WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

本当の理由

テーマ: つぶやき3

DSC_0444.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「本当の理由」です。
良かったらお付き合い下さい。

皆さんも、
日本人が世界的に見ても、
非常に英語が苦手で、

「英語が話せない国民」

というレッテルを貼られているのはもうご存知でしょう。

わりと何度も、
こちらのブログにて、
話せない理由は繰り返しアピールさせて頂いていますが、
今夜は、
最も根っこにある理由を今一度・・もう一度。


日本人が英語を使えない、
究極の理由は、

「英語が話せなくともよい仕事につけてしまうから」

という事に他なりません。

もちろん、
今のところは・・という枕詞が必要な雰囲気は出て来ていますが、
もうしばらくの間は大丈夫でしょう。
保証は出来ませんが。


良い仕事、
これをどう定義するかも人それぞれだとは思いますので、
今日のところは、
昨日のブログで紹介させて頂いた、
花まる学習会さんの言う、

「食っていける力」

つまり、
経済的にみた際に良い仕事につける、
というようにシンプルにくくります。

世界中の多くの国の現状としては、
英語が出来ないともはや、
いい仕事にはつけません。

WOODSTOCKの保育士が英語留学で利用させてもらうフィリピンもそうです。
自分たちの国内にチャンスがあまりに少ない為、
命がけでみんな英語を学ぶ訳です。
セブの留学施設も実はほとんどが韓国資本です。
海外から入って来た会社が、
現地で英語を話せる人材を抱えて事業をしているわけです。

ウズベキスタン、
ナイジェリア、
ネパール、
タイにミャンマー。

WOODSTOCKを通じて知り合えた、
たくさんの仲間達もそうでした。

自国を飛び出して、
世界中をマーケットに就職活動を行います。

こんな流れが、
遠くはない将来、
日本にもやって来る訳です。

対岸の火事だと悠長にかまえている暇はもうないように思いませんか?

すぐそこまで、
こうしたグローバリゼーションという輩が、
押し寄せて来ているようですよ。

しっかり備えましょう。
備えあれば・・ですね^ ^

それでは今夜もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

追記:運動会のリハーサルやピクニックが理由とはいえ、
お弁当日を連発していること、
どうぞお許し下さい。
いつもお忙しい中ありがとうございます。


続きを読む”本当の理由”

教育の戦略?

テーマ: つぶやき3

DSC_0740.JPG こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「教育の戦略」です。
よかったらお付き合い下さい。

さて、
皆さんは、
人生の具体的な戦略をお持ちでしょうか?
唐突な質問ですみません。

あるリサーチ会社の統計によると、
日本人の86パーセントの方が、

「具体的な人生プランをもたない」

そうなんです。

この事実を欧米人あたりに告白すると、
みな驚愕します・・・面白いくらいに。

これ私の勝手なイメージ、
彼らの方がカジュアルに人生考えてるのかなぁ?
なんて、
わたしもずっ〜と思っていたのですが。
実際はそうでもなく、
私たちジャパニーズよりも、
よっぽど具体的な人生計画を立てている人間でいっぱいです。
外国の皆さんごめんなさい。
義務教育の中で、
こういう話をきちんと学ぶそうです。
日本もすると良いですよねぇ。


何歳まで会社勤めをして基礎を学び、
その後は2年間対人折衝のスキルをあげる為にセールスを学び、
ビジネススクールに2年通って、
28までに一つ目の会社を起こして、
42歳までにはセミリタイア。
そこからの5年間は○△□を拠点にサーフィンと仕事半々の生活をして、
48の誕生日には完全にリタイア。
それから60までは、
冬はオーストラリアで過ごし、
夏はオランダに。
春と秋だけ親戚も一緒にマカオで暮らす。
時間をみてPh.Dでもとりたいなぁ。
この間のライフワークは・・・

というような。

ではではでは、
今日のコアに話を強引にもっていきますが、
皆さんは、
教育の戦略ってやつは立てていますでしょうか?

○何を?
○いつまでに
○どこをゴールにするか?
○投資費用はいくらが上限で
○出口戦略は?

というような。

例えば、
プリスクールに通っているお子さんの保護者様や、
英会話で環境を整えられている方にとっての

「何を?」

は当然英会話ですね。

「どこをゴールにするか?」

についても大事ですよね。

どこまでさせるのか決めておかないとですね。
これがサッカーなら大変なことですよ。
本人の気が済むまでさせるのか。
プロを目指すところまでするのか、
スペインに留学したい!と息子が言い出したら付き合うのか?

英語もそうですよね。
スピーチコンテストで金賞を!と考えている方と、
仕事で使える程度まで、
というゴールを設定している家族では、
努力の質も量もまったく異なるわけで。

また、

「いつまでに」
「出口戦略」

ということも、
とうぜん具体的に定めておく必要がありますよね。

「投資費用」

についても、
際限なくどこまでも〜!
なんてご家庭そうそうないですよね。
湯水のようにとはいかないはずです。

世の中生きていくには、
他にもお金がかかるわけですし。


でですね。

今日、
私がこんなことを言っている理由は。。

私を含め、
人間はとにかく弱い生き物だからです。

油断するとすぐ目先のことや、
周囲の声に流されます。

だから、
自分の中の中長期の目標を実現する為に、
今なすべきことを知り、
目標とやるべきことを常に確認する必要があるんです。

これがつまり、

「教育の戦略」

ってやつなんです。

この戦略がないと、
最終的にグデグデになっちゃいます。
ゴールもない。
期限を意識したハードルもない。

これでは隣の芝ばかりに目を向ける結果となり、
お隣さんの家の屋根が緑になったらオイラもグリーンに!
黄色に塗られたのを見たら直ぐさまイエローに。

ということになってしまいます。

WOODSTOCKに限らず、
不特定多数の方が出入りする施設の運営においても、
この戦略がないとすぐにグデグデ街道まっしぐらです。

あっちの幼稚園がこんなことを始めたからじゃぁうちも。
あちらの園があんなシステムを導入したから、
これまでのやりかたを捨てて来週からこうしよう!

これではポリシーも理念もゴールもない、
訳の分からない、

「何でも屋」

と成り下がり、
あとは解散を待つばかりでしょう。

ですので、
人生をよりよくする為にも、
お子さんの教育に対しての投資をする上でも、
この戦略なくしては成功もない、
と言い切っていいのでは?
と思う訳です。

偉そうにいっていますが、
私の人生も紆余曲折だらけではありますが(苦)・・。

それでも、
信念もってやれているのは、
ゴールがあるからで、
こうしよう!
こうありたい!
と心に誓った戦略があるからなんです。

今夜は少しばかり、
暑苦しく語ってみた次第です。

みなさんはどう思われますか?

今夜の話は「教育の戦略」についてでした。

それでは今夜もこのあたりで。
今週もいろいろとありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願い致します。


続きを読む”教育の戦略?”

Lion King'14

テーマ: つぶやき3







こんばんは!
お世話になります。
この雨模様はなんでしょう?
私は晴れ男なんですが・・。
明日の天候が気になる、
そんな火曜の午後のひと時、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、
今日もアップが遅くなってしまいました。

そうなんです。
今日から、
WOODSTOCK主催で、
季節行事のサマースクール"14が始まっているんです〜。

先ほど曇り空の静寂を打ち破った花火の音と火薬の匂いと共に、
初日のイベント、

「WOODSTOCK夜市〜ライオンキングと共に〜」

が終了しました。

楽しんでくれたかな?

子供たちは何と言っていますでしょうか?

エコバッグ作りから始まり、
4つのチームに分かれてアクティビティに挑戦。
WOODSTOCK紙幣を上手に使いこなしながら、
意欲的にゲームにチャレンジするキッズ諸君。
そうめん流しで夏の風情を味わい、
愛情たっぷりの2升と5号のお米からなるおにぎりをペロリと完食。
マスク作りは楽しかったですか?
コインドロップは難しそうでしたね!
水風船野球ではビショビショになりながらたくさん笑いましたね。
景品はGET出来ましたか?
お目当ての品は手に入ったかな?
みんなで見上げた夜空の花火は本当に綺麗でしたね。

普段とは異なる時間に、
いつもとは全く違うコスチュームで登場した子供たち。

テーマに沿ってみんなで思い出を作れたように思います。

にこやかに、
お行儀良く騒ぎ立てる子供達の様子に、
本日もお腹いっぱい癒されました。

ありがとう。
また一緒にたくさん遊びましょうね。


明日もメーターが振り切れる勢いで楽しみたいと思います!

それでは本日もこのあたりで。。
今日も一日ありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Lion King'14 ”

サマースクール!

テーマ: つぶやき3







こんばんは!
お世話になります。
台風の進路が気になりますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


今夜はお恥ずかしい話、
明日から始まるWOODSTOCKインターナショナルプリスクール主催の、
サマースクール2014'の準備に追われております。
自身の時間管理のマズさを呪うばかりです。

さて、
8月5日(火曜)、
明日からいよいよ始まるサマースクール初日を飾るイベントは、

WOODSTOCKナイトフェスティバル!

です。

今年のテーマは「Lion King」。

今から子供達がどういった装いで登園してくれるのか、
我々も非常に楽しみです。

たくさんのアクティビティやそうめん流し、
ECOバッグ作りに花火大会と、
今年もめいっぱい騒ぎたてましょう。

子供たちが絵日記の1ページに加えてくれるような、
楽しいひと時になるように、
明日の午後までの時間をフル活用して、
入念に準備を進めて行きたいと思います。


また、
サマースクールのスタートと共に、
明日からは夏休みの開始でもあります。

今年はどんな思い出をつくられるご予定ですか?
健康的に日に焼けて、
また一人まわり成長した皆に会える日を楽しみにしています。
始業式は18日ですよぉ!

それでは、
どうぞ事故などのない、
素敵なバケーションにされて下さいね。
サマーイベントに参加予定のお友だちは、
また園で会いましょうね^ ^

今夜もこのあたりで失礼します。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。


続きを読む”サマースクール!”

「Thank you文化」

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
お盆休みの足音もすぐそこまで聞こえてきていますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「Thank you 文化」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
みなさんは一日に何回「ありがとう」と伝えていますか?
今日一日を振り返ってみて下さい。
いかがでしょうか?


どうしてこんな質問をするのか?
それは、
私が職場の外国籍の同僚達と働いていて、
こんなコトを感じたからです。

「この人たち・・私たち日本人と比べると、圧倒的にありがとうの回数が多い?」

どう思われますか?
ピンときますでしょうか?

実は一時期、
このことが気になって仕方なかった時があり、
実際にカウントしてみたことがあります。

すると、
平均で、
日本人の「1デイ(記録ベースは6時間)ありがとう回数」は5回。
外国籍の彼らから「Thank you」が聞こえてきた回数は何と11回。
つまり、
単純に倍以上の頻度で彼らはありがとうを口にするのです。

どうしてだと思いますか?

ここからは、
客観的なデータも何もない、
私個人の見解ですが・・・・、

理由は英語にあると私は確信しています。

どういうことか・・?


そもそも、
英語という手段を介して行われる主な営みは、

「国を超えた外国人同士のコミュニケーション」

です。

国籍が違えば、
育ってきた環境も驚くほど異なります。
その結果、
一つのものを見ても、
例えば、
きな粉餅に抱くイメージも、
出身国が違えばそれこそ10人10色です。

だから、
簡単な議論ややりとりをしていても、
お互いに悪意はなくとも、
結果として強引な印象を相手に与えていたり、
聞き手の深い理解と妥協の上に答えが導き出されたりしています。

何も日本人でなくとも、
その言葉のキャッチボールを包んでいる空気のようなものは、
当事者同士には伝わるわけで、
その結果、
「理解を示してくれてありがとう。悪気はないんだよ。」
という意味でのありがとうや、
「こんな言い方は君の国ではひょっとして失礼に当たるのかな?快く引き受けてくれて感謝するよ。」
という意味でのありがとうなどなど。

お互いのバックグラウンドや宗教や文化を超えて、
「お願い」と「承諾」が成立したことに、
彼らは自然と潤滑油的に「Thank you」を口にしているようです。

私も、
必要な場面では、
Mr.頑固と化し、
相手の意見を蹴散らし、
こちらのやり方を押し通すことがあります。
同じ日本人同士であれば、
おなじ状況であっても、
相手の心理状況などがお互いに手に取るように分かるので、
空気もそこまで険悪なモノにはならないのですが、
相手が、
海の向こうの出身者ですと、
それなりに気を遣っても、
どことなくギクシャクした雰囲気は残るんです。
(議論の経験値が少ない日本人だから感じる、感じなくてもイイ雰囲気だよそれは!と揶揄されたこともありますが)
だから自然と彼らと議論する際には、

「Thank you.」

をあいだ間にはさみながらの会話になっていくんです。

この「Thank you文化」

ちょっと面白くないですか?

みなさんもお暇があればちょっと気にしてみて下さい^ ^

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「Thank you文化」”

訛りはむしろ好印象?

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
夏バテしそうな暑さが続きますので、
待ちに待った週末という感じの方も多いのでは?

今夜のテーマは「訛りはむしろ好印象?」です。
良かったらビール片手にお付き合い下さい。


さて、
皆さんは英語の発音についてどうお考えでしょうか?

日本人の8割はおそらく・・

「もちろんネイティブのような発音で話したい!!」

と思っていることと思います。

私も、
ず〜と日本語アクセントの自分の英語に嫌悪感をおぼえていました。

ただある日のことです。

以前勤めていた職場の外国籍の同僚に、

「ダイスケの英語の発音は凄く魅力的だよ。」

なんて言われたコトがありました。

カラオケで洋楽を歌っていた時のコトで、
割とそのセリフが当時の自分にとって衝撃的だったものですから、
今だにハッキリと覚えています。

確かに、
欧米の連続ドラマだとかを観ていると、
「英語の発音に特徴がある人」=「セクシー」の構図で
描かれていることが多く、(男性女性問わず)

「あれ?これって・・」


と思い始めたのが今から数年前のこと。

そして、
確信を得る為に、
当時付き合いのあったネイティブ達に手当たり次第に
こんな質問をしました。

「実際どう?英語がなまっている人ってチャーミングなわけ?」

するとほぼ100%の確率で、

「Absolutely YES !!(絶対的にそうだよ!)」

という返事がはね返ってくるではありませんか!

これで私の固定概念は見事に変わりました。
マインドバリアが壊れた瞬間です。

だってですよ、

「発音がネイティブとは大きく異なる英語=魅力的」

と言われるわけです。
ちょっと目からウロコじゃないですか?

だた、
これは冷静に日本語に置き換えてみると、
理解出来ますよね。

我々九州人からすると、
京都弁が魅力的、
というのと似ていなくもないですよね。
程度の問題が残されるだけで、
本質的なところはイコールです。

ですから、
みなさんもマインドバリアを壊しましょう。
あなたの英語の発音はとってもチャーミングです。
相手の心を癒すことだってあるやもしれません。
いつも連呼していますが、
とっとと自分の英語を許しましょう。

すべては恥ずかしがらずに声に出すところから始まりますよ^ ^

みなさんはどう思われますか?

それでは本日もこのあたりで。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願い致します!

追記:本日のBBクラスの参観を持ちましてプリスクール授業参観日の全日程を終了とさせて頂きます。トリを飾ってくれたビジーちゃんの素晴らしい出来に我々もホッと胸を撫で下ろしたところです。普段子供たちが各ご家庭で見せる顔とはまた一味違った表情などもご覧頂けたのではないでしょうか?行き届かないところも多く、ご不便も多々おかけしたこととは思いますが、次週からも子供たちの学びたいという意欲そのものを育んでいけるよう、手を替え品を替え本気で取り組んでいきたいと思います。どうぞ変わらぬご支援のほどよろしくお願い致します。暑い中足をお運び頂きまして本当にありがとうございました。素敵な週末をお過ごし下さい。

WOODSTOCK職員一同



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”訛りはむしろ好印象?”

卒業後の進路。

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
今週の月曜日は祭日でしたので、
なんだかあっという間の水曜日、
という感じですね。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「卒業後の環境」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
私どもAnswer.Incが運営するWOODSTOCKインターナショナルプリスクールは
4年制です。

2歳さんから通えて、
小学校入学前までどっぷり英語での生活を楽しみます。

卒園後の環境はというと、
これまでは週何時間かのアフタースクールに通って頂く、
という一本道でしたが、
今後はこれに、

「オンラインのマンツーマン英会話クラス」

が加わります。

他の習い事と上手にバランス良く英語を続けられるように、
また、
送迎が大変なパパやママ達のサポートになれば、
また、
個人指導によるオーダーメイドレッスンで効率良くレベルを上げていく為に。

こうした想いが出発点です。
ご興味がある方は今後スタートする体験レッスンにご参加を。



さて、
話が少し変わりますが、
英語学習というのは、
マラソンにそっくりです。

42.195kmをそれなりのタイムで走れたランナーが、
練習を半年おさぼりしました。
するとどうなるでしょう?




この人物が、
すぐにフルマラソンを完走出来ると思いますか?

答えは「No!」です。

走れなくはないですが、
以前と同じようなタイムでの完走は無理ですし、
そもそも最後まで走り切れるかも微妙ですよね。

英語についてもこれと同様のことが言えます。

毎日英語漬けだった子が、
小学校入学を機に英語にふれる時間ががくんとダウン。

だからと言って、
すぐに話せなくなる、
理解できなくなる、
ということではありませんが、
フルマラソンを走り込んでいた時期と比較してしまうと・・、
どうしてもフォームも崩れますし、
タイムも落ちてくるわけです。

だから、
話を戻しますが、
順調に英語力の向上をはかるためには、
オンラインを活用したり、
放課後の英会話を積極的に利用したり、
話す場所を求めて街に出たり、
前のめりなアクションが必要になるわけです。

WOOSTOCKもいろいろと放課後の環境の「種類」を増やすべく、
せっせと種をまき続けています。

近々、
新しいプロジェクトの発表が出来るかな??

お楽しみに^ ^

それでは今夜はこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”卒業後の進路。”

21世紀スキル教育

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
またやって来てしまった金曜の夜。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今晩のブログテーマは「21世紀スキル教育」です。
良かったらお付き合い下さい。


〜すでに教育の世界で起き始めているいること〜

いまから5年ほど前、
世界の教育関係者が立ち上げた国際団体、

「ATC21S」

は、これからの不確実な時代を生き抜くために必要な能力として、

「21世紀スキル」というモノを定義しました。

これの根底を流れるのは、

「考える力」
「共創する力」
「進化する力」


そして、
これらを支えるための、

「自分の目指すもの・目指す世界を定義する力」

です。

何のこっちゃ?
という感じでしょうか?
私も最初に聞いた時にはちんぷんかんぷんもイイとこでした。
未だにきちんと理解出来ているか怪しいもんですが(笑)。

21世紀スキルと定義されたものを並べてみましょう。

1:創造性とイノベーション
2:批判的思考、問題決定、意思決定
3:どう学んでいくかを学ぶ力と自己に対するメタ認知力
4:コミュニケーション
5:コラボレーション
6:情報リテラシー
7:ICリテラシー
8:地域とグローバル社会に対するシティズンシップ
9:人生とキャリア育成
10:個人の責任と社会的責任(異文化理解と異文化適応能力)

という具合です。
非常にこむつかしい内容となっております(笑)。

OECD諸国の学習到達度を比較するPISAの学習到達調査も、
2015年から21世紀スキルの測定を導入する方向で検討が進んでいるようです。
(ちなみにOECD諸国というのは、EU加盟国21国と、日本やアメリカなどのその他13カ国から構成され、先進国間の自由な意見交換・情報交換を通じて、経済成長と、貿易自由化と途上国支援に貢献することを目的として作られたチームのことをいいます。)

ですので、
ちょっとかみ砕かれた中身をちょっとだけのぞいてみましょう。

?の「学び方の学習・メタ認知」は、

・「進化したい、もっと成長したい」という自ら湧き出るモチベーションがある。
・「自分はできるのだ」という自分に対する自己肯定力がある。
・学ことや自分の将来全般に関して、何を学ぶのかの選択や時間の使い方について自分自身でマネージできる。
・なぜこれを「学ぶ」のかを自ら考え、反芻デキる。
・多様な教育機会があることを知っており、その選択が自分の将来にとってどういう影響があり得るかを理解している


というものです。
なんとなくでもいいので、
方向性を感じとってもらえると、
今日のブログも報われます^ ^

かっこ良く定義すると・・

「21世紀スキルを重視する教育を目指す」ということは、
教科書に書いてある「正解」を教え、これをみんなでワッショイと暗記するという従来のやり方から脱却することを意味しています。

まさに、

「考える力」
「共創する力(競争でないところがミソですね。)」
「進化する力」

が問われる世界になっていくようですね。

我々オトナ世代がこれまで向き合ってきた、

「試験のために暗記して正答率をアップさせる!」

という方法はどうやら歴史の彼方に追いやられていくようです。


みなさんはどう思われますか?
木ばかりを見ずに森全体を見ながら来週からも歩いていきましょう。

それでは今夜もこの辺りで。
今週も慌ただしくも充実した一週間を過ごさせて頂きました。
いろいろとありがとうございます。
次週もどうぞ宜しくお願い致します。
それではみなさん素敵な週末を〜^ ^



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”21世紀スキル教育”

3つのコツ。

テーマ: つぶやき3





こんばんは!
連日繰り広げられるサッカーW杯の決勝リーグ。
そして、ロシアの妖精やアジアのKが盛り上げてくれている、
ウインブルドンと、
いつ眠ればいいのだろうか?
と首を傾げたくなるような毎日が続いていますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
今週もどうぞよろしくお願い致します。

今夜のテーマは「家族で取り組みたい3つのこと」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、

「子どもの言語学習でオヤができること」

英会話スクールや、
プリスクールなどにお子さんを通わせていらっしゃる保護者様であれば、
誰しもが考えられ、
また悩まれていることなのではないでしょうか?

今夜はこんなところを掘り下げていきますね。



ニュージーランド国籍のパパとやがて2歳になる男の子と日本国籍の奥様からなる3人家族。
WOODSTOCKに勤務するあるファミリー構成です。

彼の家庭ではパパとは英語で、ママとお子さんの会話は日本語で、
と絵に描いたようなインターナショナルライフが繰り広げられています。
羨ましい限りですが、
ただ、
みんながそうではありませんよねぇ。

では、
ごく普通の家庭で育つ子どもたちの英語スキルを向上させる為に出来ることは?

スクールで学習する子どもたちの様子を見たり、
英語教育において一定の成功をおさめられているファミリーの様子などから見えてくる3つのポイントをご紹介します。
参考までに。


(1)まず親がオープンマインドであること!

これは欠かせない要素です。
対人のコミュニケーションを愉しむ環境に乳幼児期からおいてあげること。

これは、親自身の姿勢を見直すことも含まれてきますが、
子どもが小さいうちというのは、
どんな親でもどうしても目の前の育児や家事に手一杯になってしまいがちかと。

保育園や幼稚園などの開放日のほか、
地元の親子教室や行事ごとなど、
親子で参加できる場に積極的に顔を出し、
子どもと一緒に楽しみながら「社会性」をつけさせましょう。

たとえ英語のスクールやインターナショナルスクールに通っていても、
人との交流が下手な子どもは語学力が伸びにくいことが多いのです。

(2)家庭では親子で共通の関心がもてるものを教材にすること

社会性が出てきた子どもは、
人が興味を持っているものに関心をもちます。

今であれば「アナ雪」でしょうか?

お友達が歌っているそれに影響を受けて、
見せてもいないのに口ずさむ子。

ばっちり社会性がついている証拠です。

また、
子ども向けの英語教材だけで勉強させるよりも、
親や友達と一緒に楽しめるものを用意する方が効果的のようです。

プレステなどを活用して、
休日に30分だけ英語のゲームをする。
とても有意義な時間になるはずです。

有名なワンちゃんの英会話。
NHKの番組ですが、一緒に楽しまれてはいかがでしょうか?

先にもふれた『アナと雪の女王』のテーマソング。
ぜひ英語版で、親が先に歌えるくらいになると最高でしょう。

一人カラオケで特訓して来て下さい^ ^

(3)英語を話す必要がある環境に子どもを投じ、言葉の先にあるものを体得させること

何年もネイティブの先生の英会話に通い、テストの成績も良いのに自信がもてない子。
意外にたくさんいるんです。
なぜか?
答えは簡単で、
英語のスクールやプリスクールにいる時間というのは、
たとえそこの子が受け身姿勢であったとしても、
関係が成立してしまうのが普通です。

ではどうすればいいのか?

それは、
近所に外国人の子どもがいたら積極的に一緒に遊ばせたり、
外国人を支援するボランティアに親子で定期的に参加したりするなど、
(大分国際交流プラザを活用しましょう!)
生きたコミュニケーションの場を増やしてアウトプットの機会を増やしましょう。


夏休みには、英語で様々な体験をするサマースクールも数多く開催されています。友達になれた、喜んでもらえたなどの経験は、言葉を超えて子どもの心を育むものです。
もちろんWOODSTOCKでも行いますが、
子供達にとってはここが「ホーム」です。
「アウェイ」の環境でいつものようにプレー出来る、
強いハートをもった子にしてあげられたら素敵ですよね。

親の行動ひとつで、外国語への興味度合いが変わると思います。
工夫しながら、ぜひ親子で自然に英語習得の旅を楽しみましょう。

みなさんはどう思われますか?

それでは今晩もこのあたりで。
錦織圭プロがベスト16をかけて闘うようです!
みんなで応援しましょう!
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”3つのコツ。”

黒船の行方は?

テーマ: つぶやき3







こんばんは!
いつもお世話になります。
ブラジルW杯における日本代表の戦いは終わってしまいましたが、
しっかりと前を向いて今週も楽しみましょう。
それでは今晩も宜しくお願いします。

今夜のテーマは「新時代」です。
寝不足でないようでしたらお付き合い下さい。

さて、
私たちが平和に暮らすここ日本に、
あと数年のうちに・・
2船の黒船が確実に来航します。

1つは「i-ロボット」を乗せたそれ。

もう一つは「外国籍労働者」が乗船する黒船です。



ピンと来ますでしょうか?

Amazonが500億以上の資金を投じてKIVA Systemsというロボット会社を買収。

ドミノ・ピザは宅配に無人のヘリコプターを実用化。

ヤマト運輸は1500億円を投げ込み、未来型物流倉庫「羽田クロノゲート」を建立。

国家戦略特区諮問会議発表の「外国人労働者受け入れ拡大」。

などなど。

頭を使わずに、
やっつけ気分で仕事をしている人々の職は、
間違いなくロボくんや海外からの人材に奪われるでしょう。

介護ロボットの進化の様子をYouTubeでご覧下さい。
ミスはない。
おサボリもなし。
愚痴もなければ、
怪我もない。
そして何と言っても24時間対応です。
コスト的にも人件費に比べれば・・・。

海外から日本の市場を虎視眈々と狙っているエリートちゃんにはどう対抗しましょう?
策はありますか?
ライフジャケットは購入隅ですか?

終身雇用は終わっています。
年金制度は壊れています。
経済大国とは昔の話。
安心・安全もどこへやら。
オリジナル精神を失った技術大国のサムライ達。
ゴミを拾って「さすが日本!」。
クールジャパンってもしかして皮肉でしょうか?

黒船の来航は決まっています。
確定された事実です。

慌てても騒いでも現実逃避しても。
来るものは来ます。
あとは時期の問題だけです。

ではどうしましょう?

さて、どうしたもんでしょう?

どんな準備をしたらいいのでしょう?

子供たちにはどんなタイプの救命具を用意出来るのでしょうか?


WOODSTOCKがプリスクールという形態を通して、
皆さんに提起していきたいのはこういった種の「知恵の輪」です。

英語だけ出来ればイイ、
なんてこれっぽっちも思っていませんので誤解のありませんように。

スクールHPの挨拶のページでも謳っていますが、
閉じた環境での学びは視野を狭めるだけです。
学力は上がれども人間力は低下します。

国境や分野などを超えて他者と出会ったり、
共に創る体験をした時に新たな気付きが生まれます。

圧倒的な学びの原体験を提供できるよう、
WOODSTOCKは日々変わり続けています。

世界中の人々とより良い未来を共創していける、
たくましい、そして人間臭い地球人を増やせるように、
明日からも引き続き頑張りたいと思います。

皆さん、一緒に答え合わせをしませんか?

なんていう着地で今日のところはお許し下さい^ ^



それでは、本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
お疲れ様ザックJapan!!

追記:本日プリスクールコースの園児さんには月刊レポートを配布しています。
ご確認下さい。尚、参観日の日程に一部誤りがあったようです。
年間スケジュールに定めている予定が正しい日付です。宜しくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”黒船の行方は?”

同調圧力

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
いよいよ数時間後にはギリシャとの対決。
ナイスゲームを期待しましょう。

本日のBLOGテーマは「同調圧力」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
日本では自分の意見をはっきり言うことを、
またはっきりもの言う人を嫌う傾向・避ける傾向がありますよね。

みなさんの身の回りではいかがでしょうか?

先生やボスの言ったことに逆らえない雰囲気。
みんなの意見と同じでなくてはならないというムード。
変に目立つことをよしとしない感じ。
自分で積極的に発言などせず、周囲の空気を必死に読みながら、
自分はできるだけ目立たないようにして、
上の言ったことには逆らわない、
周囲に同調することが当たり前という社会、
これが日本です。
少なくとも、
諸外国からはこのように見られています。

単一民族だからこその非常にユニークな文化とも言えますね。
(ここでのユニークは唯一無二の、という意味合いで使用しています。)

そして、
こうしたものを、

「同調圧力」

と言い、
最近ではアメリカ人が描いた「日本社会の同調圧力」が的確すぎると、
Twitter上でかなり話題になっています。

確かに、
日本には違う意見を言ってはいけないという空気が存在しますよね。

だから、
出る杭は打たれる、
という種の言葉があるわけです。

ここにこうした日本の空気感を非常に分かりやすく示す例がありますので、
紹介させて頂きます。
舞台はとある首都圏の中学校で行われた道徳の授業です。


授業でピューリッツァー賞を受賞した写真「ハゲワシと少女」を見せられた時のこと。写真は内戦化のスーダンで餓死寸前の少女が、ハゲワシに狙われているというもの。先生の授業の雰囲気からは、「写真なんか撮っている場合ではない。まず少女を助けるべきだ」というニュアンスが醸し出されていた。その上で、先生は生徒に聞いた。写真を撮るべきだったのか、まず助けるべきだったのかと。

10人の生徒のうち9人は、まず助けるべきだと手を上げた。しかし彼だけは、写真を撮るべきだったに手を上げた。「この写真によって多くの人に問題を訴えることができたし、この写真家はきっとこの後、少女を助けたのではないでしょうか」と。

その結果、
彼女の身の上におきたこと。
1人だけ違う意見を言った彼女は翌日から無視されるようになったそうです。

「日本では他人と違う意見を言ってはダメだという雰囲気が少なからずあります。むしろ空気を読んで周囲に合わせろみたいな無言の圧力があります。だから知らず知らずのうちに、自分の意見を押し殺すのが当たり前になり、いつしか大人になると、自分の意見すらなくなってしまう。」

みなさんはどう思われますか?
この同調の圧力について。
私は、
空気を読む力は必要だと思います。
そのうえで、
意図的に空気を壊す術を知っていたらなお良いのでは?と思います。

また、
同時に、
なんでもかんでも自分の意見を通そうとする、
主張する姿勢には共感出来ません。

ただし、
不思議なもので、

「伝え方」

がやはり9割なのでしょう。

何を言っているかということよりも、
どんな風に話しているかの方が気になるものです。

冷静になるとこの人は主張している、
でも不思議と嫌な気はしない。
それどころか、
しっかりと自分の考えをもったナイスガイだ。
信頼できるな。

といいうような印象すら受けるわけです。

グローバル化の中で、
日本人はもっと主張すべきだ、
という意見を頻繁に聞くようになりました。

がしかし、
「伝え方」をわきまえずに、
言いたいことを口にするだけなら、
それは周りの見えない子供と同じです。

日本人が自然に行う、
この「空気を読む」というスキルは、
実は海外の人間からすると、
とても難易度の高い技術とみられています。

この特技を損なうのではなく、
後世に大切な日本人のスキルとして残しつつ、
使え方のスキルを学び、
(悔しいですが、TEDなどからも見えてくるように、おうべいじんのプレゼンスキルは非常に高いものがあります。)
上手に主張もできるようになると、
市場での日本の価値の高くなっていくのかなぁと思います。

みなさんはどう思われますか?


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
頑張れ、ニッポン!!

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”同調圧力”

留学先でのこと。

テーマ: つぶやき3




みなさんこんばんは!
いつもお世話になります。

今日のBlogテーマは「留学先の日本人」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、

「日本人はなぜ英語を話せないのか?」

繰り返しこのことにはふれてきているつもりですが、
今夜もしつこくこのことについてです。

ニュージーランドに3年間留学していた友人に話を聞くと、
とても興味深い返事が返ってきたので紹介させて頂きます。

少し長いので、
マテ茶でも飲みながらどうぞ^ ^

以下の文章は彼女談という形式で進みます。



彼女のクラスメイトである日本人留学生がこんなことを言いました。
(ニュージーランドはハミルトンの語学学校が舞台です。)

「英語を勉強しに海外留学にきたのに、先生が授業で私のこと、さしてくれない。そのせいで私はいつまでたっても英語が上達しない・・・」

こんなことを言っているクラスメイト。
彼女はそれはおかしいと感じたようです。

「先生がさすとかささないとかの問題じゃない。日本人以外の外国人留学生は、率先して授業中でも自ら英語で意見を伝えようとしている。仮に、その英語が下手だろうが間違っていようが。ささないと話さないという傲慢な姿勢でいるから、どんなに英語を覚えたところで英語が話せないのよ。」

日本人が英語を話せないのは英語能力以前の問題にありそうです。

「そんな文句を言っているのに、授業中は英語以外はダメという決まりなのに、先生がちょっといなくなった途端、日本人同士が日本語で話をし始めてしまう。英語を学びにきたのに日本語で話したら、英語が上達するわけがない。だから私は日本人にも英語で話しかけたんだけど、そうするといやな顔したりする。正直頭にくるのを通り過ぎて笑えてきちゃった。」

英語ができないのは先生が悪いといいながら、
日本語ばかり話していればそりゃうまくならないに決まっています。

「私気付いたのよね。こっちに来て。ジャパニーズが英語が話せないのが、徹底して受け身の姿勢の教育を叩き込まれているからだと。そう思わない?日本の教育は先生が一方的に話してるでしょう。その指示に従う形式ばかり。しかも英語では会話力とはあまり関係のない、文法や文章力ばかりに時間を割くわけで。話す力をつけたいのに、授業中に話す機会がほとんどない。テストも文法問題や筆記問題ばかり。話す勉強をしているのだから生徒に話させなくてはいけないのに、授業は生徒が受け身で、先生が一方的に話すのを聞くことばかり。これでは英語に限らず自ら話をするという力は身に付かず、結果『先生がさしてくれないから英語が上達しない』とかいう、クレイジーな結論になるわよ、どうしたって。」

英語力の問題ではなく、根本的に会話力、コミュニケーション力を抹殺するような、教育がなされているから、英語を話す技術があっても、人に率先して話しかけることができない・・ということでしょうか?

英語を通していろいろなコトが見えてきますね。
みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこの辺りで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”留学先でのこと。”

車のスマートフォン化

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
梅雨だというのに雨が降りませんねぇ。
今年も水不足(a shortage of water)になるのでしょうか?
と・・言っているそばから降り出したようです。

今夜のテーマは「車がスマートフォンに?」です。
良かったらお付き合い下さいね。




「現在の大衆が必要と考えるスキルと子供たちが20年後に必要とされるスキルは別物である。」

常々、
このことを私たちは忘れるべきではないと考えています。

1983年、
「Windows」が発売された当時、
これに価値を見出し、
子供に買い与えたオトナがどれほどいるでしょう?

誤解を恐れずに言ってしまうと、

一般的なオトナ達が子供に何かアドバイスをする際に、
頼りに、
また参考にするのは、

「現在の状況」

と、

「自分の成功体験及び失敗体験」

です。

だからこそ、
今だに、

「有名大学に入れ。有名大手企業に務めろ!マイホームを買え!」

だとか、
既に時代錯誤ともとれる発言を懲りずに口にするオトナもいるわけです。

時代が変わるということは、
航海するフィールドが変わるのと同じです。

深さも波の荒さも住んでいる魔物の種類も異なるわけですから、
同じ船で、
同じ航海方法で通用する訳がありませんよね。



具体的に話しますね。

例えば、
今後の自動車業界で生き抜いて行こうと思うのなら、
テクノロジーに明るくなければ命とりです。

どんな人材が求められるのか?

ずばり、

「ITに明るい人物」

でしょう。

なぜか?

それは、

将来の車は、

「大きなスマートフォン」

になるからです。

Googleが2017年までに、
完全自動で動く車を開発すると発表したのをご存知でしょうか?

自動衝突回避システムや自動縦列駐車機能が実装されている車もあるように、
自動車産業がネットとの融合、
またテクノロジーの導入を進めることで、
車のスマホ化が進みます。

当然、
FacebookやYelp等との連携も始まるでしょうし、
ネットを介したソフトアップデートで、
自動車自体がバージョンUPするような感じになるでしょう。

こうしたことをある程度想定に入れて思考すると、
ミニカーが大好きなキッズの為に整備してあげたい環境も見えてきますよね。

コレは毎日自分にも言い聞かせていることですが、
子供達の為に想像力を働かせましょう。

子供達は私たちのエゴを満たしたり、
達成出来なかった夢を実現させる為の道具ではありません。

この発想そのものを壊さない限り、
我々オトナは彼らにとって「厄介者」でしかなくなります。

それではどういうスタンスで彼らと向き合って行く必要があるのか?

ココを発想点として、
時間を有効活用していきたいと思います。

皆さんはどう思われますか?


それでは今夜のブログもこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。







WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”車のスマートフォン化”

5歳児の日本語

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
雨の月曜日となりましたが、
いかがお過ごしでしょうか?

今日のブログのテーマは「5歳児の日本語」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
外国の方とお話をする場合に、


「言っていることは分かるんだけど。こぅ、パッと適切な言い回しが出てこないのよねぇ・・」

というような経験をされたことがあるのでは?

今日は、
そんな方にオススメの一冊をご紹介。
知り合いでもメンターでもありません。
赤の他人の書いた本を、
個人的にイイと思ったのでレコメンドさせて頂きます。


「英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる!(きこ書房)」

という本が出ています。

これ、面白かったです。

著者の主張は、

「英会話は言い換えが9割!」

というモノ。

ちょっとネタバレになりますが、
中身の一部を。

・紅葉→秋の葉っぱ・・autumn leaves
・ご馳走→好きな食べ物・・favorite food
・懲りない→学ばない・・never learn

どうですか?
ピンときますか?

つづいて文章もこんな感じに、

・彼には先日子供が生まれてすっかり親バカです。
→先日子供が生まれた。彼は娘が大好きです。娘の話ばかりする。
・・・His first child was born the other day.He really loves her.So he talks about her so much.

・彼らなら気を利かせて先に帰ったよ。
→彼らは僕たちの為に先に帰ったよ。
・・・They already left for us.

という感じ。

日本語は回りくどいところがあるので、
別角度からシンプルに。
5歳児に説明するつもりでかんたんに。

難解な表現の前にくじけるのではなく、
言い換えることで簡単に言えちゃったりして?

そんなマインドにしてくれる、
ナイスな一冊です。




ニュアンスが伝わらないと嘆くのではなく、
言い換えする習慣をつけましょう。
しかも。
立派な「変換」ではなく、

「5歳児の日本語で言い換えるなら・・5歳児になったつもりで。」

というようにシンプルに。

そもそも何が言いたいの?

というキーワードを携えて、
身の回りの全ての日本語を英語にしてみましょう。


ひょっとしたらこの学習方法。

下手な大学の授業なんかよりも、
100倍効果的かもしれませんよぉ〜。



それでは今夜のブログもこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”5歳児の日本語”

海外での勤務

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
風にのって運ばれてくるたくさんの砂がなんとなく気になる一日でしたが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

本日のブログのテーマは「WOODSTOCKで働く外国籍の職員達」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
現在WOODSTOCKに在籍する外国籍の先生は、
どのような経緯で日本の大分市の英語保育園(英会話スクール及びその他)での
勤務をスタートさせたのでしょうか?

今日はこのあたりを掘り下げていきたいと思います。

まず、
彼ら・彼女達の生態は大きく2種に分類出来ます。

一つは、

「在日型」

もう一つは、

「渡航型」

です。

在日型というのは、
何らかの理由で日本に入国して、
その後日本国籍の方と結婚。
結果、

「家族滞在ビザ」

を取得し、
もう何年もこちらに拠点を構えて生活している外国籍の人間のことをいいます。

一方、
渡航型は、
英語を第一言語として、
ないしはそれに準ずるレベルの英語を扱える人材で、
以前から日本のカルチャーなどに興味を持ち、
機会があれば日本を訪れてみたいと思っていた人で、
なおかつ、
4年生大学で英語指導に関係する、
いわゆる教育学部のようなところを卒業しているか、
もしくはこれに代わるような実務経験をもった方で、
入国管理局から、

「人文知識・国際業務」

の呼ばれる種のビザを発給された人々のことをいいます。

まずは、

「そもそも他の理由で既に日本での生活をスタートさせていた人物」

と、

「英語指導に携わることが分かった上で(WOODSTOCKで働くことが理由で)入国してくる人物」

という2種類にカテゴライズされる、
という図式を理解して下さい。
(当然これに当てはまらないパターンもありますがここではふれません。)

一言ことわりをいれておこなかなければならないのが、
だからこちらのタイプの先生の方が先生として優れていて、
こちらのパターンの人は比較すると指導スキルに難点がある、
という種の話をしている訳ではありませんのでどうぞ誤解のないように。

それでは、
WOODSTOCKの先生一人一人について具体的に・・
といきたいところですが、
個人のプライバシー保護を理由に、
ここでの明記は控えさせて頂きます。
ご興味がある方は、
どうぞ直接彼ら・彼女らにたずねてみて下さいね。

ただ、
せっかくですので、
この2種類のタイプの先生の、

「違い」

について簡単にふれてみたいと思います。

よく、

「どうして英会話の先生ってわりと頻繁に代わるんですか?」

というような質問を聞かれたり、
またこのような疑問を持たれたりしたことがあるかと思います。

たいていの理由は、

「ビザ」

と言い切ってしまってもイイかと私は思います。

具体的に言いますと、
先ほどふれた「人文知識・国際業務」というビザですが、
入国前の段階で、
入国管理局から許可される滞在年数は、
おおかた1年だけです。
(JET-プログラムのように、国が介して入国してきている英語指導員は最初から3年は許可されていることが一般的です。)

そして、
入国からこの約束の1年が迫った段階で、
滞在許可を受けている本人が、
イミグレーションオフィス(入国管理局)に出向き、

「延長申請」

を行う必要があります。

結果は二つに一つで、

「申請受理」

ないしは、

「滞在不可」

となります。

この結果の理由については、

「国」
「滞在中の素行」
「後ろだてとなっている会社の状況」
「その他」

というような解釈で大きな誤差はないかと思います。

ただ、
我々民の人間には推し量れない官の領域は存在しますので、

「その他」

の占める割合と深さについては、
何とも説明しにくい部分があるのは事実です。

ですから、
仮に、
その人物が素晴らしく、
本人も希望し、
こちらとしても引き続き指導に当たって欲しいと望んだとしても、
念願叶わず、
という結果があり得るわけです。

また、
これは彼らの立場に立って考えてみれば理解できるかと思いますが、
入国前に許可された滞在期間が分かっているということは、
何割かの人間は、

「まずは1年」

という気持ちでそもそも入国してくるでしょうし、
可愛い娘・息子を送り出す親御さんの心境としても、

「1年だけだぞ!」

という想いがあっても何ら不思議ではないと思います。

そして、
仮に、

「日本語を習得するまでは帰国はしない!」

というような具体的なビジョンをもって入国していたとしても、
ビザのリミットが近づくにつれ、

「延長・・どうしようかな・・?」

という種の感情は人間誰しもが持つでしょう。

考えてみれば当然ですよね。

労働概念も違う。
文化も違う。
言葉も違えば、
道路標識や礼儀やマナーまで違う。

数日・数週間の旅行ですら、
不安や戸惑いを覚えたりするわけですから、
何百日という期間、
仕事をしながら慣れない土地で生活をする彼らの苦労は、
それなりのものがあるわけです。

また、
外国籍労働者として、
働いてきた歴史の非常に薄い国民が我々日本人です。

10年後、
20年後、
日本からたくさんの若者が海外での勤務につくのが当たり前の時代に入った時、
ひょっとしたらはじめて彼らの置かれている状況や心境が理解出来る日が
くるのかもしれないですね。

今日のブログが、
異国で働く青年達の想いや状況を理解するうえでの手助けになれば嬉しいです。

それでは今晩もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”海外での勤務”

「優しさ」

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
夏日のような一日でしたが、
いかがお過ごしでしょうか?

本日のブログテーマは「相手への優しさ」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
私の英語に対する基本スタンスを非常に乱暴にまとめてしまうと、

「英語なんてしょせん道具だから通じればイイ。文法や発音を気にしすぎるから日本人はダメなんだぁ!」

というようなものです。

ですがですが。
誤解がないように、
もう少し補足させて頂きます。

どういうことか。
私が思うに、
物事には、

「段階」

があります。

この段階的にみて、

「完璧な英語じゃないと恥ずかしいわ。発音だって下手クソだし。こんな私に英会話なんて出来るわけない・・」

という位置にいる方々にむけてのエールが、

「英語=道具」

という方程式です。

そして、
この続きがあります、当然。
口にすることがさほど抵抗なく出来るようになった人に言いたいこと。

それは、

「きちんと勉強を継続してレベルアップし続けましょう。」

というものです。

昔からこの業界ではよく言われていますが、

「英語学習の半分は優しさで出来ている。」

という言葉があります。

どういうことか?

説明します。

こちらが話すたびに、
ボキャブラリーが限られ、
カタカナ発音の嵐ですと、
相手は当然、

「?この人はこう言いたいのかな?それとも・・?」

となりますよね。

こうなると、
多少なりとも相手に負担をかけますし、
イーブンなコミュニケーションとは言えません。

逆説的に聞こえるやもしれませんが、
英語はコミュニケーションの道具だからこそ、
意思疎通をする相手にとって、
自分の英語がどうなればいいのかを意識する必要があります。
そうしないと進歩はありません。

具体的には・・、

1:ボキャブラリーを増やす理由は、語彙力アピール!・・ではなく、相手や状況によって適切な言葉をチョイスする為です。
2:正しい文法を知るのは、知識を頭に詰め込む為ではなく、相手にこちらが伝えたいことをスムーズに理解してもらう為です。
3:発音を練習するのは、あんちゃんカッコイイ!と言ってもらう為ではなく、相手に負担をかけないよう、聞き取りやすくする為です。

のようなことですね。

こんなふうに考えると、
英語学習への意欲も、
実際の英語スキルも伸びていくような気がしませんか?

英会話上達の為のエネルギー。
それは相手に対する思いやりなのかもしれませんね。

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
素敵な時間をお過ごし下さい

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「優しさ」”

英語日記

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
週末の金曜をいかがお過ごしでしょうか?

本日のブログテーマは「英語日記」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
WOODSTOCKインターナショナルスクールで働くスタッフ達の、
職場言語は「英語」です。

子供達に、

「English please!」

と常日頃から呼びかける手前、
職員同士の会話も当然英語になります。

ただですね、
全ての職員がバイリンガル!
なんてはずがないですし、

仮に、
保育士の求人を出す際に、

「英語の話せる保育士募集!」

とかしたらば・・

誰からも面接希望は入らないでしょう(笑)。

これが現在の日本の状況です。

では、
だからと言って、
子供に英語の環境を提供する施設の職員が、いつまでもいつまでも、

「私は英語は話せません・・苦」

ということでいいのか?

いいわきゃありません。

ですので、
彼ら彼女達も日々の業務をこなしながら、
知らない言い回しや単語に出会うと、
その都度メモをとり、
子供達をリードするべく、
スキルアップに励んでいます。



「生涯学習」

という言葉がありますよね。

人間、
学ぶこと、
新しいことに挑戦しなくなったらもう終わりです。
そして、
既に知っていることだけで、
習得済みの技だけで、
その先の何十年をも乗り越えられる、
そんな時代はもう終わろうとしています。

ということで、
生涯学習を心に誓った頼もしいスクールの保育士さんたちも、
英語日記なるものをスタートさせました〜。
みなさん応援してあげて下さいね〜!

また折をみて中身なども紹介させて頂こうかと考えていますので、
どうぞお楽しみに〜!

みなさんも良かったら始めてみませんか?

それでは今夜もこの辺りで。
今週も本当にありがとうございました。
次週もどうぞ宜しくお願い致します。
ご家族やお友達と素敵な土日をお過ごし下さい^ ^




WOODSTOCK Oita Japan

Location:Koikebaru,Oita,Japan

続きを読む”英語日記”

バイリンガール英会話

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
今週もよろしくお願い致します。

本日のブログのテーマは「YouTubeで英会話」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
皆さんはどのようにして

「日々の英会話環境」

を作られていますか?

お金をかけて、
今しか出来ない環境・シチュエーションを
自分に、
またお子さんの為に作ることは、
これからの時代を考えると、
とても有意義な投資だと思います。

今日は、
もう一歩突っ込んで、
これらと並行して整えたい、

「コストゼロの英語学習環境を作ろう〜!」

という話をしてみたいと思います。
では、サクサクっといきますね。



以前のブログの中でも、

「スマートフォンの使用言語を英語にしよう〜!」

とか、

「SNSで外国籍の方と親しくなって英語交流しよう〜!」

というような方法はオススメさせて頂いていますが、
今日は、

「YouTube英会話勉強法」

を紹介させて下さい。

たくさんのチャンネルがありますので、
夜な夜なネットサーフィンをするけれど、
どれを選んだらいいか分からない〜、
という方も少なくないのでは?

そこで、
今日お勧めするのは、

ワシントン大学卒の帰国子女、
チカさんによる英会話レッスンチャンネル、

「バイリンガール英会話」

です。

オススメ理由は、
毎回、
テーマがあり、
また、
5分ほどで構成されている為、
隙間時間でも十分楽しめる内容になっている点、
そして、
個人的に強く主張したいのは、
彼女が日本人だからなおイイ!という部分です。

ネイティブが英語を話すのは当たり前。
これは我々にとっても、
子供たちにとっても同じです。


仮に、
このチャンネルを子供達が観て・聞いた場合の
プラス作用として、

「英語はなにも目の色や髪の色が違う外国の人だけが話すものではないんだぁな。」

という刷り込みがドンドンとなされていく、
という点です。

ニワトリが空を飛ぼうと思ったら、
飛ぶことに成功したニワトリの飛行姿勢や、
メンタルを学習した方がいいのでは?
とういうこです。

まぁ、
私がウダウダ言うよりも、
百聞は・・ですので、
ぜひ一度ご覧ください。

オトナが観てもイイ感じですよ。
口語表現を学べますし、
同じ日本人が先生ですから、
いずれそのうち、

「ちくしょう〜。私だって負けとられんぞ〜!!」

なんていう気持ちも生まれてくるやも?
ですね。

ということで、
今夜は、

「YouTube英会話学習法」

をオススメさせて頂きました。

それではこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”バイリンガール英会話”

マレーシアの教育改革

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
G.W.はやはり今年もあっという間に終わりましたね。
素敵な連休になりましたでしょうか?
本日からあらためて宜しくお願い致します。

今日のブログテーマは「未来の学校」です。
良かったらお付き合い下さい。

まず、

「現代の学校」

とは?

1:定時に登校。
2:学習内容は全員同じ。
3:どの程度理解出来たか?暗記出来たか?で成績は決定。
4:この成績で入学できる大学や会社が決定。

こんな感じですね。

では。

貴方の意見は?

これでいいのでしょうか?

どう思いますか?

実は。

非常に大勢の大人たちが答えを求めて模索しています。

日本国内にも日夜これと正面から向き合い、

葛藤し、もがいている教職者が大勢います。

さて、
今日のところは、
国外に目を向けましょう。

ご近所マレーシアの教育事情についてです。

教育改革が猛烈に進む、アジアの教育大国。
彼らが行なっていることをちょっとご紹介。
それは、

「受験教育からの脱却」

です!!

具体的には、

クラスの全生徒に、
同じことを講義するのではなく、
一人一人と向き合って一緒に

「考える」

教育をスターさせています、既に。

興味深いデスよね。

もうから結果を求める早とちりさんも少なからずいるようですが、(もうからの使い方、あってますか?)

そういう方々のことはちょっと傍に置いておいて、
教育改革を進めているマレーシアの大人たちの姿勢がとにかくカッコイイ。

コメントを一部抜粋します。

「今のままの教育では、この国が立ちゆかなくなることは明らかなので、
新しいことをやるしかないんです。そして、今。それをやり始めています。将来に必要なのは、記憶できる人間ではありません。より正しく理解し、言われた通りにやる人間でもありません。自分で考える力をもって、そして創造することが出来る人間を育てないことには、このマレーシアという国は、2020年に先進国入りをするというふうに宣言した、その約束が守れませんから」

世界は変化していますね。
国を上げて、
一致団結して、
同じ方向を向いて、
マレーシアは、
リスクをとって改革を進めています。

安定を求めて現状にすがりつくことほどリスキーな姿勢はない。

そんな世の中の到来を感じ取り、
実際の教育現場にこれを落とし込んでいるわけです。

とうわけで、
近々、
マレーシアの学校視察に行って来ます!

みなさんはどんな感想をもたれましたか?

それでは今夜はこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します^<^/


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”マレーシアの教育改革”

お見知り遠足

テーマ: つぶやき3




みなさんこんばんは!
今日からいよいよ5月度のスタート。
「豊穣」を意味する一ヶ月である「May」に突入です。
今月も張りきっていきましょうね〜!

さて、
本日は明日行われるプリスクールお見知り遠足についてです。

詳細確認

場所:高尾山自然公園ふれあい広場
時間:10時集合-13時解散予定
持ち物:お弁当、水筒、指定帽子、名札、着替、オムツなど、タオル、レジャーシート、お菓子、ゴミ袋
服装:スクールT-シャツ

以上です。
ご確認頂きまして、お間違いのないようお願い致します。

それでは今夜はこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日はどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

場所:小池原,大分市,日本

続きを読む”お見知り遠足”

国境。

テーマ: つぶやき3




みなさんこんばんは!
小雨降る金曜日となっていますが、
いかがお過ごしでしょうか?

今夜のブログテーマは「国境」です。

良かったらお付き合い下さい。



「アジアも国境で考えていた時代があったよね。」


そんなふうに言われる時代が間もなくやってきます。

そうです。
国境がなくなるわけです。

ごめんなさい。
あくまで私の意見ですが。

中国と日本はこんなに中が悪いのに??
そんなことインポッシブルでしょ!
とか思いますか?

そもそも日本と韓国って本当に犬猿の仲なのでしょうか?


能動的にではなく、
受動的にテレビをつけて、
そこからとりとめなくながれてくる
「情報=シナリオ?」だけをインプットしていると、
知らず知らずに洗脳されていきます。

結果として、中国と日本は仲違いをしている、
だとか、
韓国とジャパンは相容れない、
とか、
安易な結論をさも自分の頭で考え抜いて導いた『持論』のようにもってしまいがちですが、
果たしてその「持論」、それは本当に事実でしょうか?

少し考えれば分かることですが、
メディアも『売り上げ』が必要です。

だとすれば、
メディアから聞こえてくる音は、
視聴率をとるために、
巧妙に練り上げられた
報道サイドの『戦略』が
ほとんどである、
ということになります。
私が言いたいのはだからメディアは
駄目なんだ、
という話ではありませんので、
念のため。
良いか悪いかではなく、
テレビに代表されるメディアは、
そういう特性のモノではないか?
という話です。
少し横道にそれましたので、
話を本題に戻します。

10年後、
アジア圏における『国境』が
なくなっている可能性がある、
という話ですが、
どう思われますか?

んなこたない!

と思われますか?

それともEUの例を考えれば十分に可能性あるでしょ?

と思われますか?

アジアが世界の中心マーケットとして隆盛を極めるには、
国境が邪魔になります。
インターネットでは自由に国と国の間を行き来できるのに、
実際には山なり、海なり、国境なりが存在がするわけです。
国境がない方が・・ひょっとしたら効率的かもしれないですね。
あることのデメリットよりも、
国境がないことのメリットの方が大きくなれば、
必然的にこのボーダーは崩れるでしょう。
私はASEANがこの壁を近々壊すはず、と考えています。




私は愛知県の蒲郡市という港町で育ちました。
父と母はこの町で今も昔も理髪店を営んでいます。

「ヘアーサロン川平」といいます。

ご興味がある方はGoogleのストリートビューで探して下さい(笑)。


今は我が家も御多分に洩れず、
大手理髪チェーンの進出の影響などを受け、以前ほどの盛況ぶりはありません。

家計を助ける為に、
ふたりで切り盛りしてきた店を父に委ね、
母は隣の市まで仕事に出るようになりました。

今から15年ほど前の話です。

今はというと、愛知県の賑わいが
名古屋に一極集中してきた為、
どちらかというと静岡県よりの
蒲郡市から、
車で小一時間ほどかけて栄まで出勤しているようです。

3人の子供達がようやく巣立ち、
今は遅めの悠々自適生活を満喫しているようですが。

何もこれは私の母に限った話ではなく、

私の友人の多くも豊橋からさらに距離のある名古屋市まで。

そして、
ここ10年くらいの間に、
高校時分の友人の多くが県外に職を求めるようになりました。
当然、
ここ2,3年で状況はまた変わり、
シンガポールや中東、アメリカなどを舞台に
働く仲間が目立つようにもなりました。

Facebookなどでその活躍ぶりを知り、驚くというようなことも増えてきました。

「人がマーケットを求め動く。」

この流れは今後も変わらないでしょう。

日本だけをみていては仕事にならない時代の到来です。



人とお金が集まる市場はいつの世も移り変わるのが世の常ですよね。

私たちの次の世代が社会に飛び出す頃には、
地元の同級生の半分は就職先が国外ということになり、
同窓会は大連空港近辺くらいがちょうどイイよね、とか、
プロジェクター付きの居酒屋でSkype同窓会をしたりとか。

そんな時代がすぐそこまできているのかな?

そうなると、
アジアで北朝鮮の次に英語が苦手とされる日本人は少々不利ですよね。

ASEANが年々参加国を増やしています。
少なくとも、
近い将来
欧州連合のように、
パスポートなしでアジア中を行き来する時代になるのでしょう。

そんな時代がもうすぐそこまで・・・。

何だか楽しげな時代になりそうです。

みなさんはどう思われますか??

それでは、今夜のブログもこのあたりで。。

今週もいろいろとありがとうございました。
来週もどうぞ宜しくお願いしたします。
素敵な週末をお過ごしください。





iPhoneから送信


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”国境。”

明日は入園式!

テーマ: つぶやき3





こんにちは!
いつもお世話になります。

明日4月8日はWOODSTOCKインターナショナルプリスクールの
入園式です。詳細を記載しますのであらためてご確認下さい。

日時:4月8日(火曜)10時開会 *1時間程度を予定しています。
場所:WOODSTOCK 大分市小池原1434-1
服装:正装
対象:新入生及び新入生保護者様

お子さんの、健やかで、たくましい成長を願って
2014年度入園式を上記のとおりに執り行います。
ご多忙中かとは存じますが、ぜひご家族皆さんでご出席下さいますよう宜しくお願い申し上げます(^0^)/


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”明日は入園式!”

WOODSTOCK&CALLAN

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。

たくさんの人が今週末に花見を予定していて・・
BBQにしようかなぁ〜・・
桜の木の下で手巻き寿司パーティーもいいなぁ・・
と世間がちょっとフワフワしている
そんな中、
非情にも落雷とともに桜に打ちつけられた
ちょっと激しすぎる雨・・-_-b

そんな木曜のひと時をいかがお過ごしでしょうか?

それでは今晩もお時間があればお付き合い下さい^ ^

只今午後18:45分。
私は事務室でPCと睨めっこ。

同時刻。

廊下をはさんだ奥の教室から聞こえてくるのは、

本日からスタートの「カランコース」でのやりとり。

凄まじい勢いでたたみかける、
担当講師のT/Chris。

もともと声が大きい先生が、
カランということで、

「2倍速」

でたたみかけています。

その迫力に・・・
まさに口をあんぐりさせて圧倒される子供たち。

ただ、やはり子供は凄い。

彼らの順応性と言うか、
適応力というか。

10分も経過するとすっかり慣れたようで。

いざスイッチON!

ここからは先生の声だけではなく、
生徒の声のボリュームも量も右肩上がり。

さすが子供たち。

笑い声だって聞こえてきました。

そもそも。

カランは「もっとスピーディに」「生徒に考える隙を与えない」

こんなことを念頭にレッスンが進んでいきます。

このスピード感がカランの最大の特徴です。

英語に英語で反応する訓練。

間に「日本語」をはさまずに。

ダイレクトで反射する。

鍛えたいのは反射神経。

英語反射力を手に入れた子供たちの笑顔と会話力。

ここをゴールに突き進もうと思います!!

参加された生徒さんの保護者様。

感想を聞いてあげて下さい。

さすがに今日はへとへとかと。
どうか知恵熱など出しませんように^ ^

1年後が楽しみですね。

*ちなみに・・「あの先生・・もの凄い早口!」というような発言がありましたらフォロー宜しくお願いします。「わざとだよ^^」と。

それでは今夜はこのあたりで。。

今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします^ < - ☆



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”WOODSTOCK&CALLAN”

WOODSTOCKブログ

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
週の中盤戦の水曜日をいかがお過ごしでしょうか?

私はといいますと、
7時30分からの20分ほどですが、
Skype英会話レッスンを先ほどまで楽しんでいました。

ちなみに、
今日の担当はセブ島出身のクラーク先生。
エイプリルフールネタを繰り返す面白い方でした。

職業柄、
一般の方と比べると、
英語を話す頻度は高いわけですが、
普段はどうしても、

「議題を前に進める。決着をつける。」

というようなことを目的とした手段として英語を使うので、
どうしても「理解されやすい言い回しや単語」「発音リスクの低いボキャブラリー」を意識的に選びます。

すると、目的は果たされるのですが、
変な言い方になりますが、
美しい英語とはかけ離れていくんです。

自分をオウムのように感じたりもします。

ですから当然、

「最近ボキャブラリー増えてきたなぁ」
「言い回しに幅が出てきたなぁ」

というような学習的成長の実感のようなものを味わう暇もありません。

というわけで。
夜な夜なこっそりSkype英会話でガリ勉するわけです。
難易度が高いとされる言い回しやスラングを覚えて、
明くる日にT/Chris達に試してみよぉ〜とかいう軽いノリですが。
3回に1回は通じなかったりして凹んでみたり。

そうこうしている時にいつも思うのは、

「先生に褒められると恥ずかしいけどやっぱり嬉しい」

ということです。
37歳になっても・・です(笑)。

画面越しであっても

「Great〜!Daisuke〜」

とか言われると嬉しいんです。

ですから・・

保護者様・・やっぱり教育・子育ての一番のコツは

「とにかく具体的に褒めること!」

ではないでしょうか??
最近ことさらにそう思います。
みなさんはどう思われますか?

それでは本日もこのあたりで。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”WOODSTOCKブログ”

新学期に向けて!

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
卯の花が咲く季節がやってまいりました〜。

さて、
WOODSTOCKはいそいそと職員総出で、
次年度の準備を進めています。

春の気持ち良過ぎる陽気にさそわれて・・
デッキで仕事をするお茶目な職員達も・・。
ここはカルフォルニアか?
なんてつっこみたくなる今日この頃ですが、
今月もどうぞ宜しくお願いします!


中国語教室は4月15日(火曜)が初回となりますが、
絵画や中国語教室などの課外授業は今週から動き出しています。

プリスクールも来週には新入生が登場!
在園生の始業式も9日に迫っています〜。
アフタースクールやベビースクールも今週から
通常運営です。
お間違いのないようお願い致しますね^ < ^

話は変わりますが、
最近私が気になったニュース。

「32年間続いたいいともがいよいよ最終回を・・」

もちろんこれも気になっていましたが、

一番気になったのは、

「ドワンゴ(ニコ動の会社)が2015年の入社試験から有料制度に切り替え」

というものです。

Dwangoのホームページには・・こうあります。

「ドワンゴグループでは、2015年新卒採用において、ご受験の際に2525円を受験料としていただきます。ただし、地方在住のかたは受験料は免除いたします。お支払いいただいた受験料は全額、寄付を致します。」



ここでは詳細については述べませんが、

ドワンゴグループ会長の川上さんの真意としては、

「大量の廃人を生み出す現在の日本の就活にメスを」

というところでしょうか。

100社にエントリーしてその全てに落ちる学生がごろごろいる。

その背景には・・

学生のエントリー数が増えると企業からの広告費を獲得する交渉が有利に
なるというような、リクナビに代表される「就職斡旋業社」による

「エントリー煽り」

などが見え隠れ。

社会問題に一石を投じる英断だと私は感じましたが、

これに対して噛み付いたのは「厚生省」。

職業安定法をもちだして中止を求めました。

ドワンゴサイドは、

「受験料が職安法でいう報酬に当たるかどうか、厚生省内でも意見が分かれているようですが・・」と指摘。

結局この日は物別れに終わったようですが、

今後の展開から目が離せません。

もちろん、
採用をめぐる学生と企業のコスト負担のあり方の議論も必要ですが、
このニュースを機に、

「日本の就活」

がメディアにもっと取り上げられ、

現状では「弱い立場に立たされている学生達の声」が

もっと世に出てくればいいなぁ、と感じています。

みなさんはどう思われますか?

それでは本日はこのあたりで。

本日も色々とありがとうございました。

明日もどうぞ宜しくお願い致します。















WOODSTOCK Oita Ja



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”新学期に向けて!”

特別講座の巻

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
春うらら真っ盛りの月曜日をいかがお過ごしでしょうか?
この季節は外を歩くだけでも気持ちがイイですね。

先日、「KKBOX」というナイスなアプリを見つけました。
ご存知ですか?
これですね、
「英語学習」に非常に効果的かも・・なんです。

基本的には、

「無料で好きな音楽を聴き放題!」

というアプリなのですが、

「いいなぁ」

と思ったのは、

好みの曲をピックアップして、
それを聴きながら、
カラオケのように、
「歌詞」を目で追えるんです。

全曲に対応しているわけではないようですが、
リラックスしながらの英語学習にはもってこい!だと。

個人的にはオススメです。

良かったらググってみて下さいね ^ ^

さて、
WOODSTOCKは春休み真っ只中ですが、
本日より、
昨年度以前にプリスクールを卒園した子供達の為のプログラム、

「春休み特別プログラム2014'」

がスタートしています。

こちらのテーマは、

「Children will research and present about their chosen topic on the last day.」

ということで、

最終日には「プレゼン」が待っています。

ちびっ子版TED Talks・・今から楽しみです。

生徒諸君は心して取り組んでいきましょう!

なお、このプレゼン内容はまたおってレポートさせて頂く予定で〜す。

どうぞお楽しみに!

しかしあれですねぇ・・。

子供達がこうして「学んでいる」様子を見ていると、

やはりいい意味で刺激を受けます。

日々の作業をこなすだけの毎日にならぬよう、
私たち「オトナ」も新しい事を学び、吸収していきたいですね。

私も子供たちに負けないよう頑張ろっと(^<^)/☆

それでは本日もこのあたりで。

明日もどうぞ宜しくお願いします!






WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”特別講座の巻”

進級!

テーマ: つぶやき3







こんばんは!
いつもお世話になります。

大分も明日から天気が崩れるとかそうでないとか。
空色の移り変わりを楽しむくらいの余裕が欲しい、
そんな3月の中旬ですね。

去る3月を充実した一月にする為にも、
しっかり今週後半も噛み締めながら生活していきましょう。

今日は、

WOODSTOCKの各コースについてのご案内です。

☆ベイビースクールの保護者様方へ

今年度最後のレッスンが本日をもって終了しました。
一年間お子さんたちと一緒になって参加して下さる
保護者様方のおかげで楽しく、また賑やかな時間になりました。
本当にありがとうございます。

プリスクールに上がられる方は4月8日の入園式でお会いしましょう。
0歳児さんで次年度も引き続きベイビースクールに遊びに来て下さる親子さんは
4月2日が次年度初回レッスン日です。宜しくお願いします。

☆プリスクールの保護者様方へ

今年度の登園日ものこり2日あまりとなりました。
24日には終業式が執り行われます。
それにともなって、
連絡帳は本日で終了です。
たくさんの作品と共に持ち帰りますので
どうぞお楽しみに〜^ ^
また、
24日はバスは通常運行ですが、
延長保育はございません。
ご確認下さいますようお願いします。
25日から始まるスプリングスクールも
盛り上がりましょうね〜!

☆アフタースクールの保護者様方へ

今期のレッスンも今週で終了です。
この1年、
子供達の笑顔を支えて下さったのは、
お忙しい中送り迎えをして下さった保護者様方です。
心から感謝申し上げます。
また、
次年度からは「カランコース」もスタートします。
新しい取り組みを交えながら、
「WOODSTOCKに預けて良かった。」
というお声をゴールに、
4月からも進化を効果的に続けていきます。
初回レッスンは、それぞれ4月の第一週からです。
お間違いのないようお願いします。


それでは今夜はこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”進級!”

「ゼロ」から「1」を。

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
いつもお世話になります。

今日は気持ちのいい一日でしたね。
桜の開花ももう間近、という感じでしょうか?
今週もどうぞ宜しくお願い致します!!

さて、
今日のBlogは「ゼロから1を」がテーマです。
良かったらおつきあい下さい。

突然ですが・・・

私が中学校や高校に通っていた頃、
主流とされたいた「授業スタイル」は、
今では「死んだ授業」と呼ばれるようになりました。

当時まだそうでもなかったのですが、
知識や情報の確認テストでいくら良い点数をとっても、
今の時代にはほとんど無意味です。

この20年で「教育界の常識」も大きく変わりました。

感じの読み書きなどに代表される「検定」が典型で、
「ネットで検索すれば答えがすぐに得られるようなモノ」の価値は今後ゼロに近づいていくでしょう。

「誰にでも出来ること」には価値はありません。
ということは、
「誰にでも出来ることしかできない人材」は、
将来的には買い叩かれる運命にあります。

だから、
今の大学などの「学校」には
「思考力」や「想像力」、「洞察力」などを育む形や授業が
求められるわけです。

ちなみに、
今の日本の高校や大学などで行われているような、
一方通行の授業スタイルは、
中世に、
イタリア・ボローニャ大学で発明されたようです。

これが、
時代の移り変わりとともに、
かの有名なサンデル教授がハーバード大学で行っているような、
「ソクラテス・メソッド」へと形を変え始めています。

つまり、
上の立場の人間の考えをトップダウンで押し付けることでも、
ウキペディアで調べればすぐに見つかるレベルの正解を詰め込むことでもなく、
相手から思考力や洞察力、想像力を「引き出す」という、
教育本来の姿に向かっているのです。

これからの社会人に求められるもの、
それは、

「ゼロ」から「1」を生み出せる人材です。

こういったところを意識して、
WOODSTOCKの保育内容も進化させて行きたいと思います。

それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願いします。






WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「ゼロ」から「1」を。”

卒園式

テーマ: つぶやき3







みなさんこんにちは!
いつもお世話になります。

今日2014年3月14日、
9人の年長さんがめでたくWOODSTOCKを卒園していきました。


式が終わったばかりですので、
まだぼんやりとしていますが、
来週の月曜日に誰にも使われることのない
年長さんの下駄箱を見てはじめて彼らが巣立ってしまったことを実感するのでしょう。

まだ歩くこともままならなかった小さな子供たちが、
知らない先生や、外国籍の職員、また新しいお友達との
新しい第一歩を踏み出したのが今から3年、4年前。

あっという間に成長した9人は、
素晴らしいスピーチとさわやかな笑顔を残して次のステージに
向けて歩き始めました。

時が経つのは本当に早いものですね。
どうりで私も歳をとるわけです。

今はとにかく寂しいばっかりですが、
気持ちを切り替えて、
次週を迎えたいと思います。

先生たちがゴスペルにのせた気持ちが少しでも届いたようであれば
とても嬉しいです。

それでは・・

本日は本当に本当にご卒園おめでとうございます。
保護者様につきましても誠におめでとうございます。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”卒園式”

ひな祭りで英会話!

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
2014年3月の開幕です〜!
今月も宜しくお願いします。

さて、今日のブログは、


「ひな祭りを題材に英会話!」

というような趣向でススメていこうと思います。
お時間がある方はどうぞお付き合いください。



→T/KとT/Chrisがひな祭りについて話をしている、という設定です。



☆K and Chris are talking about the Doll’s Festival.

K: We have the Doll’s Festival on 3rd of March.

Chris: What is the Doll’s Festival?

K: It’s the traditional Japanese festival held to wish girls both health and growth.This family event originally began in the Edo era.And it’s also known as the Girl’s festival.

Chris: What do you usually do on the Doll’s Festival?

K: We set up dolls.And we have a party and eat chirashi-zushi and Hina-arare.

Chris: What are they?

K: Chirashi-zushi is unrolled sushi with pieces of raw fish, vegetables and thin strips of egg.Hina-arare is grilled bits of rice cake for the Doll’s Festifal.

Chris: Sounds delicious!

K: And there’s also a “Hina-matsuri” day song that everyone sings.

Chris:Wow,interesting~


訳文です!


T/K and T/Chris are talking about the Doll’s Festival.
ケイ先生とクリス先生がひな祭りについて話をしています。

K: We have the Doll’s Festival on 3rd of March.
   3月3日にひな祭りがあるの。

Chris: What is the Doll’s Festival?
   ひな祭りって何ですか?

K: It’s the traditional Japanese festival held to wish girls both health and growth.
   女の子の健康と成長を祈って行われる伝統的な日本のお祭りよ。
   This family event originally began in the Edo era.
   この家族的行事は江戸時代に始まったの。
   And it’s also known as the Girl’s festival.
   それから、「女の子のお祭り」としても知られているわ。

Chris: What do you usually do on the Doll’s Festival?
   ひな祭りにはいつも何をするんですか

K: We set up dolls.
   お人形を飾るわ。
   And we have a party and eat chirashi-zushi and Hina-arare.
   それから、パーティーを開いて、ちらし寿司やひなあられを食べるの。

Chris: What are they?
   それって何ですか?

K: Chirashi-zushi is unrolled sushi with pieces of raw fish, vegetables and thin strips of egg.
   ちらし寿司は生魚の切り身や野菜、卵の薄切りの入った巻いていないすしのこと。
   Hina-arare is grilled bits of rice cake for the Doll’s Festifal.
   ひなあられはひな祭りのための餅を砕いたものを焼いたものよ。

Chris: Sounds delicious!
   美味しそう!

K: And there’s also a “Hina-matsuri” day song that everyone sings.
 それから誰でもが歌う「ひな祭り」の日のための歌もあるの。

Chris:Wow,interesting~
とっても興味深い習慣ですね〜。

★今日のワンポイント★

the Doll’s Festival:「ひな祭り」the Girl’s festivalとも言います。
traditional:伝統的な
originally:「もとは」「元来」というような感じでしょうか。
era:「時代」上級者でも意外に知らなかったりする単語?
known as:「?として知られている」
set up:(像などを)立てる、据える
unrolled:巻かれていない、開かれた
raw:生の
thin:薄い
rice cake:餅

☆Tweet☆

たまにはこんな感じのブログもいかがでしょうか?
季節を感じ、イベントを楽しみながら英会話をエンジョイしましょうね〜!

では、また明日お会い致しましょう。本日もありがとうございました。

See you then



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ひな祭りで英会話!”

カラン始動!

テーマ: つぶやき3







こんばんは!
いつもお世話になります。

今日は次年度から満を待して登場する、
新設コース及び新設クラスのことを少々。

良かったらお付き合い下さい。

題して。。。

カランコース新設。

「英語反射力」を鍛えよう!

です(^<^)/

新年度より、
イギリスから導入した新しいメソッドの為のクラスを新設します。

英語もバッチリ!
保育面や小学校準備も万全!

そんなスクールのありたい姿、あるべき姿に向けて
開設されるプロジェクトです。

アフタースクールは木曜の5時からオープン!
(この春卒園予定の子供達は火曜日と組み合わせて頂いても結構です。)

プリスクールでは、
メソッドが効果的に機能するように、
カランレッスンの際にはクラスを2つのグループに分ける予定です。

週間でのレッスン頻度は現在試行錯誤中です。
今しばらくお待ち下さい。

それでは、
ここからは少しばかり「カランとは?」のお話です。


WOODSTOCKカランメソッドは、
「4倍の会話量」&「反復練習」で日本人の苦手な英語のリスニング力とスピーキング力を伸ばす為のコースです。

「CALLAN METHOD」は英語の「インプット」と「アウトプット」をつなぐ、「橋」として非常に有効な学習方法です。

日本ではようやく最近、オンライン英会話の興隆とともに注目されるようになってきましたが、実は今から50年以上も前にイギリス人のESL教師が考案し、世界中で採用され実績を築いてきました。

ただ、
いろいろな日本の教育スタイルの制約や、
指導に当たる人材の問題などが理由で
対面型の、
しかも「子供向けの英語施設」には取り入れられてきませんでした。

我々も、
「しよう!」
と決めてから随分と月日が流れました。

準備や研修に時間が・・。

ですが、ようやくです。

お待たせしました!という気持ちでいっぱいです。

レッスンスタイルは、講師が次々と投げかける英語の質問に、瞬時に答える繰り返しが基本です。
スピードが要求されるため、初めはなかなかうまく答えられません。
ただ、先生について答えの分を口にし、何度も練習していくうちに、まず
「聞く力」が伸びていきます。

また、レッスンのたびに嫌というほどたっぷり英語を話すので、
はじめはもごもごしてしまいがちな口が、
だんだん思った通りに動いてくれるようになり、
スピードに慣れてくるにつれ、
耳から入った英語を訳さず理解し、
反応できるようにもなっていきます。
つまり「話す力」が伸びるのです。

レッスンというより、ドリル(訓練)という呼び方しっくりくる指導方法ですが、生徒に豊富な「気づき」の機会を与える点でも優れています。

カランのレッスンでは、間違った発音も文法状のミスも一切みのがされることはなく、
その場ですぐに講師が指摘し、
練習させて直させます。

ですので、この子は主語と動詞の一致を間違いやすい、
あの子は◯◯というフレーズを使うのが苦手など、
どの生徒が何ができて何がどの程度できないか、
その都度実に細かくはっきりと分かります。

反復練習が主体のレッスンですので、英語そのものを口にすることを恥ずかしがったり、ミスをすることを恐れたり、外国人と言葉を交わすことに気後れしたりせず、自然体で取り組めます。

この点では、
小学校に上がり、

「あれ?周りの友達はみんな日本語でしか話さないなぁ。」

なんていうことなどがきっかけで、
英語を口にすることが恥ずかしくなる、
そんな時期にさしかかる小学生たちにも効果的でしょう。

なにぶん、
日本の対面型の教室でこのカラン導入に踏み切った施設は
WOODSTOCKを含めてたったの3校・・。

今後は担当職員を英国のカランスクールに短期留学させ、
指導スキルの精度を上げ続けていく予定です。

お楽しみに〜!
間も無く、ようやくスタートです!!

ちょっと興奮気味に、
今夜のブログを終えようと思います。

本日もありがとうございました。。
明日もどうぞよろしくお願い致します。




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”カラン始動!”

体調管理

テーマ: つぶやき3




こんばんは〜。
2月最後の週が明けました。
今週もどうぞ宜しくお願いします。

本日のブログのテーマは「体調管理」です。

良かったらお付き合い下さいね。

さて。。。

総理大臣がアメリカ大統領との会談を風邪でキャンセルする。
上場企業の社長が株主総会を体調不良で欠席する。
長寿番組の名司会者がインフルエンザで休む。

このようなことは滅多にありません。
あまり聞きませんよね。
どうしてでしょう?
何故でしょう?
同じ人間なのに・・。

身体には当然日々、調子の良し悪しがあるわけですが、
責任ある仕事をしている人、
たくさんの方から期待され結果を出し続けている人などは、
「体調管理」を本当の意味でしっかりされているそうです。

よく言われる、
「ビジネスパーソンとして日頃から気をつけるべき基本的な健康管理」を
整理してみました。

1:十分な睡眠をとる。
2:朝ごはんをしっかりとる。
3:適度な運動を心がける。
4:手洗い・うがいを怠らない。
5:予防接種を受ける。
6:定期健康診断を受ける。
7:マスク着用など、周囲にも配慮する。

睡眠や適度な運動、朝食の大切さなどは四半世紀以上も前から
言われている健康管理の基本ですよね。
そして、
4から7までは、
もちろん自分自身の体調管理の為というのもそうですが、
実は巡り巡って周囲への配慮にもつながります。

当たり前のことを言うようですが、
勉強も学校も仕事も人生も、
健康あってこそです。

毎日の生活習慣を見直し、
「惰性の怖さ」を認識しながら、
明日からも毎日を楽しみましょう!

あ・・・

この話は、
当然ですが、
朝起きが苦手なそこの君に向けて
タイプしています。

お寝坊せずに、
8時55分までには登園しましょうね(^<^)/~

園生活を通して
無遅刻・無欠勤を続けられる健康管理術を習得するのも
大事な大事なミッションですから〜。

本日もこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日2月25日火曜日もどうぞ宜しくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”体調管理”

ネイティブ脳

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。

「世界に羽ばたくネイティブ脳を育てよう!」

2013年の夏に開催され、
大好評と世間を沸かした「ネイティブ脳ワークショップ」をご存知でしょうか?

キャリアはグローバルな視点で考えることができる時代!
語学の壁をクリアすることによって、
私たちの将来の可能性はぐっと広がっていくわけですが、

このワークショップの魅力は

「英語のその先にあるキャリア」を見据えたプログラムを体験できるところです。

このプログラムのポイントは3つ。

1:MIT公認で、非ネイティブの根本的な英語力向上が期待されることを認められて実施されるメソッドであること。
2:インターネットなどから無料で取得可能な素材を教材として活用し、「今後独力でも海外進学・留学を狙えるレベルを目指せる筋道」を提示してくれます。
3:講義パートはネット上に設置されています。その為、自分のペースで受講が可能。教室では受講仲間とのワークショップに集中出来ます。

「数日からなる教室でのワークショップ+ネット上での講義=ネイティブ脳プロジェクト」

なわけですが、
今のところ、
参加対象は高校生、大学生となっています。

ただ、
間違いなく、
こういった「実践型英語ブートキャンプ」のような取り組みは
日本全国で広がりを見せるはずです。

「英語を学ぶのではなく、英語で考え、勉強や仕事をする方法を学ぶ為の方法論を習得する」
「聞くだけ、問題を解くだけの授業ではなく、ゲームや創作ワークなどのアウトプットを重視」
「プログラム終了後も独学で続けられるよう、インターネット上の上質で無料の教材を使用」

というような、
「根本的な解決につながる具体的なプログラム」が魅力です。

ということで、
次回のこのブートキャンプにWOODSTOCKの子供達が無理やり食い込めるよう、
ただいま交渉中です。

また報告させて頂きますね。
それでは。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。





WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ネイティブ脳”

カーンアカデミー

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
嬉しいことや、
イイ事が続いた時。
どうされますか?
私は積極的に小さな「負け」を拾いに出かけます。
また皆さんのお話しも聞かせて下さい。

4月より、
新入園児さんを含めて25人程(もう少し増えるかも?)の
新しいお友達がWOODSTOCKに仲間入りします。
他県、県内のプリスクールからの編入生さんも合流。
園舎がもう一つ・・いる??
とにかく、
切磋琢磨しながら盛り上がっていきましょう!

友達こそ、人生の宝です。

熱烈な歓迎モードでお出迎えしましょうね!。

さて、
今日は、
学校教育について。

お時間があればお付き合い下さい。

「日本の発展と競争力を支えてきたのはその高い教育水準にあり、それは日本の国力の最後のよりどころでもある。」

と、一昔前から言われていますが、

しかし、
この「優位性」も、近い将来、崩れるのかもしれない・・。

こんな話を進めます。

「カーンアカデミー」をご存知でしょうか?

インド人とバングラディシュ人を両親に持ち、ルイジアナ州で育ったサルマン・カーン氏が、
2006年に設立した、世界最大級の教育プラットフォームのことです。

従兄弟に数学を教えるためにYoutubeに投稿したビデオが、思わぬ反響を呼び起こしたことが設立のきっかけのようです。

「ネットを通し、高水準の教育を、無償で誰にでも、どこででも受けられるようにする」というサルマン氏の理念は、多くの賛同者を集めました。

基本となるソフトウェア技術を二つの意味でフリー、すなわち無償かつ自由に配布するというGNUのポリシーは、
今日のインターネットの興隆をもたらした中心思想ですが、
その思想が、ソフトウェアにおいてより、さらに重要な役割を果たすのが教育の分野です。
カーンアカデミーはそれを実現しました。

アカデミーにはすでに2500本以上の教育ビデオが登録されており、日々その数は増えています。
初等教育から大学レベルの講義まで、数学、物理、生化学から美術史、経済学、ファイナンスまで、内容は多岐に渡っています。
直ぐに登録出来ますし、
簡単に授業にも参加出来ますのでぜひお試しあれ。

「空・雨・傘」でいきましょう。

つまり、

ネットにつながり、英語さえ読み聴きできれば、世界最高水準の教育がどこの国民にも等しく享受できる時代がやってきたのです。
日本の高い教育水準は、教育に対する高いモチベーションと整った教育インフラによって支えられてきましたが・・。

このアカデミーの登場により、教育インフラに関しても、絶対的水準はともかく、その相対的優位性が失われていくことは確実です。

分水嶺ですね。

教育機会に関して、日本が世界最貧国と同じスタートラインに立たされる日はそう遠くはありませんし、
むしろ、英語に関してハンディを負う日本国民は、スタートラインのより後方に立たされているのかもしれません。

だからといって、
こうした学習の機会を失わないように、
「英語バカ」になれ!
ということを主張している訳ではありませんので誤解のないよう・・。

そうではなくて、
「オトナ」が「コドモ」に傘を用意する為にも、
(カーンアカデミーのような次世代のプラットフォームを雨とします。)

「今子供たちがしていることが、発言している内容が、
自分(親)が幼少期にしていた習い事や遊び方と変わらないのであれば、
これをまずいのでは?これでいいのか?と捉える発想力」

が必要になるでしょう。

みなさんはどう思われますか?

それでは、本日もこのあたりで。
今日も1日いろいろとありがとうございました。
ママ、パパ、ご家族の皆さん、
発表会の衣装つくり、
お忙しい中本当にありがとうございました。

明日もどうぞ宜しくお願いします。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”カーンアカデミー”

マリアナ・グランデ

テーマ: つぶやき3




こんばんは!
いつもお世話になります。
オリンピックが開催されているソチの寒気でも
流れ込んできたかのような寒さに襲われている日本列島。
そんな中迎えるホットな週末ですが、皆様いかがお過ごしですか?

2月7日金曜のブログスタートです。

デビューアルバム「Yours Truly」でビルボード200を沸かせた
イタリア系アメリカ人、マリアナ・グランデ(20)さんをご存知ですか?
ネクスト・マライアと呼び名の高い新星歌姫の彼女が、
今朝の「ZIP(日テレ系情報エンターテイメントTV番組)」の中で
きゃりーぱみゅぱみゅさんと対談をされていました。

その中で彼女が日本のポップスター、きゃりーさんの姿勢やPVについて、

「かわいい(Kawaii)」と称賛の言葉を投げた後、

「(具体的には)彼女はリスクテーカーです。
リスクをとって他の人と違うことをしている彼女の姿勢やスタイルをクールだと思います。素晴らしい!」

と言及していました。

この「リスクをとれる人って素敵」という発想は我々アジア人にとってはちょっと新鮮ですよね。

あまり知られていませんが、
そもそも日本人は「リスクテーカー」でした。
地理的にみて、アジア全体の中での日本の位置は、
アメリカにおける西海岸、つまりフロンティアです。
この新天地、最前線の地で経済学的にみても、
狩猟や漁業と比べて圧倒的に投機的な「稲作」を
展開したのが我々の先祖でした。

その昔、日本人のような農耕民族は、リスクをとりにいくことを嫌うから、
狩猟民族にビジネスでかなわないのだ、と言われていました。

ただ、これは誤りです。
広大な大地に種もみを播き、
それが半年後に実りをもたらしてくれるかどうか、
確実なことは事前には分からない。
日照りが続いたり、悪天候におそわれたら・・。
全ての「投資」が無駄になるわけです。
そのかわりにうまくいけば、
半年後には播いた籾の何百倍、何千倍もの収穫が得られる可能性があるわけです。

こういった農耕のスタイルに挑んだのが、
昔の日本人だったのです。
どうやら勇敢なリスクテイカーが集まる国、
これが以前のクールJAPANだったようですよ。


さすが次世代歌姫。
いいこといいますねぇ。

ということで、
今日のブログ「あのきゃりーぱみゅぱみゅは、実はリスクテイクの体現者だった」は、このあたりで終演とさせて頂きます。

リスクをとることをちっとも恐れないWOODSTOCKの子供たちが、
このまま勇敢なオトナになってくれることを期待しながら、
週末に入りたいと思います。

今週もいろいろとありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願いします。

追記;明日2月8日は英語検定日です。お忘れなく(^o^)/






















WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”マリアナ・グランデ”

恥はかき捨て、旅中でなくとも。

テーマ: つぶやき3










こんにちは!
いつもお世話になります。

先日、ある保護者様から、

「子供の送り迎えの際に、主人がもう少し先生たちと話したいのだけれど、
なかなか適当な英語が出て来なくて、と漏らしていて。」

というお話を頂戴しました。

もっとつっこんだ会話をしたいのに。
日頃の感謝の気持ちの一つも伝えたいのに。
文句の一つも直接伝えてみたいのに。
子供の様子も直接聞いてみたい。
せっかく毎日のように送り迎えしているのになんだかもったいない。

皆さんもこんな感想をもたれたりしたことがあるのではないでしょうか?

継続的に勉強をすることも大切ですが、
今日は、
基本的な英語に対しての、
また、
外国籍の人たちと会話をする際の「コツ」を紹介しますね。

まず、

1:間違ったらどうしよう。発音は大丈夫だろうか?きちんと伝わるだろうか?という考え方をきっぱり捨てる!

仮に、日本語を母国語としない外国籍の人が間違った日本語を使っていても、
笑ったり、ましてやバカにしたりはしないですよね?
それどころか、「日本にたいして興味を持ってくれているんだなぁ」という好印象すら受けるのではないでしょうか?
また、中国等のアジア圏の人々が話している英語のボキャブラリーや発音は
ネイティブスピーカーのそれと比べると、
語彙は少なく、発音も国によって非常に独特です。
ただし、彼らはとても自信たっぷりに話します。
この「態度」や「姿勢」が日本人にも必要なんです。

次に、

2:英語という言語の特性ですが、小さな声では伝わりにくい為、口を大きく開けて普段よりも少しだけ大きな声で話すという意識をもちましょう!

これもシンプルな具体策ですが、非常に効果的です。あれ?今日はなんだかよく伝わっている感じが・・という感覚を味わってください。
また、余裕が出てきたら、ジェスチャーや顔の表情にも気を配りましょう。
これだけで、随分と伝わり方が変わってきますよ。

最後に、たくさんの保護者様から頂戴する英語についての質問でもっとも多かったフレーズを紹介して今日のブログは終わりたいと思います。


「先生、ウチの子を宜しくお願い致します。」

これを英語で表現すると、

「We leave him in your hands. Please take care of him.」

となります。

直ぐに使える表現です。
何かの機会に使ってみて下さいね。

それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”恥はかき捨て、旅中でなくとも。”

「後伸び」

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
最近、学生時代に学んで以来、
ほったらかしになっていた「中国語学習」を
リスタートして、
何となく気分がいい今日この頃です。
皆さんはいかがお過ごしですか?

今日のブログテーマは「後伸び」です。
良かったらお付き合いください。

元マッキンゼーコンサルタントで産婦人科医師の富坂美織さんがこう言っています。

日本人の英語は「後伸び」する

コンサル時代に、
グローバル企業など、非英語圏のクライアントと英語で電話会議をしたり、
ハーバードで公衆衛生(public health)について英語で学んだりと、
自由に英語を使いこなしますが、
そんな彼女にも当然「英語が話せなかった頃」は存在するわけです。

その時彼女は・・

どうせしなければならないなら、と
「使えない」と言われている日本の教科書と前向きに向き合い、
まずは基礎をマスター。

ただし、
「聞き取る力」は学校の授業では身につかないと判断をして、
自ら「聞く環境」を用意、実践。

??CNN(アメリカのケーブルテレビ向け放送局)をひたすら聞く。
??観たい映画はとにかく英語音声で。

そして、
「知識はあっても実践で慣れないと思うように言葉は出ない」
ことに気付いた彼女は、

大学入学後(ここでいう大学は順天堂大学)、
横浜港で英語ガイドのボランティアをしたり、
レセプションの場で船長の通訳を買って出たりと、

とにかく「現場体験」を積み重ねたそうです。

なんでもそうですが、
自分でエンジンかけた人がやはり最後は強いわけで。

誰に言われるわけでもなく、
むしろ「君がしていることは理化学研究を愚弄している」、
とまで言われても、
「あと一日だけ」を積み重ねてとうとう万能細胞を作ってしまった
小保方晴子さんも、
きっと相当ハイ性能なエンジンフル回転自己発電スイッチを持っているはず・・

なんてことを思う金曜の夕方です。

英語学習を続けながら、
エンジンのかけ方スキルもアップさせていきたいですね。

気付けば来週からは2月。
新たな気持ちで臨みたいと思います。

今週も皆さんありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願い致します。
どうぞハッピーな週末をお過ごし下さい。










WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”「後伸び」”

TOEIC採用・導入企業

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
いつもお世話になります。
週明けの月曜を満喫されていますか?
巷で火がつきつつある「脱出ゲーム」なるものに
興味津々の今日この頃です。

さて、
本日のブログのテーマは、
「TOEIC採用企業・団体」です。

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、
はじめにこのTOEICについて。

そもそも・・TOEIC(トーイック)とは・・・
Test of English for International Communicationの略称です。
「英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト」、
これがトーイックです。

次に特長ですが、

合否ではなくスコアで評価することは大きなフィーチュアでしょう。

TOEICテストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。
このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われ、
能力に変化がない限りスコアも一定に保たれている点も大きな特長です。
これによりTOEICテストで、受験者の現在の英語能力を正確に把握したり、
目標とするスコアを設定したりすることが可能になるのです。

また、
世界約150カ国で実施されているのも驚きです。
この点に注目すべきだと思いませんか?
実にグローバルスタンダードなテストなんです。

「パスポート」を見せた時に、
「これ何ですか?」
と言われることはありません。
ただ、
日本の英検の結果を見せても
「そのテストは何ですか?」
と言われてしまう可能性は非常に高いと言えるでしょう。

そして、
TOEICテストは和文英訳、英文和訳などの技術ではなく、
身近な内容からビジネスまで幅広くどれだけ英語でコミュニケーションできるかということを測ります。

実践的ですよね。

だから・・

TOEICテストは、世界各国のさまざまな企業、学校、団体で、
さまざまな用途・目的で幅広く活用されているわけです。

以下は受験者数です。

世界 年間約700万人が受験・150カ国で実施(TOEICプログラム全体・2012年)
日本 年間230.4万人が受験(2012年度)


企業、官公庁、学校等で2012年度に約3,200団体が採用。
それに、企業における活用や新入社員の英語能力測定、昇進・昇格の要件に、
学校における活用も少しずつですが始まっています。
センター試験が今年も終わりましたが、
大学推薦入試基準としてもTOEICが導入されました。

ですから、
WOODSTOCKの子供達にも
TOEICを積極的に受験してもらいたいと思います。
(カリキュラムの消化具合や年齢によっては受験が難しい場合がございます。その他、ご不明な点がありました職員まで)

話を元に戻しますね。

以下が、
TOEIC採用企業・団体です。

「建設」鹿島建設
「食品」味の素・ネスレ
「機械」クボタ・小松製作所
「薬品」武田薬品
「精密機械」キャノン・IBM
「車両」トヨタ・日産・HONDA
「政府機関」海上自衛隊・外務省・経済産業省
「電機」シャープ・ソニー日立製作所・富士通
「商社」伊藤忠・三井物産
「マスメディア」電通・博報堂
「金融」三菱東京UFJ・みずほ
「石油」出光興産
「その他製造」任天堂
「繊維・紙」旭化成・東レ
「窯業」TOTO
「サービス」HIS・リクルート・野村総合研究所・UNIQLO

などなど。
ほんの一部ですが。

民間企業が変わり始めました。
その結果、
日本の大学教育も大きく変質しようとしています。
よりグローバルに。
より世界標準に。

誤解のないように、念のため言及しますが、
英検をダメ、CASECは無意味だ、
ということを言っているわけではありません。

テストの入り口としては有効ですし、
学習動機のモチベーションとしても非常に効果的です。

ただ、英検で止まらずに、
TOEICのような世界標準のテストも視野に入れ、
そして積極的に挑戦していって欲しいと思います。

ちなみに・・
2013年1月に国際コミュニケーション協会が
国内上場企業3254社の人事部に対して行った実態調査によると・・
企業が「新入社員採用時」に期待したい
TOEICスコアの基準平均値は565点でした。

まずはここをラインに子供達はせっせと積み上げたらいいのでは?
そんなことを思う今日この頃です。

それでは本日のブログもこのあたりで。

今日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。










WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”TOEIC採用・導入企業”

アジアの中の日本

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
気付けば1月も残り10日。
1日1日をしっかり楽しんでいきたいですね。

さて、今日のブログテーマは、

「高まりをみせるグローバル人材採用熱」です。

ここ数年、
「外国籍の人材を採用したい!」
と考える日本企業が増加の一途です。

新聞やニュースでもあつかわれるホットな話題ですよね、

実際、
就職情報会社のディスコの調査によると、
外国人留学生を採用する意向のある企業は
前年を上回り、日本に本籍を置く全会社のほぼ四分の一に達したようです。

では、
どうして企業は外国籍の人材を採用したがるのでしょう?
どうやら、ざっくりと言ってしまうと、

以下の「4つの理由」があるようです。



(1)優秀な人材の獲得
(2)アジア市場向け人材の獲得
(3)観光客向けの人材の獲得
(4)ダイバーシティ人材の獲得

まず、(1)の「国籍を問わず、とにかく優秀な人材が欲しい!」
というニーズですが、
会社によっては「日本人よりもモチベーションやスキルが高い中国人やインドの人材を採用する」という流れも出てきているようです。

国内でもはっきりと外国籍の人材の頭脳を求める動きが強まり、
これからの世代は世界中のエリートたちと限られた枠を巡って競争する時代を闘い抜いていくことが必要になっていくでしょう。

2番目の「アジア市場向け人材の獲得」ですが、
要はタイやミャンマーなどの新興市場開拓に向けた人材を確保したい、
というニーズです。
アジア圏に限らず、海外市場に製品・サービスを売るためには、
市場のニーズに合った開発・販売をして、
さらには現地の代理店や政府を上手に賢く活用できる人材が必要となるからです。

3つ目のニーズは観光客向けの人材の獲得です。
ここ数年、ホテルやデパートなどのサービス業でも外国籍社員のニーズは高まっているようです。
国内旅行を楽しむ日本人というパイは年々減少しています。
少子高齢化が進み、人口減に歯止めがきかないわけですから。
当然、むこう10年は中国等を中心とした外からの顧客に具体的なサービスの提供をしていかなければなりません。

最後、4つ目はここ数年、頻繁に聞かれるようになった「ダイバーシティ」を重要視することからくるニーズです。
そもそもこのダイバーシティとは、
「異なる価値観を持つ人材が組織に入ることで、これまでとは違う発想やアイデア、イノベーションが生まれる」ことを狙った人事戦略ですが、
とどのつまり、
様々なバックグラウンドを持つ人材を採用することで、
日本人社員のグローバル化に対する意識を向上させるというメリットもありますし、
国内の企業が中国をはじめとする新興国に事業を展開する中では、
様々な国籍の人材を交えた多様性があり、ユニークなチームでプロジェクトを推進できるからです。

こうしたグローバル人材採用熱は上がり続けるでしょう。
10年後を想定した発想や準備を進めていきたいですね。


それでは週頭のブログもこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。





WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”アジアの中の日本”

試着会初日

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
いつもお世話になります。

今日はプリスクールコース次年度新入生さん達の
「園服試着会」が行われました。
ご足労頂いた保護者様、
寒い中わざわざありがとうございました。

第二回試着会は20日です。
参加予定の方はお間違えのないようお願いします。

それにしても、
もうそんな季節なのですね。

在園児さんたちの妹さんや弟さん。
たくさんの可愛らしい兄妹さんが合流します。

また一段と賑やかなWOODSTOCKになりそうです。
どうぞお手柔らかに(笑)。

彼らと迎える桜の頃が今から本当に楽しみです。


それでは、
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”試着会初日”

非ネイティブ同士

テーマ: つぶやき3




こんばんは!こんにちは!

いつもWOODSTOCKのスクールBLOGを
読んで下さってありがとうございます。

時間は有限。
人生はサイコロの振り直しなしの一度キリ。
であれば・・ということで、
これを読んでくださる方に、
少しでも有益な情報をお届け出来るように、
今年もしっかりとアンテナはって行こうと思います。
どうぞよろしくお願いします!

さて、
今日は「世界標準の英語」がテーマです。

以前にもとりあげたことがありますので、
ご存知の方も多いかとは思いますが、
ここでクイズです〜!

Q「世界一英語を話している国はどこでしょう〜?」


・・・・・・分かりますか?



ヒントは・・・綿花・・・だとか、ネール首相や・・

そうです、正解は「インド」です!


アメリカでは約2億人が英語を話しますが、
インドでは、この倍の4億人近くが英語を話します。
そして、これが10年後には倍になります。

今さら、繰り返し主張する必要もないほどに、
10年後の世界を席巻しているのは間違いなく
「インド英語」ということになるでしょう。

そして、時代を読み解くうえで大切なのは、
「だからどうなる?」という部分ですね。

結果から言ってしまうと、

世界中で学ばれる「英語」そのものが
簡単になっていく、ということです。

分かりますか?
伝わりますでしょうか?

今や英語の総人口20億人のうち、
17億人が非ネイティブです。

そのため、非ネイティブ同士が、
英語でコミュニケーションをとりやすいようにする為に、
これからの世代が学ぶ「英語」そのものが
はじめから「簡略化」されていくでしょう。

みなさんはどう思いますか?

事実、
これの具体的な流れの一つとして、
今TOKYO界隈で流行しているのが、

「グローバル・イングリッシュ(通称グロービッシュ)」

というやつです。

中身を見るとびっくりするのですが、
日本の学校で英語を学んできた私たちが見る限りでは、
ざっくり10倍はシンプルになっています。

関係者に話を聞く限り、

理由その1:発音は気にしない
理由その2:慣用表現は使わない(in order to、などのイディオムです)
理由その3:単語は1200もあれば十分(日本の大学受験には5000単語は必要ですが・・)
というような声が聞こえてきます。

つまり、非ネイティブ同士が使って分かり易い、
「道具としての英語」へと、英語自体が変化しているようです。

ここ日本では、
まだ「英語」はどこか「学問」として扱われています。

ただ、海の向こうではだんだんと状況が変わってきており、
国によっては、
英語を習うことは、
どこか「自動車教習所」で車の免許を取得することと同様の事として、
捉えられ始めているようです。
とても本質的で、効率的で、素敵な考え方だと私は思いますが、
みなさんはいかがですか?


確かに、TOEICで900点!と履歴書に書いてある方でも、
会話となるとからっきし、という方は少なくありません。

形にとらわれずに、本質的な学び方をしていきましょうね。

文科省指定の英語の教科書、私たち若手に改訂させてくれないかなぁ〜、
などと思う今日この頃です。

それでは、本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”非ネイティブ同士”

諸外国で進む多言語教育

テーマ: つぶやき3







こんにちは!
いつもお世話になります。

今日は「多言語教育」についてです。

現在、日本の外国語教育における必須科目は英語のみですが、
海外に目を向けると、
たとえば・・小学校から英語を「必須科目」としている韓国では、
中学校と高等学校の教育課程に第二外国語が
「制度」として位置づけられています。
ご存知でしたか?

また、ヨーロッパでも、
「複言語主義政策」が推進されており、
欧州評議会が2001年に発表した「ヨーロッパ言語共通参照枠組み(CEF)」(外国語学習者の能力評価における共通の基準)では、
母語以外に2言語を学ぶ「1+2言語政策」が提案され、話題となり、
そしてしっかりと各国で推進されています。
(このスピード感は日本が見習わなければいけないものですね)

このCEFでは、
母語以外の言語学習の目的を、
「ネイティブのように話せるようになること」ではなく、
「異文化体験やコミュニケーションの道具として使えるようになること」として位置づけていて、
複数の言語を使用して様々な国の人とのコミュニケーションを行うことを目指しているといえます。

ざっくりとお伝えすると、だいたいこのような感じで、
諸外国では多言語教育が進んでいます。

WOODSTOCKでも、
保護者様方から、

「スペイン語クラスは出来ないですか?」
「先生!フランス語をオンラインでして下さい。」

など、
たくさんのご提案を頂戴するようになりましたし、
放課後の課外クラスとして、
昨年から中国語教室もスタートしています。

日本の多言語教育も少しずつ前に進んで行くのかな?

リスクヘッジという視点からも、
球種は多い方がイイ、という観点からも
出来るに越したことはないですね。

みなさんはどうお考えですか?
またご意見を聞かせて下さい。

それでは、今週もこのあたりで。

新年最初の一週間、いろいろとありがとうございました。
連休明けの来週もどうぞよろしくお願いします。
ご家族やお友達と素敵な週末をお楽しみ下さい。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”諸外国で進む多言語教育”

脳内の語彙記憶の領域

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
いつもお世話になります。

先日のニュースで、
「日本におけるFacebookの利用者が急激に減少している・・。」
というトピックが扱われていました。
「流行」のサイクルが本当に短くなりましたね。
流行に敏感なことは悪いことだとは感じませんが、
「耐性の低下」が問題視される、
そんな時代がすぐそこにきているような気がする、
今日この頃です。

ザックバーグ氏の次の展開が気になりますね。

さて、本日のテーマは

「脳内の語彙記憶の領域」です。

東北大学名誉教授で言語脳科学の専門家である
佐藤滋氏がこんなことを仰っています。

「話す為の英語を身につけるためには、対面コミュニケーションによる実際の会話から学ぶことが重要です。」

誰でも思い当たる節があるかと思いますが、
学校時代に山ほど英単語を覚えても、
実際に話そうとするとなかなか出てこない経験は
どなたにでもあるのではないでしょうか?

言語脳科学のプロに言わせれば、

「文字で学習した単語」と「会話の中で学んだ外国語の単語」では、
脳内の語彙記憶の領域が異なるそうです。
(引き出しが違う、と解釈して良いかと思います。)
だから、文字で学んだ単語を会話で使おうとすると、
記憶内容の転送に時間がかかるようです。

話す為の言語は会話から習得する方が確実だということは、
経験的に知られてきましたが、
ここ数年で脳機能の研究からも明らかになったということです。
こうした「科学的にも立証されている事実」に
文科省が耳を傾け、
国内の学校における古びたテストを早急に変えて欲しいものです。

でなければ、

「英会話の重要性は認識しているが、実際に現段階の学校のテストでは文法が必要だから、そちらを優先しているんです。」

というような、パラドックス的被害者を生み続け、
日本人はいつまでたっても英会話が話せませ〜ん!

という冗談にもならない事態が続くこととなります。

さて、
本日のブログの最後でご紹介するのは、

「言語脳科学」から見た「話せる英語」習得のポイントです。

1:英語の発音に対応した調音器官をつくること
→たくさんの英語を話すことが唯一の方法。調音器官の訓練が脳の訓練につながり、やがて英語を処理する回路ができて話せるようになる。
2:英語を聞くだけではダメ
→実際に喋らないと、調音器官は訓練できない。脳の英語回路も発達しない。
3:話す英語は会話して学ぶ
→記憶内容の転送が速やかに行われ、覚えた言葉が使いやすくなる。
4:リアルタイムの対面コミュニケーション
→言語野のみならず、脳内の様々な場所が刺激され、学習成果の向上が期待される。


上記の4つのポイントは何も英語に限ったことではありません。
中国語やフランス語、スペイン語などを学ぶ際にも言えることです。
英語学習だけに時間や労力を費やすのではなく、
2つ目3つ目の言語にも目を向けたいですね。


何だか今夜はひどく冷えます。
こんな日はコタツを恋人にうたた寝でもしたいものです。

それでは、今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。











WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”脳内の語彙記憶の領域”

筋力トレーニング

テーマ: つぶやき3




こんにちは!
いつもお世話になります。

今日は「筋力」のお話です。

スポーツではどんな科目でも、技能の修練に加え、
その技能を最高レベルで発揮できる身体をつくる為の筋トレや、
走り込みといったトレーニングが欠かせませんよね。

外国語の習得も実は・・同じです。

その都度、いちいちという言い方でもいいですが、
日本語を介さずに英語が話せるようになるためには、
英語に対する「反射神経」や「瞬発力」を鍛えることが
重要なのです。

これを可能にするのが
「ナチュラルスピード」の英語のシャワーを、
ないしは「2倍速程度のシャワー」を浴び続ける、
そしてセンテンスで答え続ける、という方法、環境です。

新年度から新しい試みの矢が何本も飛び交う予定ですが、
この「筋力」に焦点を絞った新スタイルのレッスンもスタートします。

乞うご期待!です。

それでは本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”筋力トレーニング”

明日はカレー!

テーマ: つぶやき3

給食メンバーの皆さんにお知らせです。明日のランチメニューは『カレーライス』!マイスプーンをお忘れなく(^_−)−☆


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”明日はカレー!”

延長保育(ケアタイム)

テーマ: つぶやき3

先日からシステムが変更されたWOODSTOCKケアタイムについてのご質問を数多く頂戴しています。簡単に説明してしまうと・・

1: ケアタイム中も専属の外国籍職員が担当します。
2: クラフトや体育、絵本タイムなど、様々なアクティビティをご用意。

といういうな感じです。ご不明な点がありましたら職員まで!



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”延長保育(ケアタイム)”

リラックス

テーマ: つぶやき3

新入生の彼らが園での生活をスタートさせて今日で二日目。たくさんの涙を流しながら、それでも歯を食いしばって登園する子供たち。転園生を合わせて23人の新しい仲間が新たな環境にその身を投げ出しています。園をあげてバックアップしていきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”リラックス”

土と遊ぶ

テーマ: つぶやき3

決して十分な広さではありませんが、それでも園庭が出来たことでこれまでは見うけられなかった小さな変化があちらこちらで。土に触れ、風と戯れながら子供らしい伸びやかな時間を楽しんで欲しいと思います。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”土と遊ぶ”

科目制度

テーマ: つぶやき3

今年度よりWOODSTOCKインターナショナルプリスクールのレッスンは『科目制度』を基本として運営されます。それぞれの教科に関する責任の所在をはっきりとさせることで、より効果的にかつ楽しく英語を身につけられるように、という意図があります。ご不明な点がありましたら職員までお尋ね下さいね。よろしくお願い致します( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”科目制度”

お泊まり保育のおさらい

テーマ: つぶやき3

お泊まり保育要項
〜美しすぎるファンタジーバトル(副題)〜 カレー作り・木工クラフト他
※ 映画「オズ はじまりの戦い」の世界に子供達を誘います!

時間:15時〜
場所:スクール集合・スクール解散
服装:WOODSTOCK T-シャツ
持ち物:スプーン・フォーク・水筒・タオル・布団一式・パジャマ・歯ブラシセット・帽子

※お風呂を済ませてから集合して下さい。

尚、翌日は11時半解散です。よろしくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”お泊まり保育のおさらい”

こちらのチームも

テーマ: つぶやき3

映画トイストーリーチームも衣装合わせを行いました。たくさんの素敵な写真を撮りだめていますが、本番前ですので少しだけ。本番をどうぞ楽しみにされて下さいね( ´ ▽ ` )ノなおFacebookページにてお別れ会の予告動画をご覧頂けます。下記のURLからどうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=xdKJFQQ0yKs


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”こちらのチームも”

中国語クラス体験レッスン

テーマ: つぶやき3

年度末が近づいています。こちらの中国語クラスでも体験レッスン日を設ける予定です。中国語での指導になりますが、英語で補足もはいりますので気軽にのぞいて下さいね。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”中国語クラス体験レッスン”

Spring School'13

テーマ: つぶやき3

まだまだ寒い毎日が続きますが、早いもので来月にはWOODSTOCKスプリングスクールが行われます。お泊まり保育や親子登山、バスツアーにテーマパーク。たくさんの候補から厳選した、思い出に残る4日間をお届けしたいと思います( ´ ▽ ` )ノもうしばらくお待ち下さいね。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Spring School'13”

『やりぬく力』

テーマ: つぶやき3

『しつこい』
日本ではどちらかというとネガティブな意味合いで使われることが多い単語ですが、シリコンバレーでは賞賛をこめて投げかけられるボキャブラリーの一つである、という話を聞きました。
確かに、心の底から納得するまで食い下がり、己の力で解くことにこだわるしつこさは、多少の頭の良さなどはるかに凌駕します。
そして素晴らしいことに、子供たちは皆平等にこの『しつこさ』というある種の才能をもって生まれてきます。園としてスクールとして、どのようにして彼らのこの特筆すべきギフトを育んでいけるか?保護者様方と一緒に考えていきたいテーマがまた一つ見つかったような気がしています。本日もありがとうございました。明日もよろしくお願い致します。










WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”『やりぬく力』”

Thanksgiving Day'12

テーマ: つぶやき3

Thanksgiving Day'12が無事に終了しました。こうした他国の行事について学び、異文化についてふれられることもインターナショナルプリスクールならではですね。アメリカ人職員たちからは『お願いだから来年こそはターキーを食べさせて欲しい!』と懇願されました(笑)。次なるイベントは・・いよいよ『上棟・お餅投げ』ですよ!本日もありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ


-- iPadから送信

続きを読む”Thanksgiving Day'12”

好奇心

テーマ: つぶやき3

子供達は好奇心の塊です。本当に興味があるものに出会うとすべての神経を集中させて『何だろう?』と身を乗り出してきます。大切なのは安易に答えを提示しないこと。『どうしてだと思う?』『何故だろうね?』というように一緒に考える、という方向で接してあげたいですね。写真は『数の概念』についてのやりとりをしている様子です。


-- iPadから送信

続きを読む”好奇心”

空気を読む力

テーマ: つぶやき3

英語を身につけようと、子供たちの脳は無意識的にフル稼働しています。当然知らないボキャブラリーに毎日遭遇しているわけですが、その際に自然に培われている能力があるそうです。それが『空気を読む力』。表情や状況から使われている単語の意味を推し量るわけですので、頷ける気がしませんか?


-- iPadから送信

続きを読む”空気を読む力”

What are you making ??

テーマ: つぶやき3

『What are you making ?』こう尋ねられた彼らは・・『・・are making a doughnut !! 』と・・(笑)クリスマスリースですよ(^_−)−☆


-- iPadから送信

続きを読む”What are you making ??”

就学準備クラス!

テーマ: つぶやき3

今日は水曜日。毎週水曜日のランチタイム後に年長さんたちは就学準備レッスンに参加しています。『え』で始まる言葉は?の問いに『エコ』と記入するたいせいくん。感心感心*\(^o^)/*


-- iPadから送信

続きを読む”就学準備クラス!”

仮装の準備は?

テーマ: つぶやき3

いよいよ明日行われるベイビークラスのハロウィンパーティーを皮切りにWOODSTOCK Halloween Party'12がスタートします!今年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか?ちなみに・・シュガーちゃんの為に『被り物体験演習』を行ったところ・・・その時の様子はFBページにて( ̄▽ ̄)


-- iPadから送信

続きを読む”仮装の準備は?”

手のひら

テーマ: つぶやき3

子供たちの手のひらで踊るのは朝顔の種。来年の夏に思いを馳せながら大切そうに愛しそうにそして優しく包み込む彼らの表情がいつもより大人びて見えました。


-- iPadから送信

続きを読む”手のひら”

英語検定

テーマ: つぶやき3

先日から児童英検および英語検定のご案内をさせて頂いています。お申し込みはお済みでしょうか?申込書がお手元にない際は一声おかけ下さいね。


-- iPadから送信

続きを読む”英語検定”

10月6日

テーマ: つぶやき3

運動会本番まで残り数日。上手にコントロールして頂き心身のピークを本番にもっていきましょう!


-- iPadから送信

続きを読む”10月6日”

月間レポート

テーマ: つぶやき3

本日月間レポートを配布させて頂きました。お手元にない際にはお手数をおかけしますが一声おかけ下さいね( ´ ▽ ` )ノ 写真は準備運動に励む子供達の様子です。


-- iPadから送信

続きを読む”月間レポート”

参観日も無事に終了。

テーマ: つぶやき3

日々の成果を存分に表現でき喜びを爆発させる子。思うように発表につながらなかったと悔いる子。参観終了後の子供達の様子がとても印象的でした。『振り返る』という作業が出来るようになったという事実そのものが子供達の成長を裏付けているように思います。来年の参観日が楽しみになりました。


-- iPadから送信

続きを読む”参観日も無事に終了。”

いよいよ本番!

テーマ: つぶやき3

明日の参観日開始時刻の確認です。SugarBunniesは9時スタート。BusyBeesが10時半。WigglyPandas とFunkyMonkeysは12時半開始です。大変お手数をおかけしますが公共の交通機関をご利用下さいますようお願いします。


-- iPadから送信

続きを読む”いよいよ本番!”

行事が続きます!

テーマ: つぶやき3

いよいよ今週末は参観日ですね。来月6日はWOODSTOCKスポーツフェスタ!月末31日にはハロウィン。そして収穫祭と行事が続きますよ。みんなに体験させてあげたいイベントばかりです。盛り上がって行きましょう!


-- iPadから送信

続きを読む”行事が続きます!”

子育て支援課 監査日

テーマ: つぶやき3

本日は大分市子育て支援課の担当者さんによる監査の日でした。WOODSTOCKインターナショナルプリスクールが認可外保育施設として適切に運営されているか、ということをプロの視点からチェックして頂きました。その項目およそ80あまり。より良い環境を整えるべく邁進していきたいと思います。しかし・・認可外保育施設として認可されている・・日本語って難しいですねぇ。




-- iPadから送信

続きを読む”子育て支援課 監査日”

敬老の日

テーマ: つぶやき3

本日の連絡帳でもお知らせさせて頂きましたが、9月12日(水)は『敬老の日』をイベントとして楽しみたいと思います。月間レポートには記載出来ていませんでしたのでこちらでお伝えさせて下さい。


-- iPadから送信

続きを読む”敬老の日”

パートナーと一緒に

テーマ: つぶやき3

帰りの会に臨む子供達の様子。ペアを作り忘れ物がないかをダブルチェック!『パートナーは誰なの?』と聞いてあげて下さいねo(^▽^)o


-- iPadから送信

続きを読む”パートナーと一緒に”

Summer Camp'12

テーマ: つぶやき3

4日間にわたった今年のWOODSTOCKサマースクールも9日木曜日から夜通し行われたSummer Camp'12 終了と共に無事に幕を閉じました。園での夜市から始まりナイトサファリ、犬飼でのキャンプと夏の暑さを吹き飛ばさんばかりの充実した時間になったように思います。たくましく心優しい子供達の笑顔とあたたかな保護者様方のサポートのおかげで大変スムースに進行出来ました。この場をお借りして改めて御礼申し上げます。お盆休みを利用しFacebookページにて写真もUPさせて頂く予定です。


-- iPadから送信

続きを読む”Summer Camp'12 ”

浴衣で登場!

テーマ: つぶやき3

子供達が可愛らしい浴衣や甚平で参加してくれましたよ。外国人スタッフから黄色い声が飛び交っていました(((o(*゚▽゚*)o))) 明日のプログラムは『ナイトサファリ』ですね。13時にスクール集合です。お間違いのないようお願いしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


-- iPadから送信

続きを読む”浴衣で登場!”

Night Festival'12

テーマ: つぶやき3

□7th(Tue.) Night Festival'12 要項

浴衣で夜市を楽しみましょう!輪投げにモグラ叩き、遊技場や水風船。記念にうちわを作ります。ディナーは子供達が大好きな流しそうめんです。夏の夜空に打ち上げる華麗な花火も見れるかも?夕涼みをしながらアジアの文化「祭り」を満喫しよう!*「浴衣」もしくは「甚兵衛」などお祭りの装いで参加して下さいね。
時間:14:00〜19:00 持ち物:水筒・お箸・タオル・うちわ


-- iPadから送信

続きを読む”Night Festival'12 ”

『W』の時間

テーマ: つぶやき3

一年目クラスSugarBunniesさんが『F』について学んでいます・・正確には遊んでいます。塗り絵を手段にフォニクスのトレーニングに励む子供達です。『Good job !!』褒められたい一心で自己アピールをする彼等の声でスクールは活気に溢れています。


-- iPadから送信

続きを読む”『W』の時間”

火曜のワークシート

テーマ: つぶやき3

ビジーさんが『F』を題材にして遊んでいる様子です。暑さに負けず本日もしっかり脳内筋トレに励みましたよ!


-- iPadから送信

続きを読む”火曜のワークシート”

新入生?

テーマ: つぶやき3

彼らは今年の春にWOODSTOCKに入園した新入園児さん。ところが・・早くも平成25年度新入生さんの募集がスタートしています。時間が過ぎるのは本当に早いですねぇ。


-- iPadから送信

続きを読む”新入生?”

おかえり卒園生!

テーマ: つぶやき3

『おや?彼は・・? 』そうなんです。本日よりサマースクールのプログラムの一つ『おかえり!卒園生'12(仮名)』がスタートしています。10日間の短期コースですが毎日英語で生活をしていたあの頃の感覚を呼び起こして欲しいと思います。


-- iPadから送信

続きを読む”おかえり卒園生!”

今日のリーダー

テーマ: つぶやき3

各クラスともに1時間目のデイリーサークルの中で「今日のリーダー」が発表されます。ビジーさん本日のリーダーは赤シャツのそうすけくんでした。


-- iPadから送信

続きを読む”今日のリーダー”

延長保育

テーマ: つぶやき3

お預かり時間(ケアタイム)もまだまだ元気イッパイ!子供達の体力は無限ですね。


-- iPadから送信

続きを読む”延長保育”

夏の学び場

テーマ: つぶやき3

プールでの時間は貴重な学び場でもあります。『先生にかけちゃえ!』『私には水をかけないで!』『それ・・漏れているよ』園の中では知り得ない新しい語彙を増やしていきましょう(^O^☆♪


-- iPadから送信

続きを読む”夏の学び場”

文字遊びの時間

テーマ: つぶやき3

プリスクールの最大の特徴は『英語で生活をする』という点です。分かりやすく噛み砕いてしまうと、幼稚園で行われているようなプログラムが英語でなされている、ということになります。ですので・・勉強としてではなく、日常生活を通して自然に英語が身につくんです。羨ましいですねぇ。


-- iPadから送信

続きを読む”文字遊びの時間”

小学校準備クラス

テーマ: つぶやき3

『よろしくお願いします!』
来春の小学校入学を見据えた日本語クラスが今年も始まっています。普段とは異なる雰囲気にくすぐったそうにしている様子が印象的でした。宿題も出ているようですね。しっかり取り組みましょう。


-- iPadから送信

続きを読む”小学校準備クラス”

午前10時過ぎ

テーマ: つぶやき3

同じく一階フロアーの様子です。リラックスして遊びに夢中の子、状況が理解出来ずに涙を流し続ける子、緊張から固まる子・・・といろいろでした。新入生さんたちは明日までがランチなしの短縮保育。週明け二日はランチありの12時お迎えです!よろしくお願いします。



-- iPadから送信

続きを読む”午前10時過ぎ”

一階の様子

テーマ: つぶやき3

本日の新入生さんの様子です!空気を吸いに玄関先に出ると「お家に帰る!」の大合唱が始まりました。G.W.までには落ち着くかな?



続きを読む”一階の様子”

Wiggly Pandas

テーマ: つぶやき3

IMG_2529.JPG先日のWOODSTOCKレポートでもお伝えさせて頂きましたが、春より「Busy Bees」は「Wiggly Pandas」に昇格(笑)。いよいよ4クラス体制の本格始動です。

続きを読む”Wiggly Pandas”

金曜日は節分です!

テーマ: つぶやき3

IMG_9331.JPG3日金曜日は以前からお伝えさせて頂いていますように「節分」イベントです。恵方巻をお腹いっぱい食べますよ!お楽しみに(*^_^*)写真は「ねねちゃん笑顔で滑り台に挑戦中」です。

続きを読む”金曜日は節分です!”

配役

テーマ: つぶやき3

IMG_8695.JPGシュガーちゃんにとっては「あなたはバナナさんね」という投げかけそのものが「?」であったりします。ですので、バナナさんの番にポテトさんがノリノリで登場してしまったり・・今はドタバタと楽しんでいます。本番はどんな風になることやら・・・?(◎o◎)/!

続きを読む”配役”

リーダーさん

テーマ: つぶやき3

IMG_8634.JPG各クラスのリーダーさんは朝の会の進行役をします!時に点呼をとり、時には教材を配布し・・・先生を真似て注意をしたり、必要に応じて誉めてみたり。みんな誇らし気にこなしてくれています。

続きを読む”リーダーさん”

Facebookページ更新

テーマ: つぶやき3

IMG_8633.JPGFacebookページを更新しました!今日はビジーちゃんのレッスン風景です。

続きを読む”Facebookページ更新”

「英語で生活」

テーマ: つぶやき3

IMG_8465.JPGWOODSTOCKで過ごす時間はまさに「英語で生活をする」毎日です。挨拶からはじまり、昨日は何をしたのか?、朝食は何だったのか?、というような朝の会でのやりとり、昼食を通してのキャッチボール、新しい食材を目にすればその場で質問、自由時間・・・レッスン以外の時間に体で覚えていく英語の量の方が多いやもしれません。

続きを読む”「英語で生活」”

クラフトの様子

テーマ: つぶやき3

aoi daiki peter.jpg「この週の工作のテーマは○◎□」というように定め、これを各クラスが取り組んでいるテーマに落とし込んでいます。その為、作品のゴールは同じあっても、プロセスや学習する「フレーズ」「単語」などがクラスによって異なります。

続きを読む”クラフトの様子”

インフルエンザ

テーマ: つぶやき3

knox aika china.jpg近隣の保育施設にも少しずつインフルエンザの影が押し寄せているようです。予防策は徹底してしすぎるという事はありません。小さな子供への感染は時に命取りになります。全体で意識を高く持ち、園に菌を入れないようにしましょう!

続きを読む”インフルエンザ”

Sugarちゃんの劇

テーマ: つぶやき3

hayu sosuke.jpgSugarちゃんも2歳児が母体のクラスですが、頑張って劇の練習をスタートさせています。昨年同様、お歌の披露が中心の予定ですが、出来うんぬんよりも楽しんでくれると嬉しいですね!

続きを読む”Sugarちゃんの劇”

ウサギとテーブル

テーマ: つぶやき3

mark and sugars.jpgシュガーちゃんが「ウサギ」と「テーブル」を使って「on」と「under」を学んでいます!以前ならば毎日飛び出す新しい教材に触りたくてさわりたくて席を飛び出すところですが、今では御覧の通り、しっかり着席して順番を待てるまでに成長していますよ!

続きを読む”ウサギとテーブル”

二人仲良く

テーマ: つぶやき3

yuto myuu.jpgゆうとくんとみゅうちゃんのツーショット!ケアタイム中の様子です。

続きを読む”二人仲良く”

前置詞

テーマ: つぶやき3

twins s sort of.jpg今日のファンキーさんは「前置詞」を題材にして「センテンス」を学びました。「ゲーム性」が付け加えられることで子供たちは熱中してくれますよね。チームメイトへの声のかけ方、ポイントを得た際の喜び方、勝負に負けてしまった際の反応・・・見ていて飽きません。

続きを読む”前置詞”

合唱

テーマ: つぶやき3

busy bees.jpgビジーちゃんのお歌練習タイムの様子。歌い方一つとっても性格が良くみえます。

続きを読む”合唱”

連休明け

テーマ: つぶやき3

IMG_7708.JPG3連休明けの平日初日ということで登園時の表情がすぐれない子が何人かいましたが、喉元を過ぎてしまえば何とやらなのか、レッスンの時間になると騒がしいぐらいのやんちゃ軍団に変身する子供たちでした。

続きを読む”連休明け”

配布物について

テーマ: つぶやき3

rin knox.jpg昨年の暮れから新年にかけていくつかの配布物をお渡ししています。「1月度献立表」「WOODSTOCKレポート」などがお手元にない際にはスタッフまでお願いします。写真はお世話好きなリンさんとなぜかそれに甘えるノックスくんです。

続きを読む”配布物について”

What's she doing ?

テーマ: つぶやき3

IMG_7157.JPG
あいかちゃんが何やらひょうきんな表情で楽しんでいますねぇ。何をしていたのかな?

続きを読む”What's she doing ?”

新しいお友達

テーマ: つぶやき3

nene kanako.jpg
ねねちゃんとかなこちゃんのツーショットです。クラスは違いますが馬が合うようで良く一緒にいます。

続きを読む”新しいお友達”

仲良しさん!

テーマ: つぶやき3

taiki yuko.jpg
私はこの年齢時の記憶が全くと言っていい程ありません。他の先生に聞くと「少しは覚えてる」「庭でとうがらしを唇に見立てて遊んだ記憶はある・・」など様々ですが、私はありません。かなしいかな・・ありません。ですので、余計にみんなにWOODSTOCKで過ごしている今日・昨日の事を少しでいいから覚えていて欲しいと強く思います。だってこんなに仲が良いのですから。

続きを読む”仲良しさん!”

囲んでいます!

テーマ: つぶやき3

sota kokoro masaya.jpg
まさくんとそうたくんがここちゃんをとり囲んでいます。むかって左がそうたくん。彼もリラックスして生活できるようになったようで私たちも安心しています。

続きを読む”囲んでいます!”

みんな友達!

テーマ: つぶやき3

china knox reon kokomi aika takeki.jpg
「学びたい」「知りたい」「話したい」・・こうした子供たち皆が生まれながらにして持つ自然欲求が英語上達を支えています。

続きを読む”みんな友達!”

Pop-up

テーマ: つぶやき3

pop up.jpgクリスマスをテーマにポップ・アップ・ブックを作成!上手に出来ましたよ!さすがはファンキーさんですね。

続きを読む”Pop-up ”

クリスマスを題材に

テーマ: つぶやき3

knox aoi kokomi takuma daiki.jpg子供達が大好きな粘土タイムの様子。「クリスマス」をテーマに設定して思い思い頭に浮かんだものを作ってもらいました。「あなたは何を作ったの?」と尋ねてあげて下さいね!

続きを読む”クリスマスを題材に”

フォニクス「U」

テーマ: つぶやき3

sugar's.jpg
今日のシュガーちゃんは「U」の文字について様々な角度から学びました。子供達の背中から「熱中しています!」というオーラが出ているのが見えますか?

続きを読む”フォニクス「U」”

ランチタイム

テーマ: つぶやき3

sota masaya taiki akari.jpg
今日はお弁当日でした。ママさん、パパさんお手製のお昼ご飯に下鼓。保護者様、いつもありがとうございます。

続きを読む”ランチタイム”

点数発表!

テーマ: つぶやき3

sasuke.jpgさすけくんがボードの前でハイ・ポーズ!ピーター先生とボーリングゲームを楽しんだ直後です。

続きを読む”点数発表!”

12月14日ケアタイム

テーマ: つぶやき3

care time on.jpg
今日は水曜日。ケアタイム参加人数が20名程度になる日です。
一通りアクティビティを楽しんだ後でみんなで公園に行きました!引率はマーク先生、ともみ先生です。

続きを読む”12月14日ケアタイム”