WOODSTOCK

プリスクール「woodstock」は、
株式会社Answerが運営する幼児教育
施設です。
言語習得に最も適した幼児期の子供
たちに英語を学ぶ環境を提供すること
で、グローバル社会を生き抜いていけ
る「たくましい地球人」を育てたいと
いう理念のもとに設立されました。
この九州という土地から世界の最前線
で活躍出来る人材を発信したいと考え
ております。

Answer代表の1日

テーマ: つぶやき2016
2016年9月12日 21:29

IMG_3371.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは、

「Answer代表の1日」

です。

良かったらお付合い下さい。

さて、

毎日、

平日は、

この9年、

1日もさぼらず、

基本的には、

ブログを書き続けています。

決めていることは、

毎日のブログは、

常に、

特定の、

ある誰かに向けて書いている、

ということ。

しかも、

お茶をにごしたり、

バランスとっても仕方ないので、

出来るだけ、

バズマーケティング的に、

「ざわざわ」

させられるように、

言葉や、

ニュアンスを選んでいます。

私を、

直接的に、

ご存知の方は、

基本的に、

「温厚で優しい人間」

という認識をしてくださっているでしょう 笑

ただし、

このブログの中では、

自身の正確で、

ものを言わないように気をつけています。

誰だって、

人に嫌われたくはないんです。

ただ、

何かを発信するにあたり、

言葉を選びすぎたり、

バランスをとりすぎたりすると、

何も言っていないのと変わらなくなってしまうので。

では、

本題へ。

Answerというのは、

本拠地を大分に置きながら、

英語屋として、

しのごのしている、

チームの会社名です。

このチームのプロジェクトの一つが、

WOODSTOCKデス。

他には、

オンライン英会話のFlip it!

また、

インターナショナルスポーツクラブのGLOBISH。

他には、

翻訳事業や、

国内の企業が海外に出る際のお手伝いをする、

Think Global&Look Outsideや、

県内に、

インターナショナル小学校などをつくるチームや、

最近では、

国際大学生徒や、

県内外のスマートな若者など、

企業数が減少して、

人口の流出が止まらない、

疲弊し続ける大分県の状況を変えようと、

動いてくれる人々を、

支援したり、

県内全体の英語力を、

多角的にサポートするための顔をもつカフェ、

10 COFFEE BREWERSなどもスタート。

んで、

WOODSTOCKヲ立ち上げたのは、

今から9年前。

まず行ったのが、

プリスクール、

つまり、

小学校にあがる前の世代をもつ保護者様方に、

英語の必要性を繰り返し伝え続ける作業。

そして、

卒園生が一定数に届き、

教室方英会話だけではフォローしきれないので、

オンライン英会話を立ち上げました。

個人的にアプローチするだけでは追いつかないので、

学校や企業単位で接触し、

あちこちの学校に導入が始まっています。

いつもいいますが、

WOODSTOCKの園児らはそれなりのレベルになります、

4年間、

毎日英語で過ごすわけですから。

ただ、

絶対数が少ないので、

社会構造は変わりません、

こうした意味でも、

オンラインは友好的なんです。

地域全体の、

全体とまではいかなくとも、

影響値に届くボリュームで、

英語に、

いや、

英会話に意識を向ける大人が増えれば、

そのコミュニティーは変わります。

で、

机上でこねくり回すだけでは、

世に出て、

たとえ英語ができても、

使い物にならないので・・というベクトルから、

スポーツ英語クラブみたいなものを発足。

んで、

小学校も、

他県のインターナショナルスクールの、

分校を作れないかとあの手この手で実行中。

ただ、

大分県に魅力がなければ、

子供らは、

よそに出ていく一方。

だから、

リスクをおって、

国外に出ようとしている、

企業さんを支援。

こうした、

英語屋としての取り組みと、

大分の方向性が合致してきて、

いろいろな方の協力で、

ホルトホール内に英語カフェも設立。

まぁ、

英語なんです。

簡単にいうと。

ただ、

それだけではないです。

もちろん。

数字が読める方は、

とっくにご存知かと思いますが、

保育施設だけでは、

社員はめしを食えません。

認可ならまだしも、

うちは認可外。

英語の保育なんて、

この国ではまだまだ、

「なんだそりゃ?保育園とは認めません」

ですから。

ただ、

これもいっつもいいますが、

保育士らの給与水準が、

大学教授よりも下であっていいはずがない。

だから、

わたしは、

他で利益をつくるためにも、

いろいろと動いているんです。

もう3ミリつっこも。

せっかくなんで。

WOODSTOCK単体で、

利益なんてないですからね(笑)。

利益出てたら、

遊具が毎年増えるでしょ〜。。

涼しい顔して、

水面下ではめっちゃ水掻いてるんですから。

はい。

今夜のブログでは、

WOODSTOCKヲ運営するチームAnswerの概略と、

わたしがなんで飛び回っているのかを、

したためてみました 笑

「だよね。」

という方もいれば、

「そうだったんだ」

という方もいるかと。

とりあえず、

わたしは、

9年前から、

一個もぶれてませんので。

優しくして下さい(Peace!)

では。

本日もこのあたりで。

おやすみなさい。。

続きを読む/ Answer代表の1日

参観日間近

テーマ: つぶやき2016
2016年7月13日 22:59

DSC_1197.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「参観日間近」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKも、
参観日のシーズンに。

ですので、
私も、
ヘッドティーチャーのTessaの横にちょこんと座り、
それぞれの講師の直近の様子をチェックする日々です。

これ種明かしみたいで、
あまり他のスクールの方は、
ブログにあれこれ書くようなネタではないのやもしれませんが、
御構い無しに。

WOODSTOCKの強みは、
先生ではありません。

ではなくて、
正面切って言うと、

「システム」

そのものが強みです。

噛み砕きます。

スター選手はいりません。

という意味です。

えー。

いるにこしたことはないのかも。

ただ、

スターに頼っているうちは、

そのチームはまだまだと考えます。

理想は、

だれが教えても同じだけの成果が出る環境。

よって、

譜面を用意するのはあくまでスクールです。

楽曲を決めるのも。

タクトはもちろんかれらが振るいます。

ただし、

演奏者である園児や児童が混乱しないように、

振り方にも当然ちゃちゃいれます。

そう意味での、

参観前のチェックウィークという訳です。

私、

地元は名古屋。

んで野球でいうなら落合監督が率いていた時代のドラゴンズが好きでした。

目指すはあんな感じ。

ベースボールに興味がない方には、

ちっとも分かりゃしませんね 苦

気にせずに、

エンディングへ進みます。

最後、

感想。

今日の2時限目、

FMクラスのレッスン風景を見させてもらった時、

担当はLydiaさん。

感心しました。

園児らの様子に。

厳しい目で当然みていた訳なんですが、

まぁ。

子供らのやりとり、

すごいです。

冷静にみると、

「この子ら、普通に英語でストレスなくやりとりしてるなぁ。ふつうにすごいなぁ」

と素直に思えました。

みなさんの雛鳥さん。

なかなか素晴らしいですよ。

あっぱれです。

参観日、

一緒に楽しみましょうね。

では、

SB

水曜日休み・体調不良欠席でまさかの8名だった本日のシュガーちゃん(T ^ T)
いつもよりは少し静かで寂しかったですが、
8名でmonthly craftをしたりとレッスンを楽しみました(^ ^)
梅雨が明けずなかなか外で遊べなくてストレスのたまる季節ですが、
お部屋の中でできる発散方法を見つけて、
少しでも気分転換できるようにしていきたいと思います(^ ^)

BB

フォニックスの歌をフラッシュカードを見ながら毎日歌っているのですが、
最近ではその甲斐もあってアルファベットを見てそれがどの文字なのか当てることが出来るようになってきたbusyさん。
今日はTim, is, a, theなど簡単な単語を先生が発音し、
その音を聞いてどの単語か当てることが出来る子がちらほら、、!!!
おうちでも、
時には夢の中でもフォニックスソングを歌っているなど、
成果が出てきているようです?

WP

今日は指定された動物カードの動物の名前をアルファベットのチップを使い、
2人1組のチームで並べるゲームに挑戦。
まず、
2人1チームというところがポイント。
ほらほら、
Don't touch! My turn !!!などの声が聞こえ始めます。
それからどうなるのか、
意地悪な私は様子を見ていると、
ハッとルールを思い出し相談を始めたり、
他のどこのチームが終わりそうなのを確かめて!と続き、
確かめてどうするつもりだい?というチームもあり(笑)、
なんだかんだしながらも皆、
ちゃんと協力して並べることが出来ました〜w

FM

お休みが多く心なしか静かなFMさん...
朝から帰りまで「○○ not coming today??」
と何度も何度も聞いてきていました。笑
皆が揃わないとさみしいよね(T_T)
体調を崩す子も増えてきていますので体調管理に注意して下さい(>_<)
スクールでも気をつけていきます!
またお休みしている子は無理はせずゆ〜っくりと休んで下さい(^_^)
来週は参観日もありますので!笑
元気に登園してくるのを皆で首を長〜くして待ってます(^○^)☆

というように、
少々欠勤者が目立ちます。
保健所にも電話入れをして担当者さんとすり合わせしましたが、
ノロウィルスのような種の菌がちらほら市内でも確認されているようですが、
流行とまではいっていなような状況です。

寒暖差があり、
また湿気から、
汗をかきやすい毎日が続きます。

代謝のいい子供達。
汗をかいたらそのままにせず、
こまめに着替えをさせるなど、
予防策を講じていきたいですね。

では、
本日もこのあたりで。
今日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む/ 参観日間近

ずっと一緒にはいられない

テーマ: つぶやき2016
2016年6月29日 22:35

DSC_0137.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ずっとは一緒にいられない」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKは、
英語で生活する保育園であり、
プリスクールコースへあがる為の準備クラスのベイビースクールもあり、
卒園児さんが筋力を伸ばす為に通って来てくれるアフタースクールでもあるわけですが、

最近よく思います。

ベイビークラスから飛び込んできてくれた子が、
プリスクールで4年間を過ごし、
アフタースクールに継続的に来てくれて、
高学年になって、
やがて中学校へ。

現状、
中・高校・大学コースは、
姉妹チームによるオンライン学習システムFlip it!によるフォローのみとなっていますので、
face to faceで顔を合わせられるのは、
最長でも12年間ほど。

最後は、
転勤だったり、
転校を機にだったり、
お引越しだったり、
ベクトルの変更が理由になったり、
最後は、
お別れになります。

当たり前のことかもしれませんが、
最後はサヨナラをしなくてはなりません。

普段、

こうしたことを考えると、
手が止まり、
足がすくみ、
こころが収縮してしまうので、
考えないようにしていますし、
思考の外側においやっているのですが、

ふとした瞬間に、
やはり、

「あ〜ずっとは一緒にいられないんだぁ」

と現実を感じます。

だからこそ!

と切り替えねばいけませんね。

一期一会を大切にしたいですし、

一緒に居られる間は、

出来ることはなんだってしてあげたい。

いつかくる別れの前に、

英語の習得という実感というか、

スキルにかえて、

「ギフト」

として、

その後の人生を、

少しでも強く歩んでいけるように、

「カタチ」

にして手渡してあげたいと思います。

いつまでも、

一緒にわらって馬鹿話してたいのになぁ。

などと、

すこしばかり、

感傷的になった水曜の夜でした。

では、

本日の様子を。

SB

今日はクラフトでblue houseにママやパパ、
おじいちゃんetc...のイラストを貼りました。
7人家族になるはずが、
何故か10人や12人家族になってる子がいて、
先生たちと頭の上に「?マーク」を浮かべました(笑)
しかし、
しっかり枠の中に貼ることができるようになっていて、
成長を感じました(^ ^)


BB

食べることが大好きなこどもたち。
毎日2時間目のレッスンが終わってからランチタイムなのですが、
今日は1時間目のレッスンが終わってトイレに行くために並んでいると、
" It's lunchtime?!"と,
嬉しそうに聞いてくるBusyさんでした(笑)
Sugarちゃんだった頃は絶対に野菜を食べなかった子が,
野菜を全部食べれるようになったり、
ランチを完食するようになったりと、
食事の面でも成長が見られますよ?
食べている時の子どもたちの幸せそうな顔を見て、
思わず笑顔がこぼれてしまいます。

WP

MPI lessonの、
文節を指でたどりながらのReading。
ひとりひとりをチェックしていくと、
適当に指を置いて口パクさんがチラホラ(笑)
すかさず、
手を添え声を出してと指摘すると、
見られてた????と苦笑いしつつ、
その後は皆誤魔化せないんだ(-_-;)と、
必死で文章を指で追って大きな声で読み上げていました。
Tig,big, wig と、
混乱するような文なので皆の指先はあちこちへ,,,,
でも、
とっても良く聞き取って文章を読み取っています。

FM

朝の登園後、
1時間のlessonが始まるまでのひとときのこと。
今までは、
朝から元気いいのは良いことだけど,
皆や先生に「no running!」などどと言われていたのに、
そっと様子を伺ってみると、
朝からクラスメイトと談笑、
しかもちゃんとEnglishでですよ〜。
そして、
なにやら相談の後、
小さいclassの子たちを毎朝、
先生たちが しているように、
あやしたりと声かけをしてくれているのです。
いつの間にこんなに成長していたのだろうと朝からウルッときてしまいました。

それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いします。

続きを読む/ ずっと一緒にはいられない

フィジーっ子

テーマ: つぶやき2016
2016年6月24日 23:24

DSC_0480.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「フィジーっ子」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
WOODSTOCKの一部の保護者様方は、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

今から2年前、
市内の某高校からのインターンシップ生として、
数週間、
WOODSTOCKの園児諸君らと、
一緒に毎日を英語で過ごしたMさんという、
女子高生のことを、
覚えていらっいますでしょうか?

現在のFM・WPのママやパパさん方は、
ご記憶にあるのではないでしょうか?

ご縁あって、
先ほどまで、
職員ら数人を交え、
彼女のご家族と、
ダウンタウンで会食を楽しんできました。


現在彼女は某高校に通う、
高校二年生。
フィジー留学を無事に終え、
現在は大学選択をセンターに据えながら、
頭と心をフルに使って、
自分の進路と向き合っています。

最近どうしてるの?

そう尋ねると、

「博多で行われたベネッセさん主催の海外大学進路進路相談会的なものに行ってきましたよ!」

こんな答えを投げ返してくれました。

なんでも、

ベネッセさんは、

主に、

アメリカやカナダなどを推しているとのこと。

そして、

彼女は現在、

これらの選択肢に加え、

アジア諸国の大学も視野に入れているようで、

彼女のパパさんも、

「シンガポールの大学に行こうと思ったら・・何から準備したらいいのやら?・・・・。」

なんて仰っていて。

あ〜、

本当に、

これからの学生はこうやって、

どんどんと海を越えていくのだなぁと、

リアルに感じることができました。

素敵だなぁと素直に思えたのは、

彼女の姿勢ももちろんなのですが、

このスマートで突破力のある女子高生、

つまり我が娘の考えや意見を、

「君が本気でそう思うのなら、私たちはなんだってする。」

こんなことをさらっと言葉に、

また態度に出せてしまうパパとママの生き方。

なかなかできることでは、

なかなか言える言葉ではありませんよんね。

だって、

そばに置いときたくないですか?

心配じゃないですか?

私がこの子の親だったら、

同じようにはたして言えるかどうか?

涙しながら、

「お願いだからそばにいて〜・・・。」

なんて言いそうでw

はい、

また決意させて頂けました。

ユニークで、

我が道を行こうと決めたこれからの世代が、

国境を越えて羽ばたく為の環境づくりを急ぎたいと。

急がないと、

これからの5年くらいでしょうか?

どんどんと、

旧式の教育論や価値観と、

次世代が学ぶべきコンテンツや、

考え方の狭間で揺れ動きながら、

悩み、

なんか違う!と、

スマートな子達ほど気付き始める。。

地頭のいい子らほど、

どんどんと、

敷かれているレールがそもそも間違ってるんじゃないのか?

なんて覚醒していく時期がくるような気配プンプンです。

最後に・・感想ですが、

フィジーから帰ってきた彼女は、

人格が増えた?

って思うほど、

考え方の幅がワイドになっていました。

英語と日本語両サイドから、

物事を考え始めたから。

日本を外から見られるようになったから。

自分が生まれ育った国の価値観が全てではないと知ったから。

自分らしく、

「Think different!」

というスタイルをゲットしたから。

また、

園に呼びましょうかね〜。

園児らも懐かしいでしょうし、

パパやママさんも、

数年後の我が子が通るかもしれない道を、

いま確かに歩んでいる彼女の話、

興味ありません?

なんて、

勝手な企画を思いつきながら、

今夜もエンディングへ向かいます。

では今日の様子。

ナーサリーたちから届いたメッセをコピペします。

SB

朝からテンションマックスで、
毎日リトミック遊びに興じる新入生のみんな。
今日はいつにもまして、
激しく、
また笑顔でダンスやお歌遊びを楽しんでいるように思えました。
やはり、
歌を歌いながら、
センテンスごとをナチュラルに英語を吸収していく彼らの様は、
ただただ羨ましい限りです ^ ^ /


BB

今日はscienceのレッスンで、
水の屈折について学びました!
屈折によって紙の絵が違って見えることに子どもたちは"wow!"と驚きを隠せない中、
瓶の中の水の色を聞かれて"white!" "green!" "blue!"等とテキパキと答える子どもたち。
屈折とは何かを学ぶとともに、
透明という色と、
"clear"という英語も学んだBusyさんでした(^ ^)

WP

今日は予定しておりましたFM/WP Picnic、
雨天のため延期とさせて頂きましたが、
保護者様方のご理解とご協力に、
心より感謝申しあげます。
ありがとうございました。
7/1晴れることを願い、
ぜひ子どもたちと良い体験をして行きたいと考えています。
なお、
行程や持ち物などは変わりませんので、
何卒よろしくお願いしますm(__)m

FM

playtimeでの一場面...
「I want to play (with) ○○〜!」
「No! I will play with ☆☆!」
Aくんと遊びたいBくんですがAくんは他のお友達と遊びたい...
言い合いが続くばかりで2人とも困った顔に...(>_<)
どうするのかな??と,
影で見ていたのですがそろそろ間に入ろうかな...と思っていたら,
Aくんがハッ!とした表情をして、
「Ok! Let's play with everyone!!」と提案し、
Bくんにも笑顔が(^○^)
まだまだ文法的には誤りはありますが、
自分達で話をして解決をしている姿に成長を感じます。
「T.Moeko〜(涙)」と呼ばれる事も少なくなっている事に嬉しさとさみしさを感じます(T_T)笑
英語だけでなく心の成長を深く感じた一場面でした...?

続きを読む/ フィジーっ子

卒園生さん及びアフタースクールの保護者様へ

テーマ: つぶやき2016
2016年6月22日 23:22

DSC_0169.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。
今夜のテーマは「卒園生さん及びアフタースクールの保護者様へ」
です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
今夜は、
WOODSTOCKプリスクールを卒園した、
小学生軍団にむけてのブログです。

以下は、
現在配布中の、

「夏休み特別プログラム」

の要項よろ、
一部をコピペしたものです。

↓jump↓

いつもたいへんお世話になります。
早いもので今年も梅雨入りとなりましたが皆さんお変わりないでしょうか?
本日はすっかり恒例となった卒園生さん及びアフタースクール生徒さんの為の特別授業
についてのご案内です。
(住所不明などの理由で卒園生全てのお宅にお知らせ出来ている訳ではございません。)

SCHEDULE : 19days

7/25(月)9-14
7/26(火)9-14
7/27(水)9-14
7/28(木)9-14
7/29(金)9-14
8/01(月)9-14
8/02(火)9-14
8/03(水)9-14
8/04(木)9-14
8/05(金)9-14
8/15(月)9-14
8/16(火)9-14
8/17(水)9-14
8/18(木)9-14
8/19(金)9-14
8/22(月)9-14
8/23(火)9-14
8/24(水)9-14
8/25(木)9-14

サマースクール 概要

定員

各クラス8名程度(クラスRed/クラスYellow/クラスBlue)
*初日に判定テストを実施予定。
*クラス規模は目安です。状況によっては1クラスで運営される場合もございます。
*同じ部屋内で机を分けての指導です。


担当
一クラス一人の英語講師と、全体をケアするナーサーリによる指導となります。

給食
これまで同様の対応をさせて頂きます。
また、
摂取量に個人差がありますので、
足りないと感じる際にはおにぎりなどの軽食を持たせて頂いても結構です。
ただし、その際には保冷剤などの対応をお願いします。

バス利用

例年と同様

テーマ

以下をご参照下さい。

July 25th-July 29th

Places
-Continents, Countries, Cities, and famous landmarks
-Role Play: People of the world
-Daily Journaling: Country facts
-Group Activities: Drawing maps/presentation
-Themed Worksheets

August 1st-August 5th

Plants:
-Types of plants around the world, environment they grow in
-Daily Journaling: Plant of the Day and facts
-Craft: Plant themed
-Group Activities: Drawing gardens/presentation
-Themed Worksheets

August 15th-August 19th

Transportation:
-History of transportation, types, and uses
-Role Play: The people who drive transportation
-Daily Journaling: Transportation of the Day and facts
-Science Project: Create your own mode of transportation
-Themed Worksheets

August 22nd-August 26th

Animals:
-Animals, Kingdoms, Habitats, and Diets
-Role Play: Zoo Guide and facts
-Daily Journaling: Animal of the Day and facts
-Craft: Animal themed
-Themed Worksheets

持ち物
筆記具、汗拭きタオル、お手拭き、水筒など


↓jump↓

さっそく、
申し込みを頂いているようで、
いつもありがとうございます。

今年の夏も、
すっかり大人びた、
でもいつまでも変わらず騒がしい彼らに会えると思うと、
身が引き締まる思いのですし、
今から体力をつけて・蓄えて、
正面から私どももぶつかりたいと思います。

学校はどうですか?

当然といえば当然ですが、
プリスクールの頃とは違って、
学校と保護者様方の距離もあるようで、
中には、

「なんか私が燃え尽きちゃって・・」

なんて声も頂戴します。

その反面、

「オレ学校楽しいよ!ともだちも100人は出来ないけど、たくさんできたし!」

なんていう、
本当に嬉しくなるような声を聞かせてくれる子供たち。

こうやって徐々に、

親元をはなれ、

母園を本当の意味で巣立ち、

独り立ちしていくのでしょうね。

ただ、

やはり、

「帰れる場所」

みたいなところって、

あればあっただけいいわけで。

今年の夏も、

ぷち同窓会しましょう。

梅雨が明けて、

台風が去って、

セミの鳴き声が聞こえ始まる頃、

みんなに会えるのを、

楽しみに、

それまでの日を、

私たちも一生懸命頑張ります!

では、

今夜も様子を振り返って、

エンディングへ。

続きを読む/ 卒園生さん及びアフタースクールの保護者様へ

ちびっ子の特性

テーマ: つぶやき2016
2016年6月15日 22:28

DSC_0465.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは、

「ちびっ子の特性」です。

良かったらお付合い下さい。

さて、
今日は、
ざっくりと乱暴に、
子供達の特性をあばいてみようと思います。

いきます。

最近、
あちこちの書籍の中でも扱われるようになった、
ポップでメジャーなトピックなので、

「はいはい、聞いたことあるなぁ」

というような話題かもしれませんが。

では、
進めます。

子供達の学びに対しての特性は4つに分類されます。

1:ソーシャライザー(socializers)

「自分の好きな友人と一緒に過ごしたい・また同じ学校に行きたいからなどの理由で勉強するタイプ。ただし、良き友人の存在が不可欠か?


→学習塾などに友達と行ったり、自宅や図書館で友人と宿題をしたりすることが好き。
また、教えたり、教わったりすることそのものに居心地の良さを感じる。
おしなべて学校に行くことが好きだったりする。

2:キラー(Killers)

「ライバルに勝ちたい一心で勉強するタイプ」

→学年トップになりたい!とか、塾の廊下などに自分の名前が掲示されることなどを動機にするタイプ。ただし・・ライバルが不在だと・・。

3:エクスプローラー(Explorers)

「探究心があり、興味の持てることにはとことん猛進できるタイプ。」

→ネットや本などから自発的に情報を仕入れ、自家発電で学習できる。また、知識欲や理解力などに長けているタイプ。ただ、バランス感覚を欠くことも。

4:アチーバー(Achivers)

「目標を達成するために勉強するタイプ」

→明確な目標をもち、この達成のために、趣味や友人との時間を犠牲にできてしまうタイプ。受験に向いている。ただし、ゴールがなくなると・・・・。

ざっと、
こんな感じでしょう。


お子さんに教育的な観点のアドバイスをするうえで、
こうした特性を分かった上で、
しのごの言ってあげると、
効果的かもしれませんね。

ただ気をつけたいのは、
血液型などと同じで、
決してどれか一つに集約できる話でもなかったりしますので、
このあたりは見極めが必要かと。

何かの参考になれば幸いです。

では、
今夜もエンディング前に、
今日のWOODSTOCKの様子をコピペして、
堅苦しいブログをしめたいと思います。

SB

T.Tessaの時間にみんなでrainbowを作りました(^ ^)
色の認識もはっきりしてきており、
一人一人が積極的に前に出てカラーペーパーを貼っていって、
一つのrainbowが完成しましたよ!
可愛らしいので梅雨の間、
お部屋に飾っておこうと思います♪♪

BB

T.Tessaのクラスで、
hereとover thereの使い分けなどを学びました!
"Where is ◯◯?"と、
隣に座っているお友達がどこにいるかという質問をT.Tessaにされ、
1人1人が"Here!"と答える中、
本人が隣にいるにもかかわらず教室にあるお友達の写真を指さして"Over there!"と答える子もいて、
感心すると同時に本当に個性豊かな子どもたちだな〜と感じた瞬間でした♪

WP

T.Lydiaのlessonで、
1から50までの数をカウントし、
中抜きの□の枠に(1,2,□,4,5)、
数字を書き入れるテストなどに挑戦。
順番に数を声に出しながら書き入れていく子、
指折り数える子、
隣の子の紙を見てミミックする子、
初めから先生を頼る子はいませんよ〜。
皆、
しっかりと取り組んでいますし、
天井をあおいで悩む姿は一端の学生のようです。

FM

WPから頑張っている「+」「−」の計算のlesson。
自分達で色を塗ったお手製の表を使う事で意欲アップ!
そして表を見ながら行う事で計算の仕方ものみ込めており、
どんどんとスピードもUP(^○^)/
また自分ことだけではなく、
わからないお友達には一緒に数えて教える姿も見られ、
いろんな意味で成長を感じます(;_;)?

↓jump↓

という一日でした〜w
ではでは、
今夜もこのあたりで。
本日も、
いろいろとありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む/ ちびっ子の特性

これからの勉強法

テーマ: つぶやき2016
2016年6月14日 23:31

DSC_0221.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「これからの勉強法」です。
良かったら御付合い下さい。

さて、
当然のことですが、
時代は移り変わります。

ちょうど今の日本は、
開国を迫られた江戸末期の頃と類似します。

すると、
教育の中で扱われる題材も、
これとリンクしながら、
変貌と遂げていきます。

これまでの教育スタイルは、

一言でまとめると、

「インプット型」

でしたが、

これからは、

「アウトプット型」

になっていくでしょう。

この流れはほぼ間違いないでしょう。

従来型教育の中心は、
選択肢や穴埋め問題であり、
答えはひとつ。

これからは、

問いに対して記述や論述形式で答える必要のある問題がコアとなってきて、
しかも、
正解が一つではない方向にスライドしていきます。

するとすると、

問われるスキルは、
そう、
21世紀スキルとなり、

論理的思考や、
表現力、
応用力が求められるようになります。

そう、
もう今後は、
丸暗記大作戦に時間を費やすのは愚策となります。


また、
この新しい方向を、
授業に生かそうとした場合、

先生だけが喋りちらかす古い形から、
生徒同士にディスカッションさせたり、
エッセイ重視の方向に国語なんかも変わっていきます。

いや、
変わらざるを得ません。

先々、
このシステムが平均化され、
生徒らの考える力や、
対話能力などもいずれは向上するのだと思うのですが、
今から喧々諤々と懸念されているのは、
これまでの日本が得意としてきていた、

「基礎学力の低下」

など。

ただまぁ、
何をするにしても、
メリット・デメリットはあるわけです。

点数主義からの脱却や、
応用力がなく実践的でない学生が多かった頃と終わりを告げようとしているのは、
メリットなのですが、

まずは、
在野の、
やはり、
私塾や、
民間の教育機関が、
リスクをおって、
こうした新しい取り組みを積極的に行っていく必要があります。

日本型の強みを残したまま、
バランスよく21世紀スキルをとりいれて、
試行錯誤しながら、
科学的に変えていく。

こんなところを、
幼児のための生活環境の中に、
取り入れていけたらと。

そんなことを思う火曜の夜です。

WOODSTOCKハ、
教育は科学よりももっと科学的であるべきだと考えています。

英語も大事。
アイデンティティも大事。

これに時代性を加味しながら。
できない理由を探すのではなく、
どうしたら最善の方法を効果的に行えるかを常に考えながら。

明日も明後日も、
われわれのミッションと捉え、
愚直に前進していきたいと思います。

では、
エンディング手前に、
恒例となりつつある、
各クラスの様子を。

SB

今日はphonicsの時間でJからRまで、
音楽に合わせて楽しみながら発音したり、
舌の使い方などを学びました(^ ^)
また、

「monster〜!」

と言うと、

「Oh no〜!」

とほっぺに手を当ててびっくりした顔をするシュガーちゃんでした?

BB

今日はT.Damianのレッスンでアルファベットのビンゴゲームをしました!
ここ最近大分大文字と小文字のマッチングもできるようになり、
ゲームをリラックスしながら楽しめる園児さんの様子が見られるように!
一方で、
dとb、pとqの区別などにまだまだ苦戦する様子なども見せてくれる、
お茶目なBusyさんです(°_°)笑

WP

WPになりリーダー(日直さん)になった子は、
略帽をかぶり、
その日の並ぶ/準備する、
またランチの号令などの「お仕事」をします。

注意したばっかりに、
思わぬクレームを受けたりするのもリーダーの一つの試練、
それでも皆この役回りをしたくて、
今日は○○さんだ〜次は,,,,あーまだ僕・私じゃなーい・・と、
憧れの役割となっています。
時々、
レッスンの様子に写りこんでいる青の帽子をつけている子がリーダーさんです。

FM

今日は帰りの準備が早く終わったので,
簡単な単語(the,three,play...等)を使って真剣衰弱をしました!
最初は要領がうまくつかめずに時間がかかっていましたが、
回数を重ねるごとに早い早い!
こっそりと頭の中で参加していた私の方が悩んでしまったくらい 笑
記憶力と吸収力に改めてびっくり。
頭の体操にもなるので家族で勝負してみて下さい(^○^)

↓jump↓

という感じの一日でした。
今夜もこのあたりで。
明日もどうぞよろしく御願いいたします。

続きを読む/ これからの勉強法

なぜ学ぶかを学ぼう

テーマ: つぶやき2016
2016年6月 9日 22:40

DSC_0504.JPG
こんばんは!
お世話になります。

今夜のテーマは「なぜ学ぶのかを学ぼう」です。

さて、
今夜のタイトルですが、
これは、
今朝、
園児諸君の様子や、
アフタースクールの小学生軍団の様子を見ていて感じたことが出発点です。

なんで学ぶのか?

また、

なにを学ぶのか?

どうでしょう?

以外に、

勉強や学びをスタートさせる前に、

時間をかけて、

子供達に伝えられるべきこの大切な要素が、

すっぽりと抜け落ちているのが、

現代の日本教育のひとつの弱さだと思います。

個人的に。

仮に、

時計の針がさすのが、

一万年前だったしたとします。

その時に、

私たちが生きていると仮定すると、

今のような科目を学ぶでしょうか?

WOODSTOCKでいうと、

英語を子供たちに身につけて欲しいと、

思う保護者様はいるでしょうか?

答えは言わずもがなですね。

マンモスと共存するための方法や、

今日を生き永らえるための狩りの仕方や、

保存食の作り方なんかを学ぶはず。

回りくどくなってしまいましたが、

現代の子供たちが算数や英語や科学を学ぶのは、

シンプルに、

「今の時代を生き抜いていくため」

なわけです。

ここが根本。

これをいろいろな例を交えてまずは子供達に伝え、

だから、

算数や科学がいるんだ、

だから英語を身につけて欲しいんだ、

こんな順序で大人が語るべきでしょう。

先日ツイートした宿題の話もそうでしたが、

子供たちに必要なものは、

「なぜ?」

というピュアな問いに対する明確な答えです。

ここを伝えずして、

問答無用にトップダウンで押し付けるという手法は、

一時は効果が出たとしても、

時間が経てばメッキが剥がれるように、

音を立てて崩れていくことでしょう。

エンジンを一緒に作っていく作業そのものが教育(共育)です。

いい機会かと思います。

「ねぇ、この子にさ〜いつかなんでお勉強するの?って聞かれたらなんて答える?」

なんていう会話をとってみて下さい。

こうした作業が、

私たち大人にとっても、

最良のアクティブラーニングになり得ると思います。

みなさんはどう思われますか?

ではエンディングへ。

今日のブログの最後は、

WOODSTOCKの子達が、

2016年6月9日に、

「なにを学んだのか?」

について、

シンプルにコピペして、

閉じようと思います。


SB

今日は3時間目に粘土とストローを使って、ママとパパを作りました〜!
ママパパを作ったあと、
数名はストローをロウソクに見立てて、
バースデーケーキを作っていましたよ〜w

BB

今日はPEで跳び箱とマット運動をしました!
今までの練習のおかげで、
先生の補助なしで前回りができるようになってきましたよ〜w
毎回PEの時間になると一段と気合いたっぷりなbusyさんです!!

WP

lessonに取り組む姿、
手を挙げる積極性がぐーんと伸びたWPさん!
2ヶ月ですがすっかりお兄さん、お姉さんになりました。
ただやる気が溢れすぎ当てられて「....(^_^)」と笑顔だけの解答も...笑
こんなお茶目な姿があってのWPさん。
goodです。笑

FM

Japaneselessonでは毎回子ども達に決めてもらった絵本を読みます。
最近の成長っぷりに喜びながらもさみしさを感じていますが1ページ1ページに喜怒哀楽を見せる子どもらしい姿にほっこりします(^_^)
私の癒しの時間でもあります。笑

クラス担任からのメッセージをコピペしています。
不定期にはなるかと思いますが、
新しい試みです。

「日本で一番園の様子が見える・伝わる園作り」

というポリシーから生まれたミニプロジェクト。

雰囲気見ながら進めていきますね!

今夜は、

なにを学ぶかを学ぼう周辺の話をしのごのしてみました。

では、
今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む/ なぜ学ぶかを学ぼう

ここ最近。。

テーマ: つぶやき2016
2016年6月 8日 22:38

DSC_0495.JPG
こんばんは!
いつもお世話になります。

今夜のテーマは「ここ最近。」です。
良かったらお付合い下さい。

さて、
季節は梅雨直前。

やがてレイニーシーズンに突入し、

これが明けてしまえばもう夏ですね。

WOODSTOCKも、

イベント盛りだくさんの季節です。

間も無くプール開き、

そして、

田植えイベントがあったり、

お泊まり保育が開催予定だったり、

FM・WPの上ふたクラスは、

JR OITA CITYに遠足に出かけたり。

また、

夏休みには、

すっかり恒例となった、

卒園生チームの特別プログラムがあったり、

サマースクールがあったりと。

同時に、

入園説明会や、

卒園生向けの英会話スピーチコンテストに。。。

私がいま欲しいのは、

眠らなくても・食べなくても大丈夫な体と心。

だれか人生の砂時計を止める方法を教えて下さい。

まだ?

もう?

よく分かりませんが、

水曜が終わったところ。

週後半戦を笑顔で走り抜けるために、

みなさん、

峠の水曜日です。

早めに、

寝床に入りましょう。

ということで、

私も、

眠らなくともイイ体を欲している割には、

充電が必要な感じなので、

しばらく仮眠なんぞをとろうかと思います。

明日も、

元気でやんちゃで、

時々憎たらしくて、

でもやっぱりかわいいちびっこ軍団と取っ組み合い出来るように。

本日もありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む/ ここ最近。。

突然のメッセージ

テーマ: つぶやき2016
2016年6月 2日 21:54

DSC_0226.JPG
こんにちは!

週後半の木曜日、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今夜のテーマは、

「突然のメッセージ!」

です。

良かったらお付合い下さい。

さて、
入園説明会がいよいよ明日からということもあってか、
WOODSTOCK Facebookページの閲覧者さんの数が1.5倍くらいに膨らんでいるようです。
有難いことと感じています。

結果として、
新規ビジターさん方が、
イベントに反応して下さっています。

ですから?
ということで・・?

新規訪問の皆様には、

「トラが写っている写真を全て選択して下さい!」

というようなトラップをくぐり抜けて、

メッセージを送らせて頂きました。

突然のメッセージでびっくりさせてごめんなさい!

以下がその内容です。

↓jump↓


WOODSTOCKインターナショナルプリスクール事務局です。
この度は私ども「バイリンガル保育園」こと、
WOODSTOCKに興味をもって頂きまして、
また、
「イイね!」
を頂きまして、
本当にありがとうございます。

ご存知のように、
グローバル化の波はとどまることを知らず、
また、
これの結果として、
ダイバーシティ化がここ日本でも進んでいることをひしひしと感じます。

私どもの役割は、
これからの日本を、
また世界を背負ってたつ次世代の子供達の、
英語スキルを伸ばし、
異文化への対応力の素地を養い、
真の意味での国際人となれるよう、
継続的に環境を提供することです。

英語で生活する保育園で毎日をおくる子供達の様子や、
卒園生達が卒業後も愚直にまた刺激的に、
肩を並べて英語と向き合っている様などを、

ぜひ一度のぞきにこられて下さい。

この度のご縁に心より感謝致します。

それでは素敵な1日をお過ごし下さい。

敬具

↓jump↓

という文面です。
スパムではございません(笑)。
ご容赦下さい。

また、
びっくりさせてごめんなさい。
自動転送とかではなく、
すべてアナログで処理しております。

これに免じてどうかご容赦下さい。

ということで、
明日が第一回入園説明会となりました。

イベントページに記載があったようですが(苦)、
園長がコーヒーを・・のくだり。。

偽りにならぬよう、
万全のコンディションで、
明日のなんちゃってバリスタ大会、
楽しみたいと存じます。


それでは今夜もこのあたりで。
本日もありがとうございました。
明日もどうぞよろしくお願い致します。


続きを読む/ 突然のメッセージ

12345678910

カレンダー

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30