウェルカムフードと共にお待ちしていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


-- iPadから送信

続きを読む”窓際のせめぎ合い”

Friendship

テーマ: つぶやき

『待つ』『並ぶ』『共有する』『譲る』こうした事もレッスンの中で学んでいきます。この年齢の子がこういう場面に遭遇した場合にはこうして欲しいなぁ、というスクールのゴールがあります。大勢で学ぶと短時間でたくさんの事例を共有できますので効果的な時間を過ごせています。


-- iPadから送信

続きを読む”Friendship ”

お友達

テーマ: つぶやき

シュガーさん達もすっかり園での生活に慣れたようです。お友達も出来てきましたね。クラスメイトとの関わり合いの中で自分なりの『ものさし』をもてるようになると良いですね。


-- iPadから送信

続きを読む”お友達”

市民プール

テーマ: つぶやき

本日より市民プールでのPEがスタートしました。今日はチームAとBが楽しんできましたよ。子供達は大はしゃぎで泳ぐことに没頭し・・スクールバスに乗り込むや否はまだランチ前だというのに眠りに落ちていました(笑)。


-- iPadから送信

続きを読む”市民プール”

歌遊び

テーマ: つぶやき

このクラスでもお歌の歌詞をピックアップして学ぶアクティビティがスタートします。これまで感覚的に覚えてきた歌のフレーズを整理していきましょうね。


-- iPadから送信

続きを読む”歌遊び”

夏の思い出

テーマ: つぶやき

子供達が水しぶきをあげて楽しんでいるとご近所の方々が『あらぁ、賑やかねぇ』『一緒に遊びたいわぁ』『カワイイねぇ!』とたくさんたくさん褒めて下さるので子供達はすっかり天狗です(笑)。




-- iPadから送信

続きを読む”夏の思い出”

躍動しています!

テーマ: つぶやき

気付けば夏真っ盛り。猛暑をお水遊びで吹き飛ばしましょうね!


-- iPadから送信

続きを読む”躍動しています!”

ワークシートに夢中

テーマ: つぶやき

Sugarさんがワークシートに夢中です。指示された色を力強く握りしめ指定された絵柄に色をつけていきます。今日は『S』を材料に遊びましたよ。


-- iPadから送信

続きを読む”ワークシートに夢中”

感性と想像力

テーマ: つぶやき

幼少期にたくさんのモノに触れることで『感性と想像力』が育ちます。暗黙知に引っかかってくるものを増やしてあげたいなぁ、と思います。夏は毎年あらかじめお伝えさせて頂いているイベント以外にも今日のようなミニ行事が盛りだくさんです。抱えきれないほどの思い出を作りましょうね!


-- iPadから送信

続きを読む”感性と想像力”

将来

テーマ: つぶやき

先生から『君たちは日本人です。ただ、こうして英語を学んでいるわけだから是非先生たちが生まれ育ったアメリカを訪れてくださいね。』というような話もありました。


-- iPadから送信

続きを読む”将来”

is walking for...

テーマ: つぶやき

『ストライプ』を描くために慎重に歩いています。作成している最中は『?』が浮かんでいた子供達からも仕上がり後には歓声があがりました!


-- iPadから送信

続きを読む”is walking for...”

このようにして

テーマ: つぶやき

子供達は手足を赤と青に染め、手形で50の州を表現、またフットプリントでアメリカ国旗のストライプを描きましたよ。


-- iPadから送信

続きを読む”このようにして”

Independence Day

テーマ: つぶやき

今日はレッスンの中で『4th of July(Independence Day)=アメリカ独立記念日』を取り上げました。盛り上がってしまいついつい大袈裟なフラッグまで作成してしまいました!


-- iPadから送信

続きを読む”Independence Day”

慕い慕われ

テーマ: つぶやき

毎日のお昼過ぎの時間を通して子供達の『素』が見えてきます。『I like him.』『She is so cute.』みんな心の優しい子に育ってくれているようですよ。


-- iPadから送信

続きを読む”慕い慕われ”

プール開き

テーマ: つぶやき

SugarBunniesのちびっこ王子ことたもんくんです。プール開きも間近。彼らと大いに水遊びを楽しみたいと思います!




-- iPadから送信

続きを読む”プール開き”

SugarBunnies

テーマ: つぶやき

今日のランチ後の様子です。思い思いの時間を過ごしていますよ。


-- iPadから送信

続きを読む”SugarBunnies ”

Wiggly Pandas

テーマ: つぶやき

もう間もなく今年の『WOODSTOCK Summer School'12』 の詳細があがってきます。今年の夏も盛り上げますよぉ!お楽しみに!


-- iPadから送信

続きを読む”Wiggly Pandas”

Make a wish

テーマ: つぶやき


子供達がそれぞれの願い事を胸にお友達との素敵なひと時を満喫しています。『明日は晴れるかなぁ?』『晴れるといいね!』そんな会話が聞こえてきましたよ。


-- iPadから送信

続きを読む”Make a wish”

Star Festival’12

テーマ: つぶやき

本日は「Star Festival WOODSTOCK'12」を楽しみました。作品を持ち帰りましたので一緒に遊んであげて下さいね。作品テーマは「君たちの手のひらに宇宙はある」という壮大なものです。(笑)


-- iPadから送信

続きを読む”Star Festival’12”

今月のカード

テーマ: つぶやき

月間テーマのカードを持って嬉しそうにしている二人をパシャり。帰りの会が終わり思い思いの時間を過ごす子供達です。今日も汗びっしょりになるまで笑いましたね。よく休んで明日も元気に登園して下さい!


-- iPadから送信

続きを読む”今月のカード”

パートナー

テーマ: つぶやき

帰りの会の直前に『お手拭きタオル』『水筒』『連絡帳』などをバッグにつめます。上履きを脱ぎ専用の袋になおします。こうした作業をパートナーと共に行っています。下の子をケアする姿勢を育み、上の学年の子をお手本に自立しようとする心を育てる大切な時間です。


-- iPadから送信

続きを読む”パートナー”

近日・・節分。

テーマ: つぶやき

IMG_9035.JPG来月の3日は「節分」です。送迎時に何人かのママさん達から「うちの子・・もうびくついているです・・(笑)」というようなコメントを頂きました!それぞれのご家庭でも「オニ」の話題でもちきりのようですね。就学前の子供達に「何やら得体は知れないがどうやらお利口さんにしておいたほうが良さそうだ・・」というように感じてもらう事はいいコトだと思います。楽しい時間を彼らと過ごしたいと思います。

続きを読む”近日・・節分。”

フォニクスタイム

テーマ: つぶやき

aika yuto kanako knox.jpg2012年の1月17日のシュガークラスの様子。予定通りカリキュラムを消化できていますよ!クレヨンの扱い方も上手になりました。

続きを読む”フォニクスタイム”

冬休みが終わり・・

テーマ: つぶやき

ren kokomi.jpg子供達の英語力はある一定期間の連休を抜けると「グン」と伸びます。今回の冬休み明けも例年通り同じ現象が起きています。ママやパパのお子さんの様子はいかがですか?

続きを読む”冬休みが終わり・・”

クリスマス会!

テーマ: つぶやき

daidai.jpg
本日2011年12月22日はWOODSTOCKクリスマスパーティーでした。小さなサンタクロースも登場し大盛り上がりの一日となりました。どうか子供達に「素敵な時間をありがとう!」とお伝え下さい!

続きを読む”クリスマス会!”

こちらもクラフトです。

テーマ: つぶやき

hayu sosuke kanako.jpg
三人?四人ごとに分かれてグループをつくりテーマにそって作品を完成させています。

続きを読む”こちらもクラフトです。”

Rin,Yuko and Reon

テーマ: つぶやき

reon yuko rin.jpg
FunkyのりんさんとBusyのゆうちゃん、それにSugarのれおんくんです。こうして並ぶと年中のりんさんの大きさに改めてびっくりです。ゆうちゃんもれおんくんと比較すると毎日成長していることが一目瞭然。れおんくんもこんなひょうきんな表情をつくるようになりました。

続きを読む”Rin,Yuko and Reon”

Sodai,Syunei and Kayo

テーマ: つぶやき

syun sodai kayo.jpg
ファンキーさんの男の子達です。連絡帳を毎日拝見していますが、ある男の子のお宅で来年のお別れ会の話になった際に、保護者様がお子さんにこう聞いたそうです。「何の劇をするの?」これに答える園児さん。「うん。浦島太郎・・・」・・・・・・・・・・・これが現実。これがリアル(笑)。うらしま太郎?しませんよ(笑)!

続きを読む”Sodai,Syunei and Kayo”

ハサミの使い方

テーマ: つぶやき

saya kohime.jpg
年少さんが中心のビジーちゃん。中にはハサミに少々苦戦する子も。お家でも訓練したいですね!

続きを読む”ハサミの使い方”

ビジーちゃんの工作

テーマ: つぶやき

craft.jpg
「工作タイム」の様子です。ここちゃんが真剣な表情で先生の声に耳を傾けていますね。

続きを読む”ビジーちゃんの工作”

新入生の取り合いです(^◇^)

テーマ: つぶやき

IMG_6701.JPG
 みんな新入生と「手をつなぎたい」「一緒にランチを食べたい」と新入生に興味津々?
みんなと仲良く遊べる!!これがWOODSTOCK Childrenの一番の良いところですね。

続きを読む”新入生の取り合いです(^◇^)”

だいぶ指先が器用になってきましたよ☆

テーマ: つぶやき

IMG_クラフト.jpg
 いろいろな事が出来るようになってきたSugar Bunnies☆
今日は絵の具を使って作品を完成させていました。

続きを読む”だいぶ指先が器用になってきましたよ☆”

T・Tomomi

テーマ: つぶやき

IMGTomomi.jpg
 いつもクラフトの準備を頑張っているのはT・Tomomiです。
3月に作品集をお渡しします!
お楽しみに(*^_^*)

続きを読む”T・Tomomi”

体調管理

テーマ: つぶやき

ren's come.jpg
冷え込むようになり、体調を崩す子がちらほら出て来ました。
今のところ、お腹にくる風邪をひくお子さんが目立ちます。
寒暖の差に体がついていかず、結果風邪をこじらせるケースが
予想されますので、この週末はゆっくり休まれて下さい。

続きを読む”体調管理”

初日終了。

テーマ: つぶやき

girls and boys.jpg
本日は編入生の合流日でしたが無事に終えることが出来ました。
我々が考える以上に4人は緊張していたことと思います。
ただ、そこはさすがの「Mr.Children」。
すぐに自分の居場所を見つけ出し、リラックスしてレッスンにのぞめていました。
また、彼女・彼らの保護者様に関しても気疲れされたのではないでしょうか?
今夜ははゆっくりされて明日からも元気に登園して下さいね!
*Facebookページに「BusyBeesのレッスンの様子」をアップしています。ご覧下さい。

続きを読む”初日終了。”

愛情のかたまり

テーマ: つぶやき

lunch for.jpg
WOODSTOCKでは「食育」の観点から毎週水曜日がお弁当デイです。
今日がその水曜でしたね。
お忙しくされている中、愛情たっぷりのお弁当をありがとうございます。
T/Annieが大好きなミッキーさんのおにぎりを発見しましたので
アップさせて頂きます。

続きを読む”愛情のかたまり”

4years old now !!

テーマ: つぶやき

aika birthday with looking mom.jpg
今日はあいかちゃんの誕生日を行いました!
4才になりましたよ!
ダンスが上手でいつも明るいあーちゃんのまわりには
いつもお友達がいっぱいです。

続きを読む”4years old now !!”

PEタイムの曜日

テーマ: つぶやき

busybees gim at park.jpg
本日の連絡帳に「12月度献立表」をはさみました。ご確認下さい。
(完全にお弁当のお宅には入れておりません。)
また、先日よりお伝えさせて頂いていますが
「PEの曜日」が変更になりました。
Sugar:月・水・金
Busy:火・水・木
Funky:火・木

再度ご確認ください。よろしくお願いします。

続きを読む”PEタイムの曜日”

WOODSTOCKレポート

テーマ: つぶやき

busy ゆうこ まさ こひめ.jpg
本日の連絡帳に「WOODSTOCKレポート」がはさんであります。
ご確認下さい。尚、見当たらない場合はお手数ですがスタッフまで
お申し付けください。よろしくお願いします!

続きを読む”WOODSTOCKレポート”

連絡帳とHPを活用。

テーマ: つぶやき

both.jpg
配布物に関してですが、HPと連絡帳を活用して
渡し忘れがないようにさせて頂きます。
写真はひなみちゃんとおあいくんですよ!
「入園式直後はどんな様子だったかなぁ?」
こんな事を想いながら毎日ブログを更新しています。

続きを読む”連絡帳とHPを活用。”

フォニクスタイム!

テーマ: つぶやき

親友のふたり.jpg
れおんくんとたけきくんの様子です!
フォニクスのトレーニング中です。
みんな楽しみながら積み重ねていますよ!

続きを読む”フォニクスタイム!”

ライティングスキル

テーマ: つぶやき

daiki daiki.jpg
「読む」「書く」「聞く」「話す」をバランス良く!
各クラスごとのテキストを頑張ってこなしましょうね!

続きを読む”ライティングスキル”

みんなで記念撮影!

テーマ: つぶやき

thanksgiving day.jpg
本日の登園率は7割ほどでしたが、記念に一枚!

続きを読む”みんなで記念撮影!”

I know an Old Lady Who Swalloed a Pie.

テーマ: つぶやき

getting.jpg
今日のリーディングタイムの教材がタイトルにある絵本です。

続きを読む”I know an Old Lady Who Swalloed a Pie.”

ちびっ子シェフが大活躍!

テーマ: つぶやき

misaki kokoro knox.jpg
先日の収穫祭で子供達が持ち帰ったさつまいもを主材料にして
子供達がパンケーキ作りに挑戦しました!

続きを読む”ちびっ子シェフが大活躍!”

秋の匂いがしましたね!

テーマ: つぶやき

pretending.jpg
先週のPEの際にこの日の為に拾い、
大切に保管しておいた葉っぱを活用しました。
「smell is so nice !!」
あちらこちらからこんな声が聞こえてきました。

続きを読む”秋の匂いがしましたね!”

子供達の作品

テーマ: つぶやき

they're try.jpg
グルーガンを使いこなしながら七面鳥をモチーフに作品を作成しましたよ!

続きを読む”子供達の作品”

Thanksgiving Day !!

テーマ: つぶやき

こえ.jpg
本日16日はWOODSTOCKにて「Thanks Giving Day」を行いました!写真の
「The Thanksgiving Turkey」を持ち帰りますので飾って下さいね!

続きを読む”Thanksgiving Day !!”

try to do//

テーマ: つぶやき

birththth.jpg
公式サイト試験運用スタート。

続きを読む”try to do//”

test

テーマ: つぶやき

これはテスト記事です

続きを読む”test”

整列中!

テーマ: つぶやき

10.1(2010)FM.jpg
一週間お疲れ様でした。参観日を終えましたが息つく暇もなく子供たちは運動会の練習にスイッチを切れ変えています。天使達の羽を存分に休ませてあげて下さいね。

続きを読む”整列中!”