WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

気をつけたいシリーズ!

テーマ: つぶやき4

DSC_0988.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今日は運動会のリハーサルで、
大分市の自然公園まで行ってきましたよぉ。
10月の太陽を見下していた結果、
私の顔は高崎山のお猿さんのように、
真っ赤になってしまいました。
そんな金曜ですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょか?

さて、
本日のテーマは「気をつけたい英語シリーズ」です。
2つだけご紹介。
良かったらお付き合い下さいね。

1番目:「美味しいですね!」

シチュエーションは、
上司のおごりでランチを頂く。
これでいきましょう。
人にごちそうになる料理はやっぱり美味しいなぁ、
なんて昼間っからワイン片手に
おいしい料理に舌鼓を打っている貴方に、
上司が突然感想を尋ねてきました。

何と答えますか?
出来れば、
もちろん意味は通じますから、
臆することはないですが、
上達しようという意欲をなくしては、
人間失格ですから、
今日は、

「This tastes good.」

と返しちゃダメよ、
と言わせて下さい。
ひょっとしたら、
上司さんだったりすると、
不機嫌になっちゃうかも......。

何を今更と言わずに聞いて下さいね。

「good」は「まあまあいい」という解釈が良いかと。

なので、

「This tastes good.」

では、

「まあまあかなぁ。」
「ぼちぼち。」

というふうに聞こえてしまうんです。

本当においしい!と、
ハッピーな気持ちを届けたいのなら、
伝えたいなら、

「It's really good!」

「It is delicious!」

できましょう〜!

?2番目:「つまらないものですが」

日本では贈りものをする際、
「つまらないものですが」と、
謙遜するならわしがありますよね。
何を隠そうこの私も、
ついこの前まで、
そのまま英語に置き換えて、
「This is a boring present, I'm sorry.」

なんてしたり顔で言っていました。

そして、

「So much Japanese!」

と笑われていました。

後から聞くと、
ある職員等は、

「一体、ダイスケは何を贈りつけるつもりなんだ!?」と、
別の外国籍職員にシリアスに相談すらしていたようです。

とはいえ、謙遜の文化が、
英語圏にはないというわけではありません。
英語圏の人でも自分の贈りものを「すんごいいいものだから」とアピールするようなことは基本的にはなく、
ちゃんと謙遜の表現があります。

それは、

「This is a little something I got for you.(ちょっとしたものですが、どうぞ)」

というフレーズ。
どんなに素晴らしい贈りものであっても、

「little」

という控え目な表現を用いるようです。
卑屈にも尊大にもならない便利なフレーズなので、
ぜひ覚えておきましょう!

それでは今夜はこのあたりで。
今週もありがとうございました。
次週もどうぞよろしくお願い致します^ ^

続きを読む”気をつけたいシリーズ!”

三種の神器

テーマ: つぶやき4

DSC_0738.JPG

こんばんは!
いつの間に、
こんなに日が短くなったんでしょうね?
子ども達が家路につく時間も日に日に早くなり、
夏の終わりをリアルに感じています。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「三種の神器」です。
良かったらお付き合い下さいね。


さて、

「これはどうして?」
「ねぇ、それはなんで?ねぇ〜ったらぁ。」


子ども達は、
こんなことを四六時中、
我々大人に聞いてくる生き物。
ですよね。

こうした子ども達からの「?」にしっかり答えてあげることは、
子ども達を知的に育てていくことにおいてとても大切です。
WOODSTOCKでも一つ一つのはてなを大切に考えている訳ですが、

けれど、
当然といえば当然ですが、
いつでも答えられるとは限られませんし、
また、
仮に私たち大人がいつでも答えてしまうと、

「教えてもらう癖」

がついてしまいますよね。
自分で考える前に即質問。

分からない点を人に素直に尋ねられる、
これは立派な長所だと思いますが。

ただ、
まずは自力で考えてみる、
という習慣がゼロでは、
いずれきびしくなっていきますよね。


先日のブログでもお伝えさせて頂きましたが、
自立心というか、
自主的な学びを育てるうえでは、
どこかの段階で文字通り「自立」させなくてはいけません。

ではどうするか?
どう仕掛けるか?

こうした自主的な姿勢を育んでいく上で、
学びのツールとして大切にしていきたいのが、
図鑑、辞書、地球儀(地図)の3セット。
(ないしはこれに代わるもの。)

今日のタイトルはココから来ています。

ただ、
与えりゃいいのか?
というものでもないですよね。


注意したい点は、

「促し方」

でしょうか?

間違っても、

「図鑑で調べろ〜!」
「辞書をひきなさい!」

なんてしたらダメですよね。

徹底的に、
基本子ども達というのは、
親に、
大人、
教師に求められると、
求められたとたん、
急にやる気をなくす生き物です。

だから、
この世の中には、
逆データというモノがあって。

有名どころでは、

「東大生の95%は親に勉強しろと言われた事が一度もない」

というようなものも。

ですから、
むしろ、
地球儀まわし始めた子を見たら、

「わお、そんなので遊んでないで、外でキャッチボールしようよぉ。」

と地球儀から遠ざける、
内心ではしっかりガッツポーズを作りながら、
徹底してツンデレ姿勢を貫いてみる。

とか、

辞書をひいてる子を見たら、

「ねぁ、何だかかっこいいねぇ。何を調べてるの?」

と素面を装いそれとなく聞いて、
話をさせてみるとか。
ポイントは興奮しないこと。

相手が2歳、3歳ならともかく、
小学生の子にテンションMAXで、

「すご〜い!辞書で調べもの。さすが〜!」

とかやったら即チンです。


理想は、
彼らが勝手気ままに辞書で調べたり、
気付かないうちに知識を増やす事。

この姿勢さえつくってしまえば、
あとはな〜んも怖くありません。

どう思われますか?

常々思うのです。
知識を詰め込んでも仕方ない。
幼少期に必要なのは、
知識をがんがん吸収したくなる気持ち、
ないしは意欲そのものを育んであげたいということ。

こうしたところからずれないように、
毎日頑張っていかないとなぁ・・、
なんて思う今日この頃です。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。

続きを読む”三種の神器”

ISAK

テーマ: つぶやき4

DSC_0475.JPG こんばんは!
いつもお世話になります。

今晩のテーマは「ISAK」についてです。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
明日のアジアを担う、子供達のために!
というスローガンと共に開講した、
インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢を
ご存知ですか?

各分野で、
次世代をリードしてゆける子供達の育成を目指す。
長野に誕生した全寮制のインターナショナルスクールです。

この学校のミッションは、
アジア太平洋地域そしてグローバル社会の為に、
新たなフロンティアを創り出し、
変革を起こせるリーダーを育てる、
というものです。

ビジョンはといえば、

1:自らの個性と強みを認識し、伸ばす努力を惜しまない。
1:何事にも敬意をもち、多様性を尊重し、独性的に考える。
1:目的意識と、社会に対する使命感をもって生きる。

というもの。

どうでしょうか?

このまま所謂グローバル化が進めば、
こうした英語を指導言語とした学校が今後増え続けることでしょう。

先日のブログでもふれさせて頂いた、
海陽でも、
英語の授業は一部日本語での補助も入りますが、
原則英語を英語で教える、
というスタイルで執り行われています。

良いとか悪いとかいうレベルの話ではなく、
現実的に、
世界マーケットにダイレクトにプラグインする為の、

「鍵」

として、
英語の必要性は高まり、
いずれ社会人として成功する為の、
最低条件になっていくのでしょう。

我々世代も、
頑張って学習して行かねば、
子供達に負けちゃいますね^ ^

みなさんはどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。


続きを読む”ISAK”

日本人から学ぶ10のこと

テーマ: つぶやき4

DSC_0133.JPG
こんばんは!
お盆があけて、
ちょっと夏バテ気味で、
という方には嬉しすぎるであろう、
そんな3連休の入り口ですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「日本人から学ぶ10のこと」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
2011年3月11日に東日本大震災が起こった直後。
世界銀行や国際通貨基金IMFの職員達の間に回った、
一通のメールがありました。

これを、
元・世界銀行副総裁の西水美恵子さんが和訳し、
13年2月、
毎日新聞でコラム執筆しています。

大震災の直後、
いかに日本人が対応したか。

このコラムのタイトルが、

「日本人から学ぶ10のこと」

です。

紹介させて下さい。

?「The Calm=平静」悲痛に胸を打つ姿や、悲嘆に取り乱す姿など、見当たらない。
悲しみそのものが気高い。
?「The Dignity=威厳」水や食料を得る為にあるのは、秩序正しい行列のみ。乱暴な言葉や、無作法な動作など、ひとつとてない。
?「The Ability=能力」例えば、驚くべき建築家たち。ビルは揺れたが、崩れなかった。
?「The Grace=品格」人々は、皆が何かを買えるようにと、自分に必要なモノだけを買った。
?「The Order=秩序」店舗では、略奪が起こらない。路上では、追い越し車も警笛を鳴らす車もない。
思慮分別のみがある。
?「The Sacrifice=犠牲」50人の作業員が、原子炉に海水をかけるためにとどまった。
彼らに報いることなどできようか?
?「The Tenderness=優しさ」レストランは、値を下げる。無警備のATM(現金自動受払機)は、そのまま。
強者は弱者を介助する。
?「The Training=訓練」老人も子供も、全ての人が、何をすべきかを知っていた。そしてすべきことをした。
?「The Media=報道」崇高な節度を保つ速報。愚かな記者やキャスターなどいない。平静なルポのみがある。
?「The Conscience=良心」停電になった時、レジに並んでいた人々は、品物を棚に戻して静かに店を出た。

真のインスピレーションを感じる。日いずる国で起こっていることに。


この記事についてどう思いますか?
私などは、
ひどく天の邪鬼な性格を持ち合わせているので、
国内の誰ぞやがこういった内容をつらつらと述べていても、
何とも思いませんし、
むしろフィルターかかってるなぁ・・、
情報操作の匂いがするなぁ・・・、
なんて、
疑ってかかってしまう節があるのですが、
このメールについては、
日本に生まれた一人の人間として、
とても感銘を受けましたし、
また、
襟を正して、
こうした日本人が本来もつ良さを体現し、
また、
次の世代にしっかりと引き継いでいかないとなぁ、
と思いました。

海の向こうの諸外国に暮らす人々からは、
良い意味の色眼鏡をとおして見て頂いている部分も多々あるのかなぁと、
自戒の念もあり感じたりもしますが、
日本での暮らしを通して、
日本での教育を通して培われていく、
こうした日本人が本来もっているはずの長所を捨て去ってはいけないなと強く感じています。

いつも、
プリスクール発信のブログという事で、
英語えいご口うるさく言う訳ですが、
やはり前提となるのは、
こうした気質です。
世界に飛び出していくであろうこれからの世代が、
この10の要素をぜひ世界中に広めて欲しいと思います。

こうしたことを大切にしたいので、
WOODSTOCKは現在のようなクラス規模、
現状のような保育士の配置をしているわけです。
その国の国民が本来もつ特性をしっかりと備えている人間が英語を扱えてはじめて、
価値が出てくるのだということを忘れたくはないですね。

今夜は「日本から学ぶ10のこと」についてでした。

それでは今夜もこのあたりで。
今週もいろいろとありがとございました。
次週もよろしくお願い致します。

追記:今日の3時間目には避難訓練を行っています。
発火確認から全園児避難完了までの所要時間に問題を残しましたが、
新しく赴任した職員を含めたところでの、
「配置確認と役割分担」などがしっかり出来た点は収穫です。
まさかに備えたこうした活動を、
地域と連携して今後についてもきちんと行っていきたいと思います。

続きを読む”日本人から学ぶ10のこと”

修正力

テーマ: つぶやき4

DSC_0506.JPG こんばんは!
いつもお世話になります。
月で世間が賑わう頃ですが、
まだまだ蚊がとんでいますよねぇ。
シマシマに先ほど左肘をかまれてしまい、
右往左往しています。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「修正力」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
WOODSTOCKの昼間の顔は英語保育園。
夕方の顔は英会話教室であったりします。
サッカークラブや書き方教室、
絵画教室に中国語と、
いろいろな習い事を楽しめる空間になるときも。
その為、
私も保護者様方と
懇談会や参観日などの機会に
いろいろなお話をさせて頂く機会が少なくはありません。

1対1の場合もありますし、
3者懇談のような場面もあります。
いわゆるPTAのような時も。

この業界に身を置くようになって、
それなりの時間が経過しましたが、
以前から、
私は、
いろいろな方とお話をさせて頂くのが比較的好きなんです。
学生時代も、
ふわふわしている感じで、
誰とでも、
言い方をかえれば、
浅く広くというようなタイプでしたので、
クラス委員とか、
部活の副キャプテンとかをしていました。
ちなみに、
中学校はテニス部で、
高校はサッカーをしてましたよ。

新しい気付きを頂けたり、
こちらの思いを伝えられたり、
時に時間を頂けた事でちょっとずつズレ始めていた誤解のようなものが
とけたり。
共感出来たり。
お相手の悩みを伺えたり。
こちらの困っている点をご理解頂けたり。
園での子供達の様子を詳しくお話し出来たり。
時に保育士さんと一緒に専門的なポイントをお伝え出来たり。
園運営のことで思ってもいなかった点をご指摘頂いたり。
そんなことを悩んでいらっしゃたのかと驚いたり。
逆に驚いて頂いたり。

そんな中、
たくさんの方とお話しさせて頂く中で思う事。
それは、
100人いれば、
方向性こそ何通りしかありませんが、
個々にみていくと、
やはりたどりつくところは、
みなさんそれぞれ・・というトコロ。

ですから、
私が今後も貫いていきたい姿勢というモノがあるとするならば、
施設の運営をするうえで、
という話ですが、
それは、

「まず始めてみて。雲行き怪しければ即修正。完ぺきを目指して動けなくなるよりも、修正しながら、動きながら考える。」

という感じの考え方です。

大筋はもちろん変えません。
ブレブレの人間はあまり信用出来ませんよね。
時にそれは不信感につながることもあります。

ただ、
神は細部に宿るというように、
細かな部分に気遣いや心配りが出たりするものなので、

なおかつ、
大筋を決めるのは運営責任者である私の役目であり、
逃げては行けないところではありますが、
きめ細やかさに欠ける自分の短所は理解しているつもりですので、
こうした部分には、
やはりというか、
どうしてもというか、
関わって頂いている皆さんのご意見が必要不可欠なんです。

これまでもそうでした。

これからもこのことは変わりません。

ですから、
いろいろなご意見には、
耳をダンボのようにして、
有り難く、
傾けさせて頂きたいなぁと思います。

ハタから見ると、
いつもドタバタしていて、
さも忙しそうに見えてしまっているかとは思います。

がですね、
施設の長としての大切な、
また譲る事の出来ない重要な業務が、
利用者の方のご意見にアンテナを張り続ける、
という事なんです。

ですから、
どうぞ、
遠慮為さらずに、
出来れば優しくやんわりと(笑)、
いろいろと今後もご指摘頂ければと思います。

出来ない事と、
実現出来る事。
即座に対応出来る事と、
時間を頂く必要がある種類のもの。

こうした、
いくつかのパターンに分類はされますが、
基本的に、
スルーする事はしませんので、
どうぞご安心を^ ^

変わっていく事が好きなんです。
現状維持は退化だと、
新人社会人だったころに、
さんざんすりこまれての今日があります。

ですから、
スクールを発展させて行く為にも、
今後もどしどしみなさんのご意見をお待ちしています。

修正力を高める為にも、
どうぞよろしくお願いします。


とりとめのない内容がだらだらと続いていますので、
今夜もこのあたりで強制シャットダウンしたいと思います。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
すてきな水曜の夜をお楽しみ下さい。


続きを読む”修正力”

修正力

テーマ: つぶやき4

DSC_0506.JPG こんばんは!
いつもお世話になります。
月で世間が賑わう頃ですが、
まだまだ蚊がとんでいますよねぇ。
シマシマに先ほど左肘をかまれてしまい、
右往左往しています。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「修正力」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
WOODSTOCKの昼間の顔は英語保育園。
夕方の顔は英会話教室であったりします。
サッカークラブや書き方教室、
絵画教室に中国語と、
いろいろな習い事を楽しめる空間になるときも。
その為、
私も保護者様方と
懇談会や参観日などの機会に
いろいろなお話をさせて頂く機会が少なくはありません。

1対1の場合もありますし、
3者懇談のような場面もあります。
いわゆるPTAのような時も。

この業界に身を置くようになって、
それなりの時間が経過しましたが、
以前から、
私は、
いろいろな方とお話をさせて頂くのが比較的好きなんです。
学生時代も、
ふわふわしている感じで、
誰とでも、
言い方をかえれば、
浅く広くというようなタイプでしたので、
クラス委員とか、
部活の副キャプテンとかをしていました。
ちなみに、
中学校はテニス部で、
高校はサッカーをしてましたよ。

新しい気付きを頂けたり、
こちらの思いを伝えられたり、
時に時間を頂けた事でちょっとずつズレ始めていた誤解のようなものが
とけたり。
共感出来たり。
お相手の悩みを伺えたり。
こちらの困っている点をご理解頂けたり。
園での子供達の様子を詳しくお話し出来たり。
時に保育士さんと一緒に専門的なポイントをお伝え出来たり。
園運営のことで思ってもいなかった点をご指摘頂いたり。
そんなことを悩んでいらっしゃたのかと驚いたり。
逆に驚いて頂いたり。

そんな中、
たくさんの方とお話しさせて頂く中で思う事。
それは、
100人いれば、
方向性こそ何通りしかありませんが、
個々にみていくと、
やはりたどりつくところは、
みなさんそれぞれ・・というトコロ。

ですから、
私が今後も貫いていきたい姿勢というモノがあるとするならば、
施設の運営をするうえで、
という話ですが、
それは、

「まず始めてみて。雲行き怪しければ即修正。完ぺきを目指して動けなくなるよりも、修正しながら、動きながら考える。」

という感じの考え方です。

大筋はもちろん変えません。
ブレブレの人間はあまり信用出来ませんよね。
時にそれは不信感につながることもあります。

ただ、
神は細部に宿るというように、
細かな部分に気遣いや心配りが出たりするものなので、

なおかつ、
大筋を決めるのは運営責任者である私の役目であり、
逃げては行けないところではありますが、
きめ細やかさに欠ける自分の短所は理解しているつもりですので、
こうした部分には、
やはりというか、
どうしてもというか、
関わって頂いている皆さんのご意見が必要不可欠なんです。

これまでもそうでした。

これからもこのことは変わりません。

ですから、
いろいろなご意見には、
耳をダンボのようにして、
有り難く、
傾けさせて頂きたいなぁと思います。

ハタから見ると、
いつもドタバタしていて、
さも忙しそうに見えてしまっているかとは思います。

がですね、
施設の長としての大切な、
また譲る事の出来ない重要な業務が、
利用者の方のご意見にアンテナを張り続ける、
という事なんです。

ですから、
どうぞ、
遠慮為さらずに、
出来れば優しくやんわりと(笑)、
いろいろと今後もご指摘頂ければと思います。

出来ない事と、
実現出来る事。
即座に対応出来る事と、
時間を頂く必要がある種類のもの。

こうした、
いくつかのパターンに分類はされますが、
基本的に、
スルーする事はしませんので、
どうぞご安心を^ ^

変わっていく事が好きなんです。
現状維持は退化だと、
新人社会人だったころに、
さんざんすりこまれての今日があります。

ですから、
スクールを発展させて行く為にも、
今後もどしどしみなさんのご意見をお待ちしています。

修正力を高める為にも、
どうぞよろしくお願いします。


とりとめのない内容がだらだらと続いていますので、
今夜もこのあたりで強制シャットダウンしたいと思います。

本日もありがとうございました。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。
すてきな水曜の夜をお楽しみ下さい。


続きを読む”修正力”

監査で頂戴した視点

テーマ: つぶやき4

DSC_0284.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今日の大分市内は2時過ぎから雨が降り続けましたね。
蝉の鳴き声も気付けばすっかり止んでしまい、
いよいよ本格的に秋モード突入といった感じでしょうか?
それでも個人的には首元のタオルが欠かせないので、
もう少し気温が下がって欲しいなぁと思う今日この頃です。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


今夜のテーマは「監査で頂いた視点」です。
良かったらお付き合い下さい。

さて、
先日のブログでもお伝えしましたが、
今日の午後、
WOODSTOCKにも保育施設の定期監査が入りました。

3時過ぎにスタート。
終わってみると時計の針は5時を示していました。
何を隠している訳でもなく、
ごまかさなければいけないモノもないのに、
変な話、
妙な汗が止まらない・・・、
私が1年の中でももっとも苦手とする1日でもあります。

まじめな話、
本日は、
市の担当者さんと、
公立保育園の園長先生たちによる混合チームに、
時間を割いて頂きました。


ざっくりといってしまうと・・・。

英語での保育に特化しているのは承知しているが、
幼児期の子供達の年齢にそった発達の支援は、
保育園として抜け目なく、
また具体的に行えていますか?

ということを監査頂く機会です。

項目については。。。
これブログに書いていいのかな?

問題がなさそうなモノについて、
表記してみます。

監査の内容は大きく2つに分類されます。

1:施設運営関係
2:児童処遇関係

です。

1に当てはまる内容としては、

○保育に従事する者及び資格について

・保育士証の確認や職員名簿の確認

○非常災害の対策について

・避難消化訓練関係書類や消防計画の確認
(こうしたことが理由で私も園舎建造のタイミングで防火管理者の資格を取りました。)

○健康管理・安全確保について

・検便結果の通知や不審者対応マニュアル、危機管理マニュアルの確認など
(緊急時のマニュアルもこれにふくまれます。定期的に行っている訓練もこれに基づいています。次回の避難訓練は9月9日の2限目です。)

2については、

○保育室等の構造設備及び面積について
○保育内容について

・年間計画、月案、週案、デイリープログラムなどの入念なチェックがなされます。
・施設内外の研修について
(これに関しては、他の園との勉強会や地域の小学校などとの連携状況などを見れます。)
・連絡帳の状況や月間レポートの活用状況や問題点

○給食について

・献立表や配膳方法、食事後の手のふき方から、タオルの設置状況まで

○健康管理、安全確保について

・発育チェックの資料及び活用方法、児童の健康診断や歯科検診の実施具合、緊急時の病院等の施設との連携について

○利用者への情報提供について

・施設及びサービスに関する内容の掲示

といった具合です。

今回の監査においても、
いろいろとお話を頂いたのですが、
最も印象に残ったのは、

「子どもの発達は英語とは無関係。年齢相応の働きかけ及び発達を促すことを目的とした具体的な声かけを積極的に行って下さい。」

というコメントです。

園としても、

「WOODSTOCKの卒園生って英語は出来るけど・・・でもねぇ」

という姿が最も望まないかたちです。

日本人としてのアイデンティティをもった、
またアジア人としての長所にあふれた人間が英語を使えるから、
はじめて意味をなす訳であって、
英語に時間を割いた結果、
こうした本来備わっていて当然の素養が崩れてしまうようでは、
やはり本末転倒と言わざるを得ないと思います。

ですから、
今回ご指摘頂いた内容について園としてもしっかりと向き合い、
今あるモノや方法を確実に進化させていかねばなぁと思いました。

お友達とのかかわり合い方は適切か。
問題にぶつかった時の対処法は健全か。
運動技能は年齢基準に達しているか。
モノの管理スキルは年齢ラインに到達しているか。

仮にこうしたことに支援が必要なのであれば、
どのように、
またどの時間の中で、
何をつかって促していくのか?

こうしたところから目をそらさずに、
園としての質の向上をはかっていきたいな、
と思っています。

次回の監査の日をまたどこかで楽しみにしながら、
それまでの時間を味わっていきたいと感じました。

それでは今夜もこの辺りで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”監査で頂戴した視点”

サマースクールと向き合う卒園生諸君の一日

テーマ: つぶやき4

DSC_0883.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

8月ももう3分の2が終わろうとしています。
個人的には夏はどちらかというとニガテなのですが、
秋の気配には寂しさなども感じてしまうので、
このまま終わりに向かうのも何となくアンハッピーなような。

そんな8月の中旬ですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは「サマースクールと向き合う卒園生諸君の一日」です。
良かったらお付き合い下さいね。

さて、
現在WOODSTOCKプリスクールは、
2学期を迎え、
在園児たちとの騒がしくも幸福な時間に包まれているわけですが、
これと平行して、
卒園生たちを主役とした、
10日間のサマースクールが行われています。

今年のテーマは「宇宙」です。

御託を並べるよりも、
具体的なデイリースケジュールを紹介させて頂きますね。

以下は2014年8月19日(火曜)、
夏のひとときを英語で過ごす子供達の様子です。

8:30-9:00/登園
9:00-10:00/1限目 
-担当はT.Risa
-科目は「自主映画製作」
-子供達が選択したタイトルは「アナ雪」
-昨日のキャスティング作業に引き続き、今日は舞台を飾り立てる小道具を制作。
-長編を無理矢理「10分程度の短編ムービー」にする為に、カット割りやシーン選択を皆でこなす。
-子供達による議論の結果、大方の台本も完成。いよいよ明日からの三日間で演技指導込みの本読みがスタート。

10:00-11:00/2限目
-担当はT.Chris
-科目は「カラン」
-「会話力」を引き延ばす為に、アップテンポな英語のキャッチボールに精を出すせいと諸君。
-プリスクール通園時と比較するとややたるんできた「筋肉」を元に戻す作業に「痛み」をおぼえる小学生グループ。
-それでもそこはさすがに臨機応変力に富んだ子供達。後半には涼しい顔を見せ始める面々も。

11:00-12:00/Lunch Time
-園の後輩たちに囲まれての昼食。
-気分はさながら「有名人」?
-在園児たちにとっては彼らは憧れの存在のようです。

12:00-12:30/Free Time
-職員室になだれ込んでくる数人の姿も見られます。
-後輩たちを可愛がる子も。いつも間にそんなに包容力を身につけたの?
-キャップをかぶりいつ雨粒の落ちてくるやも知れない空の下で駆け回る卒園生。背こそ伸びはしたが、時折みせる表情などはあの時のまま。何故かホッとしたりして。

12:30-14:00/3限目
-担当はT.Damian
-科目は「workbook and phonics(テーマは宇宙)」
-最終日のプレゼンの為に、惑星や重力、月と地球と太陽の関係などに没頭する子供達。
-「これ日本語でやっても相当難しいなぁ・・。」とこちらがたじろぐくらいの内容。彼らのポテンシャルの高さに感銘を受ける。

14:00-15:00/4限目
-担当はT.Jesse
-科目は「science(テーマは宇宙)」
-昨日学んだ「宇宙の成り立ち」をおさらいしつつ、今日は月と太陽と地球の模型を作製。
-「月ちっちゃ!」とか「陰になるから月が欠けるんだぁ」というような声を聞いてうれしくなる私たち。
-ワークシートと連動していることに気づいた子供達の学びの速度は加速するばかり。


とまぁ、
このような一日を過ごしている卒園生諸君です。
この後、
習い事の時間に間に合うようにと、
ドタバタと園を後にする子も入れば、
5時からのアフタースクールに備えて休息をとる子と様々。

ただ、
共通しているのは、
皆が楽しみながら、
サッラと英語での生活にギアチェンジするその器用な様。

子供ってたいした生き物です。
ほんとうに。
がんばらないと負けそうです。
明日も頑張ろっと。

みなさんがどう思われますか?

それでは今夜もこのあたりで。
本日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む”サマースクールと向き合う卒園生諸君の一日”

失敗は成功のもと

テーマ: つぶやき4




こんばんは!
いつもお世話になります。

本日のブログテーマは「失敗は成功のもと」です。
良かったらお付き合い下さいね。


昨日のブログで、

「自分の英語に許可を出そう〜!」

という話をさせて頂きました。

日本人の大半が、
英語による会話が苦手な理由は、

「発音」や「訛り」

などを気にしすぎる結果、
頭では分かっているのに、
言葉を宙に投げられない、
自分の英語は大丈夫、
という許可を出せていないから。

こんなテーマで昨日水曜のブログは展開させて頂きました。

これを今夜は「失敗するということ」と関連させて、
話をススメテみようと思います。


さて、
我々日本人は英会話と向き合う場面において、

「発音などを意識しすぎるあまり、英語を口にするのがなんだか怖い。」
「ミスなくこなさなければ、という感情が邪魔して、単語力はそこそこあるのに第一歩が出ない。」
「間違ったら恥ずかしい。」

つまり、

「失敗を恐れている国民」

ということになります。

再三WOODSTOCKのブログでも言及してきましたが、
この根本姿勢をマインドゲームでもして変えていかない限り、
この国の人々の英語会話力はちっとも伸びやしないでしょう。


そもそも。
英語に限らず、

「やってみて、成功して成功して間違えて成功して間違えて・・」

これを繰り返していくうちに、
次第にうまくいくことが増えていく。

これが何かを習得する際の基本スタイルです。

そうやって進んでいくのが成長する上で一番早い道であり、
ミスがないことが正しいことでは決してないのです。

失敗しないことだけが大切だと思っていると、
新しいことに向けた行動が出来なくなりますよね。

これって、
加点方の環境で育ってきた人々にはありえない学習姿勢です。

ご存知日本は「減点法」です。

どれだけ出来たか、
ということよりも、
出来ていないことにスポットを当てて、
次のチャレンジに臨みがちな国民です。

もちろん、
こうした姿勢の結果、

「TOYOTAのカイゼン」

と呼ばれるような、
ジャパンのお家芸も生まれてきたわけですが、

こと学習についていえば、
ひいては、
英会話学習においてこの減点法は、
百害あって一利なしでしょう。

失敗を通してでしか本当の意味での成長はありえません。
失敗を通して出来るようになって初めて、
出来ない人の気持ちが理解できるわけですし、
身をもって失敗することで、
次は同じミスをしないぞぉ〜、
という強い気持ちにもなる訳です。

成長には欠かせない、
ビタミンのようなこの失敗を、
受け入れていかなければどうにもなりません。

本当にミスがない状態になるということは、
とどのつまり、
新しいことへの挑戦を一切やめたときだけ、
ですよねぇ^ ^


スクールとしても常々考えています。

失敗を恐れない気持ちを強く持てる、
チャレンジ精神の塊のような人になって欲しい。

失敗は成功のもと、
と考え捉えられる、
前向きな人になって欲しい。

だからこそ、
チャレンジをしないで平均点を狙うよりも、
失敗をしてもいいから思いっきりバットをふれるような、
そんな姿勢で明日からも日々のレッスンに、
また、
友達との大切な時間に向き合って欲しいなぁと思います。

皆さんはどう思われますか?

それでは今晩もこの辺りで。
本日もどうもありがとうございました。
明日金曜日もどうぞよろしくお願い致します。
素敵な夜のひと時をお楽しみ下さい。








続きを読む”失敗は成功のもと”

3Dプリンター

テーマ: つぶやき4




こんばんは!
いつもお世話になります。
北インドでは灼熱の5月。
W杯が開催されるブラジルは、
平均気温が20度前後。
そんな皐月の木曜をいかがお過ごしでしょうか?

さて、
本日のブログのテーマは「3Dプリンター」です。
良かったらお付き合い下さい。

「肺の反転移植成功」

こんな見出しが今朝の大分合同新聞を賑わせていましたが、
ご覧になりましたでしょうか?


「京都大は14日、重い肺の難病を患う妻の左肺として、夫の右肺の一部を裏返して移植する手術が成功したと発表した。事前に3Dプリンターで夫妻の胸の模型を作り、裏返しによってずれる血管などの縫合が可能か確認した。
 執刀した京大医学部付属病院の伊達洋至教授は記者会見で、肺をひっくり返して移植しても機能することが証明された。手術で救える可能性がある患者が増えるだろうと語った。」


左右の肺を逆に移植する場合、
気管支や肺動脈などをうまく縫ってつなげるかが
大きな課題だったようですが、
京大手術チームは名古屋市立大と協力して3Dプリンターで夫妻の胸の模型を作り、研究したということです。

かねてより、

「3Dプリンターは大きな産業革命を起こす!」

と言われてきました。

ですので、
どんな活用方法があるのか私も個人的に興味を持ち続けているのですが、
今回、生命を救う為の手段として活用されたことは、
非常に有意義なことですよね。

こういうのあんまし興味ないし、
よく分かんないのよねぇ〜、というそこのアナログさんの為に、
お節介にもざっくりとこのプリンターを定義してしまうと、

「金型を使わずに複雑な立体物が作れる装置」

という感じでしょうか?

もはや先日のブログの続きではありませんが、
ドラえもんの世界ですね。

そして今や、
製造業以外の分野でもこの3Dプリンターが活用されつつあり、
今回のような骨や内臓のよりリアルな立体モデルの作成や、
患者にフィットした人口骨や人口歯の製造、
また、
個人ユーザー向けの3Dプリンターサービスの開始に、
様々なレプリカの作製にも利用されています。

気になるのは、

5年後ですよね。

このマシーンが何をどのように変えていくのか?

まず、

「誰もがメーカーになれる時代の到来」

でしょう。

既に、
モノづくりの根幹を大きく揺るがし始めているわけですが、
具体的には、
自動車や電化製品などは、
大規模な設備が必要でしたので、
どうしても資本力のある、
いわゆる大企業によって独占的に
作られてきました。
これまでは・・。

ただ、
これからはそうはいかないでしょう。
ネットの力を活用して、
世界中に散らばる「その道のプロ」から情報協力をしてもらい、
クラウドファンディングを利用して、
不特定多数の方々から資金を集めれば、
個人でも、
まさにガレージをオフィス代わりにして、
製造業をスタート出来てします時代になるわけです。

そして、
「もの」ではなく、
「データ」が売られる時代にやがてなり、
欲しいものは買うのではなく、
自分で作る、
そんな時代がくるのかな?

なんて思います。

「その昔、職人と言われるモノづくりのプロフェッショナル達がいた・・」

こんなナレーションが当たり前のように流れる時代がすぐそこまで
きているのかもしれません。

今の子供達が成人する頃には、
現在の常識がことごとく覆されている、
そんな時代になっているのでしょう。

みなさんはどう思われますか?

それでは・・本日のブログもこのあたりで。
今日もいろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”3Dプリンター”

英語は苦手?それとも得意?

テーマ: つぶやき4




こんばんは!
夕方の空が夏っぽくなってきましたね〜。
こんな日にはかせきさいだぁの「じゃっ 夏なんで」なんかを
聴きたくなります。
蚊取り線香もかかせませんよぉ〜。
何となく夏が待ち遠しい今日この頃です。

さて、
4部から構成されるシリーズブログ二日目。

「どうして日本人は英語が話せないのか?」

良かったらお付き合い下さい。



昨日は学校教育における指導方法の誤りについてお話をさせて頂きました。

今夜は....4つある日本人が英語を話せない理由のウチの2番目、


?「英語が出来なくても生活や仕事に支障が出ない、という特殊な環境にこれまでの日本がおかれてきたこと(Live in an environment where you don't have to use English:)」

を題材に進みますよ〜。

ズバリ。。

「これまでの日本は、英語を話せなくてもやっていける世界でした。」

労働力は充実。
生産性も低くなく。
GDPも堅調で。
学生達は勤め先を国内だけでも確保出来てしまう超優良国家。
その結果、外国籍の働き手が異常なまでに低い国。
もちろん会社の同僚や上司達は99%日本人。

だから当然・・・
英語なんてどこで使うのぉ〜?
英会話に通うなんてセレブねぇ〜。
日本から出る気もないし・・関係ないよねん。。

こんな空気が日本の空をおおい続けてはや何十年。

その結果、英語が苦手な国民世界ワースト◯位というめでたくない称号を
頂戴してしまう運びとなりました。

トホホのホです。

見方を変えれば、
英語が出来ないのは、
これまでの日本が「ひとり立ち」出来ていた証拠でもありますが。。
これからはそうはいかないでしょう。
明治維新以来の、
日本人が迎える久方ぶりの大きな岐路がそこまで迫っているわけです。

考え方を変えないとまずい時代の到来です。
平成の世に突如来航したのは「英語」という名の黒船だったというわけです。

と上手いことまとまったようですので今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”英語は苦手?それとも得意?”

CALLAN

テーマ: つぶやき4

DSC_0738.JPG

カランコース新設。「英語反射力」を鍛えよう!

イギリスから導入した新しいメソッドの為のクラスを4月より新設します。

「4倍の会話量」&「反復練習」で日本人の苦手な英語のリスニング力とスピーキング力を伸ばす為のコースです。

「CALLAN METHOD」は英語の「インプット」と「アウトプット」をつなぐ、「橋」として非常に有効な学習方法です。
日本ではようやく最近、オンライン英会話の興隆とともに注目されるようになってきましたが、実は今から50年以上も前にイギリス人のESL教師(*英語以外を母国語とする人たちのための英語指導資格を持つ教員のこと)が考案し、世界中で採用され実績を築いてきました。
ただ、いろいろな日本の教育スタイルの制約や、指導に当たる人材の問題などが理由で対面型の、しかも「子供向けの英語施設」には取り入れられてはきませんでした。
我々も「導入しよう!」
と決めてから随分と月日が流れました。準備や研修に時間が・・・
ですが、ようやくです。
お待たせしました!という気持ちでいっぱいです。
レッスンスタイルは、講師が次々と投げかける英語の質問に、瞬時に答える繰り返しが基本です。スピードが要求されるため、初めはなかなかうまく答えられません。ただ、先生について答えの文章を口にし、何度も練習していくうちに、「聞く力」が伸びていきます。
また、レッスンのたびに嫌というほどたっぷり英語を話すので、はじめはもごもごしてしまいがちな口が、だんだん思った通りに動いてくれるようになり、スピードに慣れてくるにつれ、耳から入った英語を訳さず理解し、反応できるようにもなっていきます。つまり「話す力」が伸びるのです。
レッスンというより、ドリル(訓練)という呼び方しっくりくる指導方法ですが、生徒に豊富な「気付き」の機会を与える点でも優れています。カランのレッスンでは、間違った発音も文法状のミスも一切見逃されることはなく、その場ですぐに講師が指摘し、練習させて直させます。ですので、この子は主語と動詞の一致を間違いやすい、この子は◯◯のフレーズをがうまく使えないなど、この子は時制に弱いなどの、生徒が何ができて何がどの程度できないか、そのつど実に細かくはっきりと分かります。
反復練習が主体のレッスンですので、英語そのものを口にすることを恥ずかしがったり、ミスをすることを恐れたり、外国人と言葉を交わすことに気後れしたりせず、自然体で取り組めます。
この点では、小学校に上がり、
「あれ?周りの友達はみんな日本語でしか話さないなぁ。」
なんていうことなどがきっかけで、
英語を口にすることが恥ずかしくなる、
そんな時期にさしかかる小学生たちにも効果的でしょう。
なにぶん、
日本の対面型の教室でカランを導入している施設は
WOODSTOCKを含めてたったの3校・・。
今後は担当職員を英国ロンドンのカランスクールに派遣して、
指導スキルの精度を上げ続けて行く予定です。

ちなみに、
世間一般でいう「英会話教室のレッスン」がテニスやスイミングだとするならば、「カランメソッド」はスポーツジムでの筋トレに似ています。
身につきますが・・しんどいですよ。
いずれにせよ・・・
ご期待下さい!!


募集クラス詳細

アフタースクール

木曜17:20から19:00 定員10名 *たくさんのお問い合わせありがとうございました。

(*2014年3月11日の段階ではあと2名の空きがございます。)

→お問い合わせが多い為、別曜日・別時間も開講予定です。詳細につきましてはスクールまで TEL 097-535-9292 mail : info@woodstock-oita.com

プリスクール

3年目、4年目のカリキュラムを受講する園児さんを中心に受講して頂きます。


WOODSTOCK

続きを読む”CALLAN ”

ピアノマン

テーマ: つぶやき4







こんばんは!

予想通り、
逃げるように過ぎ去ろうとする
2月最期の週末の入り口をいかがお過ごしでしょうか?

今月最後のブログです。
良かったらお付き合いください。


「第二言語の習得はピアノなどの演奏の修得に似ている」と云われます。

イメージ湧きますか?

演奏を修得するためには、
まずは譜面を理解したり、
暗記したりしなければなりません。

けれど、

譜面の分析や暗記をひたすら続けて、
理解でき、暗記した楽譜の量を増やしていっても、
難しい楽譜が読めるようにはなっても、
決してピアノ自体は弾けるようになりません。

ですよね?

英会話学習における文法や構文、発音のルールも
これと同じで、
難解なものを理解し、
単語をいくら暗記したからといって、
英語が話せるようにはなりません。

けれど、

まっことに残念なことに、
日本では昔から、

「机で譜面を勉強する、ピアノが出来ない楽譜評論家」を育てるような
英語教育がなされてきました。

そのわりに・・・

「グローバル社会で通用する英語力!」

とか謳っているわけです。

ここまでくるともうジョークにしか聞こえません。


誰もが、

「ルールを知っているだけでは、学ぶだけでは、英語は話せるようにはならない」

と頭では分かっているはずなのに、

日本の学校ではこのルール(文法や構文)の指導に95%の時間と労力を割きます。

会話力を求めるのであれば、
しなければならない事は、

自動化されていない知識のままの「情報」を
反復練習によって反射神経に変えていくことなのです。

インプットした情報の自動化を促し、
反射神経に変えるための一つの手段。

それが・・

もういい加減くどいですね 苦

「カランメソッド」

というわけです。

今週はカランカラン言ってる間に週末を迎えてしまいました。

それではこのあたりで。

今月もいろいろとありがとうございました。
来月は1年で最も楽しくもあり悲しくもあり、またドタバタとする3月です。
次月もどうぞWOODSTOCKを宜しくお願い致します。

WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ピアノマン”

素敵な週末を!

テーマ: つぶやき4

休み明けの子供たちの心境。これは社会人であるわれわれ大人と全く同じです。充実した休日の使い方を出来た翌月曜日は清々しいものです。明日にはこの雨も上がるようです。書を捨てて街に出て、ヘトヘトになるまで遊ばせてあげて下さい。鼻血が出るまではしゃがせてあげて下さい。よろしくお願いします。それでは素敵な週末をお楽しみ下さい。See you!!


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”素敵な週末を!”

Easter

テーマ: つぶやき4

本日はWOODSTOCKの各コースでイースターを楽しみました。スクールでは春の到来を祝う行事と位置づけ毎年恒例のイベントとしています。今年も子供たちの笑顔に包まれた賑やかなひと時となりました(^_−)−☆


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”Easter ”

ぴっかぴか

テーマ: つぶやき4

明日から始まる初めての園生活。一体どんなドラマが彼らを待ち受けているのでしょうか?本日の祝辞の中でもお伝えさせて頂きましたが、勇気をもってたくさんの失敗をかさねて欲しいと思います。流した涙の分だけ・・ピッカピカ!ですよ( ´ ▽ ` )ノ




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ぴっかぴか”

ロッククライミング

テーマ: つぶやき4

鉄棒や平均台、それに写真のロッククライミングの購入費用などを保護者会よりご寄付頂きました。言葉だけでは足りませんが、本当にほんとうにありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”ロッククライミング”

想いで。

テーマ: つぶやき4

血の池地獄での一コマです。今回のような親子参加型のイベントは私達にとっても新鮮です。園では見せない表情。態度。発言。こうした彼らの様子を見ているとスクールでは本当に頑張っているんだなぁ、と感心します。弱音を吐かずに歩ききった子供達に乾杯〜*\(^o^)/*


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”想いで。”

卒園式'13

テーマ: つぶやき4

3月15日、6人の年長さんがWOODSTOCKを巣立ちました。これから進む道はそれぞれですが、スクールで培ったたくましさを武器に何事にも粘り強く、また失敗を恐れずに立ち向かっていってくれたら、と思います。ご卒園おめでとうございます。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”卒園式'13”

明日は卒園式。

テーマ: つぶやき4

不謹慎ですが、私が一年間の中で最も迎えたくない日。それは卒園式です。子供達と向き合い、保育する。時に指導する。喜ばしい事が起これば一緒に飛び上がってハッピーを共有する。悲しい時は共に涙を流してその辛さを分かち合う。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、先生と生徒、という関係以上の何かがそこには確かに存在します。手をふって、笑顔で送り出したいのはやまやまですが・・そうは問屋が卸さない、というものです。明日は泣き散らしたいと思います。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”明日は卒園式。”

明日はお別れ英語劇参観

テーマ: つぶやき4

明日はいよいよ英語劇本番。卒園式を来週末にひかえた明日、子供達は6人の卒園生の旅立ちに花を添えるため、一生懸命に英語で物語を綴ります。人生始めての舞台に上がるシュガーバニーズ。二年目に入り、表現の幅を広げたビジービーズ。次年度は最高学年者として園をリードして行くウィグリパンダ。そしてここまでWOODSTOCKの屋台骨として背中で後輩たちを引っ張てきたファンキーモンキーズ。手を取り合い、協力しながらのぞむ英語劇の舞台。子供達の表情に注目して下さい( ´ ▽ ` )ノ


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”明日はお別れ英語劇参観”

バレンタインデー

テーマ: つぶやき4

ヨーロッパなどのバレンタインデーは日本とは異なり、男性も女性も様々なギフトを贈り合うようです。WOODSTOCKのアフタースクールでも小学生さん達が楽しみましたが、カードに『Be My Valentine』というようなメッセージを書いて気持ちを伝え合います。また、APU国際大学の学生さんに聞いた話ですが、ベトナムでは男性が女性に尽くす日、というような位置づけになっているというから驚きです。国やところが変われば行事の楽しみ方一つとってみても千差万別ですね。プリスクールでの生活を通して『違い』を楽しめる子供達に育ってくれたら嬉しいですね。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”バレンタインデー”

明日はT-Shirtsで!(プリスクール)

テーマ: つぶやき4

先週から連絡帳でもお伝えさせて頂いていますが明日はTシャツで登園して下さいね。全体写真を撮りたいと思いますのでよろしくお願い致します。



WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”明日はT-Shirtsで!(プリスクール)”

インフルエンザ

テーマ: つぶやき4

1月29日現在WOODSTOCKプリスクールコースに通う園児さんたちの間でのインフルエンザの流行は終息に向かっています。とは言っても油断は大敵ですね。園内でも積極的な換気や遊具、フロアーなどのアルコール消毒を続けています。ご家庭との連携プレーで今年も乗り切りたいと思います。明日もよろしくお願いします。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”インフルエンザ”

テーマ: つぶやき4




WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む””

アクティビティ

テーマ: つぶやき4

意図のある声の出し方や接し方、計画性のあるクラスコントロールスキルなどがいい指導者としての最低必要条。これに加えてゴールから逆算された魅力ある教材を作れることがWOODSTOCKで子供達の前に立つ『Teacher』には求められます。子供達の為に日々『カイゼン』です。


WOODSTOCK Oita Japan

続きを読む”アクティビティ”

長い目で見る

テーマ: つぶやき4

先日とある保護者様との立ち話のなかで・・
『うちの子は何をやらせても飲み込みが悪いんです。普段からご迷惑をかけていると思いますので外国籍の先生たちに、どうか長い目で見てやって下さい、とお伝えしたくて。何と言えば・・』
こんな話になりました。日本語をそのまま直訳するとチンプンカンプンになる場合が少なくありません。近い意味の英語をあてるなら、
『My daughter is slow in learning. Please be patient.』
これで良いかと思います。
ちなみに、覚えが早い・遅いをあまり気にしないで下さいね。遅いというのも見方を変えれば、じっくりと構えて覚えている、ということです。子供たちは百人百様です。ゆっくりで構いません。コツコツ積みあげましょう。
写真はワークシートに取り組むBusyBeesさんの様子です。



-- iPadから送信

続きを読む”長い目で見る”

スクールT-Shirts

テーマ: つぶやき4

スクールの全園児さんが登園した日に集合写真を撮りたいと考えています。大変お手数をおかけしますがスクールT-Shirtsを持って来ておいて下さいね。よろしくお願いします。写真は新曲に取り組むシュガーバニーズさんの様子です。


-- iPadから送信

続きを読む”スクールT-Shirts ”

ケアタイム!

テーマ: つぶやき4

本日の延長保育(ケアタイム)の様子です。サンタクロースのお面を作ったり、ジェンガをして過ごしましたよ。明日は何をして遊ぼうかな?


-- iPadから送信

続きを読む”ケアタイム!”

延長保育

テーマ: つぶやき4

明日の予行演習後に延長保育をご希望される御宅につきましてはご面倒ですが日本人職員までお伝えくださいね。よろしくお願いします。写真は高城駅側の樋奈尻公園を占拠するWOODSTOCKヤンチャ軍団の様子です(^_−)−☆


-- iPadから送信

続きを読む”延長保育”

お散歩ロープ

テーマ: つぶやき4

シュガーさんも上手に、また危なげなく歩けるようになりました。伸びているのは英語面だけではありませんね!今日も一日頑張りましたY(^_^)Y


-- iPadから送信

続きを読む”お散歩ロープ”

リラックス

テーマ: つぶやき4

登園直後8:55分頃の様子です。連絡帳でもお伝えさせて頂きましたが今日は気分転換の為に公園に出かけ思う存分リラックスして来ましたよ*\(^o^)/*戦士たちにも休養が必要です。ぐっすりと眠ってくださいね!


-- iPadから送信

続きを読む”リラックス”

季節の変わり目

テーマ: つぶやき4

ようやく暑かった夏も終わりを迎えようとしていますね。『秋』の到来を祝いながら『季節』の概念について学ぶウィグリーさんの様子です。




-- iPadから送信

場所:大分市,日本

続きを読む”季節の変わり目”

体操服の着用をお願いします!

テーマ: つぶやき4

運動会の練習が続きます。お洗濯が大変かと思いますが練習日には運動着での登園をお願いします。また思う存分汚して帰るかと思います。『今日も一日頑張ったね!』と褒めてあげてくださいね( ´ ▽ ` )ノ よろしくお願いします。


-- iPadから送信

続きを読む”体操服の着用をお願いします!”

参観日は全員で!

テーマ: つぶやき4

いよいよ参観日が今週末に迫ってきましたね!ママ達にたくさんたくさん褒められたくて・・子供達はとにかく毎日頑張っています。どうか全員で当日を迎えられますように。体調管理をよろしくお願いします(^O^☆♪


-- iPadから送信

続きを読む”参観日は全員で!”

Raise your hand please !!

テーマ: つぶやき4

『意見がある人は手を上げましょう!』『お友達が話している時はその子の話に耳を傾けましょう!』レッスンに参加する上で大切なことはクラスのルールに従うこと。集団生活を通してこうした事にもアンテナを立てられるようになってくれたらと思います。


-- iPadから送信

続きを読む”Raise your hand please !!”

7月生まれ

テーマ: つぶやき4

今日は7月生まれ組みの誕生日会を行いました。主役は真ん中の三人官女です!みんなおめでとうヾ(@⌒ー⌒@)ノ


-- iPadから送信

続きを読む”7月生まれ”

No Ice Cream No Life

テーマ: つぶやき4

BusyBeesさんが折り紙でアイスクリームを作りました。美味しそうぉ!




-- iPadから送信

続きを読む”No Ice Cream No Life”

顔形??

テーマ: つぶやき4

アメリカ人職員も心から楽しんでいます。渾身の顔面プリントです(笑)!


-- iPadから送信

続きを読む”顔形??”

朝から大合唱

テーマ: つぶやき4

ファンキーのお二人が登園直後からスクールを明るくしてくれている様子です。『Hey,hey,everyone, put your stuff away please!! Hey,hey....』自作の歌詞でスロースターター達を攻め立てていました(笑)。


-- iPadから送信

続きを読む”朝から大合唱”

フォニクスの基礎固め

テーマ: つぶやき4

SugarBunniesさんが「発音習得」の為のトレーニングに励んでいます。「家」などについて今月もしっかり楽しく学んでいきますのでお楽しみに!尚、本日WOODSTOCKレポートを配布させて頂きました。お手元にない際にはお手数ですが一言お申し付け下さいね。


-- iPadから送信

続きを読む”フォニクスの基礎固め”

七夕準備

テーマ: つぶやき4

七夕もいよいよ来週!ということで今日はみんなで飾り付けを楽しみました。こうした季節の風物詩にふれることで子供達が何かを感じとってくれると嬉しいですね。


-- iPadから送信

続きを読む”七夕準備”

ワークシート『W』

テーマ: つぶやき4

BusyBeesのワークシートタイムの様子です。まだまだヤンチャな3歳児さん中心のクラスですので喧嘩もします。ですがそこはさすがの3歳児ちゃん。何でケンカに至ったのかさえも即座に忘れ『It's okay !!』と言いながらハグハグ。『喧嘩するほど仲が良い』とは本当です。距離が近くなければケンカにすらなりませんからね。明日ももまれましょう!


-- iPadから送信

続きを読む”ワークシート『W』”

色や形

テーマ: つぶやき4

シュガーちゃんが折り紙を使って色や形、手触りなどについて学んでいます。先輩ママさんたちからも『先生、今年の子達は(シュガーちゃん)落ち着くのが早いですね』というコメントを頂いています。頑張っていますよ!


-- iPadから送信

続きを読む”色や形”

月間テーマ

テーマ: つぶやき4

今月のテーマの一つ『夜』について学んでいる様子です。爪切りは英語で・・ママ・パパは分かりますか?子供達と一緒に楽しみながら覚えていきましょうね!


-- iPadから送信

続きを読む”月間テーマ”

集中力ということ

テーマ: つぶやき4

集中力を辞書で調べると『集中力(しゅうちゅうりょく)とは一つの事柄に注意を集中して物事に取り組む能力。』とあります。大切なのはどの程度、どのくらいの時間集中できれば良しとするのか?という事ですね。向こう10年間日本で生活をする、という事を前提に話をするのであれば、まずは義務教育下で求められる『40分から50分』というあたりが一つの目安(ゴール)となります。その為、WOODSTOCKでも一コマを50分に設定しています。こういった能力も園での生活を通して身につけていきたいですね。




-- iPadから送信

続きを読む”集中力ということ”

reading time

テーマ: つぶやき4

水曜日のランチの後は読み聞かせの時間。園児さんが「I have a question, Teacher Mark !」と発言するものの、発言が「質問」になっていなかった為、「You don't have a question. Try to say " I want to say something."」と言い直しを求められる場面も。すべてのやりとりを通して彼らはまなんでいるようです。




-- iPadから送信

続きを読む”reading time”

何も見えないよぉ!

テーマ: つぶやき4

耳から聞こえる情報(音)だけが頼りです。お友達が呼ぶ声を頼りに決められた場所へと移動しました。『五感』についてのレッスンです。


-- iPadから送信

続きを読む”何も見えないよぉ!”

ゆったりと・・

テーマ: つぶやき4

シュガーさんの午後の一コマ。水分補給を済ませてくつろぐみんなの様子です。最近ではすっかり鳴き声も止んでしまい、なんだか物足りなさすら感じるほどお利口さんになりました。子供達の適応力って凄いですよね。見習うものがあります(^_^)☆


-- iPadから送信

続きを読む”ゆったりと・・”

Father's Day !!

テーマ: つぶやき4

本日6/13(水)に行われたイベントは『父の日』でした。4クラス合同でパパへの日頃の感謝の気持ちを形にしましたよ。出来栄えはいかがでしたか?


-- iPadから送信

続きを読む”Father's Day !!”

スプリングスクール2日目

テーマ: つぶやき4

IMG_3517.JPGお陰さまでスプリングスクール2日目も無事に終了しました。今回のバスツアーを企画した目的の一つは「外国籍の職員と英語で触れ合う子供達の日頃の様子をご覧いただく」ということでした。保護者様が同行されていましたので「そのまま100%平素の様子」という訳にはいきませんでしたが、スクールでの様子を連想して頂くことは出来たのではないでしょうか?8時間に及ぶツアーでしたので、保護者様もお疲れかと思います。今夜はどうぞゆっくり休まれて下さい。尚、明日28日からは「Overnight!! マッドハンターのティーパーティー'12」がスタートです。どうぞお楽しみに。*本日のブログは遡って順次更新していきます。

続きを読む”スプリングスクール2日目”

良く休んでね!(結)

テーマ: つぶやき4

IMG_3152.JPGスプリングスクール初日は怪我人・病人もなく、無事に終了する事が出来ました。繰り返しますが子供達は本当にほんとうに良くあるきました。今夜はどうかゆっくりお風呂にでもつかってよく休んで下さいね。君たちと過ごせて先生達も楽しませてもらいました。今日もありがとう!See you soon!!

続きを読む”良く休んでね!(結)”

帰路

テーマ: つぶやき4

IMG_3150.JPG楽しい時間は本当にあっという間ですね。コロッケを頬張ったエリアから大急ぎで湯布院駅へ!・・・ママ達が待つ大分へ

続きを読む”帰路”

湯布院名物

テーマ: つぶやき4

IMG_3122.JPGトイレ休憩をしながらゆっくりと湯布院名物に下鼓。*尚、今日の様子は逆からみて頂くと様子が分かり易いかと思います。

続きを読む”湯布院名物”

美味しいね!

テーマ: つぶやき4

IMG_3121.JPGこうやってみんなで食べると本当に美味しいね!

続きを読む”美味しいね!”

素敵な寄り道

テーマ: つぶやき4

IMG_3127.JPG本当に気持ちの良い晴天に恵まれました。おかげでたくさんお散歩も出来ました。

続きを読む”素敵な寄り道”

たくさんのハグ!

テーマ: つぶやき4

IMG_2712.JPG頑張った子供達にご褒美のハグ。次年度も楽しみながら頑張りましょうね!

続きを読む”たくさんのハグ!”

最年長組!

テーマ: つぶやき4

IMG_2512.JPGりんさんとそうだいくんもいよいよ4月からは年長さんですね。

続きを読む”最年長組!”

今年度も・・

テーマ: つぶやき4

IMG_2498.JPG今年度もあと3日です。体調を整えて元気に登園して下さいね。金曜日には一年かけて取り組んだワークシートやクラフトの作品などをお渡しする予定です。お楽しみに!

続きを読む”今年度も・・”

季節イベント

テーマ: つぶやき4

IMG_2258.JPGスプリングスクールや中国語クラス、保護者様レッスンへのお申し込みありがとうございます。ご不明な点などがありましたらお気軽にスタッフをつかまえて下さいね!ちなみにスプリングスクールの申込書はホームページから印刷出来るようになっています。ご確認下さい。いつもありがとうございます。

続きを読む”季節イベント”

3月生まれ

テーマ: つぶやき4

IMG_2188.JPG今日は3月生まれでなおかつ卒園するメンバーの誕生日会を行いました!こうして彼らを祝うのも・・・前をむいていきましょう!

続きを読む”3月生まれ”

テーマ: つぶやき4

9時半スタート!

テーマ: つぶやき4

IMG_2076.JPG明日の演目は9時半スタートの予定です!また入口付近にお別れ会のしおりやスプリングスクールのお知らせ、中国語教室・大人コースの案内などを置いておきますので是非手にとってご覧下さい。

続きを読む”9時半スタート!”

9時15分集合

テーマ: つぶやき4

IMG_2002.JPGお手紙や連絡帳でもお知らせをしてきましたが、再度お伝えさせて下さいね。9日(金)はコンパルホールにてお別れ会を行います。9時15分集合、9時半スタートを予定していますのでそれぞれおトイレを済ましてからお集まり下さい。ベイビークラス→シュガーちゃん→ビジーちゃん→ファンキーさんの順にプログラムが進みます。練習の成果をどの程度発揮できるのか?今年はどんなハプニングが起こるのか?わが子の姿をきちんとファインダーでとらえられるのか?そもそも英語の台詞についていけるのか?・・・それぞれのスタイルで楽しんで下さいね!なお、今年も多くの英語関係者の方々より来場希望のお電話を頂戴いたしましたが会場の都合や安全面の問題などもあり基本的にはWOODSTOCKに通う、ないしは通っていたお子さんとそのご親族・お友達のみに限らせて頂きました。ご了承頂けると幸いです。

続きを読む”9時15分集合”

子供たちの作品

テーマ: つぶやき4

IMG_9599.JPG年度末が近づいてきました。この一年をかけて彼女・彼らたちが一生懸命につくりあげた作品は大切に保管してありますので楽しみにしていて下さいね!We hope you'll like it !!

続きを読む”子供たちの作品”

ランチタイム

テーマ: つぶやき4

IMG_9381.JPG2012年の2月は水曜日スタート。美味しいそうにお弁当を頬張っていましたよ!

続きを読む”ランチタイム”

雪崩の様

テーマ: つぶやき4

Boys.jpgPEの際の様子。短い自由時間ですが、メリハリ力が備わってきた彼らは効率よく効果的に遊びます。すみません・・こんな様子なので体操ズボンの裏が・・。

続きを読む”雪崩の様”

「帰りの会」

テーマ: つぶやき4

帰りの会.jpg本日の帰りの会の様子。マーク先生の膝の上で何故かくつろぐ二人のシュガーちゃん。

続きを読む”「帰りの会」”

「自覚」

テーマ: つぶやき4

IMG_9196.JPGそれぞれの子が誕生日を境に「お兄さん」「お姉さん」としての自覚を強めたようです。どうか彼らにとって2012年が素敵な年になりますように!

続きを読む”「自覚」”

五人の顔ぶれ

テーマ: つぶやき4

IMG_9198.JPGそうだいくん、あかりさん、まさやくん、さちちゃんとゆうこちゃんの5人の誕生日会を行いました!

続きを読む”五人の顔ぶれ”

デイリーサークル

テーマ: つぶやき4

IMG_9032.JPG本日のシュガーちゃんの朝の様子。リトミックが大好きな子供達。聞きなれた、踊り慣れた曲がかかるとアドリブでダンスしてしまうのがWOODSTOCKの子供達。「日本人ばなれしている」・・そんな印象すらうけます。

続きを読む”デイリーサークル”

空を見上げて

テーマ: つぶやき4

IMG_8884.JPG屋外でのPEを通して室内では学べないことに出会います。「体を動かしながら、遊びながら学ぶ」という基本を忘れずに彼らに接していきたいと感じました。

続きを読む”空を見上げて”

体力作り

テーマ: つぶやき4

IMG_8883.JPG英語だけ・・・では格好わるい!こんな声を子供から聞く事があります。清々しい気持ちがするのは私だけ?

続きを読む”体力作り”

Ready,set go !

テーマ: つぶやき4

IMG_8882.JPGビジーちゃんが青空の下、次の運動会の練習(?)に励んでいます!

続きを読む”Ready,set go !”

元気に挙手!

テーマ: つぶやき4

IMG_8880.JPGあーちゃんが元気に手を挙げていますね。英語による投げかけに勇気をもって手を挙げて答えようとするこの姿勢を大切に育んであげたいですね!

続きを読む”元気に挙手!”

雪の降る一日

テーマ: つぶやき4

IMG_8706.JPG今日は雪の一日でしたね。野を駆けまわる・・とは本当で、子供達は大きな口をあけて空を見上げていました。明日も冷えるかなぁ。

続きを読む”雪の降る一日”

世界地図

テーマ: つぶやき4

IMG_8705.JPG今日は「オーストラリア・デイ」でした!世界地図を活用してみんなで盛り上がりましたよ。今年初の合同レッスンでしたので、いつもと違った雰囲気の中時間が流れていきました。

続きを読む”世界地図”

a random interview

テーマ: つぶやき4

IMG_8696.JPGシュガーちゃんはお別れ会の際に「お歌の披露」「ランダム・インタビュー」などを予定しています。今日の朝の様子を少しだけ紹介します。
Teacher「What color of hair do you like?」
Daiki「I like blond like Knox.」こんなジョークのようなやりとりが毎日なされています。ちなみにノックスは黒髪と答えていました!

続きを読む”a random interview”

鬼のマスク!

テーマ: つぶやき4

IMG_8627.JPGファンキーさんのクラフトの様子。節分が近いので鬼のかぶり物を作成しました。

続きを読む”鬼のマスク!”

試着会!

テーマ: つぶやき4

IMG_8475.JPG次年度入園予定のお子さんたちの試着会が来週よりスタートします!参加予定の保護者様方につきましては日時をご確認下さい!ご不明な点などがございましたらお気軽に連絡頂ければと思います!

続きを読む”試着会!”

週末です!

テーマ: つぶやき4

IMG_8466.JPG写真はシュガーのはるくんが週末の荷造りをしている様子です。普段とは違って「上履き」や「歯ブラシセット」などを付け加える必要があるのが金曜日、その為か、ファンキーさんを中心に「You know,today is Friday !!」というような声かけがなされます。

続きを読む”週末です!”

質問に答えましょう!

テーマ: つぶやき4

kyoka.jpgマーク先生から矢継ぎ早に飛んでくる質問に一生懸命答えているきょうかさんの様子。後ろに見えるりんさんは自分の番が済んだので余裕の表情を浮かべています!ここで一つファンキーさんの保護者様にお伝え事です。今日配布させて頂きましたWOODSTOCKレポートでFunky'sの学習テーマの続きが切れておりました。「Song:help/let it be/*劇の台本の読み合わせ」を追記させて頂きます。ご確認下さい!

続きを読む”質問に答えましょう!”

卒園組

テーマ: つぶやき4

graduate.jpgこの春、小学校に入学予定の5人です。今日は「日本語」のレッスンがありました!みんな頑張っていますよ!WOODSTOCKでは「英語だけ出来れば良い」とは決して考えていません。そもそも英語を習得する目的は「会話の為の手段を増やす」ということです。「英語は出来るがその他は・・・」これで良いわけがありませんよね。バランス良く身につけていきましょう!

続きを読む”卒園組”

Who're the leaders today?

テーマ: つぶやき4

leader.jpg今日のランチリーダーのプレートです。順番に回ってくるリーダーの日を心待ちにする子供達。家路につきながら「あのね、今日は私がリーダーだったんだよ!」というようにママ・パパにお話をするそうです。

続きを読む”Who're the leaders today?”

ビジーちゃんの様子

テーマ: つぶやき4

busys and Peter.jpgピーター先生とビジーちゃんの様子。今日は「読む」作業に1時間ほど時間を割きました。年少さんが母体のこのクラスですが、徐々に読めるようになってきました。本人達が一番手ごたえを感じているのではないでしょうか!?

続きを読む”ビジーちゃんの様子”

PEタイム

テーマ: つぶやき4

hinami.jpg今日は雨天でしたのでシュガーバニーズは室内でPEタイムを行いました!ここしばらく晴天が続いていて「How is the weather today?」「It's sunny !!」というやり取りばかりでしたが・・・今日は久しぶりに「It's rainy!!」「It's drizzle!!」というような声が聞けました。

続きを読む”PEタイム”

練習の様子を・・

テーマ: つぶやき4

syun sodai gairls taisei.jpg参観劇に向けて台本の読み合わせや配役の伝達などがスタートしています。写真はファンキーさんがT/Peterと練習に励んでいる様子です。

続きを読む”練習の様子を・・”

参観劇

テーマ: つぶやき4

hitomi sayako haruna yuko.jpg英語参観劇の練習中の様子。お友達の動きや発言がお互いに気になるお年頃のようです。ビジーちゃんも二年目のカリキュラムに一生懸命ついてきていますので、全体のレベルはここにきてグンと伸びてきました。言語学習の三年目は「飛躍の一年」と言われています。次年度に期待ですね!

続きを読む”参観劇”

T/Peter's class

テーマ: つぶやき4

kohime sasuke.jpgビジーちゃんがT/Peterとワークシートを使ってレッスンをしています。

続きを読む”T/Peter's class”

オーストラリア・デイ!

テーマ: つぶやき4

nene taisei.jpg今月のイベントは「オーストラリア・デイ」です。1788年の白人定住発見を記念しているオーストラリア・デイ(オーストラリア建国記念日)はオーストラリアの祝日の中で大変重要な祝日です。
1787年5月13日、英国大佐アーサー・フィリップはイギリス、ポーツマスから出航し、オーストラリア側に植民地開拓を通告しました。1788年1月18日、アーサー・フィリップはオーストラリア東海岸のボタニー湾に辿り着きました。その後、北へ何キロか進み、定住先としてより好ましい場所を見つけ、1月26日には、現在のシドニー・ハーバーブリッジ南端に位置する歴史的観光地として有名なロックスがあるシドニー湾沿岸を訪れました。オーストラリア全域でオーストラリア・デイを祝う祭典が行われています。シドニーでは、オーストラリア・デイを記念して、シドニー・ハーバーで開催されるシドニー・フェリーレースなどを中心としたシドニー・フェスティバルでこの祭典を盛り上げています。
しかし、多くの人が広大な大陸とそこに住む人々の過去と現在を一貫した記念すべき日であると考えている一方で、1788年1月16日に英国人により侵略されたと考えるオーストラリア・アボリジニーも多く、この人たちにとってオーストラリア・デイは先住地を奪われた悲惨な過去を痛感させられる1日なのです。
Copyright(C)Japanese-in-Australia.comAll Rights Reserved.
WOODSTOCKは「インターナショナルプリスクール」です。「文化」や「歴史」には様々な方法でアプローチしていきたいと思います。

続きを読む”オーストラリア・デイ!”

サンタさんに感謝。

テーマ: つぶやき4

eqeq.jpgみんなでサンタさんに感謝の歌をうたいました。こんな日はいつも以上に子供達の瞳が輝いて見えてしまうので不思議です。聖なる夜・・には2日ほど早いですが、そんな雰囲気すら漂っていました。

続きを読む”サンタさんに感謝。”

ダブルサンタ!?

テーマ: つぶやき4

peter.jpg
今日は鶴崎にお住まいの和製サンタさんも遊びに来てくれました。「How many・・・??」とつぶやく子供達があまりに愛くるしく、たまらない時間を過ごせました。

続きを読む”ダブルサンタ!?”

さちちゃんと・・・

テーマ: つぶやき4

kyoka taisei sachi.jpg双子のきょうかさん・たいせいくんが編入生のさちさんを囲んでいます。緊張した面持ちで合流した繊細な彼女からも明るい笑顔がこぼれるようになってきました。

続きを読む”さちちゃんと・・・”

reindeer

テーマ: つぶやき4

deer rin taisei.jpg
「We're reindeer.」だそうです。季節感のある彼女・彼らは素敵ですね!

続きを読む”reindeer”

ベイビースクール

テーマ: つぶやき4

xmas mizuha masaya.jpg
ベイビースクールのみずはちゃんがプリスクールの園児さんにハグされています。今日はクリスマス風の赤いワンピースに身を包み遊びに来てくれました。本日をもちましてアフタースクール、ベイビースクール共に年内のプログラムは全て終了致しました。今年もみなさんとたくさんの素敵な時間を共有出来た事を嬉しく思います。また、保護者様方には大変お世話になりました。尚、来年の初回レッスン日に関しては年間カレンダーをご確認下さいね。いろいろとありがとうございました。少し早いですが・・・良いお年をお迎え下さい。See you next year !!

続きを読む”ベイビースクール”